最新情報
2021/04/11
<WEB報道など>…✨表示がお薦めWeb報道など
✨☆☆厚労省 1月27日付事務連絡
 11.その他
 ○障害児者に係る医療提供体制の整備について
  (令和3年1月27日厚生労働省
   新型コロナウイルス感染症対策推進本部ほか連名事務連絡)
☆2.感染拡大防止に関する事項
 *緊急事態宣言後の地域生活支援事業の対応について
  (令和3年1月13日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室事務連絡)
 *緊急事態宣言後の障害福祉サービス等の事業所の対応について
  (令和3年1月13日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡)
 *緊急事態宣言後の地域生活支援事業の対応について
  (令和3年1月7日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室事務連絡)
 *緊急事態宣言後の障害福祉サービス等事業所の対応について
  (令和3年1月7日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡)
 △厚労省HP(福祉・介護)
   障害福祉サービス等事業所における
   新型コロナウイルス感染症への対応等について


✨☆☆障害福祉サービス施設・事業所職員のための
  感染対策マニュアルについて
   厚労省社会・援護局
   障害保健福祉部障害福祉課長 令和2年12月25日
 *感染対策マニュアル・業務継続ガイドライン等について
   2020年12月24日掲載

☆☆「ポータルサイト・新型コロナ 障害のある人 共に歩む人」 
   2020年12月21日 一般社団法人日本精神保健看護学会
 …などと伝えています。

✨☆新型コロナウイルスにかかわる対応
  きょうされん  2020年07月01日(適時更新中)

✨☆☆厚労省
  障害児の新たな移行調整の枠組みに向けた実務者会議

  *第1回 2021’1/6開催 資料 議事要旨
  ……など厚労省新着情報2/16日付で掲載

✨☆☆厚労省「障害保健福祉関係主管課長会議資料」
    令和3年3月12日 資料提供

 >(1)企画課  (2)企画課監査指導室 (3)企画課施設管理室
  (4)企画課自立支援振興室
  (5)障害福祉課/地域生活支援推進室
    /障害児・発達障害者支援室
    資料5-1(表紙〜P172)
    資料5-2(P173〜P247)
    資料5-3(P248〜P293)
    資料5-4(P294〜P353)
    >>・17 障害児支援について  P321〜
   (2)医療的ケア児等とその家族への支援施策について
  (6)精神・障害保健課/医療観察法医療体制整備推進室
    /心の健康支援室/公認心理師制度推進室
    /依存症対策推進室
  (7)職業安定局障害者雇用対策課 
  (8)社会・援護局地域福祉課
  (9)年金局事業管理課 (10)人材開発統括官特別支援室
  (11)文部科学省初等中等教育局
    資料11
   【文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課】     
  (12)農林水産省農村振興局 (13)国土交通省自動車局
  (14)日本医療機能評価機構
 ……などと12日付で公開されています。

✨☆ヤングケアラーについて
  厚労省 家庭福祉課虐待防止対策推進室自治体支援係
  新着情報 2021年3月12日 掲載
 > ヤングケアラーとは
 法令上の定義はありませんが、一般に、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている児童とされています。
  ・相談窓口
  ・その他相談先や情報検索サービス
  ・ヤングケアラーの支援に向けた
   福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム
  ・ヤングケアラーに関する調査研究事業
 …などと掲載されています。

✨☆NHKEテレ 記事 【特集】東日本大震災10年
 *(1)逃げられなかった“要支援者” 2021年03月25日
  > 多くの命が失われた東日本大震災。とりわけ大きな被害を受けたのが高齢者や障害のある人たちでした。浮かび上がってきたのは、災害の度に命を脅かされ、避難したくても避難できないという現実です。あの日から10年。この国は、支援が必要な人の命を守れる国になったのでしょうか。
  …などと伝えています。 
 *(2)誰もが助かる地域をめざして 2021年03月25日 
  > 多くの命が失われた東日本大震災から10年。NHKが障害のある人たち876人に聞いたアンケートでは、3人に1人が「この数年で災害による被害を受けたり、怖い思いをしたことがある」と答えています。いつ起こるかわからない災害から、障害のある人や高齢者などの命をどう守れば良いのでしょうか。全国各地で始まった「誰も取り残さない避難」について見ていきます。
  …などと伝えています。
 *(3)原発被災地 精神障害者の日々 2021年03月25日
  > 原発事故による避難指示が一部解除された福島県双葉郡。しかし、故郷に帰った障害者は震災前の3分の1ほどです。故郷に帰っても、避難先に残っても続く苦悩。東日本大震災から10年、「帰りたい」と「帰れない」のはざまで障害のある人たちはゆらぎ続けてきました。答えのない問いを抱えながら原発被災地に生きる人々を見つめます。
  …などと伝えています。
 ✨記事関連…
 ◇「障害者と防災」アンケート結果(2021年3月)
    NHKハートネット 

厚労省
 ◇令和3年度障害福祉サービス等報酬改定について
   障害者福祉 
  >*改定の概要等、改定の概要等
   *省令・告示
    通知・事務連絡(報酬改定Q&Aを含む。)
     障害者総合支援法関連通知
     児童福祉法関連通知
     福祉・介護職員処遇改善加算関連通知
   *その他   
   *事務連絡
  ・令和3年度障害福祉サービス等報酬改定等に関する
   Q&A VOL.1(令和3年3月31日)

   *参考資料
  …などが掲載されています。
 ◇令和3年度報酬改定における医療的ケア児に係る報酬
  (児童発達支援及び放課後等デイサービス)の
  取扱い等について(事務連絡)

  > 3月23日付で出された事務連絡。先の発出(2月 19日付け)された事務連絡からの変更内容が示されています。
  (変更箇所)
   ・障害者又は障害児(保護者)が
    氏名等を記載する欄の削除。
   ・医師の記載欄に患者氏名や、
    支給決定の更新時の判定に係る欄の追加。
   ・医療的ケアの「痙攣」に注記を追加。
  資料はすべてPDF
   3月23日事務連絡
   【別紙1】新判定スコア様式
   【別紙2】医療的ケアを必要とする
    障害児への支援に係る報酬の取扱いについて
   【別紙3】障害福祉サービス等の利用を希望される
    保護者様へ(新判定スコアの要否チェックリスト)
   【参考】読み替え表
  …などときょうされん大阪支部トピックス 2021/03/31
   伝えています。
 ↑↑関連↑↑
【緊急事例募集のお願い!】
 「厚生労働大臣が定める医療行為」により、
 重度障害者の在宅ケア(医療的ケア)がピンチに?!

  DPI日本会議  2021年04月02日
 > 年度末の3月23日付で、厚労省告示89号「厚生労働大臣が定める医療行為」というものが出されていました。摘便や導尿や浣腸などが医療行為に含まれており、これまであえてグレーゾーンとしてヘルパーが行えるようにしてきた行為が、全て医療者でなければ出来なくなってしまいます。どういう経緯で、このような告示が出されたのかまだわかりませんが、グレーゾーンを認めてきたこれまでの経緯が、厚労省内でちゃんと共有されていない可能性が高いので、近日中に厚労省との話し合いを申し入れたいと思います。その際、在宅(訪問系サービス)にこの告示をそのまま適用したら、こんなことが困ってしまうという具体的事例を募集します!(例:訪問看護対応じゃ絶対無理!医療的ケアのニーズは、毎日決まった時間に予定通り発生する訳じゃない!これじゃ地域生活が成り立たない!) ご協力よろしくお願いします!
 *厚労省告示89号  
   新判定スコアに「医療的ケア(診療の補助行為)」
 *送っていただきたい事例の例
  (事例記入専用フォームあり
 …などと伝えています。
 △厚労省
  令和3年度障害福祉サービス等報酬改定について
  *告示
   厚生労働大臣が定める医療行為
   (令和3年厚生労働省告示第89号) 
  ……などが掲載されています。
 ↑↑関連↑↑
 ☆☆3/17開催された
   第33回「永田町子ども未来会議」の詳細……

    座長でもある荒井さとし衆院議員(立憲民主)
    HP 2021年3月31日より 
 > 去る3月17日、33回目になる永田町子ども未来会議が行われました。新年度に向けて、この会議で一緒に取り組んできた仲間の異動も予定されていますが、医療的ケア児支援法(仮)も国会提出目前です。会議では各党の進捗確認、厚労省・文科省・総務省からは医療的ケア児関連予算と最新動向についての説明のほか、医療的ケア児と家族を支援するための「日本小児在宅医療支援研究会 家族連絡会」の発足などについてご報告いただきました。なお、会議の内容は認定NPOフローレンスのご協力を得てライブ配信されており、録画映像もこちらからご覧いただけます。
  *2021 年度 障害福祉報酬改定の概要報告
  *各党の進捗状況
  *各省の医療的ケア児関連予算・施策の最新動向
  *日本小児在宅医療支援研究会 家族連絡会の発足について
  *一括質疑・意見交換
  *[資料]
   第33回永田町子ども未来会議次第20210317
   【概要】
    医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案
   【要綱】
    医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案
   【法律案】
    医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案

   厚労省-第33回永田町子ども未来会議令和3障害福祉改定
   厚労省-第33回永田町子ども未来会議_予算関連
   文科省-第33回永田町子ども未来会議
   総務省_令和3年度の地方財政措置障害児教育関連
   永田町子ども未来会議_前田先生資料
   永田町子ども未来会議_舩後先生ご挨拶
 ……などが掲載されています。
  …関連…
 △医ケア児支援法、制度設計前倒し 
  実効性と「18歳後」に懸念も
   西日本新聞ニュース 2021/3/25
  > 医ケア児支援法制定へ(下)
   17日、都内の衆院第1議員会館で開かれた「永田町子ども未来会議」。「相当充実した報酬改定ができた。大幅な引き上げができたのは、皆さんの尽力と応援があってこそ」。国会議員や福祉関係者、親の代表らの前で、厚生労働省の担当者は頭を下げた。今年は3年に1回の障害福祉サービス報酬改定の年。
 …などと伝えています。 その紙面
 △キャンペーン <Web署名>
  日本中どこでもどんな子でも自分らしく生きたい!
  医療的ケア児支援法を成立させよう!
  「医療的ケア児支援法の成立を希望する会」
   2021年3月28日
   医療的ケア児支援法の成立を希望する会一同
   (全体監修:Wings代表 本郷)
 △第9回 小児の在宅医療を考える会
   〜医療的ケア児支援法案について〜
  >*日時:2021年6月8日(火)19:00〜
 
--↑<固定表示>↑--  --↓<4/11追記>↓--

✨☆クラスター発生の奈良の障害者施設 第4波に緊迫感
  産経新聞 2021.4.10
 > 新型コロナウイルス対策で大阪府などに「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が適用される中、奈良県でも9日の感染者が過去最多の96人に上るなど感染拡大に歯止めがかからない。特に年末年始にクラスター(感染者集団)が発生した県内の障害者施設の警戒感は強い。施設を運営する社会福祉法人の理事長、山岡亨(とおる)さん(45)は「一人でも感染者が出ると、抑え込むのは難しい。気が抜けない毎日だ」と語る。…略… 厚生労働省によると、今月5日時点の全国のクラスター発生件数は累計5935件で、うち障害者施設は133件に上る。意思疎通が難しい利用者もいるなど対策の徹底が困難な側面もあり、厚労省は障害の特性に応じた対策を行うよう求めている。厚労省が作成した「感染対策マニュアル」は、体温や血圧など定期的な健康観察の重要性を指摘。対策をイラストで伝える▽マスクに利用者本人が好む素材や柄を取り入れる▽マスクをつける研修を毎日行う−といった方法を紹介している。
 …などと伝えています。 

✨☆闘病の子どもへ、バスケ遠隔観戦取り組み 
 Bリーグ・三遠、今秋から
  中日新聞 社会 2021年4月10日
 > プロバスケットボールBリーグの三遠ネオフェニックス(愛知県豊橋市)が今年秋の来シーズンから、ロボット技術を活用し、闘病中の子どもが、療養先から遠隔で試合観戦できる取り組みを始める。きっかけは新型コロナウイルスの影響で、人との接点がなくなった女児の存在だった。チームは「病気と懸命に闘っている子どもたちの力になりたい」と意気込んでいる。活用するのは、カメラやマイク、スピーカーを内蔵した高さ約二十センチ、重さ約六百グラムの小さな日本製ロボット「OriHime(オリヒメ)」。利用者は遠隔地からタブレット端末でオリヒメを操作し、声を発したり、手を上げたり感情表現もできることから、「分身ロボット」と呼ばれる。 
 …などと伝えています。 その紙面

☆無人駅、全国の5割に迫る 障害者「介助に不安」提訴も
  日本経済新聞 2021年4月10日
 > 駅員不在の「無人駅」が増え、全国の駅の半数に迫ろうとしている。人口減に伴う鉄道会社の経営効率化が背景にあり、利用者の多い都市部の駅も無縁ではない。介助が必要な障害者などからは利便性低下を懸念する声が上がり、国も安全確保に向けた議論を本格化させている。…略… 国土交通省によると、2019年度に人口が最も多い東京都の無人駅の割合は9.9%。同2位の神奈川県と同3位の大阪府はそれぞれ16%に上った。
 …などと伝えています。
 △国土交通省:駅の無人化に伴う安全・円滑な駅利用に関する
   障害当事者団体・鉄道事業者・国土交通省の意見交換会
  >>・第1回目(2020'11.6)、第2回目(2020'12.21)
    第3回目(2021'3.12)に開催され
    その回毎に資料や議事概要などが掲載されています。
 *改正バリアフリー法施行
  地方の駅やバスターミナル 整備に課題
   NHKニュース 社会 2021年4月4日
  △国土交通省 令和3年3月31日
   高齢者、障害者等の移動等がさらに円滑になります!
    〜公共交通機関の
    「バリアフリー整備ガイドライン」を改訂
 
 --↑<4/11追記>↑--

✨☆令和3年度障害福祉サービス等報酬改定等に関する
  Q&A VOL.2(令和3年4月8日)
  > 4月8日付で、「Q&A VOL.2」が発出されています。
   就労系・相談系・障害児支援に関する内容が掲載です。
>>*P16〜 4.障害児支援
    (1)障害児通所支援
    (医療的ケア)
    問 39 従来より看護職員加配加算等の算定対象となって
       きた「医療的ケア」について、「厚生労働大臣が
       定める医療行為」(令和3年厚生労働省告示
       第89号)として改めて示されたが、「医療的ケア」
       に係る「医療行為」の範囲が変更になったのか。
    (答)同告示は、従来より看護職員加配加算等の算定の
       対象となってきた「医療的ケア」について、障害
       児通所支援における医療的ケア児に係る基本報酬
       等の算定対象とする上で、改めてお示ししたもの
       であるが、「医療行為」の範囲について新たな解
       釈をお示しするものではない。
    ……などが掲載されています。
 △厚労省:令和3年度障害福祉サービス等報酬改定について

☆農家の協力で食育活動 
 障害児通所支援施設「ギフトオブスマイル奏」が開所
  苫小牧民報電子版 2021/4/9
 > 苫小牧市王子町にある障害児のための通所支援施設「ギフトオブスマイル奏(かなで)」は5日、施設内で食育活動「キッチン奏」を行った。利用する子どもらが、近郊の農家から寄贈された山芋を使って昼食作りを楽しんだ。
 …などと伝えています。 その紙面
 *Gift of Smile 奏(ギフト オブ スマイル かなで)
  ・特定非営利活動法人テレサの丘

☆内閣府:障害者政策委員会(第54回)←3/22開催
  *当日の資料が掲載されています。
   >・障害者差別解消法の改正法案について(報告)
    ・その他
      文化審議会国語分科会の取りまとめについて(報告)
  *これまでの同政策委員会の資料や議事録等はココを
  △内閣府障害者施策

✨☆車いすから見た世界を描くライター、川端舞さん
  NEWSつくば 2021年4月6日
 > 「障害者として堂々と生きていきたい」そう話すのは、重度障害のあるライター、川端舞さん(29)だ。NEWSつくばでコラム「電動車いすから見た景色」を連載、市民記者としても活動し1年が経った。介助者のサポートを得て営む一人暮らしは11年目を迎えた。ありのままの自身の経験や日々の出来事を発信し、障害について考えるきっかけを読者に投げかける。
 …などと伝えています。

☆喜ばれなかった合格発表〜祖父母の介護を担った高校生〜
  NHKニュース WEB特集 2021年4月9日
 > 「こんなにうれしいと感じられたのはいつぶりだろう」。第1志望の国立大学に合格した時、1人の女子高校生はそう思いました。でも、合格したことを両親に伝えても、喜んではくれませんでした。一緒に暮らす祖父母の介護をほぼ1人で担っていた彼女。彼女が県外の大学に進学したら、介護を担う人がいなくなる。それが理由でした。
 …などと伝えています。

☆分身ロボット、難病の児童も活用 
 北九州市・八児小 授業楽しく
  西日本新聞ニュース 2021/4/8
 > 難病のため教室で過ごすことが難しい北九州市の児童が、インターネットを通じて操作できる分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を使って授業を受けている。
 …などと伝えています。 その紙面

◇「障害に理解と優しさを」 
 江戸川の通所施設 啓発用DVD制作 区内小学校に
  東京新聞 東京 2021年4月9日

 ✨☆静岡市の9歳の重度障害児 小学校への通学が実現
  NHKニュース 静岡県 04月08日
 > 重い障害を理由に小学校への通学が実現していなかった静岡市の9歳の児童が、今年度から小学校への転入を認められ、始業式に出席しました。重い障害で人工呼吸器を使用している静岡市葵区の鈴木大斗さん(9)は、就学前から小学校への通学を希望していましたが、市教育委員会は「体制が整わない」として入学が実現していませんでした。ところが、これまで交流として大斗さんが一部の授業に出席する中で、教員から「視線や手の動きで意思を読み取れる」という声が上がったことなどから、市教育委員会は今年度からの受け入れを決め、大斗さんは7日、転入先の松野小学校の始業式に出席しました。式では伏見倫也校長が「みんなと勉強することが夢だった大斗くんがきょうから仲間になりました。みなさんも夢や希望、なりたい自分を描いてください」と述べました。このあと大斗さんは4年生の教室に入り、自己紹介をする担任の教員を見つめたり、新しい教科書を受け取ったりしていました。
 …などと伝えています。
✨☆野田聖子氏 医療的ケア児の親と意見交換
  日テレNEWS24 2021年4月8日
 > 人工呼吸器の着用などを必要とする「医療的ケア児」の母親らが自民党の野田聖子幹事長代行と対談し、今国会に提出される支援法案について意見を交わしました。野田代行を中心とする超党派の議員は、医療的ケア児と家族を支援する法案を今国会に提出する予定です。8日、医療的ケア児の母親3人が野田代行とリモートで対談しました。 …略… 自民党・野田幹事長代行「どこに生まれて暮らしていても、同じ教育が受けられるような環境を作るようにというのが私たちの願いで、地方自治体1700以上あるわけですけど、その人たちにこういうことなんだということを伝えていく時代が来ている」支援法案は来月にも国会に提出される見通しです。
 …などと伝えています。
 *その動画記事全文
  ☆野田聖子氏×医療的ケア児の親リモート対談
   日テレNEWS24 2021年04月10日   
 ↑↑関連↑↑
 ※昨年(令和 2(2020)年 3 月)に
  文部科学省「学校における教職員によるたんの吸引等
   (特定の者対象)研修テキスト」が改訂されました。
  とFB通じて情報を頂きました。m(__)m
 △文部科学省令和元(2019)年度
   学校における医療的ケア実施体制構築事業
    公益財団法人 日本訪問看護財団 研究担当
  >・文部科学省「令和元年度 学校における医療的ケア実施体制構築事業」にて、「学校における教職員によるたんの吸引等(特定の者対象)研修テキスト(以下「教員用テキスト」という。)」と「学校における医療的ケア実施対応マニュアル(看護師用)(以下「看護師用マニュアル」という)」を作成しました。
  峩軌用テキスト」は、学校において教職員が痰の吸引や経管栄養を行う際に受講する第3号研修(特定の者対象)の資料として、文部科学省が平成24年に作成した「特別支援学校における介護職員等によるたんの吸引等(特定の者対象)研修テキスト(例)」を改訂したものです。教育委員会等において研修実施時に活用できるスライドも掲載していますので、併せてご活用ください。
 ◆峇埜郢嬪僖泪縫絅▲襦廚蓮∧神17年に日本看護協会が文部科学省の委嘱を受けて作成した「盲・聾・養護学校における医療的ケア実施対応マニュアル」を改訂したものです。学校配置の看護師等が、学校現場で戸惑わず医療的ケアを実施できるような内容となっていますので、ご活用ください。
 ……などが掲載されています。
 △文部科学省
   特別支援教育について > 6.学校における医療的ケア
  >・新型コロナウイルス感染症対策
   ・通知等
   ・協議会、研修会等
   ・調査結果等(調査研究、実態調査)
   ・関連リンク
   ……などが掲載されています。

✨☆【特集】
  消えない不安 原発事故10年・置き去りのままの障害者
  NHKハートネット 記事 2021年04月08日
 > 東京電力福島第一原子力発電所の事故により避難を余儀なくされた福島県双葉郡。震災から10年を経ても、生活に必要な小売店や公共交通機関、そして障害者を支える福祉サービスや医療も不十分なままです。早川千枝子さんは事故から4年半後に避難指示が解除された双葉郡楢葉町へいち早く戻り、障害者を支援する施設を開所させました。双葉郡の障害者は「置き去り」にされたままだという早川さんに、その状況と要望を聞きました。
 …などと伝えています。

◇重度の知的障がい抱える仲村伊織さん、
 かなえた4度目の春 高校生に
  沖縄タイムス+プラス 2021年4月8日

 ✨☆2021年3月19日・20日に札幌駅地下歩行空間で開催した
 『写真展 みんな、とくべつなひとり』。
 当日の様子をまとめたダイジェスト動画を制作しました。
  医療法人稲生会 最新NEWS2021-04-07

✨☆医療的ケア児や重症心身障害児の施設オープン 南陽
  NHKニュース 山形県 04月06日
 > 医療的ケアが必要など重い障害のある人が、子どもから大人になるまで通える施設が南陽市にオープンしました。医療的ケアが必要な人や重い障害のある人に特化したこうした施設は、置賜地方では初めての設置です。南陽市郡山に新しくオープンしたのは、「まなびのへやバンビーナ南陽」で、6日行われた竣工式には、施設の運営法人のスタッフなど30人余りが参加し、参加者が玉串を納めました。
 …などと伝えています。

✨☆延岡共立病院、医療的ケア児を受け入れ 
 ショートステイ開始 介助家族の負担軽減へ 県北初/宮崎
  毎日新聞 2021/4/7 地方版
 > 延岡市山月町の延岡共立病院が医療的ケア児のためのショートステイを始めた。県内5カ所目で県北では初。常時医学的管理が必要な在宅児を預かり、食事や排せつなどの介助をし、ケアに追われる家族に休息を与え負担を減らす狙い。県内では4カ所(宮崎市2、日南市、川南町各1)のみで、県北の住民は遠隔地への送迎が必要だった。
 …などと伝えています。

✨☆食事で障害児に笑顔も栄養も 
 「地獄の給食時間」機に嚥下食研究
  西日本新聞ニュース 2021/4/7
 > 北九州市の特別支援学校では、児童・生徒の障害の程度に応じて5段階で調理方法を変える給食を長年取り入れている。誤嚥(ごえん)事故を防ぎ、しっかりと栄養も取ってもらうため、全国でも珍しい取り組みを主導したのは、元栄養教諭の牟田園満佐子さん(65)=同市戸畑区。退職後もコンテストで最優秀賞に選ばれるなど、障害がある子どもたちが笑顔で食べられるメニュー作りに力を注ぐ。給食時間は「地獄」だった。1997年、学校栄養職員(現・栄養教諭)として初めて北九州市内の特別支援学校に赴任した牟田園さんは、子どもたちの様子に大きな衝撃を受けた。せき込んだり吐き出したり。壁に食べ物が飛び散り、激しくむせる声が響く。教員たちは自分が食べる時間もなく、介助に追われていた。…略…
牟田園さんは17年に退職後、市内で障害者の通所施設などを営む「月翔(つきと)」が開設した「嚥下食工房 七日屋(なのかや)」(同市八幡東区)に所長として勤務。障害者施設2カ所に昼食を届けている。
 …などと伝えています。 

☆社説:医療的ケア児 支援の充実へ広い理解を
  山陽新聞デジタル 2021年04月02日
 > 自宅で暮らしながら、人工呼吸器や胃ろうを使うなどして日常的な医療的ケアが必要な子どもが増えている。その支援の充実を図りたい。厚生労働省が障害福祉サービス事業所に支払う報酬をきのう改定し、こうした「医療的ケア児」を支援する施設を手厚く評価することにした。 …略… 今国会に超党派による議員立法で、支援の強化に向けた法案を提出し、成立を目指す動きもある。具体的には保護者の付き添いが必要なくなるよう、学校に看護師らの配置を求める。各都道府県には、家族の相談に応じ、情報提供や助言をする支援センターの設置を促すというものである。子どもの健やかな成長を図るとともに、保護者の離職を防止するとの目的は理解できる。その実現を図るには、当事者家族の声に耳を傾けて、実効性のある仕組みにするのはもちろん、国会審議などを通じて幅広い理解を得ていくことが求められる。
 …などと伝えています。

✨☆在宅ケアラーと地域をつなぐ 
 東京の介護者支援団体 グッズ配布の試み
  東京新聞 2021年4月7日
 > 自宅で高齢者や障害者らを介護しているケアラー(介護者)に、地域とつながるためのグッズを届ける取り組みが進んでいる。コロナ禍で外出がままならない中、ケアラーは悩みを一人で抱え、孤立しがちだ。支援団体は「殺人や心中という最悪の事態に至らないよう、ケアラーとつながる第一歩に」と期待を寄せる。…略… セットを作ったのは、東京のNPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」。
 …などと伝えています。
 *NPO法人 介護者サポートネットワークセンター・アラジン

☆社説:新出生前診断 妊婦支える環境整備を
  京都新聞 2021年4月7日
 > 妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新出生前診断について、厚生労働省の専門委員会は、行政や医療機関が「妊婦およびそのパートナーへ誘導とならない形で、情報提供を行っていくことが適当」とした報告書案を大筋でまとめた。…略… 日本ダウン症協会は、情報提供の内容や方法次第で「ダウン症が検査をして産むか産まないかを選択する必要がある障害だとの間違った理解を広めかねない」として丁寧な対応を求めている。
 …などと伝えています。
☆社説:出生前診断 意思決定支える仕組みを
  熊本日日新聞社 04月07日
 > 妊娠中に胎児の異常を調べる出生前診断について、厚生労働省は「医師が積極的に知らせる必要はない」とした1999年の見解を約20年ぶりに転換する方針を打ち出した。検査に関する情報を国や自治体が妊婦らに提供する体制を整えるほか、検査実施施設の認証制度を国も関与する形に改める。…略… 疾患や障害があっても安心して産み育てる社会であることが、出生前診断の前提となろう。妊婦やその家族だけでなく、社会全体が向き合うべき課題だ。
 …などと伝えています。
 *社説:新出生前診断 当事者を支えられるのか
   信濃毎日新聞 2021/04/02
 *社説:出生前診断の新制度 自己決定を支える運用に
   毎日新聞 2021/4/4 東京朝刊

☆内多勝康さんともみじの家・1
 元NHKアナウンサーが50代で医療福祉に転職した訳
  ハルメク 暮らし 更新日:2021/04/07
 > 元NHKアナウンサーの内多勝康さんは2016年にNHKを退職し、国立成育医療研究センター「もみじの家」のハウスマネージャーに転職。医療的ケアが必要な子どもとその家族のための施設です。52歳での大転身は、どのようにして起こったのでしょうか。
 …などと伝えています。

☆「姉妹の固い絆の証し」 
 音更の岡田さんがヘアドネーションで髪の毛寄付
  十勝毎日新聞電子版 2021/04/07
 > 【音更】姉妹の固い絆の証し−。この春、音更緑南中学校3年生になった岡田結菜(ゆいな)さん(14)は6日、3年間伸ばし続けた髪の毛の一部(長さ45センチ)を「ヘアドネーション」として寄付した。きっかけとなり、支えとなったのが妹の心菜(ここな)さん(11)の存在。低酸素脳症による後遺症で、誰かのサポートなしでは生きることが難しい心菜さんから力をもらい、大きな目標をやり遂げた。
 …などと伝えています。

☆自分ひとりで生きようとしない 
 〜両目と両手を失った元教師の言葉より〜
  NHKハートネット 記事 2021年04月06日
 > 障害のある人や、ともに歩む人の手記のコンクール「NHK障害福祉賞」。2002年に最優秀賞を受賞した元教師 藤野高明さん(82)は、目が見えず、手がありません。手記に書いたのは、二重の障害を持ちながら教師を目指し、次々と行く手をさえぎる差別・偏見と闘い、夢をかなえた苦闘の半生です。ですが、そのタイトルは、「人と時代に恵まれて」と、明るい。この明るさはどこから来るのでしょう?また、長年選考委員をつとめる作家・柳田邦男さんがひときわ印象深く記憶する言葉「文字の獲得は光の獲得でした」はどうして生まれたのでしょう?30年にわたって教壇に立ち、軽妙な「藤野節」の語りで、多くの若者たちに生きる希望を伝えてきた熱い思いを聴きました。
 …などと伝えています。

◇障害者割引制度 4月から単独で乗車も5割引
 手帳所持者全て適用に 伊賀鉄道
  【伊賀タウン情報 YOU】 2021年4月6日
◇掛川東病院と市が協定締結 健康増進に幅広く連携
  中日新聞 静岡 2021年4月6日
◇難病ALS闘う夫描く 
 長崎放送元カメラマンの妻が闘病記自費出版/長崎
  毎日新聞 2021/4/7 地方版
◇社説:「子ども庁」構想 「選挙目当て」が透ける
  京都新聞 2021年4月7日
◇ワクチン接種「障害者も優先対象に」 
 合理的配慮求め要望書
  京都新聞 滋賀 2021年4月7日

 ✨☆50代で医療福祉に転身した元NHKアナウンサー
 内多勝康「”この子”を助ける」強い思いが人を動かす
  ハルメク 2021/04/06
 > 元NHKアナウンサーの内多勝康さんは2016年に退職し、医療的ケアが必要な子どもと家族のための施設「もみじの家」に転職。その姿をお伝えしたところ大反響がありました。コロナ禍の施設運営の苦労や、今誰かのためにできることについて伺いました。
  *元NHKアナウンサーが転職した「もみじの家」とは?
  *内多勝康さんの近況を知った読者の反応は
  *コロナ禍での施設運営を救ってくれた「寄付」
  *”誰か”の幸せを深く考えることが地域・社会を変える
  *ようやく悲願が…子どもたちの成長にスポットが当たった
  *まずは情報を発信することが大事
  *内多さんのこれからの展望は?
  *内多 勝康(うちだ・かつやす)さんのプロフィール
  *内多勝康さんに直接質問できるオンライン講演会開催
   ・2021年6月1日<オンライン講演会>
    内多勝康さんのお話会
 …などと伝えています。

☆無人駅の車いす介助検討 JR6社、車掌ら対応
  佐賀新聞(共同) 4月6日
 > JR六社は、無人駅で車いす利用者がスムーズに列車を乗り降りできるよう、運転士や車掌による介助を検討している。経費削減で地方を中心に無人駅が増える中、障害者団体から改善を求める声が出ていた。JR側は対応できる駅などを調整しており、国土交通省も夏までに乗務員が介助する際の指針を作る。
 …などと伝えています。

◇発達障害への理解を 当事者と家族の思い
  徳島新聞 4月6日
◇白杖手に闇の対話 港区で催し 存続へネットで資金
  東京新聞 東京 2021年4月6日 



2021/04/06
✨☆医ケア児の冊子「共感3」発刊 音更
  十勝毎日新聞電子版 2021/04/06
 > 【音更】社会福祉法人「地域で一緒に暮らそう会」(町新通4、佐々木恵美子理事長)は先月、「医ケア(医療的ケア)の仲間たち」をテーマにした冊子「共感3」を発刊し、合わせて医療的ケア児(医ケア児)の生き生きとした表情の写真を多数使った卓上カレンダーも制作した。
 …などと伝えています。
 *医療的ケア児の生活白書「共感」発行しました
   同法人ニュース   2019.05.01

✨☆「ヤングケアラー」家族の介護で
 進路諦めた生徒が44人 埼玉県
  NHKニュース 社会 2021年4月6日
 > この春、埼玉県内の公立高校を卒業した生徒のうち、家族の介護などが原因で希望の進路を諦めたケースはNHKがすべての学校を対象にアンケートを行った結果、少なくとも17%にあたる24の学校で合わせて44人に上りました。家族の介護などを行う子どもは「ヤングケアラー」と呼ばれていて、専門家は、「家庭状況を打ち明けられない子も多い中、数字は氷山の一角だ。早急な支援の体制作りが求められる」と指摘しています。
 …などと伝えています。
 ☆社説:ヤングケアラー 実態把握し支援早急に
  北海道新聞 04/06
 > 病気や障害のある親、祖父母らの介護を担う18歳未満の子どもを「ヤングケアラー」と呼ぶ。日本ではまだ社会的な認知度は低い。実際にどれくらいいるのか正確には分かっていない。…略… 空知管内栗山町は全国の市町村で初めて「ケアラー支援条例」を制定した。条例には「全てのケアラーが健康で文化的な生活を営むことができる社会を実現する」と明記している。介護を地域全体の問題として捉え、恒久的な仕組みづくりに踏みだした。ヤングケアラーを含む支援への一歩とも言えよう。少子高齢化や晩婚化、共働き世帯の増加などで家族形態や生活様式は多様化している。老老介護なども社会問題となっており、介護のあり方をいま一度見つめ直したい。介護する側を支える視点もまた必要だろう。
 …などと伝えています。
 *栗山町社会福祉協議会運営 
   まちなかケアラーズカフェ「サンタの笑顔」

☆患者団体 コロナ禍交流中止も 
 会報誌でつなぐ オンライン開催に光明も
  十勝毎日新聞電子版 2021/04/05
 > 新型コロナウイルスが多くの人の生活に影響をもたらし、難病患者も不安な日々を過ごしている。患者同士は交流会などを通して互いに支え合い、病気と向き合っている。新型コロナの感染拡大で、全道集会やバザーが中止となる中、事務局が年2回発行する会報誌が会員間の気持ちをつないでいる。「直接会えず苦しかった」
 「会員と直接会うことができず、苦しい、さみしい。そんな1年だった」。北海道難病連十勝支部の山根隆支部長は、言葉少なに昨年度を振り返った。
 …などと伝えています。

☆重度障害者が遠隔でロボット操作 接客行う実験へ 東京 港区
  NHKニュース 首都圏 04月05日
 > 東京・港区は最新技術を使って多様な働き方をつくろうと、重度の障害がある人が自宅にいながら、自分の“分身ロボット”を遠隔操作で動かして売店の接客を行う実証実験を、ことし7月から行う方針です。
 …などと伝えています。
 *-D_ OryLab(オリィ研究所)テクノロジーの力で「不可能を可能に変えていく」

☆「 JRで車いすは乗車拒否されました」
 伊是名夏子さん明かす 法律はどうなってる?
  弁護士ドットコム 2021年04月05日
 > コラムニストの伊是名夏子さんが4月4日、電車への乗車拒否にあったことを自身のブログで明かした。伊是名さんは、骨の弱い障害「骨形成不全症」で電動車いすを使用している。伊是名さんが2021年4月、静岡県熱海市にある来宮神社へ「小田原駅→熱海駅→来宮駅」のルートで行こうとしたところ、小田原駅で駅員から「階段しかないので、ご案内できません。熱海まででいいですか?」と言われたという。
 …などと伝えています。

◇京都府の障害者虐待、
 相談・通報件数が過去最多に 認定件数は過去2番目
  京都新聞 社会 2021年4月5日
 *障害者虐待防止法が施行されました 障害者虐待の状況
   京都府健康福祉部障害者支援課
◇パラスポーツ 地域で楽しむ環境を
 新潟県障害者大会、参加者減止まらず
  新潟日報 2021/04/05
◇医療的ケア児が楽しく過ごせる施設「ガブリエル」
 目黒区にオープン 看護師や保育士が常駐
  東京すくすく 2021/04/05
  (2021年4月2日付東京新聞朝刊) 

✨☆医ケア児 普通校就学増 県内9市町22人希望かなえ 
 国補助後押し 看護師確保が課題
  岩手日報 2021年4月4日
 > たん吸引や経管栄養などの医療行為が日常的に必要な医療的ケア児(医ケア児)の普通小中学校への就学が県内で増加している。岩手日報社の調べでは2021年度は9市町で22人が通学する。ほとんどの希望者が就学をかなえ、文部科学省の調査データがある15年度以降で最多となった。国の看護師配置経費の補助開始や社会的な関心の高まりなどが後押しした。課題は学校でケアを担う看護師の確保。さらなるニーズの増加に備え、人材育成と確保体制の構築が求められている。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆家庭の介護者「ケアラー」支援へ 栗山町で住民学習会
  NHKニュース 北海道 04月04日
 > 空知の栗山町で病気や高齢の家族などを介護している人を支援する条例が制定され、住民を対象に学習会が開かれました。栗山町では病気や高齢の家族などを介護している「ケアラー」を支援しようと、先月、「ケアラー支援条例」が全国の市町村で初めて制定されました。
 …などと伝えています。
 △栗山町ケアラー支援条例の制定
  栗山町福祉課高齢者・介護・医療グループ 2021年3月22日
 ◇日本ケアラー連盟 HP  FB

☆「私のおじいちゃん?」
 私宅監置された祖父の過去を孫が追う
  琉球新報デジタル 社会 2021年4月4日
 > 日本復帰前の沖縄で合法化されていた、精神障がい者を小屋に閉じ込め隔離する「私宅監置」。神戸市の幸恵さん(41)は2年前、偶然見たドキュメンタリー番組がきっかけで、会ったことのなかった祖父がその監置対象だったことを知った。「私だってあの時代に生きていたら、私宅監置はやむを得ないものだと考えたかもしれない。二度と同じことが起こらないよう、隠さずに話していきたい」。幸恵さんは思いを強くしている。…略… 私宅監置をテーマに、幸恵さんも出演する映画「夜明け前のうた 消された沖縄の障害者」が桜坂劇場(那覇市)で3日、公開された。来県中の幸恵さんは舞台あいさつで語り掛けた。「閉じ込められた人と同様に、家族も違う苦しみを味わった。そのことは伝えたい」
 …などと伝えています。

☆障害者施設 職員による虐待被害は730人余 過去2番目の多さ
  NHKニュース 社会 2021年4月4日
 > 令和元年度に障害者施設の職員から虐待を受けた障害者は、過去2番目に多い730人あまりで、このうち2人が死亡していたことが厚生労働省のまとめで分かりました。厚生労働省によりますと、去年3月末までの1年間に障害者施設の職員から虐待を受けた障害者は、全国で合わせて734人でした。
 …などと伝えています。

☆ALSと闘いながら無料相談を行う医師・太田守武さん
  朝日新聞デジタル 2021年4月4日
 >  千葉県八千代市の医師、太田守武さん(49)は、全身の筋肉が徐々に衰えていく難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、同じ病の患者らの無料相談に乗っている。一度は死も考えた絶望から、人の言葉で救われた。今度は自分がネットなどを活用し、年間約100人の言葉を受け止め、助言を続けている。
 …などと伝えています。

<くるみのおうち> 東京新聞 神奈川連載中(3/26〜) 
  >> 川崎市中原区にあった築五十年の空き家をリフォームし、二〇二〇年に開所した地域交流の場「くるみのおうち」。多様な「自分らしさ」を包み込んで、出会い、つながり、認め合う居場所にしたいと願う。その軌跡をたどる。
 <太田修嗣(おおた・しゅうじ)> 兵庫県西宮市出身、45歳。キヤノン勤務。長男直樹さんに知的障害・自閉症があり、親子ともに生きづらさを感じてきた経験から、当事者・家族を支援するNPO法人を2014年設立。詳しくは「くるみ−来未」のFacebookページへ。
 …などと伝えています。 
  *(1)父の決意 20歳になった直樹へ
    「どんな人にも明るい未来」信じて 2021年3月26日
  *(2)自閉症と診断されて 
    笑顔を大切に育てよう 2021年4月4日

☆視覚障害者と盲導犬 同時に救助
 県航空隊、災害時のマニュアル作成
  新潟日報モア 【動画あり】2021/04/03
 > 新潟県消防防災航空隊が、災害時に防災ヘリコプターで視覚障害者と盲導犬を同時に救助するためのマニュアルをつくった。広島県、広島市、島根県に続いて全国で4例目となる取り組みだ。従来は人命優先の原則から人だけを救助することになっていたが、当事者にとって生活に欠かせない盲導犬も一緒に救助し、避難できる運用体制が整った。
 …などと伝えています。

◇障がい者らの在宅就労支援 
 「どこでもWork梅」が那覇に開所
  琉球新報デジタル くらし 2021年4月3日
◇厳選豆 障害者カフェ 宇治市植物公園にオープン
  朝日新聞デジタル 2021年4月4日
◇改正バリアフリー法施行
 地方の駅やバスターミナル 整備に課題
  NHKニュース 社会 2021年4月4日

 ✨☆神奈川県作成
 「難病療養の公的支援ガイドブック」を監修しました
  日本ALS協会神奈川支部  2021.03.31
 *難病療養の公的支援ガイドブック
   神奈川県福祉子どもみらい局 2021年3月30日
  ・難病療養の公的支援ガイドブック

✨☆不安との戦い1年 自閉症スペクトラム障害の子供たち
 (産経新聞)Yahoo!ニュース 4/3
 > 新型コロナウイルスの感染拡大から1年余り。生まれつきの脳機能の障害が原因とされる「自閉症スペクトラム障害(ASD)」の子供たちにとっては、さまざまな変化が大きなストレスとなり、かんしゃくなどの症状につながった。コロナ禍で保護者のストレス解消もままならず、親子は不安とのたたかいを強いられてきた。
 …などと伝えています。
 *世界自閉症啓発デー公式サイト
   ・毎年4/2〜4/8は発達障害啓発週間
☆「僕が跳びはねる理由」で知る発達障害の誤解/上
  毎日新聞 医療プレミア特集 西田佐保子 2021年4月3日
 > なぜ大声が出たり、跳びはねたりするのか−−。重度の自閉症スペクトラム症(ASD)である東田直樹さん(28)が13歳のときに心の内をつづったエッセー「自閉症の僕が跳びはねる理由」(2007年、エスコアール/角川文庫/角川つばさ文庫)は30カ国以上で出版されて大ベストセラーになった。この本を原作にしたイギリスのドキュメンタリー映画が、現在公開中の「僕が跳びはねる理由」(20年)だ。東田さんとの共著もある、精神科医の山登敬之さん(63)は、「意識の高い人だけでなく、障害者と接点のない人にも見てもらいたいです」と話した。
 …などと伝えています。
 ☆「僕が跳びはねる理由」で知る発達障害の誤解/下
  毎日新聞 医療プレミア特集 西田佐保子 2021年4月4日
 ◇息子との日々糧に 横浜の施設で事故死 
  障害者ガイドに母奮闘
   読売新聞オンライン 神奈川 2021/04/03

☆触れぬ生活 不便増す 
 コロナ禍の視覚障害者 「新様式」対応に戸惑い
  下野新聞 2021年4月3日
 > 店入り口にある消毒液の場所が分からない、間隔を空けて列に並ぶことが難しい−。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、視覚障害者の生活で不便さが増している。「触ること」は大きな情報収集の手段だが、外出先で物に触れて大きさなどを確認することがはばかられるという。当事者らは「困っている視覚障害者を見掛けたら、まず声を掛けてほしい」と支援を求めている。
 …などと伝えています。

✨☆ヤングケアラー相談窓口を開設 県、3児相内に
  日本海新聞 2021年4月3日
 > 鳥取県は1日、障害や病気のある家族の介護やケアを担い、自らの育ちや教育に支障を来している18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の相談窓口を県東中西部の3児童相談所内に設けた。
 …などと youtube も含め伝えています。
 △「鳥取県ヤングケアラー相談窓口」が、
   鳥取県内3カ所の児童相談所に、4月1日より設置されました。
  鳥取県子育て・人財局 家庭支援課 4月1日
 ☆ヤングケアラー:僕もヤングケアラー 
  SOSばんばん出していい 山崎育三郎さんインタビュー
   毎日新聞 2021/4/3 東京朝刊
  > 人気俳優の山崎育三郎さん(35)が、毎日新聞のインタビューに応じ、認知症を患った祖父母を高校時代から2年間、1人で在宅介護した経験を語った。家族の介護や世話に追われて孤立するヤングケアラーの子どもたちへの、山崎さんからのメッセージとは。
 …などと伝えています。 

✨☆”障害者の大学” 初めての卒業生の成長
  NHKニュース 鹿児島県 04月02日 
 > 知的障害や発達障害がある人たちが高校卒業の年齢を過ぎても”学び”を続けられる場所は、多くはありません。
「どんな障害があっても、もっと学ばせたい」「兄弟と同じように、大学に通わせたい」。そんな保護者たちの声が後押しして4年前に設立されたのが、鹿児島市のいわば「障害者の大学」です。この「大学」を巣立った初めての卒業生の成長を取材しました。
 …などと伝えています。
 *「ユーススコラ鹿児島」初の卒業式 
  特別支援高等部卒業後の20人が門出 鹿児島市
  (南日本新聞)Yahoo!ニュース 3/29
 △麦の芽福祉会 ユーススコラ鹿児島
 △障がい青年の学校から社会への移行期の学び
  学校・福祉事業型専攻科ガイドブック
   クリエイツかもがわ 
   発行:2021年3月定価:2,200円(税込)
  >田中良三・國本真吾・小畑耕作・安達俊昭・
   全国専攻科(特別ニーズ教育)研究会/編

☆障害児楽しめる玉川公園に 車いす対応遊具や動線 
 金沢市が再整備 今夏着手、23年4月供用
  北國新聞 石川 2021/4/3
 > 玉川公園(金沢市玉川町)が2023年4月、障害の有無にかかわらず誰もが楽しめる「インクルーシブパーク」に生まれ変わる。隣接地での中央小移設と玉川こども図書館改築に合わせ、市が公園の再整備を計画しており、今夏に実施設計に着手する。車いすに対応した遊具の設置や動線の確保など、障害のある子もない子も一緒に遊べるのが特徴で、県内初の取り組みとなる。
 …などと伝えています。

 ✨☆第9回 小児の在宅医療を考える会
  〜医療的ケア児支援法案について〜
 >*日時:2021年6月8日(火)
      19:00〜20:15
   参加費:1000円(学生無料)
    ※会の運営費用に活用させて頂きます
   会場:オンライン(ZOOM)

✨☆「子どもも親も笑顔に」 
 重い障害のある子の居場所が目黒でオープン
  東京新聞 社会 2021年4月2日
 > 重い障害のある子どもたちが放課後や長期の休み中に通う施設が、東京都目黒区にオープンした。人工呼吸器の使用や日常的なたんの吸引が必要な「医療的ケア児」を主な利用者とする施設は、全国的に不足しているという。施設を開いたNPO法人の理事長、松尾由理江さん(46)は「子どもも親も笑顔になれる居場所をつくりたい」と話す。NPO法人と施設の名前はともに「ガブリエル」。子どもを守る天使の名前にちなんでいる。施設は3月、目黒区中町にオープン。定員は1日5人で、ゼロ〜18歳の子を受け入れる。看護師や保育士、児童指導員が常駐し、遊びやレクリエーションを通じた療育を提供する。
 …などと伝えています。

☆東京都の医療的ケア児者の災害・停電対策まとめ
  東京都議会(龍円あいり) 選挙ドットコム 2021/4/2
 > 東京都議会議員の龍円あいりです。令和3年2月26日、一般質問の動画です。…略… そこで2月26日の東京都議会本会議の一般質問で、東京都福祉保健局に対して「医療的ケアと災害・停電対策」について質問しました。
 …などと伝えています。

✨☆強制不妊手術「青春、夢奪った」
 原告5人の怒りや苦悩を一冊に
  神戸新聞 2021/4/2
 > 旧優生保護法(1948〜96年)下で障害を理由に不妊手術を強いられた兵庫県内の5人が国に損害賠償を求めた訴訟に関連し、弁護団などが原告らによる裁判での意見陳述をまとめ、書籍化した。障害者への差別に対する怒りや苦悩をはじめ、手術を受けさせられた経緯、同法の歴史と問題点などがつづられている。
 …などと伝えています。
 *優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会 HP FB
 *<オンライン署名>
  旧優生保護法兵庫訴訟において
  公正な判決を求める署名にご協力を!

☆「鳥取県ヤングケアラー相談窓口」が、
 鳥取県内3カ所の児童相談所に、4月1日より設置されました。
  鳥取県 子育て・人財局 家庭支援課 4月1日 
 *家族の介護担う「ヤングケアラー」早期発見し支援へ
   日刊スポーツ 2021年4月1日
  > 厚生労働省と文部科学省が、病気のある家族の介護などを担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」を早期に見つけて支援する方策を検討していることが1日、分かった。ヤングケアラーの負担は家庭内のことで表面化しにくい。両省の共同プロジェクトチーム(PT)は、支援策を盛り込んだ報告書を5月中旬にもまとめる。
  …などと伝えています。
 *ヤングケアラー支援へ 
  厚労・文科省のプロジェクトチーム、5月に報告書
   (福祉新聞)Yahoo!ニュース 4/2 

◇茅ヶ崎市 学校看護介助員を募集 市内小・中学校勤務
  タウンニュース 茅ヶ崎版 2021年4月2日号
◇自閉症の作家・東田直樹さんエッセー原作の映画
 「僕が跳びはねる理由」公開へ
  東京新聞 社会 2021年4月1日
  *ドキュメンタリー映画「僕が跳びはねる理由」トップ
◇吉永小百合、西田敏行、石田ゆり子が
 集結『いのちの停車場』の予告解禁
  (日本テレビ系(NNN)) Yahoo!ニュース 4/2
 > 女優の吉永小百合さんが、初めて医師役に挑戦した映画『いのちの停車場』(5月21日公開)の予告映像が2日に公開されました。
  …などと伝えています。
  *映画「いのちの停車場」公式サイト
◇電動車いすで聖火つなぐ、長野 難病の18歳、笑顔はじける
 (共同通信)Yahoo!ニュース 4/2

✨☆たん吸引器など、ケア必要な子の支援情報一元化 
 名古屋市がサイト開設
  中日新聞 愛知 2021年4月1日
 > たんの吸引器や人工呼吸器が必要な医療的ケア児の支援に必要な情報を一括して提供する特設サイト「e・ga・o(えがお)」を、名古屋市が四月一日午前九時に開設する。市によると政令市では初めて。医療的ケア児は「新しい障害児」とも呼ばれ、支援は保健や福祉、子育て、教育など多分野にわたる。市子ども福祉課によると「制度を利用したくても分かりにくいと、以前から多くの声が寄せられていた」。情報を一元化し、子どもの成長に合わせて必要な支援の全体像が把握できるよう意識したという。サイトでは、主要な事例として重症心身障害児と軽度で歩ける程度の二人を取りあげた。退院後の自宅生活に向けた相談方法や、成長に合わせた支援内容について説明。介護する家族を孤立させず、支援する仕組みも取りあげている。各種手当の説明では、障害児福祉手当や重度障害者(児)給付金など、申請可能な助成制度を解説した。対象者や必要書類、申請窓口を示している。同課担当者は「災害時の避難場所の情報を含め、内容は今後も拡充していきたい」と話した。
 …などと伝えています。
 △名古屋市医療的ケア児支援サイト え・が・お   
   *「名古屋市医療的ケア児支援サイト
    e・ga・o(え・が・お)」の公開について
  名古屋市子ども青少年局企画経理課企画係 3月31日
 
☆嚥下食に彩りの“味付け” 配色鮮やかな食事を宅配へ
  西日本新聞ニュース 2021/4/1
 > 重度障害者施設の食事を作る「嚥下食(えんげしょく)工房 七日屋」(北九州市八幡東区)が5月から、嚥下食の一般向けの宅配事業に乗り出す。「フレンチのようだ」と好評で、1日から受け付けを開始する。
 …などと伝えています。
 △嚥下食工房【七日屋】 HP FB

☆1834人の「解剖録」の存在明らかに…
 ハンセン病療養所25年間の記録【岡山・瀬戸内市】
  岡山放送 2021.04.01
 > ハンセン病患者を強制的に隔離してきた「らい予防法」の廃止から4月1日で25年です。瀬戸内市の国立ハンセン病療養所で入所者の遺体を解剖していたことを示す「解剖録」の存在が明らかになりました。ハンセン病患者を強制的に隔離する誤った国の政策「らい予防法」は、25年前の1日撤廃されました。
 …などと伝えています。

☆障害者施設で大規模クラスター、新たに68人判明
  読売新聞オンライン 2021/04/01
 > 青森県は31日、県内で新たに81人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者数はこれまでの県内過去最多(40人)を大幅に更新した。青森市の障害者施設と東地方保健所管内の高齢者施設ではクラスター(感染集団)が発生、県内で確認された累計感染者数は1000人を超え、1031人となった。
 …などと伝えています。

☆別府の「太陽の家」で集火式…
 「日本の障害者スポーツの父」ゆかり
  (読売新聞オンライン) Yahoo!ニュース 4/1
 > 東京パラリンピックの聖火行事の概要が公表された31日、大分県内では8月12、15、16日に各地で採火し、別府市の社会福祉法人「太陽の家」で集火する日程が発表された。
 1日目は姫島村、2日目は別府、大分、宇佐市、残る市町村は3日目に実施。「日本の障害者スポーツの父と呼ばれた中村裕博士(1927〜84年)が設立した太陽の家で「集火式」があり、東京に届ける。
 …などと伝えています。
 *パラ聖火、京都府内17市町で採火
  (読売新聞オンライン) Yahoo!ニュース 4/1
 △聖火リレー
  東京2020パラリンピック競技大会公式ウェブサイト

  ✨☆「新型出生前検査」国の方針 転換へ 医療機関認定に国も関与
   NHKニュース 社会 2021年3月31日
 > 妊婦の血液を分析して胎児の染色体に異常があるかを調べる「新型出生前検査」について、国の方針が変わる見通しとなりました。今後は、検査を行う医療機関の認定に国も関わり、妊婦向けの情報提供も行っていくとした報告書を、厚生労働省の専門委員会がまとめました。 …略… 日本ダウン症協会がメッセージ 「新型出生前検査」ではダウン症などの3つの染色体異常があるかが判定されます。日本ダウン症協会は、ダウン症のある人に向けたメッセージを発表しています。
 …などと伝えています。
 △厚労省 NIPT等の出生前検査に関する専門委員会
  ・3/31 第6回専門委員会開催
    資料1 NIPT 等の出生前検査に関する専門委員会報告書(素案)
    参考資料2 日本ダウン症協会からの要望書
 *「NIPT等の出生前検査に関する専門委員会」に 
  要望書及び「報道機関」あてへ申し入れを提出 2021/3/30
  日本ダウン症協会
 ☆全妊婦周知やめて 出生前診断
 障害者団体がオンライン署名
  しんぶん赤旗 2021年4月1日
 > 「出生前検査を全妊婦に周知する施策は障害者に対する人権侵害ですから即刻中止を!」ー。茨城県の障害者団体は、新型出前診断(NIPT)の全妊婦を対象にした情報提供の中止を求めるオンライン署名に取り組んでいます。
 …などと伝えています。 その紙面
 △キャンペーン <オンライン署名>
  出生前検査を全妊婦に周知する施策は
  障害者に対する人権侵害ですから即刻中止を!   

✨☆私たちは「逃げろ」の声が聞こえない
  NHKEテレ ハートネット 記事
 > 10年前の東日本大震災では、聴覚障害者の死亡率が住民全体の死亡率の1.7倍にのぼりました。当事者は災害時にさまざまな課題を抱えます。記事の前編ではスマートフォンやSNSなどICT機器を使って命や生活を守る方法を紹介しました。後編では、当事者が災害時に必要な情報をやりとりするための方法や、災害が起きる前にできる備えの方法を紹介します。
 ◇(1)〜災害時にスマートフォン・SNSで命を守る〜 
   2021年03月31日
  >*どこに行くと何が得られる? 
     〜SNSでローカル情報を入手する〜
   *声ではなく手話で 
     〜ビデオ通話でSOSを発信する〜
   *ICT機器の活用 大切な考え方は? 
   …などと伝えています。
 ◇(2)〜日ごろの備えでニーズを把握する〜
   2021年03月31日
  >*「指さしボード」制作の過程から見えるもの
   *攻めの防災訓練 想定外を想定する「クロスロード」
   *正直、おっくうな防災 腰を上げるには?
   …などと伝えています。 

✨☆8歳から祖父を介護した女性「子どもでいたかった」 
 ヤングケアラー 高校生25人に1人が該当
  東京新聞 2021年3月31日
 > 病気や障害のある家族の介護や世話をしている子どもを「ヤングケアラー」と呼ぶ。「高校生の25人に1人がヤングケアラー」との調査結果が昨年発表され、注目を集めた。介護に追われて孤独やストレスを感じたり、勉強時間が十分に取れなかったりと、子どもの生活への影響も心配されている。
 …などと伝えています。

☆やまゆり園で聖火を採火へ 遺族「想像もせず…驚き」
 (朝日新聞デジタル)Yahoo!ニュース 3/31
 > パラリンピックの聖火を採火する場所として、2016年7月に障害者と職員ら45人が殺傷される事件が起きた相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」が選ばれたことには異論も出ている。
 …などと伝えています。
 *東京パラリンピックの聖火 全国880か所以上で採火
  NHKニュース 2021年3月31日

☆「自宅待機が1年続いています」コロナ禍、
 企業ではたらく視覚障害者のいま
  弁護士ドットコム 2021年03月31日
 > 新型コロナウイルスの感染拡大により、この1年で人々の働き方が変わった。人と人の接触を極力減らす。その変化に対応可能な職種や業種もある一方、どうしても対応できない人もいる
 …などと伝えています。

☆七つの難病で新生児向け検査を開始 兵庫県内の16病院
  神戸新聞 総合 2021/3/30
 > 神戸大学と兵庫医科大学は30日、兵庫県内の16病院で、脊髄性筋萎縮症など七つの難病について、新生児を対象に任意の有料検査を始めると発表した。近年、治療が可能になった病気が増えたためで、早期の治療につなげて病気の進行を抑える狙い。年間では県内出生者数の4割近い1万4千人程度の検査が可能になる。
 …などと伝えています。

◇「楽しく子育てを」
 障害ある息子育てる母親が肌着開発【佐賀県】
  (佐賀ニュース サガテレビ) Yahoo!ニュース 3/31
◇尼崎の難病女性、35歳で死去 
 人工呼吸器で通学・1人暮らし 歩の歩んだ道は続く
  毎日新聞 2021/3/31 東京夕刊
◇『れいわ一揆』原一男は問う
 「もう一回、民主主義を考える時」
  西日本新聞 2021/3/31
◇命を救う“独り言”がある
  NHKニュース News Up 2021年3月31日

✨☆とちまるキッズひろば 医療的ケア児とそのご家族のために
 2020年度 栃木県小児在宅医療体制構築事業
 10/25(日)・11/8(日)・12/3(日)・2/7(日)の
 オンライン研修会の質疑応答資料を公開します 2021/03/26

 *第6回小児在宅医療に関わる多職種研修会 10/25
 *第4回家族支援研修会 11/8
 *第7回小児在宅医療に関わる多職種研修会 12/3 
 *第4回小児在宅医療実技講習会 2/7
  主 催:栃木県(小児在宅医療体制構築事業〉
  事務局:特定非営利活動法人うりずん内
 > 栃木県では、人工呼吸器・気管切開・経管栄養・酸素吸入などの医療的ケアを必要とする子どもやその家族及びきょうだいが、住み慣れた地域で安心して生活を継続することができるよう、小児在宅医療に携わる関係者間の理解促進や連携体制の強化を図るための研修会を開催しております。この度、ぜひより多くの方々に知っていただく為に、研修会の質疑応答資料(要約版)を公開致します。ぜひご活用ください。

☆重症心身障害児向け 多機能型 
 新しい福祉施設 西条で初開設へ
  (愛媛新聞ONLINE)Yahoo!ニュース 3/30
 > 社会福祉法人同心会は4月1日、愛媛県西条市朔日市に、市内初となる多機能型重症心身障害児(者)施設「ピッコロ」を開設する。日中に対象者を受け入れ、ニーズに応じて、送迎や入浴、食事などのサービスを提供する。同会によると、ピッコロは同市を中心とした重度心身障害児(者)を対象に、日中の児童発達支援(0〜6歳)、放課後等デイサービス(6〜18歳)を実施。生活介護(18〜65歳)にも取り組む。
 …などと伝えています。

☆県立の6障害者施設を検証
 「改善が必要」報告書 神奈川
  NHKニュース 首都圏  03月30日
 > 神奈川県相模原市にある知的障害者施設、「津久井やまゆり園」で19人が殺害された事件を受けて有識者による部会が、県立の6つの障害者施設を検証した結果、身体拘束などが不適切だという認識が低く、改善が必要だとする報告書をまとめました。
 …などと伝えています。
 *県立障害者支援施設の運営指導に外部評価を導入
  〜津久井やまゆり園に係る「県の関与」の検証の
    調査報告を取りまとめました〜
   神奈川県福祉子どもみらい局総務室 2021年3月30日

☆「本人の意思 丁寧に確認を」
 障害児への新型コロナワクチン接種 市民団体が要望書
  (STVニュース北海道)Yahoo!ニュース 3/30
 > 新型コロナウイルスのワクチン接種について、障害がある子どもたちへの優先接種を求め、市民団体が北海道に要望書を提出しました。北海道に要望書を提出したのは、障害がある子どもたちの親らで作る7つの市民団体です。新型コロナのワクチン接種について、障害児本人の意思を丁寧に確認し、優先接種が受けられるよう要望しました。
 …などと伝えています。 

◇緊急時に障害者の生活支援 三次市、協力施設を常に確保
  中国新聞デジタル 2021/3/29
◇言葉で伝える 真っ直ぐな心 
 願い、つらさ - 重度の障害 橿原の元林さんが詩集
  奈良新聞デジタル 2021.03.30
◇難病のパティシエが伝える“支え合う”大切さ
 (日本テレビ系(NNN))Yahoo!ニュース 3/29

✨☆ケア児だって保育園に行きたい
  <ユースク>中日新聞 2021年3月29日 
 > 次男が医療的ケア児です。気管切開をし、日常的にたんの吸引が必要なため、保育園に入園できません。吸引と声が出ないこと以外は健常児と同じで、住んでいる岐阜県恵那市に受け入れ要望を出して3年がたちました。いまだに前進しない実情を知ってほしい。=恵那市、救急救命士渡辺大樹さん(38)。ユースク取材班に医療的ケア児の父親から切実な取材依頼が寄せられた。ケア児は「新しい障害児」とも呼ばれており、通学や通園に看護師の付き添いが必要な場合があるため、人材確保などを理由に、教育現場での受け入れが進んでいない。東海テレビ「ニュースOne」とともに、受け入れの現状と課題を探った。
  ・「新しい障害児」、・条件は「親同伴」、・環境づくり前進 
 …略… 今回、紹介した内容は29日午後4時49分から放送の東海テレビ「ニュースOne」でも報道されます。番組を視聴できない地域の皆さんは同日午後8時以降、番組ホームページの特設コーナーで関連動画をご覧いただけます。
**要望から3年も市「体制作りが大変」…
   医療的ケア児の我が子を保育園へ
   両親の願い「特別な存在でないこと知って」
  > 岐阜県恵那市の渡辺大樹さん(38)から「医療的ケア児」を取り巻く市の環境を知ってほしいと取材の依頼がありました。渡辺さんの次男は、日常的にたんの吸引や人工呼吸器の管理などが必要な「医療的ケア児」で、保育園に入園ができません。吸引と声が出ないこと以外は健常児と同じですが、住んでいる恵那市に受け入れを要望して3年が経ちました。
  ・元気に動き回る3歳児なのに…
   入園内定した保育園から「延期を」
  ・専門家「家族と本人だけが孤立する状態が続く」…
   全国に約2万人とされる「医療的ケア児」
  ・専門家「家族と本人だけが孤立する状態が続く」…
   全国に約2万人とされる「医療的ケア児」
  ・民間では「カード」で意思疎通図る練習も 広がりはまだ
  ・当たり前に育つために…
   両親の願い『医療的ケア児』を知ってほしい
 …などと伝えています。 
 ✨*医療的ケア児者支援「むそう」戸枝理事長インタビュー詳報
   <ユースク>中日新聞 2021年3月29日
  > ユースク特設ページの記事の中で話を聞いた社会福祉法人「むそう」(愛知県半田市)の戸枝陽基理事長(52)のインタビューの詳報を掲載します。むそうは名古屋市名東区の児童発達支援と放課後デイサービスの多機能型事業所「ほわわ名古屋星ヶ丘」を運営。全国医療的ケア児者支援協議会の代表として障害福祉サービスの報酬改定などでも現場の意見を伝えています。
  ・医療的ケア児の教育現場での
   受け入れ問題が注目されている理由は
  ・ケア児は国の調査でも増加傾向にあります
  ・助かる命が多くなるのは喜ばしいことですが、
   教育現場の受け入れの制度が追い付いていない。
   ケア児を支援する中での課題は?
  ・保育園入園が進まない実例として恵那市の家族を
   取材しました。一般の保育園や学校に通わせる上で
   受け入れ側の問題点はどこでしょうか
  ・医療的ケア児が集団の中で過ごすことの利点は何ですか
  ・国も医療的ケア児支援コーディネーターなどの
   取り組みを始めています。こうした動きについて
   どう評価していますか
  ・家族の孤独が問題です。
   外で子どもを預かれる態勢が親に与える影響は
  ・高齢者介護と比べて、
   医療的ケア児の福祉は立ち遅れてきました
  ・オーダーメード型の支援が必要だ
  ・医療体制を整えるのが難しいというのが受け入れる
   教育現場や行政の意見です。そこはどうやって手当て
   すればいいのでしょうか
  ・しかし、事故が起こった時の訴訟を考えれば、
   受け入れ側が二の足を踏む気持ちも理解できます
 …などと伝えています。

✨☆学校で医ケア児介助 市立病院看護師を派遣 
 来月から豊中市 目標は人材確保/大阪
  毎日新聞 2021/3/29 地方版
 > 豊中市は4月から、たんの吸引や胃ろうを使った栄養摂取などの医療的ケアを必要とする子ども(医ケア児)を介助するため、小中学校に市立豊中病院から看護師を派遣する。学校で医ケア児を受け入れるための看護師確保が全国的な課題となる中、病院が派遣元になることで安定的に人材を供給できるようにする。先進的な事例として注目を集めそうだ。
 …などと伝えています。
 *豊中市立小・中学校の学校看護師を募集しています
   豊中市教育委員会事務局 2021年2月8日

☆ヤングケアラーの孤独救う支援団体
 「自分守るため逃げてもいい」
 (女性自身)Yahoo!ニュース 3/29
 > 病気がちの親を幼いころから世話したり、障害があるきょうだいの面倒を見たりすることにより、学校に通えない、友達と遊べない、子供らしい暮らしができないことは、たいへんつらいことだと思う。当事者に寄り添った支援に、しっかりと取り組む」
 …などと伝えています。
 *「ダウン症の兄に守られていた」
  元ヤングケアラー語る過去
   (女性自身)Yahoo!ニュース 3/29

4月2日は「世界自閉症啓発デー」
  厚生労働省 令和3年3月29日
  障害保健福祉部障害福祉課 障害児・発達障害者支援室
 △世界自閉症啓発デー公式HP

◇諦めない、優しさ原動力に 
 恩田さんと真崎さん、岐阜で合同講演
  中日新聞 2021年3月29日
◇良ちゃんがヒントをくれた 母が実践した障害者雇用とは
  朝日新聞デジタル 2021年3月29日
◇「残しておけない」
 障害ある娘をあやめた73歳母 裁判員の判断は
  記者のこだわり:毎日新聞 2021/3/29

✨☆医療的ケア児学習機会確保へ 
 県教委ガイドライン作成
  NHKニュース 福井県 03月28日 
 > 病気や障害などで医療的なケアが欠かせない子どもたちが学習の機会を確保するために必要な学校での体制作りなどをまとめた、県独自のガイドラインを県教育委員会が作成しました。
 …などと伝えています。
 △『学校における医療的ケア実施ガイドライン』
   を策定しました。
  福井県教委高校教育課特別支援教育室 2021年3月24日
  >*『学校における医療的ケア実施ガイドライン』概要版
   *『学校における医療的ケア実施ガイドライン』冊子
    (令和3年3月・福井県教育委員会)

✨☆栗山町ケアラー支援条例の制定
  栗山町 福祉課高齢者・介護・医療グループ 2021年3月22日
 > …略… 町では、これらの現状を踏まえ、栗山町社会福祉協議会との連携による10年に及ぶケアラー支援活動の集大成として、また将来にわたり、誰もが安心して介護や看護ができる地域づくりを目指すため、ケアラー支援のための条例を制定しました。
 (1) 条例の概要 (2) これまでの取り組み (3) 条例施行日
 …などと伝えています。
 *栗山町、ケアラー条例制定 
  全国市町村で初 家族の介護 地域で支援
   北海道新聞  03/20
 △日本ケアラー連盟 HP  FB
☆18歳未満で家族の世話担う子、中卒後の無業者の実態把握を 
 自治労沖縄県本部が県に要請
  琉球新報デジタル 2021年3月28日
 > 自治労県本部(大城悟委員長)は26日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、学業や仕事をしながら家族の世話や介護を担う18歳未満のヤングケアラーや、中学校卒業後に進学も就職もしていない「無業者」の実態把握と支援など44項目を求める政策を提言した。自治労県本は毎年度、政策提言を実施しており今回で3度目。
 …などと伝えています。

☆震災教訓、未来へ生かす 熊本市で復興再生シンポ
  熊本日日新聞社 2021年03月28日
 > 熊本日日新聞社は27日、「熊本地震復興再生会議シンポジウム」を熊本市中央区の熊本テルサで開いた。約200人が参加。2016年4月の地震発生からの5年間を振り返り、今後の復旧・復興に生かすための課題や教訓を探った。…略… 医療的ケアを必要とする子どもたちの豊かな学校生活を願う親の会・にじいろの会代表の橋村りかさんは「障害者に大切なライフラインは地域の人々とのつながり」と述べ、仮設住宅内のバリアフリー化を求めた。
 …などと伝えています。

☆コロナで変わる世界:
 盲ろうの大学教授が危険を指摘するリモート礼賛という風潮
  毎日新聞 2021/3/27
 > 新型コロナウイルス感染拡大の影響でコミュニケーションの「オンライン化」が進む中、視覚と聴覚の両方に障害がある「盲ろう者」は現状をどのように捉えているのだろうか。盲ろう者として世界で初めて大学教授となった東京大先端科学技術研究センターの福島智(さとし)教授(バリアフリー研究)に話を聞いた。
 …などと伝えています。
 
山口さよさんの在宅41年 中日新聞<長期連載> 
 *(上)追記 高島碧(東海本社報道部) 2021年3月28日
  > 重度障害がありながら人とのつながりを支えに自立生活を続けてきた山口さよさん(74)=三重県四日市市=は、人づき合いの達人でもあった。彼女が語る言葉は、人との交流から生まれてくるものばかりだった。
  …などと伝えています。

☆神戸・精神科病院、性的虐待 入院の息子に虐待なぜ
 *その1:説明なく母、不信感 _ 毎日新聞 2021/3/28東京朝刊 
 *その2止:弱い立場」家族は沈黙 毎日新聞 2021/3/28東京朝刊

◇点字ブロック発祥の地、
 岡山県で点字ブロックを守るための啓発活動を実施
 (KSB瀬戸内海放送) Yahoo!ニュース 3/28
 *目標は1000人の子供の目を治すこと…
  点字ブロックを守る活動を続ける男性が
  子供たちの目に光を届ける
   FNNプライム 岡山放送 2021年3月28日
◇「余命1週間の母」を笑顔で見送った家族の結束
 ハンバーグを食べコーヒーを飲んだ最期の日々
 看取り士という仕事
  東洋経済オンライン 2021/03/28

✨☆28日13時から配信された勉強会 資料公開中
  「重症児者医ケア児対応スキルアップ
   全国研修特別編〜報酬改定〜」

 *全国重症児者デイサービス・ネットワーク HP FB
 > どなたでもご覧いただけます。みんなで勉強して、
  より良い地域環境つくりを目指していきたいと思います
  ので、是非とも宜しくお願い致します。
 …などと伝えています。

✨☆キャンペーン <Web署名>
 日本中どこでもどんな子でも自分らしく生きたい!
 医療的ケア児支援法を成立させよう!
 「医療的ケア児支援法の成立を希望する会」
  2021年3月28日
  医療的ケア児支援法の成立を希望する会一同
  (全体監修:Wings代表 本郷)
↑関連Web記事↑
 △医ケア児支援法、制度設計前倒し 
  実効性と「18歳後」に懸念も
   西日本新聞ニュース 2021/3/25
  > 医ケア児支援法制定へ(下)
   17日、都内の衆院第1議員会館で開かれた「永田町子ども未来会議」。「相当充実した報酬改定ができた。大幅な引き上げができたのは、皆さんの尽力と応援があってこそ」。国会議員や福祉関係者、親の代表らの前で、厚生労働省の担当者は頭を下げた。今年は3年に1回の障害福祉サービス報酬改定の年。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆全力で生きた歩 
 歩んだ35年 難病抱え社会変える強さ、継ぐ母
  毎日新聞 2021/3/26 大阪夕刊
 > 人工呼吸器をつけて地元の小中高に通い、成人後は1人暮らしを実現した社会活動家、平本歩(あゆみ)さん(兵庫県尼崎市)が1月、35歳で亡くなった。強い意志で社会のさまざまな障壁を乗り越えていく生きざまは、多くの人たちの道しるべともなった。「歩の歩みを伝え、受け継いでいく」。母美代子さん(70)は遺影に誓う。
 …などと伝えています。 その紙面

☆壁やおもちゃにも抗ウイルスコーティング 
 米子市の障害児支援施設 新型コロナ対策で
  (日本海テレビ)Yahoo!ニュース 3/27
 > 新型コロナ対策として、米子市の障害児支援施設でこのほど、抗ウイルスコーティング作業が行われた。作業が行われたのは、米子市の障がい児支援施設「NPO法人いるか」。施設には約20人の子どもたちが通い、発達支援などを受けているが、より安全な運営を目指し、コーティングの実施を決めたという。
 …などと伝えています。

☆車椅子で聖火つなぐ 
 FC岐阜元社長・恩田聖敬さん(42) 
 難病ALS 「最高の笑顔で走る」/岐阜
  毎日新聞 2021/3/27 地方版
 > 「スポーツに障害は関係ない」――。25日に始まった東京五輪聖火リレーへの参加を心待ちにしている男性がいる。サッカーJ3、FC岐阜で社長を務めた恩田聖敬さん(42)。難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、社長を途中退任。現在は執筆活動などに精力的に取り組んでいる。「ALSでも五輪に参加できることを見てもらいたい」。笑顔で聖火をつなぐと準備に余念がない。
 …などと伝えています。

◇障害者、虐待被害2398人 19年度、家族や職員から
  佐賀新聞ニュース 3月27日
 *障害者虐待、被害者2398人 19年度
   毎日新聞 2021/3/27 東京朝刊
 △厚労省
  令和元年度都道府県・市区町村における
  障害者虐待事例への対応状況等
  (調査結果)について公表します
   令和3年3月26日 社会・援護局 障害保健福祉部 
           障害福祉課 地域生活支援推進室 
◇胎内に高齢者と障害者同居の施設
 県内初のグループホーム、来月開設
  新潟日報モア 2021/03/27
◇巣立ち巣立ち 〜ある支援学校の卒業式〜
  newsフェイス KBS京都 2021-03-22
 > 身体や知的障がいのある生徒たちが通う向日が丘支援学校。この春、高等部の23人が門出の時を迎えました。
 …などと伝えています。

✨☆車いすの議員 初の直接記名投票
 スロープで演壇に 参院本会議
  NHKニュース 2021年3月26日
 > 26日の参議院本会議では、車いすを利用している2人の議員が、議場に新たに設けられたスロープで演壇に上り、記名投票を行いました。車いすの議員が直接、記名投票を行うのは憲政史上初めてだということです。
 …などと伝えています。
 *憲政史上初めて、
  スロープを使った記名投票が実施されるにあたって
   舩後靖彦 Official Site 2021年3月26日
 *国政でバリアフリー
  「車イスを利用しての初の直接記名投票が実現」
  横沢高徳議員が感謝のツイート
   (中日スポーツ) Yahoo!ニュース 3/27

✨☆「母の代わりに弟の授業参観へ」
 親の介護で青春と夢を諦めた女子高生の就職先
 (プレジデントオンライン) Yahoo!ニュース 3/26
 > 通学や仕事をしながら家族の介護・世話をする子供を「ヤングケアラー」という。関西のコンセプトカフェで働くなつみさん(19歳・仮名)もその一人で、母親の介護と弟の世話のため高校生活を犠牲にした。どうすればヤングケアラーは救われるのか。ノンフィクション作家の角田裕育さんが取材した――。
 …などと伝えています。

✨☆精神疾患ある親の子は8〜9割が学校に悩み相談せず…
 支援困難の実態くっきり
  東京新聞 社会 2021年3月26日
 > 精神疾患がある親の元で育った人は、小学生の頃は約9割が、中高生の頃は約8割が自らの不安や悩みを学校に相談していなかった―。そんな調査結果を埼玉県立大の横山恵子教授(精神看護学)らがまとめた。親の疾患によって困難を抱えた子どもが孤立し、支援につながりにくい実態が浮かぶ。
 …などと伝えています。
 *精神疾患の親がいる子どもをどう支えるか 
  埼玉県立大教授・横山恵子さんに聞く
   東京すくすく 東京新聞 2020年1月27日
 
☆長島愛生園に1834人の解剖録 常態化を裏付ける資料
  山陽新聞デジタル 2021年03月26日
 >  瀬戸内市の国立ハンセン病療養所・長島愛生園で、開園翌年の1931年から56年の間に死亡した入所者のうち、少なくとも1834人の「解剖録」があることが分かった。年代によっては当時亡くなった入所者の9割を超えている。療養所で解剖が常態化していたことを裏付ける資料で、同意に関しても疑問が残るケースがあるという。
 …などと伝えています。
 *ハンセン病療養所の遺体解剖
  長島愛生園1800人以上の記録
   NHKニュース 岡山県 03月26日 
 ↑関連↑
  *企画展 2021年3月1日(月)〜3月27日
   長島愛生園の人びと〜ハンセン病、隔離と希望〜
    立命館大学国際平和ミュージアム

☆【オリィ研究所】分身ロボットカフェ常設実験店
 店舗営業情報・オープン日が決定!
 先行特別チケットの発売もスタート
  時事ドットコム 2021/03/25
 > [株式会社オリィ研究所]
  2021年6月21日(月) 注目の日本橋EASTエリアにグランドオープン! 一般営業開始は6月22日。店内イメージや営業情報、「テレバリスタ」の導入なども発表。
 …などと伝えています。

◇コロナ禍でも高齢者や障害者の暮らしを支えるケアワーカーへ。
 「#ケアワーカーをケアしよう」プロモーション動画を公開!
  時事ドットコム 2021/03/25
◇パラ聖火『やまゆり園』で採火方針、
 事件遺族「想像もしてなかった」
 相模原市から意向確認はなかった
 (ハフポスト日本版)Yahoo!ニュース 3/26
◇介護のにおい、嫌だった私 やまゆり園事件で感じたこと
  朝日新聞デジタル 2021年3月26日
◇11歳で早逝、妹が教えてくれた 広島の女性、絵本に
  朝日新聞デジタル 2021年3月26日
◇五輪聖火出発式、手話通訳が不在 
 菅首相「是正すべきは言う」
  中日新聞 2021年3月25日
◇32歳ALS闘病中の看護師、合田朝輝による 
 障害・難病者の情報支援サービスFilo 設立のお知らせ
  Filoのプレスリリース 2021年3月26日

2021/03/27
✨☆医ケア児支援法、制度設計前倒し 
 実効性と「18歳後」に懸念も
  西日本新聞ニュース 2021/3/25
 > 医ケア児支援法制定へ(下)
  17日、都内の衆院第1議員会館で開かれた「永田町子ども未来会議」。「相当充実した報酬改定ができた。大幅な引き上げができたのは、皆さんの尽力と応援があってこそ」。国会議員や福祉関係者、親の代表らの前で、厚生労働省の担当者は頭を下げた。今年は3年に1回の障害福祉サービス報酬改定の年。
 …などと伝えています。 その紙面
✨☆医療ケア児支援法制定へ 家族も含め支えを強化
  西日本新聞ニュース 2021/3/18
 > 医ケア児支援法制定へ(上)
  日常的に人工呼吸器や胃ろうを使うなど医療的なケア(医ケア)が必要な子どもや家族への支援を強化する「医療的ケア児支援法」(仮称)を議員立法で制定する動きが進んでいる。居住地によっては保護者が付き添わなければ地域の学校に通えないなど、医ケア児や家族の社会生活になお格差がある...
 …などと伝えています。 その紙面
 ↑関連↑
 ◇野田聖子(衆院議員:自民党)FB 3月26日付より
 > 「#医療的ケア児 及びその家族に対する支援に関する法律案」が、昨日、与党(#自民党・#公明党)政策責任者会議にて了承されました。今後、野党も含めた全党の手続き了承を経て、今国会で成立を目指しています。引き続き頑張ります!
 …などと伝えています。
 ◇野田聖子(衆院議員:自民党)FB 3月23日付より
  > 超党派 #永田町子ども未来会議 で6年かけ検討を進めてまいりました「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案」が、本日、自民党政調審議会と総務会にて了承されました。今国会での法案成立に向けあと一歩!頑張ります!
  …などと伝えています。
 ◇【医療的ケア児支援法の成立のために
  みんなで声をあげよう!
   ハッシュタグキャンペーンのご案内】
   ウイングス Wings
   医療的ケア児などのがんばる子どもと家族を支える会
     FB 3月18日付より ·
  > …略… これらの問題を解決するため、2015年に超党派の「永田町子ども未来会議」が発足し、様々な議論が行われ、関係省庁から様々な事業が行われてきましたが、各自治体で運用に差があるなど、なかなか解決が進みませんでした。そこで、抜本的な解決を図るため、この会議のメンバーで2020年に「医療的ケア児支援法案」を起草し、今年2021年の通常国会において提出、法律の成立をめざしています。法律の成立を後押しするため、ウイングス監修のもと、ある医療的ケア児の母親がSNS上に、法案の内容を解説し、法律の成立を希望する声を皆で大きくしようと呼びかける投稿をしました。
 …などと伝えています。

✨☆医療的ケア児の親 支える 経験者がハンドブック
 助言や一日の生活、相談先
  読売新聞 2021年03月24日
 > 医療的な介護が必要な「医療的ケア児」の保護者をサポートしようと、医療的ケア児の親でつくるNPO法人「かけはしねっと」(つくば市)が、子育てに関する相談先や体験に基づく助言をまとめたハンドブックをつくった。
 …などと伝えています。 紙面
 △かけはしねっと 〜医療的ケアを必要とする子どもの親の会〜 

毎年4月2日は、国連が定めた世界自閉症啓発デー
 世界自閉症啓発デー公式サイト - 日本各地の取組

◇憲政史上初めて、
 スロープを使った記名投票が実施されるにあたって
  参院議員:舩後靖彦 Official Site 2021年3月26日

☆旧優生保護法下での不妊手術巡り
 神戸の訴訟が結審 兵庫県
  (サンテレビ) Yahoo!ニュース 3/25
 > 旧優生保護法のもとで不妊手術などを受けさせられたとして5人が国に損害賠償を求めていた訴訟が結審しました。
聴覚障害者の夫婦など5人は、旧優生保護法のもとで不妊手術や中絶手術を受けさせられ、子どもをもうけることを決める権利を奪われたとして国に対して損害賠償を求める訴えを起こしていました。
 …などと伝えています。
 *旧優生保護法めぐる神戸地裁の訴訟
  審理終わり8月に判決
   NHKニュース 兵庫県 03月25日
 *「旧優生保護法」下で不妊手術強制された
  兵庫県内の被害者ら 国に損害賠償求めた裁判結審
  (ABCニュース) Yahoo!ニュース 3/25
 △優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会 HP FB

◇「もう一つの家に」 障がい者デイサービス開設 
 民家を改装し/兵庫・丹波篠山市
  (丹波新聞)Yahoo!ニュース 3/25

 ✨☆内覧会イベント ごちゃまある ひろば 
<youtubeライブ配信あり>
  4月4日(日)10:00〜16:00
  福井市:オレンジキッズケアラボ  
  ・開催案内チラシ  
 *子どもたちと家族の成長と未来をつくる
  オレンジキッズケアラボ

☆3/25 オンライン開催
  観光事業者限定オンラインセミナー
  ユニバーサルツーリズムの実践
  ー医療的ケア児の旅行経験から学ぼうー

✨☆寿命延びた筋ジストロフィー日々懸命に生きる患者たち
  時事メディカル 2021/03/25  
 > 「世界希少・難治性疾患の日(RDD)」に当たる2月の最終日、啓発活動の一環として東京タワーがライトアップされた。厳しい運命と闘いながら、明るく、前を向いて生きていく患者たちがいる。彼らには、周りの理解と支えが不可欠だ。希少・難治性疾患の一つ、筋ジストロフィー患者の声を聞いた。
   ◇タンパク質を作れない
   ◇進歩する治療法
   ◇教師や級友の支えで
   ◇待っていたサプライズ
   ◇患者・家族に何ができるか
  …などと伝えています。

☆尊厳死の法制化 超党派の議員連盟が再始動
  (テレビ朝日系(ANN)) Yahoo!ニュース 3/24
 > 尊厳死の法整備を推進する超党派の議員連盟が再始動しました。新しい会長には自民党の野田毅元自治大臣が就任しました。自民・野田毅元自治大臣:「高齢化が急速に進んできているという環境のなかで、特に医療の現場においても大変、大事なテーマにもなっている」「終末期における本人意思尊重を考える議員連盟」は自民党や立憲民主党など超党派で165人の国会議員が参加しています。
 …などと伝えています。

☆試合中に動かない体 サッカーを辞めるか悩んだ中3の秋
 (朝日新聞デジタル) Yahoo!ニュース 3/25
 > 「障がい者のスポーツって結局のところ、ただの道楽ですよね」今から10年ほど前、私はSNSである男性にそう言われたことがある。当時障がい者スポーツをやっていたため、この言葉に対して、とても残念な気持ちでいっぱいになった。私は今でこそ「寝たきり社長」と称しているが、学生時代はある障害者スポーツに夢中になっていた。電動車いすサッカーだ。
 …などと伝えています。

☆豊川の元消防士、ALSで無念の早期退職 
 闘病2年半で死去、異例の叙勲
  中日新聞 2021年3月24日
 > 筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、昨年十一月に亡くなった愛知県豊川市消防本部の元救急救命士小林秀典(ひでのり)さん=享年六十=が、故人に贈られる死亡叙勲を受けた。治療のために二〇一九年に退職を余儀なくされた。早期退職者の受章は異例で、長年の実績と人柄をしのんだ市消防本部の強い推薦があった。長女の岡村秀美さん(35)は「父が評価され、本当にうれしい」と涙ぐみながら喜んだ。
 …などと伝えています。
☆お父さんはALSと闘った 「娘のために」記録出版
  西日本新聞ニュース 2021/3/24
 > 全身の筋肉が徐々に衰える病になったテレビカメラマンが、家族や職場の協力に支えられ、力いっぱい生きた記録を妻が一冊の文庫にまとめた。「ALSと闘った日々−善一さんとの思い出−」(幻冬舎)。ALSへの理解が広がる願いを込めて自費出版した。
 …などと伝えています。
☆阪急阪神百貨店と漫画「宇宙兄弟」とコラボ 
 「リアルを描くクリエーション」
  J-CAST トレンド 2021年03月24日

☆感染不安で学校行けない子たち_学ぶ権利を保障して
 保護者「オンライン選択など導入を」
  しんぶん赤旗 2021年3月25日
 > 新型コロナウイルスへの感染の不安から学校に行けない子どもたちがいます。「自主休校」とも呼ばれていますが、1年以上学校に行けていない子もおり、学ぶ権利が保障されていません。保護者らは、登校か、オンライン授業などによる自宅学習かを選べる「登校選択制」を求めて立ち上がっています。
 …などと伝えています。

☆障害児の学びの場 多様な選択肢確保を
  毎日新聞 記者の目:田中理知 2021/3/24東京朝刊
 > 障害のある子どもたちが通う特別支援学校が今、在籍する児童・生徒数の増加で、教室不足と過密化に直面している。環境改善のため、国は「設置基準」などのルール作りや、学校施設の改修・増築への財政支援を進めているが、障害がある子もない子も共に学ぶ「インクルーシブ教育」を充実させるという視点も忘れてはいけないと思う。文部科学省によると、全国の公立の特別支援学校の教室不足数は2019年度で3162室に上る。どのような環境で学んでいるのか知りたくて、昨年11月、東京都内の特別支援学校を訪ねた。
 …などと伝えています。

☆障害者はSuicaを使えない? 鉄道利用の現場から
  朝日新聞デジタル 2021年3月24日
 > 障害のある人たちが鉄道を利用する際、割引運賃の手帳を掲示するよう求められ、自動改札を気軽に使えない――。そんな不便さを解消しようと、国土交通省が鉄道各社に障害者割引用ICカードの導入を検討するよう呼びかけてきた。だが、システム改修にかかる時間や費用の問題もあって進んでいない現状がある。
 …などと伝えています。

☆コロナ社会が問いかける先は…
 エスカレーター「片側空け」を考える
  (読売新聞オンライン) Yahoo!ニュース 3/24
 > 「エスカレーターでは歩かない」ことを利用者に求める条例案が、26日の埼玉県議会2月定例会最終日で可決、成立する見通しだ。業界団体や鉄道会社がエスカレーターの安全利用の呼びかけを行っているが、急ぐ人のために片側を空ける習慣は根強い。また、昨今のコロナ社会がエスカレーターの利用マナーに及ぼす影響も無視できないだろう。私たちはどう考え、行動すれば良いのか。「片側空けは時代遅れ」という、文化人類学者の斗鬼正一さん(江戸川大学名誉教授)に話を聞いた。
 …などと伝えています。

◇株式会社土屋 防災委員会を設立!
 〜インクルーシブ防災で介護に安心と安全を〜
  SANSPO.COM(サンスポ) 2021.3.24
残しておけない
  毎日新聞 埼玉 (23日から3回連載)
 > なぜ母は娘をあやめたのか。事件の経緯をたどり、「親なき後」に向けて障害を持つ子の親が備えられることを考えます。
  *上:障害の子、将来案じ 
     2人の小さな暮らし、自身の心身不調で暗転
  *中:「自分で解決」身内も行政も頼らず 
     実刑判決、肩震わせ
  *下:「親なきあと」へ 親ができる備え 
     地域とつながりを
  …などと伝えています。

 ✨☆医療的ケア児の芽衣ちゃん 新たな一歩へ【佐賀県】
  FNNプライム サガテレビ 2021年3月23日
 > 人工呼吸器を装着するなど日常的に医療行為が必要で県内では推計150人いるといわれる「医療的ケア児」。学校で学ぶには環境や金銭面で高いハードルがあります。新たな教育を受けるために一歩を踏み出した親子に密着しました。
 …などと伝えています。

☆tvk ドキュメンタリー
 「小さないのちと家族の時間〜NICU面会制限の1年〜」
   2021年3月28日(日) 18時〜19時 放送
 *がんばれ!小さき生命たちよ Ver.2 
   ・日記:2021/03/23 より
    3月28日(日)18〜19時:tvkドキュメンタリー
    「小さないのちと家族の時間-NICU面会制限の1年-」

◇彦根の重症児者デイ「ふぁみりぃ」が支援募る 
 利用者の笑顔を写真集に
  中日新聞 滋賀 2021年3月23日
◇坂田記念ジャーナリズム賞に京都新聞社
 「ALS患者嘱託殺人事件の一連の報道」が選ばれる
 (京都新聞)Yahoo!ニュース 3/23

  ✨☆医療的ケアが必要な子どもの避難支援ネットワーク
 『ひなんピング』 移動式避難所
 「キャンピングカー」を活用 |
  特定非営利活動法人輝くママ支援ネットワークぱらママ
   『ドリームニュース』 2021年03月22日
 > 女性の社会参画を支援している特定非営利活動法人輝くママ支援ネットワークぱらママ(ぱらママ)は、災害時の要支援者である「医療的ケアが必要な子ども」のいる家族の元へ、移動式避難所「キャンピングカー」を届けるシステムを構築します。公益財団法人日本財団の助成を受け、2021年4月より、岡山大学、キャンピングカー事業者、医師・看護師ネットワーク、当団体4者協働による、実証事業を開始いたします。
 …などと伝えています。

☆医療的ケア児に介助者 桑名市の21年度予算案
  中日新聞 2021年2月6日
 > 桑名市は五日発表した二〇二一年度当初予算案に、「医療的ケア児地域生活支援事業」として二百三十一万円を新規で計上した。人工呼吸器による酸素吸入やたん吸引など日常的に医療的なケアが必要な重い障害のある子どもらが入院した際、保護者に代わる付き添い介助者を派遣する。
 …などと伝えています。

☆変わる“出生前診断”
 ダウン症の息子を育てる母親「正しい内容が広がってほしい」
 (ABEMA TIMES)Yahoo!ニュース 3/23
 > 17日、厚生労働省で「新型出生前診断(NIPT)」に関する専門委員会が開かれた。新型出生前診断は、妊婦の血液から生まれる前の赤ちゃんの染色体に異常がないかを調べる検査だ。委員会では「出生前検査の情報をすべての妊婦に対して知らせる」という新しい方針が示された。出生前検査に関するリーフレットなどをすべての妊婦に配り、関心を持った人には保健師などがさらに詳しく対面で説明するという。検査結果が陽性だった場合は、その妊婦や家族が適切な意思決定を行えるよう、専門医などの対面サポートも検討されている。
 …などと伝えています。

☆厚労省
 障害福祉サービス事業所等における
 自然災害発生時の業務継続ガイドライン等について
  厚生労働省 新着情報 2021年3月22日
 > 障害福祉サービスは、障害者その家族等の生活に欠かせないものであり、災害が発生した場合であっても、 利用者に対して必要なサービスが安定的・継続的に提供されることが重要なことから、「障害福祉サービス事業所等における自然災害発生時の業務継続ガイドライン」を作成しました。障害福祉サービス施設・事業所でご活用ください。
 …などと伝えています。

◇パラ聖火、相模原市がやまゆり園で採取へ
 (共同通信)Yahoo!ニュース 3/23
 *東京パラ聖火 相模原 障害者殺傷事件の施設で採取へ
   NHKニュース 2021年3月23日
◇誰もが楽しめる芸術とは 劇場整備でシンポ・横浜
  神奈川新聞 2021年3月23日

✨☆難病負けず 通学へ 
 酸素吸入必要な 金沢の谷畑真歩ちゃん
  北陸中日新聞 石川 2021年3月22日
 > 特別支援学校入学 母「関わって成長を」
 酸素吸入や胃ろうによる栄養注入といった医療的ケアを受けている金沢市の谷畑真歩ちゃん(6つ)が四月、県立いしかわ特別支援学校(同市南森本町)に入学する。自宅での訪問教育ではなく、家族が希望していた通学が認められ、母親の由佳さん(36)は「同級生ら子どもたちとの関わりで成長する面もあり、うれしい」と話している。…略…
 ◇保護者の就業 影響が課題 医療的ケア児の付き添い
 …などと伝えています。

✨☆明是君(富士)笑顔で卒園 出生時510g、
 医療的ケア必要 両親らを前に成長の姿
  静岡新聞 2021.03.21
 > 富士市神戸のNPO法人「はっぴぃ」が運営する企業主導型保育施設「すまいる にじ保育園」の卒園式が20日、開かれ、医療的ケアを必要とする明是慶市朗君(6)が卒園を迎えた。保育士や両親らが見守る中、成長した姿を見せた。
 …などと伝えています。

✨☆「妻には好きなことを」ALS患者の願い 
 “生きる”後押しした公的介護
  (西日本新聞)Yahoo!ニュース 3/22
 > 「重度訪問介護」で24時間のヘルパー派遣を受ける筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者、東健志郎さん(36)=熊本県御船町=がベッドに横たわり、視線入力の装置で思いを言葉にしていく。自分で動かせるのは左手薬指と目。表情もある。「今は延命(人工呼吸器の装着)してよかったと思う。(妻には)好きなことをさせてあげたい」。介護事業が、そんな願いをかなえている。…略… 患者の「生きる選択」を支える、選択肢を広げるためにも公的介護の充実は欠かせない、と訴える里中さん。「何に困っているのか、どんな支援があれば助かるのか、私たちも丁寧に発信していきたい」
 …などと伝えています。 
 *重度訪問介護の利用低調 財政懸念、認可及び腰
   西日本新聞ニュース 2021/3/22  

☆障害者施設でコロナのクラスター
 ゾーニングが機能しなかった理由
  NHKニュース 首都圏ナビ  2021年3月15日
 > 入所者と職員、合わせて53人が新型コロナウイルスに感染した栃木県佐野市の障害者施設では、病床がひっ迫し、入院できない感染者が施設にとどまった結果、感染が拡大しました。原因は感染が起きた場所と、そうでない場所を区分けする“ゾーニング”が機能しなかったことでした。
 …などと伝えています。

☆栗山町、ケアラー条例制定 
 全国市町村で初 家族の介護 地域で支援
  北海道新聞  03/20
 > 【栗山】空知管内栗山町の定例町議会は19日、高齢や病気の家族らを介護している「ケアラー」を地域社会で支えるため、町に総合的な計画の策定などを求める「ケアラー支援条例案」を、全会一致で可決した。日本ケアラー連盟(東京)によると、同様の条例は昨年3月に埼玉県議会が国内で初めて制定しており、市町村では全国で初めて。条例案は町が提出し、9条で構成される。目的では「全てのケアラーが健康で文化的な生活を営むことができる社会を実現する」と明記。町が官民でつくる支援推進協議会を設置し、《1》相談・支援体制整備《2》ケアラーの交流の場の設置《3》支援を担う人材育成―などを盛り込んだ3年間の推進計画を作るとしている。町民や関係機関の役割も明記し、町民は町の施策に協力し、事業者は介護と仕事の両立に必要な雇用環境の整備などに努めるとしている。4月1日に施行する。
 …などと伝えています。
 △議案第2号 ケアラー支援条例
  (産業福祉常任委員会審査報告)
   令和3年第3回栗山町議会定例会(4日目)より
  *録画配信は日程3 Youtube 「付託議件審査 議案第2号
    栗山町ケアラー支援条例」のです。
    産業福祉常任委員会(付託:ケアラー支援条例)
     令和3年2月17日産業福祉常任委員会より
☆“10代にも多い精神疾患 小中学校でも教育を” 文科省に要望
  NHKニュース 2021年3月20日
 > 精神疾患の患者が400万人を超え、10代でり患する人も多い中、正しい知識を基に予防や早期の治療を進める必要があるとして、当事者などで作る団体が19日、小中学校の授業でも精神疾患について教えるよう文部科学省に要望しました。…略… 団体は、正しい知識により予防や早期治療につなげられ、教員の理解により、疾患のある家族を支えるいわゆる「ヤングケアラー」の子どもにも必要な支援が行き届くなどとして、小中学校の授業でも年齢に応じて精神疾患について教えるよう文部科学省に求めました。
 …などと伝えています。 

◇車いすで入れる銭湯「大津湯」 
 経営者が病で障害、改装して再開
  毎日新聞 滋賀 2021/3/22
◇[安心の設計]
 病気・障害抱える子の兄弟姉妹 「きょうだい児」をサポート
  読売新聞オンライン 2021/03/22
◇障害者理解にリーフレット 20日、
 フレスポ鳥栖で販売会 福祉作業所の物品も
  佐賀新聞ニュース 3/19

  ✨☆「みんなと一緒」毎日挑戦、次々成長 難病の永石さん、
 武雄市西川登小で22日卒業 学校に“育ち合い”
  佐賀新聞ニュース 3月21日
 > 難病で多くの障害がある武雄市西川登町の永石日香莉さん(12)が22日、西川登小を卒業する。特別支援学校への入学を勧められたが、地元の学校を選んで6年。「みんなと一緒」の毎日はさまざまな挑戦につながった。立てるようになり、少し言葉も出るようになった。子どもたちも自然に接する中で多くのことを学んだ。学校に“育ち合い”が広がった。先天性の難病で視力や聴力が弱く、気管を切開しているため言葉は出せない。体は小さく、足が不自由で車いすが欠かせなかった。痰(たん)の吸引など医療行為も必要なため、特別支援学校への入学を勧められた。
 …などと伝えています。

✨☆「特別免許状」で看護師を教員に 
 医療的ケア対応で京都市が先進的取り組み
  京都新聞 2021年3月20日
 > たんの吸引など医療的ケアを必要とする幼児や児童生徒の増加に伴い、全国の教育委員会が特別支援学校への看護師の配置を進めている。京都市では、重症心身障害児の臨床経験が豊富な看護師を教諭として採用する取り組みも始め、4月から2人が市立総合支援学校2校で勤務する。児童生徒を教育と医療が一体となって支える狙いで全国的に珍しく、職種の垣根を越えた連携を目指している。
 …などと伝えています。

☆脳性まひ患い亡くなった青年ら登場 
 子育ての苦難や喜び 埼玉の障害児の母親、
 医療的ケア児の日常を一冊に
  (埼玉新聞)Yahoo!ニュース 3/21
 > 人工呼吸器や経管栄養などの高度な医療的ケアを日常生活の中で常に必要とする「医療的ケア児」と呼ばれる子どもたちがいる。絵本「さっちゃんのまほうのて」の執筆者で、「先天性四肢障害児父母の会」の野辺明子さん(埼玉県さいたま市浦和区)が、医療的ケア児6家族の日常を取材し、在宅小児医療の専門医前田浩利さんとの共著で一冊の本にまとめた。さまざまな苦難を伴う子育ての中、日々のかすかな成長の兆しに喜びを見いだし、「この子と暮らせて幸せ」と語る父母の思いが紡がれる。野辺さんは「私たちが普段暮らしている中では見えてこない、こんな家族の生活があることを知ってもらいたい」と話す。
 …などと伝えています。
 *命あるがままに 医療的ケアの必要な子どもと家族の物語
   中央法規出版 2020年12月20日 2,640円(税込)

☆65歳の壁 一緒に越えたい 
 金沢の障害者男性 介護職員と交流
  北陸中日新聞 石川 2021年3月21日
 > 脳性まひで重度の身体障害がある金沢市の塚谷洋(ひろし)さん(64)は、ヘルパーの介助を受けて一人暮らしを続けている。今、不安がある。来年二月に六十五歳になると、障害者総合支援法に基づき、現在の障害福祉サービスではなく、介護保険サービスが優先され、これまで通りの介助が受けられなくなる可能性がある。この「六十五歳の壁」に思いを寄せてもらおうと、介護施設職員との交流会を始めた。「障害者への理解を深めてほしい」との願いを込めて。 
 …などと伝えています。

✨☆ヤングケアラーの存在を知って 若者の経験、語り合った
  朝日新聞デジタル 2021年3月20日
 > 家族の介護や家事を担い、そのことを周囲にも話しづらい若いケアラーの存在に気づき、声を聞いてほしい――。朝日新聞は13日にオンライン記者サロン「ヤングケアラーが語るリアル」を開催しました。10代から母を介護しながら、若いケアラーが語り合うコミュニティーを運営する宮成悟さん(31)と、大学生から母を介護した畑山敦子記者(36)が、190人の参加者からの質問にも答えながら若いケアラーの実情や悩みを語り合いました。
 …などと伝えています。

☆「共生社会を」サイトで啓発 ダウン症の日に合わせ開催
  共同通信 2021/3/20
 > 「誰一人取り残さない社会」をテーマに、ダウン症のある人や家族、思いに共感する人たちが企画した啓発イベント「バディウォーク東京2021 for all」が、20日から26日までオンラインで開催されている。子どもたちが障害の有無にかかわらず一緒に踊る様子や、視覚聴覚、身体に障害がある人のトークイベントなどを配信する。
 …などと伝えています。
 *早い老化、尽きぬ不安 「一緒の時間 大切に」
  ダウン症者の家族の思い重なる
   (長崎新聞)Yahoo!ニュース 3/21
 *ダウン症弟のスマホ打ち込みがすごすぎる 岸田奈美さん
  (朝日新聞デジタル)Yahoo!ニュース 3/21
 △公益財団法人 日本ダウン症協会

◇みんな楽しめる「インクルーシブ遊具」 
 藤沢市秋葉台公園に導入 神奈川で初
  (カナロコ by 神奈川新聞)Yahoo!ニュース 3/21
◇難病「ME_CFS」理解を 青森の支援組織がセミナー
  朝日新聞デジタル 2021年3月21日
◇あきた知事選・有権者に聞く
 (1)在宅で暮らすALS患者・安保瑠女さん 
 待ってても手に入らない
  秋田魁新報電子版 2021年3月20日
 
✨☆市町村で「全国初」_ケアラー支援条例_成立…
 介護側の健康守り孤立防ぐ 北海道栗山町
  (北海道ニュースUHB)Yahoo!ニュース 3/19
 > 病気や高齢の家族などを介護する人たちを支援する条例が、全国の市町村では初めて北海道栗山町議会で成立しました。涌井 寛之 記者:「全国の市町村で初めて成立した栗山町のケアラー支援条例。介護する人が、健康で孤立することなく生活できるよう支援するものです。支援の対象は家族などの介護をする子どもたち、いわゆるヤングケアラーも含まれています」北海道栗山町議会で、3月19日成立したケアラー支援条例。
 …などと伝えています。
 *ヤングケアラーを誰一人取り残さない
  包括した支援策を厚労省に提言
   SANSPO.COM(サンスポ) 2021.3.19
 ☆団塊を団塊ジュニアが介護する「2025年問題」にどう備える?
   佐々木 裕子 リクシス 代表取締役社長 CEO
   日経ビジネス電子版 2021.3.19

✨☆コロナ禍、消える福祉事業所 
 人手不足にコロナ対策の負担増で事業維持できず
  財経新聞 2021年3月19日
 > 長期化するコロナ禍で障がい者福祉事業所も窮地に立たされているようだ。2009年に「障害者雇用促進法」が改正され、その後人手不足とも相まって障害者の雇用機会は拡大している。13年には「障害者総合支援法」の成立を受け、民間企業が障害者福祉事業へ進出するケースが増大した。こうした中、補助金目的とも疑われるずさんな経営計画の参入事業所も少なくなく、14年以降、放漫経営を事由とした倒産・休廃業・解散の件数は増加傾向で推移している。
 …などと伝えています。

☆「ご飯もくれんかったんだよ」50年前 
 物置小屋に隔離された子、救い出した教師と交流続く
  沖縄タイムス+プラス 2021年3月19日
 > 1972年に日本復帰するまでの沖縄で、精神障がい者を小屋などに合法的に閉じ込めた私宅監置制度。隔離の矛先は、制度に基づいた精神障がいだけでなく、身体に障がいがある人たちにも向けられていた。今、沖縄本島南部の障害者支援施設で暮らす和美さん(58)。生まれつき全盲の和美さんは8歳ごろまで、自宅の物置が居場所だった。「一人で寂しかったよ。ご飯もくれんかったんだよ」。半世紀を経てもなお、閉ざされた世界の孤独な記憶は消えない。「私宅監置」をテーマにした映画「夜明け前のうた 消された沖縄の障害者」が3月20日、東京・新宿のケイズシネマで封切りされる。
 …などと伝えています。
 *歴史の闇「私宅監置」に迫る:
  映画『夜明け前のうた 〜消された沖縄の障害者〜』
   nippon.com 2021.03.20
 ・映画『夜明け前のうた 消された沖縄の障害者』
   オフィシャルサイト

◇災害時の聴覚障害者にとって必要なことは。
 『きこえなかったあの日』 今村彩子監督
  (HARBOR BUSINESS Online)Yahoo!ニュース 3/19
  *映画『きこえなかったあの日』公式サイト 
◇鉄道障害者割引、アプリで簡単…
 JR西など導入、手帳撮影し登録
  読売新聞オンライン 関西 2021/03/19
◇特別支援学校の設置基準を_「めざす会」 
 署名7万人分提出_マンモス化・過密化深刻
  しんぶん赤旗 2021年3月19日

✨☆写真展「みんな、とくべつなひとり」
  YouTube Live配信のお知らせ
 (札幌駅前地下歩行空間(チ・カ・ホ)憩いの空間から生中継
 > 会場にご来場いただけない皆さまにも写真展をお楽しみ頂きたく、ライブ配信を予定しております。両日ともに11時〜18時まで定点カメラでの配信、うち13時00分〜13時20分で各コーナーの紹介と全国からお寄せいただいたお写真たちをお送り致します。
 お写真は19日、20日と二日間に分けてご紹介する予定です。
 ぜひ両日ともご参加くださいませ!
  ※ 1日目、2日目で
   生中継のライブURLが異なります。ご注意くださいませ。
 *1日目(3月19日金曜:11時〜18時     
    YouTube Live配信 URL
   13時〜:各コーナーとお写真のご紹介 
 *2日目(3月20日土曜:11時〜18時)
    YouTube Live配信 URL
   13時〜:各コーナーとお写真のご紹介
 △ みらいつくり研究所
 ……などと伝えています。
 ↑↑関連↑↑
 ✨☆医療的ケア必要とする人の暮らし 紹介する写真展
  NHKニュース 北海道 03月19日
 > 日常的に医療的なケアを必要とする人の暮らしについて、知ってもらおうという写真展が札幌市で開かれています。写真展は、人工呼吸器を使用するなど日常的に医療的なケアを必要とする人の暮らしについて知ってもらおうと、訪問介護などのサービスを提供する札幌市の医療法人が開きました。会場には、全国から集まった500枚の写真が展示され、このうち鼻から栄養などを送るための管を使用している幼い女の子の写真は、家のリビングで両親と2人の兄弟が女の子を囲んであやしています。また、人工呼吸器を使っている5歳の女の子の写真は、両親や姉と動物園に行き、ゴマフアザラシの水槽の前で撮ったものです。会場ではこのほか、人にかけられてうれしかった言葉や心に残るエピソードをスクリーンに投影し紹介しているほか、人工呼吸器を使う人の暮らしを4コマ漫画で紹介する展示も行われています。写真展を主催した医療法人「稲生会」の吉元慧さんは「健常者と変わりのない日常を過ごしていることを知ってもらいたい。多くの人にとって考えてるきっかけになればと思います」と話していました。写真展は20日も札幌市の地下歩行空間で開かれています。
 …などと伝えています。

☆「ヤングケアラー」だった私 
 突然の介護にSOS出せなかった 
 フリーアナウンサー・町亞聖さん
  産経ニュース 【ゆうゆうLife】2021.3.19
 > 18歳未満なのに、両親や祖父母らの介護や、きょうだいの世話などをするヤングケアラー。困りごとを抱えても、周囲に助けを求める手立てが分からないことも多く、その実態は十分に明らかにはなっていない。フリーアナウンサーの町亞聖さん(49)は、いわば元ヤングケアラーだ。高校3年のとき突然始まった介護の日々は「SOSさえも出せなかった」。自身の言葉で、その経験を振り返った。
 …などと伝えています。

◇ワクチン優先接種、重い精神疾患と知的障害を対象に
 (朝日新聞デジタル) Yahoo!ニュース 3/18
◇NPO法人しぶたね 病児の兄弟姉妹、応援
  毎日新聞 聞いて! 大阪 2021/3/19 地方版

✨☆人工呼吸器欠かせなくとも みんなと学べる…
 大津の医療ケア児、今春小学校入学
  読売新聞オンライン 関西発 2021/03/17
 > 人工呼吸器の管理やたんの吸引などが必要な医療的ケア児(ケア児)永井楓子(ゆうこ)ちゃん(6)(大津市)が23日、地元の保育園を卒園する。大津市では保育園に看護師が配置され、3年間を友達と触れ合いながら成長することができたが、ケア児への対応は自治体による差が大きい。春からは小学校に入学することが決まっており、両親は「希望すれば誰でも保育園や小学校へに通えるようになってほしい」と願う。
 …などと伝えています。 その紙面

☆新薬の効果「2歳まで」 脊髄性筋萎縮症の子どもを訪ねて
  (毎日新聞)Yahoo!ニュース 3/17
  > SMA(脊髄<せきずい>性筋萎縮症)という病気をご存じだろうか。重症の場合、全身の筋力が低下して寝たきりになったり、人工呼吸器が必要になったりする。だが新薬「ゾルゲンスマ」の開発・販売により、患者にとって将来歩ける可能性が出てきた。「ゾルゲンスマ」は保険適用されても1億6000万円以上と高額だったものの、助成制度などを使うと患者負担はほとんどなくなった。明るい兆しが見え始めた一方で、この新薬は2歳までにしか効果がない。開発・販売以前に2歳を超えていた患者には使用できず、今も厳しい現実と向き合っている当事者も多い。その声を聞いた。
 …などと伝えています。

✨☆<ヤングケアラー〜幼き介護> (長期連載中)
 ヤングケアラー支援PT初会合 5月に報告書
 「骨太」に反映へ
  毎日新聞 2021/3/17
 > 政府は17日、通学や仕事をしながら家族の介護・世話をする子ども「ヤングケアラー」の支援に向けたプロジェクトチーム(PT)の初会合を開き、有識者のヒアリングを実施した。ヤングケアラーを早期に発見し必要な支援につなげるための施策について、5月に報告書をまとめる予定だ。
 …などと伝えています。
 *「ヤングケアラー」支援へ 厚労省がPT発足
  (テレビ朝日系(ANN)) Yahoo!ニュース   3/17
 *「ヤングケアラー」
  5月までに支援策 国のプロジェクトチーム
   NHKニュース 2021年3月17日
 △厚労省
  ヤングケアラーの支援に向けた
  福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム
   子ども家庭局 家庭福祉課虐待防止対策推進室
   ↑ 第1回資料 3/17開催

☆厚労省
 ※社会保障審議会障害者部会(第106回) ←3/19開催予定
  令和3年3月17日 【社会保障審議会障害者部会事務局】
  社会・援護局障害保健福祉部企画課企画法令係  
 >*3.議題(予定):
   (1)障害者総合支援法の
      施行後3年を目途とした見直しについて
   (2)その他 
  …などと伝えています。
  △同部会のこれまでの資料や議事録等はココを
 ※第4回 障害者の就労支援体系の在り方に関する
  ワーキンググループ ←3/22開催予定
   令和3年3月17日 職業安定局障害者雇用対策課
   社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課
 >*議題:
   (1)ワーキンググループにおける論点について
   (2)その他
  …などと伝えています。
  △同グループのこれまでの資料や議事録等はココを 

◇知的障害者の性犯罪、代表者聴取へ 被害者の負担を軽減
  (朝日新聞デジタル)Yahoo!ニュース 3/17
 *被害者の負担減へ
  「代表者聴取」障害者の性犯罪事件にも 法相
   NHKニュース 2021年3月16日
◇障害者スポーツの名称 「パラスポーツ」に統一
  NHKニュース 2021年3月16日
◇勇気、幸せ あなたにも
 ダウン症・山岡さん母企画 3人の書や油絵20点
  読売新聞オンライン 滋賀 2021/03/17

✨☆車いすリフト機能費用支給命じる
  NHKニュース 京都府 03月16日
 > 難病「筋ジストロフィー」を患う男性が、電動車いすのリフト機能などの補助金を京都市が認めなかったことは違法だとして、決定の取り消しを求めていた裁判で、京都地方裁判所は男性の訴えの一部を認め、市に対してリフト機能の費用を支給するよう命じました。全身の筋肉が萎縮する難病、「筋ジストロフィー」の患者で京都市に住むアメリカ人のライスチョウ・ジョナ・シェンさん(27)は、電動車いすの高さを調整するリフト機能などへの補助金の支給を、京都市が認めなかったことは違法だとして、決定の取り消しを求めていました。16日の判決で、京都地方裁判所の増森珠美 裁判長は、「原告にとってリフト機能は日常生活を送るうえで必要不可欠で、医学的な観点からも必要性が認められる」と指摘し、市に対して、リフト機能分の費用1万1500円余りを支給するよう命じました。
 …などと伝えています。
 *「車いすに高さ調整機能必要」
  筋ジス患者の訴え、地裁認める 自治体に費用支給命令
   京都新聞 2021年3月16日
 *難病男性の電動車いす リフト機能の補助金認める判決
   KBS京都 2021年3月16日
 > 難病を患う男性が電動車いすに取り付ける器具について補助金が認められないのは違法として京都市を訴えていた裁判で京都地方裁判所はきょう一部の費用を認める判決を言い渡しました。訴えていたのは全身の筋力が徐々に低下する難病「筋ジストロフィー」などを患う、アメリカ国籍で京都市在住の漫画家ライスチョウ・ジョナ・シェンさん(27)です。ライスチョウさんは2014年、体の成長に合わせて車いすを購入する費用の補助を京都市に申請しましたが京都市はそのうちリフト機能や首を支える器具について支給を却下しました。ライスチョウさんはそれらが日常生活や絵の制作活動などに不可欠として補助金の支給を求めていました。きょうの判決で京都地方裁判所の増森珠美裁判長は、「原告は当時美術系の大学に通い絵の制作実習に取り組む時リフト機能が不可欠だった」として一部の補助金を支給するよう京都市に命じました。
 …などと伝えています。
 *電動車椅子のリフト機能、
  京都市に購入補助支払い命令 地裁判決
   毎日新聞 2021/3/16
  > 購入時に補助金が支給される電動車椅子を巡り、追加機能分の補助を京都市が認めなかったのは違法などとして、難病を抱える男性が市に処分の取り消しと不認可分約6万7000円の支給を求めた訴訟の判決が16日、京都地裁であった。増森珠美裁判長は「日常生活や就学で必要だ」として、座面を上げるリフト機能分約1万1500円について、市に支払いを命じた。弁護団によると、電動車椅子の追加機能について、公費での補助を認めた判決は全国初という。
 …などと伝えてます。
 ・「なぜ障害者が我慢を強いられる」
   法廷で難病の漫画家が問うこと
    毎日新聞  2021/3/13
 ◇ライス 趙 ジョナさんの車椅子裁判を支える会 FB

☆【独自】出生前検査、全妊婦に周知へ…
 厚労省が20年ぶり方針転換
  読売新聞オンライン 2021/03/16
 > 厚生労働省は、胎児がダウン症かどうかなどを調べる出生前検査について、全ての妊婦を対象に、情報提供をする方針を固めた。カウンセリング体制の不備などの課題があったため、国は医師が妊婦に積極的に知らせる必要はないとの見解を示していたが、約20年ぶりに方針転換する。出生前検査には、採血だけで簡便に調べることができる新型出生前検査のほか、羊水検査、超音波検査などがあり、人工妊娠中絶につながる倫理的な課題がある。現在は新型出生前検査が普及しており、インターネットで得た不確かな情報で検査を受け混乱する妊婦もいるため、正確な情報提供につなげる狙いがある。厚労省の新たな情報提供体制案では、全妊婦を対象に、市区町村の窓口での母子健康手帳の交付や、初回の妊婦健診のタイミングで、妊娠出産に関する情報の一つとして保健師らが対面で説明。検査の位置付けや、内容について書いたパンフレットを配布する。
 …などと伝えています。
 *新型出生前診断 
  国が実施施設認証に関与 厚労省方針案明らかに
  (毎日新聞)Yahoo!ニュース 3/13

◇NICUを卒業しても続く不安…、「体は小さいけれど、
 生きようとする力はとても強い」乗り越える母たち
  (たまひよONLINE)Yahoo!ニュース 3/16

✨☆連載:【安楽死と呼ぶ前に】
  瞳が選ぶ「しにたい」の意味
  ALS患者の生きざま、悲劇でもキラキラでもなく
  (京都新聞)Yahoo!ニュース 3/15
 > 2020 年、京都で起きた筋委縮性側索硬化症( ALS )患者の嘱託殺人事件は「安楽死」事件として議論された。だが「安楽死」といった死なせる要件を議論するずっと手前に見つめ直すものがあのではないか。 ALS 独居支援の実際と、安易な「安楽死」議論にはらむ危うさを、連載で伝えます。 …略…
  2020年夏、京都市内で独居していた筋委縮性側索硬化症(ALS)の女性=当時(51)=が医師2人に薬物を投与され死亡した嘱託殺人事件があったが、「安楽死」を議論するずっと手前で、患者たちが語り、生きざまで伝えたいと願いながら、知られていない日々の暮らしがある。ALS患者の独居生活移行に、記者としてではなく、支援者として10年以上前から関わってきた。事件で亡くなった女性がネットに残した「死にたい」が一人歩きしている気がして、もどかしい。ALS介護現場の日々を報告する。(京都新聞 岡本晃明)
  ・透明文字盤を「取る」、一字ずつ目で選ぶ会話
  ・「じゃあいいさ、素人で」足踏み入れた支援の輪
  ・相手によって変わる言葉
  ・行き違い、そして突然ジッポのライター
  ・「死」の意思表示 今日ただちにではなく
  ・激しくすり切れていたベッド右側
  …などと伝えています。   
✨☆連載:【安楽死と呼ぶ前に】
 第三者検証なきALS女性嘱託殺人事件 
 在宅独居の意義とヘルパー
  (京都新聞) Yahoo!ニュース 3/16
 > 医師がALS患者に薬物を投与し逮捕された嘱託殺人事件。亡くなった京都市の女性ALS患者=当時(51)=は、ALS患者では全国でも例が少ない独居を6年以上続けていた。ヘルパーが長時間寄り添う障害福祉サービス「重度訪問介護」を利用し、たん吸引など医療的ケアを含む見守り介護を受けていた。過去に社会を揺るがした川崎協同病院「安楽死」事件や京北病院「安楽死」事件などでは、病院側が第三者委員会を立ち上げ、司法の観点とは別にチーム医療や意思確認の在り方を検証したが、今回の事件は「在宅」で起き、介助体制や医療福祉連携など背景事情を検証する動きはないままだ。(京都新聞 岡本晃明)
  ・家族介護なし、「パーソナルアシスタンス」のヘルパー
  ・足りない福祉「あとにつづく道」切り開く
  ・事件で亡くなった女性を縛った負担
  ・「いつ穴が空くか分からない」貫いた6年の独居
  ・「極私的ALS日記」実名という灯
 …などと伝えています。
✨☆連載:【安楽死と呼ぶ前に】
 自殺リスク高める恐れ、「安楽死」報道の危うさ
  (京都新聞)Yahoo!ニュース 3/17
 > 京都で筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者が医師に薬物を投与され死亡した嘱託殺人事件は、女性患者と医師は面識がなく、接点は匿名SNSだった。ネットを介して、死を望む人と死を手伝う人が出会い、自殺させる事件は何度も繰り返されている。京都ALS患者の事件は「安楽死」事件として議論されたが、起訴された「嘱託殺人罪」は刑法202条「自殺関与罪」の一つだ。ネット自殺対策の観点からこの事件をどう報道すればよかったのか。自殺対策に取り組むNPO代表は、逮捕された医師が「安楽死」を説くSNS投稿を克明に報じることは「自殺誘引情報」に該当しうると指摘する。「安楽死」報道は自殺対策の報道ガイドラインに抵触しかねない危うさをはらむ。(京都新聞 岡本晃明)
  ・「病苦による自殺」1年で3千人 遅れる対策
  ・「ネット自殺」座間9人殺害事件と共通構図
  ・どこまで、どう伝えれば 問われる報じ方
  ・自殺を単純化するリスクとジレンマ
  ・「克明な報道は自殺誘因情報に該当しうる」
  ・「安心して『死にたい』と言える場所が大事」
 …などと伝えています。 
✨☆連載:【安楽死と呼ぶ前に】
 「私なら死ぬ」はヘイトスピーチ 
 ネットに堆積する匿名の暴力 障害ある人の受け止めは
  (京都新聞) Yahoo!ニュース 3/18
  > 安楽死」を議論する前に、もっと見つめ直すものがあのではないか。京都新聞とYahoo!ニュースの共同連載企画「安楽死と呼ぶ前に」を3回掲載したところ、多数の反響が寄せられた。筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者=当時(51)=に医師が薬物を投与し死なせた嘱託殺人事件の報道と同様に、「あんな病気になったら、私だったら死にたい」などと、安楽死を容認する趣旨のコメントが目立った。立岩真也・立命大教授は「私なら死にたい、と公言することはヘイトスピーチ」と指摘する。障害がある人たちの受け止めを聞いた。(京都新聞 岡本晃明)
  ・安全圏から発する言葉「犯罪的だ」
  ・「死ぬ方に背中を押すのは罪深い」
   女性難病患者の受けとめ
  ・「発症後の自分の姿がみじめ」
   事件で亡くなった女性の言葉
  ・ネットの顔、堆積していく言葉の暴力
  ・「死にたい」はボキャブラリーの貧困
  ・「境を越えて」ALS患者岡部さんの願い
  ・誰もが抱える「内なる優生思想」
 …などと伝えています

☆☆3月17日(水) 16:30〜17:30
 第33回永田町子ども未来会議<生中継あり>
 >>主な内容予定 (生中継後もビデオで観れます)
  *医療的ケア児支援法案(仮称)の進捗状況
  *2021年度障害福祉報酬改定の
   概要報告(重点:医療的ケア関連)
  *各省の医療的ケア児関連予算・施策の最新動向
  *日本小児在宅医療支援研究会家族連絡会の発足について 
   …などと掲載されています。
  △第32回は1月28日に開催されたようです
   座長でもある荒井さとし衆院議員(立憲民主党)FBより
  >> 永田町子ども未来会議の議員打ち合わせを行いました。
   (密を避けて、国会議員と少数の省庁陪席者のみで
   短時間の開催)…などと伝えています。 
 ↑関連↑↑ 
  ☆たん吸引など医療ケア必要な子のための法案、
   超党派議員ら提出へ
    京都新聞 全国 2021年3月11日
  ☆野田聖子(自民党:衆院議員FB11日付より)
    >> 本日、自民党 厚労・文科合同部会において、
     「#医療的ケア児 及びその家族に対する支援に
     関する法律案」の条文審査が行われ、了承されました。
     …などと伝えています。
  ☆【医療的ケア児 支援強化へ】 
    2月22日付の公明新聞
  ☆医療ケア児 支援強化 法案提出へ…自治体対応 責務に
    読売新聞 独自 2021/02/22 その紙面
 △△永田町子ども未来会議  
   座長の荒井さとし衆院議員(立憲民主党)HP
   でも適時報告掲載されてます。
   その掲載内容から…
    ・医療的ケア児及びその家族に対する
     支援に関する法律案の全体像
    ・配布リーフレット
      超党派永田町子ども未来会議
      医療的ケア児支援法案(仮)成立を目指して 
    ・要綱骨子医療的ケア児支援法案溶け込み
      荒井さとし衆院議員HP 2020年11月11日より

✨☆【特集】重度障がいに寄り添う 
 医療的ケアと家族の思い・宮崎県
 (MRT宮崎放送)Yahoo!ニュース 3/16
 > 日常的な医療行為が必要な重度の障がい者やその家族について考えます。宮崎県の県北地域では、大きなハンディを抱える人が短期間入所できる施設がこれまでありませんでしたが、来月から受け入れ施設の運用が始まることになりました。これまでの家族の暮らしや切実な声を取材しました。
 …などと伝えています。

◇相模原殺傷事件、犠牲者悼み献花
 死刑判決1年、風化懸念も
  中日新聞 2021年3月16日
◇障害者の生涯学習「必要」9割超
  NHKニュース 秋田県 03月16日
◇ハンセン病差別と闘った人たち 
 療養所の歴史、生きざまに光当てる企画展 
  (京都新聞)Yahoo!ニュース 3/16
  
◇医療や療育の現場に「便利で可愛い」を広げたい!
 スペシャルニーズのある子のママがさいしょに出会う、
 優しくて便利なグッズセットを
 マルイファミリー溝口にて先行予約展示
  産経ニュース 2021.3.12
◇5663日間、患者の身体拘束を指示 
 日本の精神医療の異常さ、あらわに
  47NEWS(共同通信) 2021/3/15

✨☆「医療的ケア児」の支援 来月から強化へ 厚生労働省
  NHKニュース 社会 2021年3月14日
 > 重い障害でたんの吸引などが欠かせない「医療的ケア児」とその家族を支援するため、厚生労働省は日中に預かる施設への報酬を来月から手厚くします。医療の進歩で助かる命が増える一方、重い障害が残って日常的なたんの吸引や人工呼吸器などが欠かせなくなる「医療的ケア児」も増加し、おととしの推計では全国で2万人を超えています。保護者からは「子どものケアに追われて、きょうだいの育児に手が回らず、仕事との両立もできない」などと支援を求める声が出ていました。こうした中、厚生労働省は、障害者に福祉サービスを提供する事業者に支払う報酬を来月、3年ぶりに改定するのに合わせて、全体の報酬を0.56%引き上げ、医療的ケア児への支援も強化する方針です。
 …などと伝えています。

✨☆放課後デイ、相次ぐ行政処分 企業多く参入、給付金不正増
  朝日新聞デジタル 2021年3月14日
 > 障害のある子どもたちを放課後や休日に預かる「放課後等デイサービス」(放課後デイ)で、報酬を不正に受けとったなどとして運営者が行政処分を受ける例が相次いでいる。利益を追い求める企業の参入が背景にあるとされ、厚生労働省は事業所が受け取る報酬額を減らす対策をとることにしたが、業界全体のサービスの「質」を下げるとの懸念も出ている。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆千葉市地域自立支援協議会 (医療的ケア児等支援部会)
  医療的ケアに関わる研修動画2本
  3月末まで期間限定公開配信中 
 *初めて医療的ケアをする方や事業所向け研修動画
 *医療的ケアスキルアップ研修動画

✨☆「なぜ障害者が我慢を強いられる」
 法廷で難病の漫画家が問うこと
  毎日新聞  2021/3/13
 > 全身の筋力が徐々に低下する難病を患う漫画家の男性にとって、電動車椅子の「リフト機能」は不可欠か――。購入時に補助金が支給される電動車椅子を巡り、リフト機能分の補助を京都市が認めなかったのは違法などとして、男性が市に処分の取り消しを求めた訴訟の判決が16日、京都地裁(増森珠美裁判長)で言い渡される。障害者の自己実現への支援は、どうあるべきなのか。男性は米国籍のライスチョウ・ジョナ・シェンさん(27)=京都市上京区。希少難病「過剰自己貪食を伴うX連鎖性ミオパチー」を生まれながらに抱え、肘から先以外は自力で動かせない。2012年に京都精華大マンガ学部に進学後、大きな絵を観客の前で描くイベント「ライブペインティング」を始めた。卒業後もイベントを主催したり、福祉系のメールマガジンに漫画を連載したりするなど、活動の幅を広げている。難病患者などが電動車椅子を購入した際、自治体に申請すると障害者総合支援法などに基づき、購入費の9割が原則支給される。
 …などと伝えています。
 △ライス 趙 ジョナさんの車椅子裁判を支える会 FB

✨☆ヤングケアラー〜幼き介護 <長期連載中>
 孤立防ぐ支援手探り 既存制度では想定外
  毎日新聞 2021/3/13 東京朝刊
 > 通学や仕事をしながら家族の介護・世話をする子ども「ヤングケアラー」をめぐる全国調査に政府が乗り出し、日本社会で問題への関心が急速に高まりつつある。しかし、SOSを出せずに孤立しがちな子どもたちに、どんな支援をどう届けるのか。早期発見に向けた取り組みなど、官民双方が具体策を模索している。
 …などと伝えています。
 
✨☆3月21日(日)20:00〜20:55 放送予定
  サンテレビ 報道特別番組
 <生まれ、生きる 〜不幸と呼ばれた子どもたち〜>
 > 旧優生保護法の下、兵庫県で行われていた「不幸な
子どもの生まれない運動」。障害者の立場が弱いゆがんだ
社会で、生まれてくるはずだったいのちが消えた。時代背
景を探る中で、障害がある子どもたちがキャンプに参加す
る映像がサンテレビに残っていた。その映像を手掛かりに
「不幸」と呼ばれた子どもたちの人生を見つめる。生まれる
とは、生きるとは何か。
…などと伝えています。

☆「手の触れ合い」が孤立から救う…
 コロナ禍の盲ろう者 ‟人との接触”は
大切な意思疎通の手段【岡山発】
  FNNプライム 岡山放送 2021年3月13日
 > 目と耳が不自由な盲ろう者にとって、人と触れ合うことは
大切なコミュニケーション手段の1つだ。人との接触を避ける
ため、コロナ禍で直面する盲ろう者の現状と、彼らを支える
取り組みを取材した。
…などと伝えています。

☆車いすの買い物、ゆっくり楽しんで 
 神戸・垂水のユニクロ特別営業
  神戸新聞 2021/3/13
 > 車いす使用者らが気兼ねなく店内を回ってショッピングを楽しめるようにと、神戸市垂水区の衣料品店「ユニクロBRANCH神戸学園都市店」が13日、開店前の午前8時半から特別営業を行った。
 …などと伝えています。

☆新型出生前診断 
 国が実施施設認証に関与 厚労省方針案明らかに
  毎日新聞 2021/3/13
 > 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)について、国が実施施設のあり方の基本方針を策定し、施設の認証にも関わることを柱とした厚生労働省案が判明した。17日の厚労省専門委員会に案を示し、早ければ3月中にも大筋合意する見通し。出生前診断の実施体制について国が関与するのは極めて異例。
 …などと伝えています。

☆呼吸器つけ通学、1人暮らし 
 難病の活動家・平本歩さんが生きた道
  毎日新聞 2021/3/14
 > 人工呼吸器をつけて地元の小中高に通い、成人後は1人暮らしを実現した社会活動家、平本歩(あゆみ)さん(兵庫県尼崎市)が1月、35歳で亡くなった。強い意志で社会のさまざまな障壁を乗り越えていく生きざまは、多くの人たちの道しるべともなった。「歩の歩みを伝え、受け継いでいく」。母美代子さん(70)は遺影に誓う。
 …などと伝えています。

◇共生社会へ少しずつ 仲村伊織さん県立高校合格 
 問題投げ掛けた4年の挑戦
  琉球新報 2021年3月13日
◇難病当事者や家族の不安を和らげたい 
 メッセージ集め本出版へクラファン開始
  (琉球新報)Yahoo!ニュース 3/13

2021/03/13
<WEB報道など>…✨表示がお薦めWeb報道など
✨☆鹿児島県議会 知事に政策提言書 
 医療的ケアが必要な人、家族に支援求める
  FNNプライム 鹿児島テレビ 2021年3月11日
 > たんの吸引などの医療的ケアが日常的に必要な人たちや
  その家族への支援などを求める政策提言書を、県議会が
  塩田知事に提出しました。
  …などと伝えています。
 △県議会から知事へ「医療的ケア児・者の支援について」
  政策提言を行いました(令和3年3月)
   鹿児島県議会  議会事務局政務調査課
 > 3月10日,「医療的ケア児・者の支援について」の政策
  提言を知事に行いました。県議会政策立案推進検討委員会
  の報告を受け,県政の重要課題であることから議会として
  提言したものです。
 ・政策提言(医療的ケア児・者の支援について)

☆障害者グループホーム
 コロナ禍も「見守る」役割 〈茅ヶ崎市〉
  タウンニュース Yahoo! JAPAN 3/12
 > 市内2カ所で運営される「和音グループホーム湘南」は、精神障害または知的障害のある人が住む一軒家。昨年6月に東海岸北、10月に矢畑でそれぞれ開所したばかりだ。主に両親が高齢になった50代前後の男性が入居し、生活を送っている。コロナ禍における障害者グループホームの生活を取材した。
 …などと伝えています。
 
◇密着取材!ダウン症の美良生くんは今……
 奧山佳恵さん一家“3年半”の記録
 (日本テレビ系(NNN))Yahoo!ニュース 3/12
 > 奧山佳恵さんの二男、美良生くんはダウン症だ。最初は不安だった奧山さんだが、その成長する姿を見て、考えを変えていく3年間だった。奧山家の歩みと決断を見つめてきたこの3年半。家族はまた新しい道を歩き出そうとしていた。3年半続いた「暮らしラボ」の最終回。
 …などと伝えています。

✨☆たん吸引など医療ケア必要な子のための法案、
 超党派議員ら提出へ
  京都新聞 全国 2021年3月11日
 > たんの吸引といった医療的ケアが日常的に必要な子どもとその家族を支援する法案を、超党派国会議員らが11日まとめた。国や地方自治体の責務を明文化するとともに、保育や教育施策を拡充して保護者に偏った負担の軽減につなげる。
 この日、自民党厚生労働部会と文部科学部会の合同会議で了承された。公明党や野党も党内での了承手続きに入り、議員立法で今国会への提出を目指す。 
 法案では医療的ケア児と家族に対する国や自治体、保育所・学校設置者の支援責務を明記。国や自治体はケア児と家族が日常生活で必要な措置を講じるほか、在籍する学校に保護者が付き添わなくても通学できるよう看護師を配置することなどを求める。家族からの相談に応じる支援センターを都道府県に設置することも盛り込んだ。
 ケア児は新生児医療の発達を背景に近年増加している半面、保護者が学校への付き添いを求められるなど家族の負担も増している。このため、自民の木村弥生衆院議員(比例近畿)や、医療的ケアが必要な長男を育てる野田聖子幹事長代行らが昨年の臨時国会への法案提出を目指していた。
 
✨☆社説:コロナと障害者 課題に取り組む機会に
  中日新聞 2021年3月12日
 > コロナ禍のしわ寄せは社会的弱者に集中している。障害者も例外ではない。長く放置されてきた問題が背景となり、事態が深刻化している例が目立つ。この災いを課題に取り組む機会にしたい。
 身体、知的、精神の区分を問わず、コロナ禍は障害者たちにも厳しい日常生活を強いている。
 例えば、視覚障害者。外出先で声をかけてくれる人が減った。物に触れることを制限され、マスクも嗅覚を鈍くするため、ストレスが増すという。多くの当事者たちが働く鍼灸(しんきゅう)院やマッサージ業も客が激減し、解雇が相次いでいる。
 施設で暮らす知的障害者は家族らとの面会が制限され、孤立感を募らす人が少なくない。作業所などに通う人も、施設の一時閉鎖で生活リズムを崩す人が多い。
 地域で自立生活を営む障害者らは深刻だ。複数の介助者たちが交代で付き添うケースが多いが、一人でも感染の疑いが出れば、ローテーションが崩れてしまう。
 これらとともに、長く未解決になっている問題が事態の深刻化を招いているケースがある。
 精神科病院でのクラスター(感染者集団)の多発が一例だ。これまで三十病院以上での発生が確認されている。換気が十分ではない閉鎖病棟が一因とされている。患者の対応の難しさを理由に一般病院が患者の転院を拒む例も少なくなく、死亡例も出ている。
 精神科病院から地域医療中心へ移った欧米諸国に比べて、日本は精神科の病床数が多く、入院期間も突出して長く、かねて問題視されてきた。こうしたことがクラスター多発の背景になっている。
 自立訓練などの障害福祉事業所もコロナ禍で経営難に直面している。事業者への報酬は現在、利用回数を基にした日額(実績)払いで算出されている。利用者がコロナ禍で減れば、減収となる。だが固定費は重くのしかかる。事業者団体は、かねて市場原理的な日額払い制度の廃止を訴えてきた。
 いずれも先延ばしにされてきた問題だ。コロナ禍は災禍だ。だが、こうした構造的な問題を解決する好機にもなり得る。政府は前向きな姿勢に転換すべきだ。
 緊急に対処すべき課題もある。検査の徹底やワクチン優先接種の対象に障害者を加えることだ。障害者には健常者に比べ、手洗いやマスクの装着が難しい人が少なくない。すでに病院団体や当事者団体なども要望している。政府には待ったなしの対応を求めたい。
 …などと伝えています。 その紙面

☆国土交通省
 「在宅生活支援環境整備事業(自動車事故対策費補助金)」の
 公募を本日から開始します!
  〜介護者なき後を見すえた日常生活支援の拡充〜
  自動車局保障制度参事官室 令和3年3月10日

◇福祉施設でのコロナ感染1年で4400施設超え 
 複数回のクラスター発生も
  (福祉新聞)Yahoo!ニュース 3/12

✨☆厚労省
 ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の
 連携プロジェクトチーム 
第1回会議」←3/17開催予定

  子ども家庭局家庭福祉課虐待防止対策推進室 令和3年3月11日
 >・議題  
  (1)プロジェクトチームの立ち上げについて
  (2)厚生労働省・文部科学省における
     ヤングケアラーの支援に係る取組について
  (3)有識者からのヒアリング
  (4)その他 
  …などと掲載されています。

✨☆特別支援校で枠拡大、医療ケア充実 
 神奈川県教委が指針素案
  神奈川新聞 2021年3月11日
 > 県教育委員会は、特別支援教育について今後約10年間の施策や計画を見据えた「かながわ特別支援教育推進指針(仮称)」の素案をまとめた。川崎南部・横浜東部地域と湘南地域での受け入れ枠拡大といった施策の方向性を掲げた。
 …などと伝えています。
 *令和3年第1回神奈川県議会定例会 令和3年3月2日
   文教常任委員会報告資料
   かながわ特別支援教育推進指針(仮称)(素案)
    について -------------58
  >>(2) 医療的ケアの充実 P64〜P66

✨☆再配信のお知らせ
 医療的ケア児のきょうだいの“いつもは話せない気持ち”
  〜子どもたちの声に耳を傾ける オンラインイベント〜
  配信期間:2021年3月10日(水)〜3月31日(水)
  <主催>きょうだい児と家族の応援団 にじいろもびーる

✨☆医療的ケア児と家族の未来を一緒に作ろう!
  「医療的ケア児支援法案」(仮称)を
   中心に今後の社会を考える
 オンライン多職種研修会のお知らせ
  一般社団法人Buranoのプレスリリース 2021年3月10日
 > 一般社団法人Buranoは、日本財団の「難病の子どもと家族を支えるプログラム」より助成を頂き、この度「医療的ケア児と家族の未来を一緒に作ろう!多職種研修会」を開催することとなりました。2016年に医療的ケア児に関する文言が始めて制度に明記され、子どもたちと家族の環境も少しずつ改善され始めています。しかし具体的な支援に関しては言及されておらず、自治体ごとに制度の解釈に差が生まれ、地域格差が広がっている現状があります。そんな環境下、2020年10月の永田町子ども未来会議にて「医療的ケア児支援法案」(仮称)が公表され、本人・家族や支援者にとって新たな道が明らかになりました。本研修では、新たな「医療的ケア児支援法案」(仮称)を中心に、医療的ケア児と家族の今後の社会変化について学び、支援の中心となる多職種連携を様々な視点から理解し、地域間の連携強化を進めることを目的としています。参加希望者の様々な働き方に対応できるように、オンデマンド形式を取り入れ、zoomでのオンライン研修会に加えて、後日の録画視聴や資料のダウンロードも行えるオンライン研修サイトにて運営を行なっています。
 …などと伝えています。 *多職種研修会について
 ↑関連↑
 ※野田聖子(自民党:衆院議員FB11日付より)
  >> 本日、自民党 厚労・文科合同部会において、
  「#医療的ケア児 及びその家族に対する支援に
   関する法律案」の条文審査が行われ、了承されました。
  …などと伝えています。

✨☆神戸市 ヤングケアラー担当設置へ 全国初
  読売テレビニュース 2021.03.10
 > 神戸市は、病気や障害のある家族の介護やケアを担う「子ども・若者ケアラー」を支援する担当部署を全国で初めて設置することになり、それに先立って10日、「ヤングケアラー」についての講演会を開いた。
 …などと伝えています。
 *市民福祉セミナー
  「ヤングケアラー〜家族のケアを担う子どもたち〜」
   オンライン開催 ←3/10開催
☆「つらい気持ち押し殺した」葛藤抱えるきょうだいの子
  朝日新聞デジタル 2021年3月10日
 > 病気や障害のある兄弟や姉妹のいる中高生や大学生たちが語り合う場を、当事者たちがつくり始めている。兄弟・姉妹を支えながら自分の人生をどう生きるかという不安を、率直に話し合える場をつくりたいとの思いから始まった。 …略…
 若いケアラーの思いは 13日にオンライン記者イベント
 介護で勉強の時間がとれない。悩みを話せない――。そんな悩みをもつ病気や障害のある家族の介護や家事を担う18歳未満の「ヤングケアラー」がいます。18歳から主に30代の「若者ケアラー」も、進学や仕事、子育てなどとの両立に悩み、周りに話せない孤独を感じています。高校生の頃から母を介護し、若いケアラーのオンラインサロンを運営する宮成悟さんと、若年認知症の母の介護を経験し、若いケアラーの取材もしてきた記者が、13日午後7時からオンラインイベント「記者サロン」で自身や当事者たちの経験を元に語り合います。参加無料。ウェブ(https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11003729別ウインドウで開きます)からご応募ください。QRコードからもアクセスできます。
 …などと伝えています。

☆大災害起きたら「死ぬしか」 障害者アンケ、孤立鮮明に
  朝日新聞デジタル 2021年3月10日
 > 【香川】大規模災害が起きたら「死ぬしかない」、避難所に行くかは「分からない」――。高松市の障害者団体などが行った防災アンケートで、当事者からこんな諦めに近い声が上がった。地域の防災計画から障害者が取り残されている現状も浮き彫りになった。アンケートは、高松ボランティア協会の事務局長で自身も脳性小児まひがある武田佳子さん(64)らが発案した。県内七つの障害者団体で「災害弱者安心ネットワーク高松」をつくり、2019年11月〜20年7月に養護学校や福祉施設などを通して市内を中心に当事者ら710人に回答してもらい、結果を今年2月にまとめた。
 21の設問では、障害者が災害時にどう行動するか、行政の支援策の利用状況、地域の防災訓練に参加しているかどうかなどを尋ねた。回答者は半数以上に知的障害があり、年代別では10代が多かった。養護学校などの回収率が高かったためとみられるという。浮き彫りになった課題の一つは、避難所の使いにくさだ。災害時に避難所へ行くか、という問いに「行かない」または「分からない」と答えたのは408人で、「行く」と答えた人より7割ほど多かった。避難所で一定期間を過ごせるかについても「できない・分からない」と答えた人が最も多くなった。
 理由としては「避難所がバリアフリーではなく、使えない」「慣れない場所だと、パニックを起こして大声を上げたりする」「他人に迷惑をかける」といった回答があった。避難所に行かないと答えた人たちは「家で待つ」「いつもの施設なら」などと答えた。南海トラフ地震など大規模災害時の避難や防災についてどう考えているか、という設問では、自由記述で「起こったら死ぬしかない」といった回答もあった。武田さんは、障害者が地域の人と一緒に避難するには、「普段から顔の見える関係づくりが必要」と話す。ただ、アンケート結果によると、地域の防災訓練などに参加したことのある障害者は3割にも満たない。その理由の多くは「連絡や誘いがない」ためだ。武田さんらは、各避難所に障害者福祉の専門家を置くなどして、障害者が避難しやすい環境を整えて欲しいと訴えている。報告書は2月に市に提出し、今後は学校や地域のコミュニティセンターにも配る予定という。
 支援策、3割「知らない」 手助けに地域差も
 アンケートでは、「支援策を全く知らない」と答えた当事者が全体の約3割を占めた。行政も災害時の障害者支援策を講じているが、地域に支援してくれる人がいない、などの理由で制度を利用できない人がいる現状も浮かんだ。市町の主な支援策の一つに、避難行動要支援者名簿がある。災害時に自力で逃げるのが難しい高齢者や障害者を事前に把握し、有事の際に近所で助けてくれる人を決めておく制度だ。高松市では約1万1400人が登録している(昨年4月現在)。福祉施設の入居者や同居家族がいる場合は、原則登録の必要は無いが、アンケートでは「支援を頼める人が近所にいない」と答えた人もいた。市は毎年新たに登録の対象者になった人に申請書を送っているが、今年度の登録率は13%にとどまるという。より避難を確実にするため、名簿登録の際に「個別計画」という対象者ごとの避難計画をつくる制度もある。その人ごとに避難経路や避難場所などを決める。市内では約2900人が作っているが、民生委員らの手助けがいるため、地域によって差があるという。
 アンケートを作成した災害弱者安心ネットワーク高松のメンバーは今年2月、市の担当課長らと面会し、障害者の避難や防災について話し合ったという。市健康福祉総務課の河野佳代課長は「制度をもっと周知したり、障害者の地域との関わり方などを一緒に考えたりしていきたい」と話している。
 …などと伝えています。
 *「薬ないと死んじゃうでしょ」
  暖房止まる中で考えた車いす目線の理想      
   withnews 篭田雪江 2021/03/10
 *避難所の外で車中泊した障害児と家族 
 みんなで地域を奏でる「交ゆう館」をつくる女性と支援者の10年
 【#あれから私は】(NPOの知らせる力プロジェクト)
   Yahoo!ニュース 3/11
 > 東日本大震災の避難所で、車に寝泊まりしている障害児と家族がいた。それに心を痛めた女性が地域の人たちの支援を得ながら、宮城県北部の米どころ登米市に今夏、とってもユニークな施設をつくる。「何とかしなきゃ」の思いが実を結ぶ、この10年の歩みと人々の声を追った。
 …などと伝えています。

☆人工呼吸器を外されて死ぬ可能性…
 コロナで「閉じ込め症候群」が注目を集めた「深刻な理由」
  現代ビジネス 美馬 達哉 立命館大学教授 2021.03.10
 > 声はもちろん、手も足もでない状態
アニメなどでは、毒を盛られた主人公が、感覚や意識ははっきりしたまま、手も足もまったく動かなくなり、口や舌や喉も動かないので言葉のしゃべれなくなった状態でピンチに陥ることがある。「ロックトイン・シンドローム」、日本語では「閉じ込め症候群」や「施錠症候群」と呼ばれる病状は、ほぼそんな状態と思ってもらってよい。
 …などと伝えています。

☆やまゆり園再生 約100人が新施設への入所希望
  tvk(テレビ神奈川) 2021/03/10
◇PCR検査でコロナ拡大防げる? _ 新型コロナウイルス
  NHKニュース 2021年3月9日
◇「病名のレッテル貼らない」 被災地で症状見るだけでは
 (朝日新聞デジタル)Yahoo!ニュース 3/10
◇障害者ら180人で避難 重ねた訓練、生きた10年前
  朝日新聞デジタル 2021年3月11日
◇東久留米 ブラック・ジャック像お披露目 
 医療従事者にエール
  東京新聞 2021年3月11日
◇コロナ禍、障害者の運動不足解消へ 兵庫県が動画配信
  神戸新聞 総合 2021/3/11

✨☆医療的ケア児 実態調査 
 来年1月までに取りまとめ 長崎県方針
  長崎新聞 2021/3/9
 > 長崎県は8日、人工呼吸器やたんの吸引などが日常的に必要な「医療的ケア児」の実態調査について、早ければ4月に調査項目を固め、10月に調査書の回収を終えたい考えを示した。来年1月までに取りまとめや分析を済ませ、家族らの同意を得た上で各市町に調査結果を提供。災害時の個別支援計画策定や、地域の支援体制構築などに活用する。
 …などと伝えています。

✨☆<3.11から10年 停電、その時患者は> 
 東京新聞 シニア・介護 3/9〜10連載
 *(上)あと1時間。バッテリー切れる… 
  命の綱、電源確保に奔走
   東京新聞 2021年3月9日
 > たん吸引器のバッテリー切れが、刻一刻と迫っていた。残りは一時間ほど。東日本大震災発生から二日後、宮城県石巻市の伊勢理加さん(53)は、当時十四歳の三女、知那子さんを見ながら気をもんでいた。赤ちゃんのころに低酸素脳症に陥った知那子さんは、鼻や口以外で呼吸ができるよう気管を切開している。自力でたんを出せず、一時間に数回、電動の機械で吸い出さなければ窒息の恐れがある。一回数分だが、いつまで持つか。震災当時、自宅は二階まで津波が押し寄せた。幸い家族は全員無事で、吸引器二台も、避難所となった小学校に持ち出すことができた。しかし、電気が復旧するめどは立たなかった。知那子さんは胃ろうで栄養を取っている。理加さんはまず、泥だらけの車や自宅の中を捜し、胃への注入器や栄養剤を見つけ出した。津波の水が引かない中、寒さをしのぐためポリ袋を体に巻きつけ、助けを求めて病院や薬局を訪ね歩いた。避難所に発電車が来たのは震災から約一週間後。それまでは救助活動中の自衛隊や、先に復旧した地域の人に助けられて何とかしのいだ。避難所での生活は二カ月に上った。「たんの吸引は音が響くので迷惑かと心配だったが、温かく見守ってくれた」と感謝する。
 …などと伝えています。
 *(下)自助限界を救った広域連携
 「発電機を北海道に」愛知から発信
   東京新聞 2021年3月10日
 > 二〇一八年九月六日未明に起きた最大震度7の北海道地震。この地震で国内では初めて、ブラックアウト(全域停電)が発生した。停電は二百九十五万戸に上り、復旧までには最大で二日もの時間がかかった。たんの吸引器や人工呼吸器などを使う医療的ケア児にとって、電気は命綱。いち早く反応したのが、名古屋市に事務局がある「全国重症児者デイサービス・ネットワーク」代表理事の鈴木由夫(よしお)さん(70)だ。「発電機を北海道に届けよう」。加盟する全国三百以上の事業者に、同日早朝から声を掛け始めた。連絡を受けた仙台市のNPO法人「あいの実」代表理事の乾祐子さん(68)は、一一年の東日本大震災で停電を経験した。当時、同法人が訪問介護サービスを提供していた患者の中には人工呼吸器が必要な人がいた。真っ暗な中、職員が手押しで空気を送り込む装置を使い、ようやく命をつないだ。「何とか助けなきゃ」。その一心で、同ネットワークに加盟する東北エリアの事業所に呼び掛け、発電機をかき集めた。夕方までに集まった六台に、携帯電話の充電器も加え、フェリーで北海道へ。翌七日昼ごろに受け取った札幌市の運上(うんじょう)昌洋さん(45)は早速、デイサービスを提供している道内の子どもたちの自宅に届けた。
 …などと伝えています。

☆やまゆり園、新入所希望100人 建設中の施設2カ所
  共同通信 2021/3/9
 > 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月に起きた殺傷事件を巡り、神奈川県は9日、仮移転先などで暮らす入所者119人のうち約100人が、施設跡地と横浜市に建設中の新施設への入所を希望していると明らかにした。跡地に建て替え中の施設と、横浜市に工事中の「芹が谷やまゆり園」は定員が各66人。県は約100人の内訳を明らかにしていないが、希望に沿える見通し。それ以外の約10人はグループホームでの暮らしを希望している他、現在生活する県立施設にとどまる意向の人もいる。新施設への入居は相模原市で8月、横浜市で12月から始まる予定。
 …などと伝えています。
 △#やまゆり園事件は終わったか〜福祉を問う(長期連載中)
  「むしろ楽な仕事だ」という植松死刑囚 
   その介護の実態とは
    毎日新聞 2021/3/9
  > 19人の入所者を殺害した津久井やまゆり園(相模原市)の元職員、植松聖死刑囚は事件後、園での仕事について「むしろ楽な仕事だ」と語っている。その言葉をうのみにはできないが、こうした感想が出てくる背景が気になった。元入所者の平野和己(かずき)さん(30)を訪ねて、両親や専門家から園での生活を詳しく聞き、記録を調べると、「むしろ楽」と言われても仕方のない介護の実態が浮かび上がってきた。
 …などと伝えています。

✨☆徳島県、ヤングケアラー支援に研究会発足へ 
 初調査で25人確認
  毎日新聞 徳島 2021/3/9
 > 通学や仕事をしながら家族の介護や世話をする18歳未満の子ども「ヤングケアラー」が、徳島県内に少なくとも25人いることが、県が2020年12月に実施した調査で分かった。ただ、虐待を受ける子供の早期発見などを担う「要保護児童・対策地域協議会」(要対協)の支援を受ける子どものみが調査対象のため、実際はさらに多い可能性がある。県は支援の充実に向け、研究会を発足させる考え。
 …などと伝えています。
 △介護・看護する人「ケアラー」の支援に必要なこと
  埼玉県が制定した「ケアラー支援条例」で何が変わるか
   JBpress 2021.3.9 PublicLab編集部
  > 埼玉県議会では、全国で初めて「ケアラー支援条例」を制定した。「ケアラー」とは、無償で介護や看護などをする人のこと。介護や看護を家庭内の問題にせず、個人の問題として認識し、社会がしっかりと支援するための条例である。条例の提案者代表を務めた埼玉県議会議員の吉良英敏氏が、「ケアラー支援」の必要性を訴える。
 …などと伝えています。

☆重度障害を持つ2議員が外国人記者に訴え!
 「障害者にとって生きやすい社会は、
  すべての人にとって生きやすい社会だ!」
 〜12.3日本外国特派員協会主催
 れいわ新選組 木村英子参議院議員、舩後靖彦参議院議員
  記者会見 Independent Web Journa 記事公開日:2021.3.8
 > 2020年12月3日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で、同協会主催により、れいわ新選組の木村英子参議院議員、舩後靖彦参議院議員の記者会見が行われた。
 …などとテキスト版や動画も含め伝えています。 

☆障害配慮義務付け法案を閣議決定
 企業に対し、3年以内に施行
  京都新聞 2021年3月9日
 > 政府は9日、障害がある人の移動や意思疎通を無理のない範囲で支援する「合理的配慮」を提供するよう、企業に義務付ける障害者差別解消法改正案を閣議決定した。施行日は法律の公布から3年を超えない日とし、現時点では未定。今国会での成立を目指す。
 …などと伝えています。

☆障害のある子をわが子に 特別養子縁組で育む家族の姿
 生まれて良かったというメッセージを
  (ABCニュース)Yahoo!ニュース 3/9
 > 様々な事情で生みの親が育てることができない子どもを自分の子どもとして育てる「特別養子縁組」。障害のある子どもを引き取ったある家族の姿を追いました。
 …などと伝えています。
 *障害のある子をわが子に 特別養子縁組で育む家族の姿 
  生まれて良かったというメッセージを YouTube 2021/03/06
  > 大切ないのちをまもる取り組みです。様々な事情により、生みの親が育てることができない子どもを、自分の子どもとして育てる「特別養子縁組」。今回は、障害のある子どもを引き取った、ある家族の姿を追いました。
 (朝日放送キャスト 2021年3月2日放送)

◇ALS発病も平均寿命を超えて 
 素晴らしい美声はいつでも思い出せる 俳優・瑳川哲朗さん
  (夕刊フジ)Yahoo!ニュース 3/9
◇「ハンセン病問題に関するシンポジウム
  (人権フォーラム2021)」←3/27開催(オンライン)

  ✨☆第8回「小児の在宅医療を考える会」が開催
  RareS.(レアズ) 2021.03.08
 > 2021年3月2日、第8回小児の在宅医療を考える会がオンラインで開催されました。”自治体における小児在宅医療、医療的ケア児・者への取り組み”をテーマに、北九州市と横浜市の医ケア児(者)支援の事例が紹介されました。小児の在宅医療を考える会は「子供たちがより良い医療を受けて充実した生活を過ごせるために」を目的として2018年5月に設立されました。医療従事者と患者さんの自由な交流を目指して活動を続けており、今回が第8回目の実施です。
 *小児の在宅医療を考える会
 *「医療的ケア児支援の
   地域プラットフォームづくりについて」
    北九州市保健福祉局健康医療部 
    地域医療課長 青木穂高様
  ・北九州市「医療的ケアに係る調査」結果について
  ・北九州市「医療的ケアに係る調査(災害)」結果について
  ・北九州市 医療的ケア児在宅レスパイト事業
 *「自治体による小児在宅医療、
  医療的ケア児、者への取り組み-横浜市の取り組み-」
    横浜市こども青少年局総務部 
    こども保健医務監 岩田眞実様   
  ・横浜市では、医療的ケア児・者の支援者の理解と
   コーディネーターの周知を目的に説明パンフレット
   作成しました。
  ・「横浜型医療的ケア児・者等支援者養成研修」
 …などと伝えています。
 
✨☆ケア児写真集 家族の力に
  読売新聞オンライン 滋賀 2021/03/08
 > 楽しそうに施設スタッフとふれあう男児や、ベッドから愛らしい目線を投げかける女児――。生き生きとした表情で写真に写るのは、経管栄養や人工呼吸器といった医療的ケアが必要な子どもたちだ。
 …などと伝えています。

✨☆「ヤングケアラー」支援を表明 菅首相
  時事ドットコム 2021年03月08日
 >  菅義偉首相は8日の参院予算委員会で、家族の介護などを担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」について、「当事者に寄り添った支援につながるようしっかりと取り組んでいきたい」と述べた。公明党の伊藤孝江氏への答弁。これに先立ち、山本博司厚生労働副大臣は、文部科学省など関係省庁によるプロジェクトチームを今月中に立ち上げ、具体的な支援策の検討に入ると明らかにした。
 …などと伝えています。
 *「ヤングケアラー」支援チーム 厚労・文科、月内にも
   朝日新聞デジタル 2021年3月8日
 *ヤングケアラー〜幼き介護 (長期連載中)
  菅首相 ヤングケアラー支援を初表明
  「しっかりと取り組む」
   毎日新聞 2021/3/8

✨☆「香川県医療的ケア児者等コーディネーター研修特別講演会」
  (オンデマンド配信予定) 3月下旬から2週間程度予定
  *事前申込み(3/19締切))詳細は開催チラシ案内を 

☆論説:【震災10年 避難所運営】教訓生かし改善を
  福島民報 2021/03/08
 > 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故ではピーク時に県内で七万人超が避難所生活を送り、劣悪な環境下で健康状態を悪化させる人たちが相次いだ。県内では震災と原発事故以降も自然災害が後を絶たない。十年前の教訓を踏まえ、県や市町村は災害弱者に配慮した避難所運営に向けた備えを強化すべきだ。
 …などと伝えています。

☆障害ある子の被災 居場所失う苦しみ 言語聴覚士の訴え
  朝日新聞デジタル 2021年3月7日
 > 【宮城】障害児やその家族の避難生活からたどったのは、障害児が居場所を失い、周囲から取り残されていく様だった。約130人から被災経験を聞き取り、1冊の本にまとめた多賀城市の言語聴覚士神桂子さん(67)は訴える。「そばにいる障害者に気づいて」
 …などと伝えています。
 
◇危険運転の被害で女子大生が全身麻痺に 
 再生医療に希望を託す両親の苦悩【親なき後を生きる】
  (柳原三佳) 個人 Yahoo!ニュース 3/8
◇オンライン形式 持てる力を発揮 
 ボッチャ甲子園初の決勝進出 福井特別支援学校3位
  日刊県民福井  2021年3月7日
◇JR八木駅、新駅舎4月10日から利用開始 
 バリアフリー化、障害者や高齢者使いやすく
  京都新聞 2021/3/7

✨☆災害時どう守る、日常的に医療行為が必要な子ども達
 停電、避難…尽きぬ不安
  神戸新聞 総合 2021/3/7
 > 災害時、日常的に医療行為が必要な子ども(医療的ケア児)をどう守ればよいのか。人工呼吸器の停電時のバックアップ、避難するまでの対応や支援など不安材料は尽きない。新型コロナウイルス感染防止への配慮も必要だ。東日本大震災から10年を前に、課題や対策を考える。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆災害時の障害者支援不十分80% 
 配慮や情報不足、アンケート調査
  共同通信 2021/3/6
 > 東日本大震災から10年となるのを前に、共同通信が全国の障害者を対象に行ったアンケートで、災害時の国、自治体の支援が「不十分」「どちらかといえば不十分」と感じている人が計80%に上ることが6日、分かった。避難所で必要な配慮が受けられないことや情報不足を理由に挙げる人が目立つ。障害者や高齢者向けの福祉避難所を「利用しようと思わない」は52%に上った。
 …などと伝えています。  京都新聞7日付紙面 
 △「障害者と防災」アンケート結果(2021年3月)
  NHKハートネット(NHKと日本障害フォーラムと共同)
 *災害トイレ、対策徐々に マンホール型、凝固剤など
  ―専門家「命守るため」
   時事ドットコム 2021年03月06日

✨☆震災10年 思い重ねて 高崎へ集団避難 帰還後も交流続く
 知的障害者支援施設 光洋愛成園(福島・広野)
  上毛新聞ニュース 2021/03/07
 > 太平洋に面した福島県広野町。海岸線に程近い高台に、知的障害者支援施設「光洋愛成園」が建つ。東日本大震災から10年を迎える今春、施設にとっては群馬県高崎市での避難生活と、福島県に帰還後の生活がそれぞれ5年を数える節目でもある。「家族と離れてつらかったが、楽しい思い出が多くて」。避難中は施設利用者の支援や帰還準備に奔走し、現在は施設長を務める柚原広之さん(52)ははにかみながら高崎時代を振り返る。
 …などと伝えています。

✨☆多くの大好きなものを失った。だけど、この10年、
 私は一度も泣いていない
  <刻む3.11>東京新聞 2021年3月7日
 > 東日本大震災の教訓を心に刻むため、東京新聞など地方紙29紙が展開する協働企画に、震災を巡る多数のエピソードが寄せられました。随時、紹介していきます。今回は3人のエピソードです。…略…◆「この子と一緒に死ねるんだ」盛岡市主婦(39)
 …などと伝えています。

☆障害者もシングルマザーも…
 様々な境遇の人達が力を合わせて作る
 「チョコ」世界が目指す未来へのヒント
  FNNプライム 東海テレビ 2021年3月6日
 > 世界の貧困や差別などをなくす一方で、環境保全と経済発展の両立を目指す17の目標を掲げた取り組みが「SDGs」だ。愛知県豊橋市に障害者や介護中の主婦、不登校の人や引きこもりの人など、様々な人が働く人気のチョコレート専門店がある。
 …などと伝えています。

☆元プロもサポート!知的障害のある球児へ向けた
 「甲子園夢プロジェクト」発足
  (デイリースポーツ) Yahoo!ニュース 3/6
 > 全国の知的障害を持つ生徒に硬式野球挑戦へサポートする「甲子園夢プロジェクト」の発足記者発表が6日、都内で行われた。発起人である都立の特別支援学校教諭で社会人野球クラブチーム・YBC柏元監督の久保田浩司氏と、元ロッテ投手の荻野忠寛氏ら指導者陣が出席。久保田氏は「誰もが憧れる甲子園を夢見るのは、別に知的障害者の子だって同じだよっていう思いも込めて。やってみる価値はある」と熱意を言葉に込めた。
 …などと伝えています。

◇点字ブロックが音声案内 金沢市役所周辺で体験イベント
 (北國新聞社)Yahoo!ニュース 3/6
◇確定からまもなく1年、
 相模原障害者殺傷事件・植松聖死刑囚から届いた手紙
  (篠田博之) 個人 Yahoo!ニュース 3/7

☆コロナ感染予防にダウン症の子供たちが発信した優しい歌声
 (産経新聞)Yahoo!ニュース 3/6
 > 新型コロナウイルスの感染予防策として重要視される手洗いやうがいをダウン症の子供たちにも楽しく身につけてもらおうと、公益財団法人日本ダウン症協会の奈良北支部(奈良市)が、オリジナルの楽曲を使って動画配信するプロジェクトを展開している。支部長の平井万里子さん(63)は「口ずさみながら、自分の命や周囲の命を守る方法を習慣づけてほしい。障害の有無にかかわらず、命の重さは平等であることも発信したい」と話している。
 …などと伝えています。
 *JDS奈良北支部(バンビーナの会) Facebook

☆妹の死から15年 
 「きょうだい」の姉が背負い続けた期待と葛藤 
 母親に打ち明けた「ありのままを認めて」
  (withnews)Yahoo!ニュース 3/6
 > 障害のある人の兄弟姉妹を「きょうだい」と表すことがあります。自営業で3児の母親、東洋美(ひがし・ひろみ)さん(33)も「きょうだい」です。重度心身障害のあった妹は15年前に、12歳で亡くなりました。当時、東さんは18歳。高校3年生。それまで、母親の相談役で、家事も手伝う「優等生」だったそうです。ただ、自身が抱いた違和感は封印していました。妹が亡くなって15年。1本の映画制作に裏方として関わり、「きょうだい」としての自身の人生を振り返るようになりました。それは、感情をときほぐし、苦しんでいた過去の自分を認め、いたわることになるのだと話します。
 …などと伝えています。
 *障がい者の「きょうだい」
  映画『ふたり〜あなたという光〜』

☆「あさイチ」も大反響!難病ALSの声優
 「頑張れと言っていいの?」への答え
  (現代ビジネス)Yahoo!ニュース 3/6
 > 終わった後の反響のすごさを感じつつ
  意外と私のALS罹患が知られていないという反応が大きかったということは、逆に言えばそれだけNHKの番組の拡散力の広さを物語っているのだと思います。この講談社FRaUweb「ALSと生きる」の連載も23回目を迎えて、読まれているトレンドの上位に何度も入らせてもらい、たくさんのコメントをもらっていたのも事実です。それでも世の中はまだまだ広く、ジャンルの違うところに大勢の人がいると感じました。
 …などと伝えています。
 *「ALSと生きる」 講談社 FRaU

☆「ケアラー」つながって 
 新型コロナ禍で孤立、介護者を支援
  (中国新聞デジタル) Yahoo!ニュース 3/6
 > 新型コロナウイルス禍の中で、自宅で高齢者や障害者、引きこもりの人たちを世話している介護者「ケアラー」が孤立しがちになっている。「自分が感染して介護ができなくなったらどうしよう」との不安で外出を控え、集って話す場も減っている。広島ではケアラーが周囲とつながるためのグッズを活用し、支える取り組みが広がる。
 …などと伝えています。

☆公共施設トイレ整備「重症児に配慮」 
 5日音更町議会一般質問
  十勝毎日新聞 2021/03/06
 > 【音更】定例会は5日に再開し、一般質問を行い3氏が登壇した。重症児・医療的ケア児童が安全に使えるトイレの整備について、小野信次町長は「一定規模の公共施設については、重症児などにも配慮した整備を進める。既存施設の改修についても施設ごとの長寿命化計画などの中で検討する」とした。
 …などと伝えています。

◇タンデム自転車に乗りたい脳性まひの少年と家族の挑戦
 障がいを乗り越え一歩を踏み出す
  FNNプライム テレビ愛媛 2021年3月5日
◇「障害」とは何か 「違い」受容する社会を
  視点オピニオン 上毛新聞 2021/03/06
◇危険察知し、白杖に振動 視覚障害者支える「眼鏡」
  (西日本新聞)Yahoo!ニュース 3/6
◇18歳以下のがん患者 7割が休学か退学 治療費負担で生活影響も
  NHKニュース 医療 2021年3月6日

✨☆小3でヤングケアラーに…
 「家族がバラバラになるかも」相談できず苦悩
 (西日本新聞)Yahoo!ニュース 3/5
 > 「自分が頑張らないと」−。家族の介護や世話をする18歳未満の子ども「ヤングケアラー」は負担が重くなればなるほど追い込まれやすい。学業に遅れが出たり、進学を諦めたりする傾向も目立つという。政府が初の全国調査に乗り出すなど社会の認知は高まる一方、コロナ禍でさらに孤立して悩みを抱え込む懸念もある。「気持ちを吐き出す場になれば」と、福岡市の当事者団体は6日から月1回の電話相談を始める。
 …などと伝えています。

☆ワクチン接種 障害者支援へ 点字や筆談道具など
  沖縄タイムス 2021年3月5日
 > 河野太郎行政改革担当相は4日の参院予算委員会で、視覚や聴覚などに障害のある人が、新型コロナウイルスワクチンを円滑に接種できるよう支援する考えを示した。厚生労働省は同日までに、接種券(クーポン券)の郵送時に点字を付けるほか、接種会場に筆談道具を用意することなどの検討を自治体に要請した。
 …などと伝えています。

☆「普通の生活」を重度障害の当事者たちが繰り広げる
 ―『当事者に聞く自立生活という暮らしのかたち』
 (三輪書店) 河本のぞみ(著者)
  SYNODOS -シノドス- 2021.03.05
 > 「自立生活」という言葉を、知っているだろうか?
  「自立」すると言えば、親からの経済的な独立、実家を出て自分で暮らしをうちたてること、依存しないことをイメージすると思う。インディペンデント・デイといえば国の独立記念日。そして、インディペンデント・リビングが自立生活。
 …などと伝えています。
 *当事者に聞く 自立生活という暮らしのかたち
   【著】河本のぞみ(訪問看護ステーション住吉)
   三輪書店 本体3,000円+税 2020年

◇6月2日はゲーリッグの日 米大リーグ
  時事ドットコム 2021年03月05日
◇難聴者と震災、10年の記録 映画「きこえなかったあの日」
  日本経済新聞 2021年3月5日
 *映画『きこえなかったあの日』公式サイト

✨☆「障害者と防災」アンケート結果(2021年3月
  NHKハートネット 
 > 東日本大震災では、亡くなった方のうち半数以上(56.5%)が高齢者で、障害者の死亡率は全住民平均の2倍に上りました。国は2013年に法律を改正し、避難が困難な高齢者や障害者等への対策を進めるよう自治体に求めてきましたが、今も十分とは言えません。そこでNHKでは、災害時の避難に支援を必要とする人たちの課題を明らかにするため、2020年12月から2021年1月にかけて、日本障害フォーラムと共同で「障害者と防災」に関するアンケートを行いました。回答をいただいたのは876名で、障害種別や年齢、性別などはこの記事の最後に掲載しています。
 ・防災への関心は高まっている
 ・災害時の避難への不安
 ・避難所をめぐる問題
 ・避難訓練への参加
 ・被災体験
 …などと伝えています。

☆東日本大震災10年 母子で大阪避難が続く森松さん
  大阪日日新聞 2021年3月4日
 > 東日本大震災で被災し、福島県から当時3歳の長男と0歳の長女を連れ、森松明希子さん(47)は大阪市に避難した。同県で医師をする夫(50)と離れ、本来あるはずだった家族一緒の時間は今も奪われている。放射能汚染がなくなれば帰りたい。そう願って間もなく10年。家族が集うべき「家」は今も福島にある。
 …などと伝えています。 その紙面

☆障害児施設、親が新設 鶴居に来月「放課後デイ」 
 家での負担軽減、村も助成
  北海道新聞 03/04
 > 【鶴居】釧路管内鶴居村で、障害のある子どもの保護者らが4月、学校の授業終了後や休業日に障害児を預かる施設「放課後等デイサービス」を開設する。村内に障害児の通所施設がなく、新型コロナウイルスの感染拡大で休校が続くと、保護者が長時間自宅で面倒を見ざるを得ず、負担が増していた。保護者らが昨秋NPO法人を立ち上げ、開設資金は村と出し合う。
 …などと伝えています。

✨☆「ケアラー」つながって 広島のNPOなど、
 介護者つながり支援セット
  中国新聞デジタル くらし 2021/3/4
 > ▽コロナ禍で孤立 不安に寄り添う
  新型コロナウイルス禍の中で、自宅で高齢者や障害者、引きこもりの人たちを世話している介護者「ケアラー」が孤立しがちになっている。「自分が感染して介護ができなくなったらどうしよう」との不安で外出を控え、集って話す場も減っている。広島ではケアラーが周囲とつながるためのグッズを活用し、支える取り組みが広がる。
 …などと伝えています。
 ◇就職・仕事との両立は 若いケアラーが悩み語りあう
  (朝日新聞デジタル) Yahoo!ニュース 3/4
  > 病気や障害のある家族の介護や家事などをする18歳未満の「ヤングケアラー」に対する認識は広まりつつあります。進学や仕事などとの両立に不安を感じているのは、その上の世代、18歳〜主に30代で家族をケアする「若者ケアラー」も同じです。周囲に話しづらい悩みを打ち明けたり、情報交換できたりするオンラインの「語り場」に、若いケアラーが集まっています。
 …などと伝えています。
 *夢とケアの狭間で 若者ケアラーの孤独救うつながり
   朝日新聞デジタル 2021年3月4日

☆<あの日から 東日本大震災10年>
 原発損賠訴訟の控訴審判決 障害児抱える母 
 非認めぬ国・東電に怒り
  東京新聞 2021年3月4日
 > 東京電力福島第一原発事故に伴う群馬県などへの避難者が、国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟の控訴審判決で、東京高裁は一月下旬、両者の賠償責任を認めた一審の前橋地裁判決を覆し、国については責任を認めない判断をした。十一日で事故から十年。障害児の娘を抱えながら自主避難し、原告に加わっている四十代のシングルマザーが本紙の取材に応じ「この十年間は裁判をして判決を待つ日々だったので、長く感じている」と実感を込めた。 
 …などと伝えています。

◇ペルー、難病女性の安楽死認める 44歳、首都リマの心理学者
  共同通信 2021/3/4
◇「障害者」ではなく「しょうがい者」と記そう
  杉田聡 論座:朝日新聞社の言論サイト 2021年03月04日

✨☆ヤングケアラー〜幼き介護 <長期連載中>
 埼玉県、ヤングケアラー支援を本格化へ 啓発・相談事業など
  毎日新聞 2021/3/3
 > 埼玉県は4月から、通学や仕事をしながら家族のケアを担う「ヤングケアラー」の支援に本格的に乗り出す。県の2021年度当初予算案に、当事者の子どもや学校関係者への啓発・相談などの事業費を盛り込んだ。他の自治体では、神戸市がヤングケアラーの子どもや若者を支援する専門部署を新設する方針で、行政による支援態勢の整備が始まりつつある。
 …などと伝えています。

☆片道90キロ…ろう学校が遠すぎる 
 福井県内は福井市に1カ所 離れた地域の保護者「限界」
  (福井新聞ONLINE)Yahoo!ニュース 3/3
 > 先天性の難聴は、言葉の発達のために乳児期からの支援が重要とされる。福井県内で専門の特別支援学校は福井市の福井県立ろう学校に限られ、嶺南地域の保護者は子どもを連れて何時間も高速道路を走り、通う日々だ。福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)に「身体的、経済的にもう限界」と苦しい胸の内を寄せた。
 …などと伝えています。

✨☆寄宿舎クラスター防げ 
 茨城県内の特別支援校 密着避けられず不安も
  (茨城新聞クロスアイ)Yahoo!ニュース 3/3
 > 新型コロナウイルスの感染拡大で、学生寮や障害者施設などでクラスター(感染者集団)が相次ぐ中、茨城県でも大学や高校の寮で複数発生した。生徒が集団生活を送る寄宿舎がある県内の特別支援学校では、ガイドラインを作成して対策を徹底。今のところクラスターは発生していない。ただ、職員は生徒の介助で密着が避けられず、不安を抱えながら寄宿舎での感染防止に努めている。
 …などと伝えています。

☆県 相模原にケア付き宿泊療養施設設置へ
 (tvkニュース(テレビ神奈川))Yahoo!ニュース 3/3
 > 県は、新型コロナウイルスで介護者が付き添えなくなった高齢者などを受け入れるケア付きの宿泊療養施設を4月、相模原市に設置すると明らかにしました。
 …などと伝えています。   

☆津波襲った気仙沼の保育所 徹底した避難訓練実り園児71人無事
  (毎日新聞)Yahoo!ニュース 3/3
 > 宮城県気仙沼市沿岸部にあった「一景島保育所」は、東日本大震災の津波で全壊しながらも、園内にいた71人の子供と職員は近くの公民館に避難し、全員が無事だった。当時の所長は救助されるまでの状況を振り返り、「徹底した避難訓練」の重要性を訴える。
 …などと伝えています。

☆談らん「地域で一緒に暮らそう会主任 伊藤萌里さん」
  十勝毎日新聞 2021/03/03
 *社会福祉法人地域で一緒に暮らそう会

☆全国でわずか57ペアの、肢体不自由者を支える介助犬の育成。
 ボランティア団体から始まった取組みについて
 創業者が語ります。
  社会福祉法人日本介助犬協会 
  専務理事 高柳友子(医学博士)
  日本介助犬協会のストーリー・ナラティブ 2021年3月3日

◇彼女がモデルになった理由〜ある“オストメイト”の挑戦〜
  NHKニュース WEB特集 2021年3月3日
◇車いす持ち上げてもらい「ごめん」、親友が返したひと言
  朝日新聞デジタル 2021年3月3日
◇マスク着けられない人も 多数派と異なる自閉症、知って
  朝日新聞デジタル 2021年3月3日
◇障害者目線で病院デザイン 
 フラワーデザイナー、半身まひ経験生かす
  西日本新聞ニュース 2021/3/3

✨☆事件起きた施設管理 同じ法人に
  NHKニュース 首都圏 03月02日
 > 19人が殺害される事件が起きた神奈川県の知的障害者施設について、県は今の指定管理者の法人に引き続き運営を委ねることを決めました。事件後、利用者への虐待が疑われる行為が判明していましたが、県は、組織を改革する意思が確認できたとしています。
 …などと伝えています。
 *19人殺傷事件「津久井やまゆり園」
  神奈川県 指定管理継続決定
   NHKニュース 2021年3月2日
 △神奈川県障害者施策審議会 
  障害者支援施設における利用者目線の支援推進検討部会
  (第6回)の審議速報 ←2/22開催
   *資料1 
    障害者支援施設における利用者目線の
    支援推進検討部会報告書(素案)

◇限られた残りの人生、世の中のために 
 感動フルマラソン企画の発起人男性が新企画 
 難病患者や障害者を支援
  (埼玉新聞)Yahoo!ニュース 3/2

✨☆患者を生きる:被災の地から 朝日新聞デジタル
 電気がない <3回連載>
 *4105:上:人工呼吸器つけた母と 2021年2月25日
  > 「おはよう! 昨日筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されました。どのような病気か調べてください。驚くことがたくさんあると思うけど、我ら母子はAlways keep smiling!」2005年1月、カナダに留学中だった千葉芙美(ちばふみ)さん(41)は、仙台市にいる母の淑子(しゅくこ)さんからメールを受け取った。暗さは感じられない文面だったが、ALSについて調べると、「人工呼吸器をつけないと生きていけない」という内容で衝撃を受けた。思い返せば、予兆はあった。「新聞紙につまずいたの」「スリッパが重く感じる」。不調の原因は持病の腰痛だと思っていた。ALSと診断された時、淑子さんはまだ57歳。娘に迷惑をかけまいと、人工呼吸器をつけずに過ごそうとしていた。「これ以上どうして娘のために生きなくちゃいけないの?」と笑って言った。芙美さんは年内に帰国し、母親の介護の様子をブログに書いた。読者のALS患者と知り合い、ヘルパーを24時間利用して生活できることを知った。「これだ!」。呼吸器をつけようと淑子さんを説得した。「介護で娘の人生は犠牲にならない」と思わせたかった。父親は既に他界しており、姉は結婚して家を離れた。大学病院で秘書の仕事をしていて、昼間はヘルパーを頼ったが、夜から朝まで一人で介護をした。寝不足で母のヘルプコールに反応できなくなり、朝にヘルパーに窓をたたかれて、起きることもあった。紹介で知り合った大学教員に「学生ボランティアをお願いします」と頼むと、看護系の学生を連れてきてくれた。学生は職場と自宅を往復するだけの芙美さんを見かねて、夜に介護を手伝ってくれた。診断から2年後のことだ。ALSの介護には難しさもある。淑子さんの主治医だった仙台往診クリニックの川島孝一郎(かわしまこういちろう)院長(66)は、「君たちがどんなことをしても全部僕が責任を取る」と学生にいつも声を掛けた。手伝いの学生は最も多いときで10人になった。そんな日々が続いていた11年3月11日。まるでブランコに乗っているような激しい揺れがやって来た。
 …などと伝えています。
 *4106:中:停電「呼吸器止まりそう」 2021年2月26日
  >  仙台市で暮らしていた千葉芙美(ふみ)さん(41)は、2011年3月11日、勤務先の大学病院で激しい揺れに襲われた。すぐに筋萎縮性側索硬化症(ALS)の母、淑子(しゅくこ)さんが心配になった。淑子さんは実家で介護事業所のヘルパーと一緒にいるはずだったが、連絡がとれない。つけている人工呼吸器のバッテリーは5時間分しかない。急いで淑子さんのもとに向かおうとしたが、地下鉄は動かず、歩行者が車道にもあふれていた。雪が降る中、2時間歩いて淑子さんのもとに着いたときは、暗くなり始めていた。だが、学生ヘルパーがすでに1人来てくれていた。後からまるで何もなかったかのようにもう1人来た。「停電しても人工呼吸器の患者がいる家には優先して電気がくることになっている」。人工呼吸器をつけた時に医師からそう聞いて、2時間分の予備バッテリーしか用意していなかった。仙台市全体が大規模に停電し、優先的な復旧が期待できないとは想像もしていなかった。ヘルパーの1人が閉店間際の自動車用品店に滑り込み、大型車のバッテリーを買ってきてくれた。ただ、人工呼吸器とバッテリーをどうつなぐのかわからない。困っていたところに、電気関係の仕事をしていた近所の男性が見回りに来て接続してくれた。これで3日分の電源は確保できた。懐中電灯で照らしながら、芙美さんたちは、淑子さんのたんの吸引をした。学生ヘルパーや近所の人が家にいて心強かった。ラジオでは、仙台市内の海岸沿いで多数の遺体が見つかったというニュースを何度も伝えていた。安心は続かなかった。2日が経ってもまだ電気はつかず、バッテリーの余裕がなくなってきた。淑子さんの体温がどんどん下がった。救急車を呼びたくても、携帯電話がつながらない。英語教室を開いていた淑子さんの教え子の電話が通じたため、119番をしてくれた。「もう電池がないんです。人工呼吸器が止まりそうです」あわてた救急隊が近くの病院と交渉し、病院の手術室を避難場所に開けてくれた。淑子さんの体温も戻ってきた。
 …などと伝えています。
 *4107:下:「チーム」で乗り切った 2021年3月1日
 >  筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、人工呼吸器をつけていた千葉淑子(しゅくこ)さんは、東日本大震災から2日が経った2011年3月13日、仙台市内の病院の手術室に避難した。大規模な停電が復旧せず、電源の確保ができなかったためだ。発災から5日後には自宅の電気は戻ったが、ガスと水道は使えなかった。チューブから栄養を取るため、粉状の食事を水に溶かす。1日3リットル以上の水が必要で、当面は病院にとどまることにした。手術室から大部屋に移り、慣れない場所で淑子さんの笑顔が減った。看護師も気に掛けてくれたが、娘の芙美(ふみ)さん(41)は早く実家に連れて帰りたかった。避難から6日目、芙美さんは主治医で仙台往診クリニックの川島孝一郎院長(66)に電話をした。「もう無理です。自宅に帰りたい」。川島さんは「帰ってきなさい。薬の処方もできるよ」と応じた。学生ボランティアも付き添い、病院から1キロ離れた家まで、車いすを押して帰った。川島さんは当時、人工呼吸器をつけた在宅の患者を44人診ていた。自宅のライフラインが止まり、19人が避難を余儀なくされたという。我が家に戻った淑子さんには笑顔が戻ってきた。近所の人や学生ヘルパーが手伝ってくれ、何とか危機を乗り切った。震災の教訓から、1週間分は電源を確保できるようにバッテリーを買った。12年、芙美さんは洪廷周(ホンジョンジュ)さん(39)と結婚し、淑子さんも車いすで結婚式に参列した。この頃から淑子さんは顔の筋肉が衰え、笑うことが難しくなった。だが文字盤を使って周囲に「心はalways smilingだから」と伝えた。エンジニアの洪さんは淑子さんのため、脳波で思いを読み取る装置の開発に取り組んだ。13年11月29日。芙美さんや学生ヘルパーに自宅で見守られ、淑子さんは66歳で亡くなった。19年、芙美さんは夫の転勤で仙台を離れることになり、淑子さんの介護を手伝った人たちが集まった。学生だったヘルパーは、保健師や看護師として活躍している。震災という危機も乗り切った「チーム千葉家」の笑顔の真ん中は、いまも淑子さんだ。
 …などと伝えています。

✨☆ヤングケアラー〜幼き介護 <長期連載中>
 私もヤングケアラー? きょうだいの世話、
 気づかれにくい負担
  毎日新聞 2021/3/1
 > ヤングケアラーが介護や世話をする家族は、何も親や祖父母だけではありません。障害があるきょうだいの見守りや、幼いきょうだいの身の回りの世話などを担う子どももいます。しかし、ケアする方もされる方も子どもである「きょうだいケア」は、家庭のお手伝いの延長として見られがちで、その負担の重さが気づかれにくいという問題があります。
 …などと伝えています。

☆難病ALSと闘う恩田さん「逆境に負けるな」
 28日に講演 元FC岐阜社長
  岐阜新聞 2021年03月01日
 > サッカーFC岐阜の元社長で難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘う、まんまる笑店(岐阜市)社長の恩田聖敬(さとし)さん(42)が3月28日、母校・岐阜北高校の同級生で、講師がお金を払う新しい仕組みの私塾「おしえるがっこう」(同)を主宰する元高校教諭の真崎憲二さん(42)と、同市内で合同講演会を開く。テーマは「逆境に立ち向かう合同講演会〜私たちは、どう生きるか」。ウィズコロナ社会で新たな挑戦を続ける2人が、先行き不透明な時代を生き抜くすべを語る。
 …などと伝えています。
 *交流深め知るALS患者 香川大医学部サークル
   朝日新聞デジタル 2021年3月1日
  > 全身の筋肉が徐々に衰えていく難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)。香川大医学部ボランティアサークルでは、在宅で看護をうける患者を訪ねて交流し、外出時の付き添いなどの活動に取り組んでいる。
 …などと伝えています。

☆コロナ禍で増える高齢者の在宅医療 
 患者と家族に寄り添う現場最前線
  (NEWSポストセブン)Yahoo!ニュース 3/2

◇2月末は「RDD」難病や希少疾患知って 広島でも催し
  朝日新聞デジタル 2021年3月1日
◇オンラインで自身の闘病や両親介護体験を語る 
 岐阜、本紙の三浦編集委員
  中日新聞 2021年3月1日
◇津波が奪った母の命 
 娘は陸前高田の医療を父と支え続けた/石木愛子医師(弘大出) 
 (Web東奥)Yahoo!ニュース 3/1
◇ピーチ 障害者はつらつ・・・「ほなやろ課」積極雇用
  読売新聞オンライン 大阪 2021/03/02

厚労省
 社会保障審議会障害者部会(第105回) ←2/26開催

 >2.議 事
  (1)障害保健福祉施策の動向について
  (2)その他
  議事次第 
  資料1−1 令和3年度障害福祉サービス等
        報酬改定における主な改定内容
  資料1−2 令和3年度障害福祉サービス等
        報酬改定の概要
  資料2 マイナンバーを活用した情報連携の拡大等について
  資料3 「新型コロナウイルス感染症に係る
    メンタルヘルスに関する調査」の結果概要について
  参考資料1 委員名簿
  参考資料2 令和3年度障害保健福祉部
        予算案の概要について
  参考資料3 令和2年の地方からの提案等に関する
        対応方針について 
  …などと伝えています。
  同部会のこれまでの資料や議事録等はココを

✨☆社説:障害児支援 制度悪用した不正を見逃すな
  読売新聞オンライン 2021/02/28
 > 障害のある子供が利用する「放課後等デイサービス」で、報酬の不正請求が相次いでいる。国や自治体は監視を強化しなければならない。
 …などと伝えています。

✨☆県内の患者・家族 不安語らう
  愛媛新聞 2021年2月27日
 > 世界希少・難治性疾患の日(2月末日)に合わせた啓発イベントが27日、オンラインであり、愛媛県内の患者や家族ら約20人が新型コロナウイルス禍により日常生活に生じている悩みや不安などを語り合った。
 …などと伝えています。

☆発作が怖くてトイレにも抱いていった日々 
 難病の子の存在「目の前から消さないで」
 …写真家・和田芽衣さんに聞く
  yomiDr._ヨミドクター(読売新聞) 2021年2月28日
 > 生後9か月、楽しみにしていた「初めてのイス」に座らせたわが子は、眠くもないのに、こっくりこっくりと舟をこぎ始めた――。異変を察知して、診断を受けた病気は難病に指定されている結節性硬化症。乳児期の子育てで孤独だったときも、地域の全ての幼稚園から断られたときも、母親の和田芽衣さん(37)は、わが子の姿を写真に刻み続け、2018年には写真集を出版しました。2月最終日の世界希少・難治性疾患の日(Rare Disease Day=RDD)にちなんだイベントでは、日本開催事務局スタッフも務めています。病気や障害のある子どもと家族が、地域の人たちとともに生きていくためには、何が必要なのか。和田さんに聞きました。
 …などと伝えています。

☆ALS患者に笑顔を・・・All Life Smileで応援 
 オンラインイベント開催(島根・雲南市)
  FNNプライム 山陰中央テレビ 2021年2月28日
 > 難病ALSの父を持つ雲南市の高校生が患者に笑顔になってもらおうと自ら企画したオンラインイベントが開かれた。イベントを主催したのは三刀屋高校の三年生・三浦琴真さん。
 *女子高生がALS患者の支援活動 「笑顔にさせる会」設立
   山陰中央新報 2021年2月28日
 > 全身の筋力が低下する難病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者を支援しようと、島根県立三刀屋高校(雲南市三刀屋町三刀屋)3年の三浦琴真(ことみ)さん(18)は、支援団体を発足し、患者と交流する活動に取り組んでいる。
 …などと伝えています。

☆エリートを襲ったコロナ後遺症 「要介護3」認定男性の苦悩
  日刊ゲンダイDIGITAL 2021/02/28
 > 新型コロナワクチンの接種が始まり、新規感染者数も日々減少傾向にありますが、新型コロナに感染し重症化した私が、重症化するとどうなってしまうのかご理解頂きたくて、自身の経験をお伝えしたいと思います。少しでも多くの方が新型コロナ感染症に感染しないことを願うためです。
 …などと伝えています。

シンポジウム<Web会議システム開催> 
 「3.11から10年 
 東日本大震災と福島第一原発事故から私たちは何を学ぶのか」
  2021年(令和3年)3月13日(土)
  午後1時30分〜午後4時00分
   ・大阪弁護士会主催

◇コロナ感染したれいわ・木村英子参院議員への
 誹謗中傷に見る「特有の嫌な感じ」
 (NEWSポストセブン)Yahoo!ニュース 2/28
◇家庭医の不在という日本の医療体制の根本的な弱点が
 コロナで露呈している
 /迫田朋子氏(ジャーナリスト)
  (ビデオニュース・ドットコム)Yahoo!ニュース 2/27
◇「飛翔」見た人元気に 書家・金沢さん出雲大社に奉納
  山陰中央新報社 2021年2月28日
◇小4少女、夢の牛農家へ一歩 
 病気でふさいだ心癒やされ「一緒にいたい」 家族も応援、
 自宅に牛舎 鹿屋・高隈の福崎帆乃香さん
  南日本新聞 2021/02/27
◇「障害」の「害」を「碍」と表記 常用漢字追加見送りへ
  NHKニュース 2021年2月28日

 
2021/03/04
<WEB報道など>…✨表示がお薦めWeb報道など
✨☆☆厚労省 1月27日付事務連絡
 11.その他
 ○障害児者に係る医療提供体制の整備について
  (令和3年1月27日厚生労働省
   新型コロナウイルス感染症対策推進本部ほか連名事務連絡)
☆2.感染拡大防止に関する事項
 *緊急事態宣言後の地域生活支援事業の対応について
  (令和3年1月13日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室事務連絡)
 *緊急事態宣言後の障害福祉サービス等の事業所の対応について
  (令和3年1月13日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡)
 *緊急事態宣言後の地域生活支援事業の対応について
  (令和3年1月7日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室事務連絡)
 *緊急事態宣言後の障害福祉サービス等事業所の対応について
  (令和3年1月7日
   厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課事務連絡)
 △厚労省HP(福祉・介護)
   障害福祉サービス等事業所における
   新型コロナウイルス感染症への対応等について


✨☆☆障害福祉サービス施設・事業所職員のための
  感染対策マニュアルについて
   厚労省社会・援護局
   障害保健福祉部障害福祉課長 令和2年12月25日
 *感染対策マニュアル・業務継続ガイドライン等について
   2020年12月24日掲載

☆☆「ポータルサイト・新型コロナ 障害のある人 共に歩む人」 
   2020年12月21日 一般社団法人日本精神保健看護学会
 …などと伝えています。

✨☆新型コロナウイルスにかかわる対応
  きょうされん  2020年07月01日(適時更新中)

✨☆☆厚労省
  障害児の新たな移行調整の枠組みに向けた実務者会議

  *第1回 2021’1/6開催 
    資料
    ・資料1障害児入所施設における18歳以上入所者
         (いわゆる「過齢児」)の移行について
     資料2障害児入所施設の移行に関する現状等について
     資料3本会議の進め方等について(案)
     資料4障害児入所施設移行状況調査について
     【参考資料】
      参考資料1 
       障害児入所施設の在り方に関する検討会報告書
      参考資料2障害児入所施設における移行支援の現状
      参考資料3自治体における移行に向けた連絡調整
           (会議等)の実施状況の例
    議事要旨 ……など厚労省新着情報2/16日付で掲載

✨☆NHKEテレ ハートネットTV
  シリーズ東日本大震災10年 三夜連続放送!!

 ☆3月8日(月)20:00〜 (再放送あり)
   1:逃げられなかった“要支援者”
  > 東日本大震災の犠牲者のうち、高齢者の割合は6割を超え、障害者の死亡率は全住民平均の2倍だった。避難が困難な“要支援者”の命をどうすれば守れるのか。政府は震災の2年後に法律を改し、“要支援者”の名簿作成を市町村に義務づけたが、近年多発する災害において十分に機能していない。課題はどこにあるのか、被災地の実情から課題を探る。
 …などと伝えています。(再放送15日<月>13:05〜)
 ☆3月9日(火)20:00〜 (再放送あり)
   2:誰もが助かる地域をめざして
  > 東日本大震災の犠牲者のうち、高齢者の割合は6割を超え、障害者の死亡率は全住民平均の2倍だった。避難が困難な“要支援者”の命をどうすれば守れるのか。西日本豪雨で住民全員が避難して犠牲者を出さなかった地域の取り組みや、5年前から「福祉と防災の連携」に取り組み、“要支援者”一人ひとりの避難計画作りを始めた自治体の例をもとに考える。
 …などと伝えています。(再放送16日<火>13:05〜)
 ☆3月10日(水)20:00〜 (再放送あり)
   3:原発被災地 精神障害者の日々
  > 原発事故で避難を余儀なくされた福島県双葉郡の障害者の今を伝える。原発事故後、双葉郡に精神障害者の一人暮らしを支える「シェルパ」というホームヘルパー事業所ができた。避難先で病気の症状が重くなったり、寂しさを感じたりして帰ってきた人などの生活を支え続けている。以前とは変わってしまった故郷だが、心を落ち着かせてくれることに変わりはない。「帰りたい」「帰れない」の狭間で揺れ動く人々の今を見つめる。
 …などと伝えています。(再放送17日<水>13:05〜) 

☆きょうされん 2021年03月04日   
 特別動画「3.11から10年、映画『星に語りて〜Starry Sky〜』からのメッセージ」
  【期間】2021年3月4日 14:46〜3月11日

  --↑<固定表示>↑-- --↓<3/ 4追記>↓--

✨☆ヤングケアラー〜幼き介護 <長期連載中>
 埼玉県、ヤングケアラー支援を本格化へ 啓発・相談事業など
  毎日新聞 2021/3/3
 > 埼玉県は4月から、通学や仕事をしながら家族のケアを担う「ヤングケアラー」の支援に本格的に乗り出す。県の2021年度当初予算案に、当事者の子どもや学校関係者への啓発・相談などの事業費を盛り込んだ。他の自治体では、神戸市がヤングケアラーの子どもや若者を支援する専門部署を新設する方針で、行政による支援態勢の整備が始まりつつある。
 …などと伝えています。

☆片道90キロ…ろう学校が遠すぎる 
 福井県内は福井市に1カ所 離れた地域の保護者「限界」
  (福井新聞ONLINE)Yahoo!ニュース 3/3
 > 先天性の難聴は、言葉の発達のために乳児期からの支援が重要とされる。福井県内で専門の特別支援学校は福井市の福井県立ろう学校に限られ、嶺南地域の保護者は子どもを連れて何時間も高速道路を走り、通う日々だ。福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)に「身体的、経済的にもう限界」と苦しい胸の内を寄せた。
 …などと伝えています。

✨☆寄宿舎クラスター防げ 
 茨城県内の特別支援校 密着避けられず不安も
  (茨城新聞クロスアイ)Yahoo!ニュース 3/3
 > 新型コロナウイルスの感染拡大で、学生寮や障害者施設などでクラスター(感染者集団)が相次ぐ中、茨城県でも大学や高校の寮で複数発生した。生徒が集団生活を送る寄宿舎がある県内の特別支援学校では、ガイドラインを作成して対策を徹底。今のところクラスターは発生していない。ただ、職員は生徒の介助で密着が避けられず、不安を抱えながら寄宿舎での感染防止に努めている。
 …などと伝えています。

☆県 相模原にケア付き宿泊療養施設設置へ
 (tvkニュース(テレビ神奈川))Yahoo!ニュース 3/3
 > 県は、新型コロナウイルスで介護者が付き添えなくなった高齢者などを受け入れるケア付きの宿泊療養施設を4月、相模原市に設置すると明らかにしました。
 …などと伝えています。   

☆津波襲った気仙沼の保育所 徹底した避難訓練実り園児71人無事
  (毎日新聞)Yahoo!ニュース 3/3
 > 宮城県気仙沼市沿岸部にあった「一景島保育所」は、東日本大震災の津波で全壊しながらも、園内にいた71人の子供と職員は近くの公民館に避難し、全員が無事だった。当時の所長は救助されるまでの状況を振り返り、「徹底した避難訓練」の重要性を訴える。
 …などと伝えています。

☆談らん「地域で一緒に暮らそう会主任 伊藤萌里さん」
  十勝毎日新聞 2021/03/03
 *社会福祉法人地域で一緒に暮らそう会

☆全国でわずか57ペアの、肢体不自由者を支える介助犬の育成。
 ボランティア団体から始まった取組みについて
 創業者が語ります。
  社会福祉法人日本介助犬協会 
  専務理事 高柳友子(医学博士)
  日本介助犬協会のストーリー・ナラティブ 2021年3月3日

◇彼女がモデルになった理由〜ある“オストメイト”の挑戦〜
  NHKニュース WEB特集 2021年3月3日
◇車いす持ち上げてもらい「ごめん」、親友が返したひと言
  朝日新聞デジタル 2021年3月3日
◇マスク着けられない人も 多数派と異なる自閉症、知って
  朝日新聞デジタル 2021年3月3日
◇障害者目線で病院デザイン 
 フラワーデザイナー、半身まひ経験生かす
  西日本新聞ニュース 2021/3/3

  ---↑<3/ 4追記>↑---
  
✨☆事件起きた施設管理 同じ法人に
  NHKニュース 首都圏 03月02日
 > 19人が殺害される事件が起きた神奈川県の知的障害者施設について、県は今の指定管理者の法人に引き続き運営を委ねることを決めました。事件後、利用者への虐待が疑われる行為が判明していましたが、県は、組織を改革する意思が確認できたとしています。
 …などと伝えています。
 *19人殺傷事件「津久井やまゆり園」
  神奈川県 指定管理継続決定
   NHKニュース 2021年3月2日
 △神奈川県障害者施策審議会 
  障害者支援施設における利用者目線の支援推進検討部会
  (第6回)の審議速報 ←2/22開催
   *資料1 
    障害者支援施設における利用者目線の
    支援推進検討部会報告書(素案)

◇限られた残りの人生、世の中のために 
 感動フルマラソン企画の発起人男性が新企画 
 難病患者や障害者を支援
  (埼玉新聞)Yahoo!ニュース 3/2

✨☆患者を生きる:被災の地から 朝日新聞デジタル
 電気がない <3回連載>
 *4105:上:人工呼吸器つけた母と 2021年2月25日
  > 「おはよう! 昨日筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されました。どのような病気か調べてください。驚くことがたくさんあると思うけど、我ら母子はAlways keep smiling!」2005年1月、カナダに留学中だった千葉芙美(ちばふみ)さん(41)は、仙台市にいる母の淑子(しゅくこ)さんからメールを受け取った。暗さは感じられない文面だったが、ALSについて調べると、「人工呼吸器をつけないと生きていけない」という内容で衝撃を受けた。思い返せば、予兆はあった。「新聞紙につまずいたの」「スリッパが重く感じる」。不調の原因は持病の腰痛だと思っていた。ALSと診断された時、淑子さんはまだ57歳。娘に迷惑をかけまいと、人工呼吸器をつけずに過ごそうとしていた。「これ以上どうして娘のために生きなくちゃいけないの?」と笑って言った。芙美さんは年内に帰国し、母親の介護の様子をブログに書いた。読者のALS患者と知り合い、ヘルパーを24時間利用して生活できることを知った。「これだ!」。呼吸器をつけようと淑子さんを説得した。「介護で娘の人生は犠牲にならない」と思わせたかった。父親は既に他界しており、姉は結婚して家を離れた。大学病院で秘書の仕事をしていて、昼間はヘルパーを頼ったが、夜から朝まで一人で介護をした。寝不足で母のヘルプコールに反応できなくなり、朝にヘルパーに窓をたたかれて、起きることもあった。紹介で知り合った大学教員に「学生ボランティアをお願いします」と頼むと、看護系の学生を連れてきてくれた。学生は職場と自宅を往復するだけの芙美さんを見かねて、夜に介護を手伝ってくれた。診断から2年後のことだ。ALSの介護には難しさもある。淑子さんの主治医だった仙台往診クリニックの川島孝一郎(かわしまこういちろう)院長(66)は、「君たちがどんなことをしても全部僕が責任を取る」と学生にいつも声を掛けた。手伝いの学生は最も多いときで10人になった。そんな日々が続いていた11年3月11日。まるでブランコに乗っているような激しい揺れがやって来た。
 …などと伝えています。
 *4106:中:停電「呼吸器止まりそう」 2021年2月26日
  >  仙台市で暮らしていた千葉芙美(ふみ)さん(41)は、2011年3月11日、勤務先の大学病院で激しい揺れに襲われた。すぐに筋萎縮性側索硬化症(ALS)の母、淑子(しゅくこ)さんが心配になった。淑子さんは実家で介護事業所のヘルパーと一緒にいるはずだったが、連絡がとれない。つけている人工呼吸器のバッテリーは5時間分しかない。急いで淑子さんのもとに向かおうとしたが、地下鉄は動かず、歩行者が車道にもあふれていた。雪が降る中、2時間歩いて淑子さんのもとに着いたときは、暗くなり始めていた。だが、学生ヘルパーがすでに1人来てくれていた。後からまるで何もなかったかのようにもう1人来た。「停電しても人工呼吸器の患者がいる家には優先して電気がくることになっている」。人工呼吸器をつけた時に医師からそう聞いて、2時間分の予備バッテリーしか用意していなかった。仙台市全体が大規模に停電し、優先的な復旧が期待できないとは想像もしていなかった。ヘルパーの1人が閉店間際の自動車用品店に滑り込み、大型車のバッテリーを買ってきてくれた。ただ、人工呼吸器とバッテリーをどうつなぐのかわからない。困っていたところに、電気関係の仕事をしていた近所の男性が見回りに来て接続してくれた。これで3日分の電源は確保できた。懐中電灯で照らしながら、芙美さんたちは、淑子さんのたんの吸引をした。学生ヘルパーや近所の人が家にいて心強かった。ラジオでは、仙台市内の海岸沿いで多数の遺体が見つかったというニュースを何度も伝えていた。安心は続かなかった。2日が経ってもまだ電気はつかず、バッテリーの余裕がなくなってきた。淑子さんの体温がどんどん下がった。救急車を呼びたくても、携帯電話がつながらない。英語教室を開いていた淑子さんの教え子の電話が通じたため、119番をしてくれた。「もう電池がないんです。人工呼吸器が止まりそうです」あわてた救急隊が近くの病院と交渉し、病院の手術室を避難場所に開けてくれた。淑子さんの体温も戻ってきた。
 …などと伝えています。
 *4107:下:「チーム」で乗り切った 2021年3月1日
 >  筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、人工呼吸器をつけていた千葉淑子(しゅくこ)さんは、東日本大震災から2日が経った2011年3月13日、仙台市内の病院の手術室に避難した。大規模な停電が復旧せず、電源の確保ができなかったためだ。発災から5日後には自宅の電気は戻ったが、ガスと水道は使えなかった。チューブから栄養を取るため、粉状の食事を水に溶かす。1日3リットル以上の水が必要で、当面は病院にとどまることにした。手術室から大部屋に移り、慣れない場所で淑子さんの笑顔が減った。看護師も気に掛けてくれたが、娘の芙美(ふみ)さん(41)は早く実家に連れて帰りたかった。避難から6日目、芙美さんは主治医で仙台往診クリニックの川島孝一郎院長(66)に電話をした。「もう無理です。自宅に帰りたい」。川島さんは「帰ってきなさい。薬の処方もできるよ」と応じた。学生ボランティアも付き添い、病院から1キロ離れた家まで、車いすを押して帰った。川島さんは当時、人工呼吸器をつけた在宅の患者を44人診ていた。自宅のライフラインが止まり、19人が避難を余儀なくされたという。我が家に戻った淑子さんには笑顔が戻ってきた。近所の人や学生ヘルパーが手伝ってくれ、何とか危機を乗り切った。震災の教訓から、1週間分は電源を確保できるようにバッテリーを買った。12年、芙美さんは洪廷周(ホンジョンジュ)さん(39)と結婚し、淑子さんも車いすで結婚式に参列した。この頃から淑子さんは顔の筋肉が衰え、笑うことが難しくなった。だが文字盤を使って周囲に「心はalways smilingだから」と伝えた。エンジニアの洪さんは淑子さんのため、脳波で思いを読み取る装置の開発に取り組んだ。13年11月29日。芙美さんや学生ヘルパーに自宅で見守られ、淑子さんは66歳で亡くなった。19年、芙美さんは夫の転勤で仙台を離れることになり、淑子さんの介護を手伝った人たちが集まった。学生だったヘルパーは、保健師や看護師として活躍している。震災という危機も乗り切った「チーム千葉家」の笑顔の真ん中は、いまも淑子さんだ。
 …などと伝えています。

✨☆ヤングケアラー〜幼き介護 <長期連載中>
 私もヤングケアラー? きょうだいの世話、
 気づかれにくい負担
  毎日新聞 2021/3/1
 > ヤングケアラーが介護や世話をする家族は、何も親や祖父母だけではありません。障害があるきょうだいの見守りや、幼いきょうだいの身の回りの世話などを担う子どももいます。しかし、ケアする方もされる方も子どもである「きょうだいケア」は、家庭のお手伝いの延長として見られがちで、その負担の重さが気づかれにくいという問題があります。
 …などと伝えています。

☆難病ALSと闘う恩田さん「逆境に負けるな」
 28日に講演 元FC岐阜社長
  岐阜新聞 2021年03月01日
 > サッカーFC岐阜の元社長で難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘う、まんまる笑店(岐阜市)社長の恩田聖敬(さとし)さん(42)が3月28日、母校・岐阜北高校の同級生で、講師がお金を払う新しい仕組みの私塾「おしえるがっこう」(同)を主宰する元高校教諭の真崎憲二さん(42)と、同市内で合同講演会を開く。テーマは「逆境に立ち向かう合同講演会〜私たちは、どう生きるか」。ウィズコロナ社会で新たな挑戦を続ける2人が、先行き不透明な時代を生き抜くすべを語る。
 …などと伝えています。
 *交流深め知るALS患者 香川大医学部サークル
   朝日新聞デジタル 2021年3月1日
  > 全身の筋肉が徐々に衰えていく難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)。香川大医学部ボランティアサークルでは、在宅で看護をうける患者を訪ねて交流し、外出時の付き添いなどの活動に取り組んでいる。
 …などと伝えています。

☆コロナ禍で増える高齢者の在宅医療 
 患者と家族に寄り添う現場最前線
  (NEWSポストセブン)Yahoo!ニュース 3/2

◇2月末は「RDD」難病や希少疾患知って 広島でも催し
  朝日新聞デジタル 2021年3月1日
◇オンラインで自身の闘病や両親介護体験を語る 
 岐阜、本紙の三浦編集委員
  中日新聞 2021年3月1日
◇津波が奪った母の命 
 娘は陸前高田の医療を父と支え続けた/石木愛子医師(弘大出) 
 (Web東奥)Yahoo!ニュース 3/1
◇ピーチ 障害者はつらつ・・・「ほなやろ課」積極雇用
  読売新聞オンライン 大阪 2021/03/02

厚労省
 社会保障審議会障害者部会(第105回) ←2/26開催

 >2.議 事
  (1)障害保健福祉施策の動向について
  (2)その他
  議事次第 
  資料1−1 令和3年度障害福祉サービス等
        報酬改定における主な改定内容
  資料1−2 令和3年度障害福祉サービス等
        報酬改定の概要
  資料2 マイナンバーを活用した情報連携の拡大等について
  資料3 「新型コロナウイルス感染症に係る
    メンタルヘルスに関する調査」の結果概要について
  参考資料1 委員名簿
  参考資料2 令和3年度障害保健福祉部
        予算案の概要について
  参考資料3 令和2年の地方からの提案等に関する
        対応方針について 
  …などと伝えています。
  同部会のこれまでの資料や議事録等はココを

✨☆社説:障害児支援 制度悪用した不正を見逃すな
  読売新聞オンライン 2021/02/28
 > 障害のある子供が利用する「放課後等デイサービス」で、報酬の不正請求が相次いでいる。国や自治体は監視を強化しなければならない。
 …などと伝えています。

✨☆県内の患者・家族 不安語らう
  愛媛新聞 2021年2月27日
 > 世界希少・難治性疾患の日(2月末日)に合わせた啓発イベントが27日、オンラインであり、愛媛県内の患者や家族ら約20人が新型コロナウイルス禍により日常生活に生じている悩みや不安などを語り合った。
 …などと伝えています。

☆発作が怖くてトイレにも抱いていった日々 
 難病の子の存在「目の前から消さないで」
 …写真家・和田芽衣さんに聞く
  yomiDr._ヨミドクター(読売新聞) 2021年2月28日
 > 生後9か月、楽しみにしていた「初めてのイス」に座らせたわが子は、眠くもないのに、こっくりこっくりと舟をこぎ始めた――。異変を察知して、診断を受けた病気は難病に指定されている結節性硬化症。乳児期の子育てで孤独だったときも、地域の全ての幼稚園から断られたときも、母親の和田芽衣さん(37)は、わが子の姿を写真に刻み続け、2018年には写真集を出版しました。2月最終日の世界希少・難治性疾患の日(Rare Disease Day=RDD)にちなんだイベントでは、日本開催事務局スタッフも務めています。病気や障害のある子どもと家族が、地域の人たちとともに生きていくためには、何が必要なのか。和田さんに聞きました。
 …などと伝えています。

☆ALS患者に笑顔を・・・All Life Smileで応援 
 オンラインイベント開催(島根・雲南市)
  FNNプライム 山陰中央テレビ 2021年2月28日
 > 難病ALSの父を持つ雲南市の高校生が患者に笑顔になってもらおうと自ら企画したオンラインイベントが開かれた。イベントを主催したのは三刀屋高校の三年生・三浦琴真さん。
 *女子高生がALS患者の支援活動 「笑顔にさせる会」設立
   山陰中央新報 2021年2月28日
 > 全身の筋力が低下する難病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者を支援しようと、島根県立三刀屋高校(雲南市三刀屋町三刀屋)3年の三浦琴真(ことみ)さん(18)は、支援団体を発足し、患者と交流する活動に取り組んでいる。
 …などと伝えています。

☆エリートを襲ったコロナ後遺症 「要介護3」認定男性の苦悩
  日刊ゲンダイDIGITAL 2021/02/28
 > 新型コロナワクチンの接種が始まり、新規感染者数も日々減少傾向にありますが、新型コロナに感染し重症化した私が、重症化するとどうなってしまうのかご理解頂きたくて、自身の経験をお伝えしたいと思います。少しでも多くの方が新型コロナ感染症に感染しないことを願うためです。
 …などと伝えています。

シンポジウム<Web会議システム開催> 
 「3.11から10年 
 東日本大震災と福島第一原発事故から私たちは何を学ぶのか」
  2021年(令和3年)3月13日(土)
  午後1時30分〜午後4時00分
   ・大阪弁護士会主催

◇コロナ感染したれいわ・木村英子参院議員への
 誹謗中傷に見る「特有の嫌な感じ」
 (NEWSポストセブン)Yahoo!ニュース 2/28
◇家庭医の不在という日本の医療体制の根本的な弱点が
 コロナで露呈している
 /迫田朋子氏(ジャーナリスト)
  (ビデオニュース・ドットコム)Yahoo!ニュース 2/27
◇「飛翔」見た人元気に 書家・金沢さん出雲大社に奉納
  山陰中央新報社 2021年2月28日
◇小4少女、夢の牛農家へ一歩 
 病気でふさいだ心癒やされ「一緒にいたい」 家族も応援、
 自宅に牛舎 鹿屋・高隈の福崎帆乃香さん
  南日本新聞 2021/02/27
◇「障害」の「害」を「碍」と表記 常用漢字追加見送りへ
  NHKニュース 2021年2月28日

 
2021/02/28
<WEB報道など>…✨表示がお薦めWeb報道など
✨☆「医療的ケア児等」とその家族を支えるサービスの開始について
   茨城県つくば市保健福祉部 障害福祉課
   令和3年(2021年)2月26日
 > つくば市は、在宅の「医療的ケア児等」とその家族の支援体制の充実を図るため、令和3年3月1日から以下のサービスを開始します。今回、新たに「つくば市医療的ケア児等相談窓口」を開設し、就園、就学などライフステージの変化の際に必要なサービスの紹介や相談に応じるとともに、災害時の備えとして「災害時対応ノート・災害時対応ガイドブック」の配布・作成補助を行います。また、医療的ケア用品の保管を行います。詳細は、別紙「つくば市医療的ケア児等相談窓口ご案内」をご参照ください。
 …などと伝えています。
 *「災害時対応ガイドブック」
  〜在宅で医療的ケアを必要とする方用〜
   つくば市保健福祉部 障害福祉課  2021年2月26日
 *医療的ケアを必要とする方と家族のための
  「災害時対応ノート」
   つくば市保健福祉部 障害福祉課 2021年2月26日

☆ガラス越しの面会、ためらう家族も 
 コロナ禍で模索続く重度障害者施設
  東京新聞 2021年2月26日
 > 新型コロナウイルスの影響で病院や福祉施設での面会制限が相次ぐ中、重度心身障害者入所施設では、入所者と家族がどう会うかに苦慮している。会話が困難な重度心身障害者とのコミュニケーションはスキンシップや対面での声掛けが大切でオンラインでは意思疎通が難しい。感染防止に神経をとがらせながら、施設側の模索が続く。
 …などと伝えています。  その紙面(25日付け)

☆精神科病院で相次ぐクラスターの背景に
 “難しい感染対策” 現場の看護師に聞く
  関西テレビ報道ランナー 特集 2021年2月22日
 > 兵庫県では、東加古川病院で新型コロナウイルスの感染者が200人を超えるなど、県内の複数の精神科病院でクラスターが相次いでいます。こうした中、兵庫県は感染症の専門の看護師などを精神科病院に派遣して研修を強化し、感染拡大を防ごうとしています。
 …などと伝えています。

☆自助といわれても:公助願うALS患者、
 門前払い 「生きたい」かなえて
  毎日新聞 2021/2/27 東京朝刊
 > <福祉の考え方の基本は、「自助」→「共助」→「公助」です>。山里の最低気温が氷点下7・7度まで冷え込んだ2017年2月24日に長野県信濃町の住民福祉課から発せられた一通の文書が、町内に住む小林さゆりさん(56)に届いた。全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患っていた。年老いた母親(当時78歳)による介護が難しくなり、法的に保障された長時間介護の実施を信濃町に求めたが、事実上拒否された。「自助」が限界を迎える中で、小林さんは尊厳を持って生きるために、「公助」を求める闘いを始めた。
 …などと伝えています。

☆「碍」、常用漢字表に追加せず
  障害者表記見直しで―文化審小委
   時事ドットコム  2021年02月26日
 > 社会生活で漢字を使う際の目安として国が定める常用漢字表に「碍(がい)」を追加するかどうか検討していた文化審議会国語分科会の小委員会は26日、「社会で広く使われておらず、直ちに追加はしない」とする考え方をまとめた。
 …などと伝えています。

◇誰もが楽しめる地域に 高知県、バリアフリーセミナー開催
  観光経済新聞 2021年2月27日
◇東武鉄道 視覚障害者転落で対策
 声かけ徹底やホームの端赤色に
  NHKニュース 2021年2月27日
◇駅の無人化と障害者
  西日本新聞 デスク日記  2021/2/27

  ---↑<2/28追記>↑---

✨☆家族が感染…障害児ら隔離場所に 1人用避難シェルター
  朝日新聞デジタル 2021年2月26日
 > 【茨城】障害のある子どもを育てる家庭で、介助する家族が新型コロナウイルスに感染して入院が必要になったら――。地域社会の課題解決に取り組む団体が、子どもらが隔離期間を過ごす「1人用避難シェルター」の開発を目指し、クラウドファンディング(CF)を始めた。
 …などと伝えています。

✨☆難病ALSと向き合い
 前向きに生きる女性の夢は笑顔のグループホーム(静岡県)
  (静岡放送(SBS))Yahoo!ニュース 2/26
 > 難病中の難病といわれるALS=筋萎縮性側索硬化症。根本的な治療法が見つかっていない中、県内には250人の患者がいます。「夢は必ず叶う」ALSと向き合いながら生きる富士宮市の女性は難病患者にとって希望の光となるかもしれない施設を今、作ろうとしています。
 …などと伝えています。

✨☆福祉の現場で思いをカタチに
  〜私が起業した理由わけ・トライした理由わけ〜 けあサポ
 友岡 宏江 特定非営利活動法人Ohana kids理事長 4回連載
 *第30回 2021年2月4日
   重度の障がいを抱える娘の子育て経験が、
   NPO法人立ち上げの原動力に
 *第30回◆2021年2月11日
   子どもたちの可能性をどこまでも信じて
   社会に巣立つための、拠点でありたい
 *第30回 2021年2月18日
   多くの人たちとつながりを得たことが
   クラウドファンディングの一番の価値
 *第30回ぁ2021年2月25日
   「生まれてきてくれてありがとう」と
   社会のなかで受け入れる世界をつくりたい
 …などと伝えています。

✨☆2月28日はRare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日) 
 おもちゃセット「あそびのむし」 
 全国90か所の施設・病院へ配布完了
  時事ドットコム 2021/02/26
 > 日本財団(東京都港区 会長:笹川陽平)は「難病の子どもと家族を支えるプログラム」の一環として、東京おもちゃ美術館と共同開発した難病の子どもと家族が一緒に遊べるおもちゃセット「あそびのむし」の配布を行っており、昨年のクリスマス時期から2月28日のRare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日)にかけて、全国約90か所の施設と病院への配布が完了しました。
 …などと伝えています。

☆ALS(筋萎縮性側索硬化症)で父を亡くした家族
  アリン note 2021/02/25
 > 目次
  ALS(筋萎縮性側索硬化症)
  病名が分かるまでに半年以上
  実は症状がずっと前から出ていた
  亡くなる3ヶ月前〜2ヶ月前
  亡くなる2ヶ月前〜1ヶ月前
  亡くなる数週間前
  緊急入院(亡くなる数日前)
 …などと伝えています。

☆多目的トイレ 誰のためのもの?
  NHKニュース News Up 2021年2月26日
 > 障害者や高齢者、小さな子ども連れの人などが使う、広めのトイレ。「多目的トイレ」「多機能トイレ」と呼ばれ、皆さんも目にしたことがあると思います。実はいま、この名称をやめようという案が、国から示されています。世の中に浸透してきた名称なのに、どうしてなのでしょうか?
 …などと伝えています。

◇難病の妹の命、絵本に 
 生きることの意味つづる 呉の松本さん自費出版へ
  中国新聞デジタル 2021/2/26
◇「農福連携」で雇用創出 障がい者福祉計画を答申 石垣市
  八重山日報 2021/2/26
 
 ✨☆医療的ケア児の学びを支える「学校看護師」、
 普及には何が必要か
  ダイヤモンド・オンライン 福原麻希 2021.2.26
 > 2019年、学校において医療的ケア児が安全に適切に生活できるよう支援体制の方針が決まり、予算も確保された。だが、中心的役割を持つ学校看護師の確保が困難なこともあり、現状はなかなか進まない。その背景には、そもそも学校看護師の仕事が知られていないことや、看護師が現場で抱える課題を解決する仕組みが整備されていないことなどがある。そこで、学校看護師の実際の仕事や、神奈川県内の小学校の先進的な取り組みなどを取材してみた。
  ・重度・重複障害児の元気で楽しい小学校生活
  ・小学1年から小学校の特別支援学級へ通学
  ・学校看護師が医療的ケア児の健康と成長を見守る
  ・病院の看護師や養護教諭との違い
  ・特別支援学校と地域の小中学校
   看護職連携で看護師も安心できる
 …などと伝えています。

✨☆経腸栄養分野の小口径コネクタ 製品に係る
 旧規格製品の出荷期間の延長について
  (R3.2.16)
 > 当会が日本重症心身障害学会らと要望していた旧規格製品の存続について、出荷期間が2022年11月末まで延長される通知が出されましたので情報提供いたします。
 …などと伝えています。
 *社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会

✨☆新型コロナ 家族のぬくもり ガラス越し
 重度障害者施設 面会方法に苦心
  東京新聞 2021年02月25日
 > 新型コロナウイルスの影響で病院や福祉施設での面会制限が相次ぐ中、重度心身障害者入所施設では、入所者と家族がどう会うかに苦慮している。会話が困難な重度心身障害者とのコミュニケーションはスキンシップや対面での声掛けが大切でオンラインでは意思疎通が難しい。感染防止に神経をとがらせながら、施設側の模索が続く。
 …などと伝えています。 その紙面 

✨☆コロナ禍で孤立する医療的ケア児と家族 “早くワクチンを”
  NHKニュース 首都圏ナビWEBリポート 2021年2月25日
 > 基礎疾患がある子どもや同居する親もワクチンを早く打てるのでしょうか?」難病で日常的なケアが必要な娘を持つ母親から、こんな質問がNHK首都圏ナビの特設サイトに届きました。母親は、コロナから娘を守るため、そして娘をケアしてくれる人たちに感染が広まるのを防ぐために、この1年徹底したステイホームの生活を送ってきましたが、1日3時間の睡眠を確保するのも難しく、もう限界だと言います。「早くワクチンを打って、息詰まる暮らしを終わらせたい」親子の声を聞いてください。
 …などと伝えています。

✨☆ヤングケアラー〜幼き介護 (長期連載中)
 ヤングケアラー支援 厚労省がPT発足へ 国レベルでは初めて
  毎日新聞 2021/2/25
 > 通学や仕事をしながら家族の介護・世話をする子ども「ヤングケアラー」を支援するため、厚生労働省は対策を推進するプロジェクトチーム(PT)を発足させる方針を固めた。山本博司副厚労相をトップに文部科学省も加わり、福祉、医療、教育が連携して支援の在り方を議論する。国レベルでヤングケアラー対策に乗り出すのは初めてで、支援の具体化に向けた一歩になることが期待される。
 …などと伝えています。 ・Yahoo!ニュース 2/25

✨☆患者を生きる:被災の地から 朝日新聞デジタル
 電気がない <3回連載予定>
 *4105:上:人工呼吸器つけた母と 朝日新聞デジタル 2021年2月25日
  > 「おはよう! 昨日筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されました。どのような病気か調べてください。驚くことがたくさんあると思うけど、我ら母子はAlways keep smiling!」2005年1月、カナダに留学中だった千葉芙美(ちばふみ)さん(41)は、仙台市にいる母の淑子(しゅくこ)さんからメールを受け取った。暗さは感じられない文面だったが、ALSについて調べると、「人工呼吸器をつけないと生きていけない」という内容で衝撃を受けた。思い返せば、予兆はあった。「新聞紙につまずいたの」「スリッパが重く感じる」。不調の原因は持病の腰痛だと思っていた。ALSと診断された時、淑子さんはまだ57歳。娘に迷惑をかけまいと、人工呼吸器をつけずに過ごそうとしていた。「これ以上どうして娘のために生きなくちゃいけないの?」と笑って言った。芙美さんは年内に帰国し、母親の介護の様子をブログに書いた。読者のALS患者と知り合い、ヘルパーを24時間利用して生活できることを知った。「これだ!」。呼吸器をつけようと淑子さんを説得した。「介護で娘の人生は犠牲にならない」と思わせたかった。父親は既に他界しており、姉は結婚して家を離れた。大学病院で秘書の仕事をしていて、昼間はヘルパーを頼ったが、夜から朝まで一人で介護をした。寝不足で母のヘルプコールに反応できなくなり、朝にヘルパーに窓をたたかれて、起きることもあった。紹介で知り合った大学教員に「学生ボランティアをお願いします」と頼むと、看護系の学生を連れてきてくれた。学生は職場と自宅を往復するだけの芙美さんを見かねて、夜に介護を手伝ってくれた。診断から2年後のことだ。ALSの介護には難しさもある。淑子さんの主治医だった仙台往診クリニックの川島孝一郎(かわしまこういちろう)院長(66)は、「君たちがどんなことをしても全部僕が責任を取る」と学生にいつも声を掛けた。手伝いの学生は最も多いときで10人になった。そんな日々が続いていた11年3月11日。まるでブランコに乗っているような激しい揺れがやって来た。
 …などと伝えています。
 *4106:中:停電「呼吸器止まりそう」朝日新聞デジタル 2021年2月26日
  >  仙台市で暮らしていた千葉芙美(ふみ)さん(41)は、2011年3月11日、勤務先の大学病院で激しい揺れに襲われた。すぐに筋萎縮性側索硬化症(ALS)の母、淑子(しゅくこ)さんが心配になった。淑子さんは実家で介護事業所のヘルパーと一緒にいるはずだったが、連絡がとれない。つけている人工呼吸器のバッテリーは5時間分しかない。急いで淑子さんのもとに向かおうとしたが、地下鉄は動かず、歩行者が車道にもあふれていた。雪が降る中、2時間歩いて淑子さんのもとに着いたときは、暗くなり始めていた。だが、学生ヘルパーがすでに1人来てくれていた。後からまるで何もなかったかのようにもう1人来た。「停電しても人工呼吸器の患者がいる家には優先して電気がくることになっている」。人工呼吸器をつけた時に医師からそう聞いて、2時間分の予備バッテリーしか用意していなかった。仙台市全体が大規模に停電し、優先的な復旧が期待できないとは想像もしていなかった。ヘルパーの1人が閉店間際の自動車用品店に滑り込み、大型車のバッテリーを買ってきてくれた。ただ、人工呼吸器とバッテリーをどうつなぐのかわからない。困っていたところに、電気関係の仕事をしていた近所の男性が見回りに来て接続してくれた。これで3日分の電源は確保できた。懐中電灯で照らしながら、芙美さんたちは、淑子さんのたんの吸引をした。学生ヘルパーや近所の人が家にいて心強かった。ラジオでは、仙台市内の海岸沿いで多数の遺体が見つかったというニュースを何度も伝えていた。安心は続かなかった。2日が経ってもまだ電気はつかず、バッテリーの余裕がなくなってきた。淑子さんの体温がどんどん下がった。救急車を呼びたくても、携帯電話がつながらない。英語教室を開いていた淑子さんの教え子の電話が通じたため、119番をしてくれた。「もう電池がないんです。人工呼吸器が止まりそうです」あわてた救急隊が近くの病院と交渉し、病院の手術室を避難場所に開けてくれた。淑子さんの体温も戻ってきた。
 …などと伝えています。

◇入院中の児童と 分身ロボットで一緒に授業 鳥取市
  日本海テレビ 2021.02.25
◇障害者も一緒に楽しめる遊具を設置へ 
 藤沢・秋葉台公園内 来月中旬に利用開始
  東京新聞 2021年2月25日
◇難病ALSが残したもの
  東日新聞 2021/02/25
◇精神病床、入院後1年時点退院率94%を目標に
 高知県が障害福祉計画・障害児福祉計画案公表
  (医療介護CBニュース)Yahoo!ニュース 2/24
◇横浜市港北区小机の小児医院 
 障がい児医療に音楽活用 ウクレレ往診で心つなぐ
  タウンニュース 港北区版 2021年2月25日
◇れ新 木村英子参院議員 新型コロナ感染 症状は安定 自宅療養
  NHKニュース 2021年2月24日

✨☆【医療的ケア児 支援強化へ】 2021年2月23日
 公明党江戸川区議(東京都本部女性局次長):竹平ちはるさん
> たんの吸引や人工呼吸器の装着が日常的に必要な「医療的ケア児」への支援強化が進んでいます。厚労省の推計によると、19歳以下の在宅の医療的ケア児は、2019年に2万人を超え、禁煙増傾向にあります。本年1月には超党派国会議員の勉強会「永田町子ども未来会議」は「医療的ケア児支援法案」をまとめました。法案には、個々の状況に応じた切れ目のない支援の実施など、多角的な施策が盛り込まれています。2月22日付の公明新聞では、同法案の主な内容について特集していますので、ぜひご一読ください。
 …などと伝えています。
↑関連↑
 ☆医療ケア児 支援強化 法案提出へ…自治体対応 責務に
  読売新聞 独自 2021/02/22
 > 超党派議員で作る「永田町子ども未来会議」は、医療的介助が必要な「医療的ケア児」への支援を強化する「医療的ケア児支援法案」を、今国会に議員立法で提出する方針を固めた。国や自治体、学校に対し、ケア児に必要な対応を責務として求めることが柱だ。
 …などと伝えています。 その紙面(関西版) 
 ↑↑荒井さとし衆院議員(立憲民主党)FBより
   本日、2月22日(月)の読売新聞の2面です。
  私が取り組んでいます医療的ケア児の記事です。
  今国会での法案成立を目指しています。
  …などと伝えています。
 △永田町子ども未来会議  
   座長の荒井さとし衆院議員(立憲民主党)HP
   でも適時報告掲載されてます。
   その掲載内容から…
    ・医療的ケア児及びその家族に対する
     支援に関する法律案の全体像
    ・配布リーフレット
      超党派永田町子ども未来会議
      医療的ケア児支援法案(仮)成立を目指して
 
✨☆青森市で医療的ケア児の支援検討部会 
 現状の課題や対応策は
  ABAニュース(青森朝日放送) 2021/02/23
 > 「医療的ケア児」と呼ばれる、医療的なサポートを必要とする子どもについてです。日常的にたんの吸引、さらに食事もチューブを使って補給するといったサポートが必要で、保育園などの受け入れ先が課題となっています。その、「医療的ケア児」の支援に対する課題や、対応策について話し合う検討部会が青森市で開かれました。
 …などと伝えています。
 *令和2年度第2回青森県障害者自立支援協議会
  医療的ケア児支援体制検討部会を開催します ←2/22開催
   青森県障害福祉課 2021年2月17日
 △医療的ケア児支援ハンドブックについて
   青森県障害福祉課 2020年3月27日  
 
✨☆しのびよる介護崩壊 .灰蹈焚辧△△覯搬欧裡映
  やさしいニュース TVO テレビ大阪 2021年2月24日
 > 新型コロナが流行する中、介護をする人もされる人も感染リスクが高く、不安な日々が続いています。重度障害のある家族を自宅で介護する人、そして高齢者介護の現場を取材しました。
 …などと伝えています。

✨☆コロナ禍での障がい者の生活と介助の実態
 〜_Safety through Inclusion
 (「安全は、地域で共に生きることを通して」)〜
  渡邉琢 note 2021/02/25
 > 先月(2021年1月)、京都の某大学の法学部の教員や職員向けの人権研修会で、タイトルの通り、コロナ禍での障害者の暮らしの状況や課題について、お話ししてきました。pcr検査の件数や、トリアージのことは話していません。それよりも、そもそもの日々の暮らしのあり方を大事にして話しています。入所施設の暮らしと、地域で支援を得ながらの暮らしの大きな差異を、あまり知られていないので、強調しました。以下、レジュメだけですが、公開しますー。
 …などと伝えています。

☆「生きる意味とは」「幸せとは」
 脳内出血で全身に障害の元新聞記者、高校生にオンライン授業
  京都新聞 2021年2月25日
 > 脳内出血の後遺症で全身に障害が残る元京都新聞記者塚本宏さん(56)が講師を務めるオンライン授業が24日、岡山市の瀬戸南高で行われた。塚本さんは文字盤を使うなどして質問に答え、生徒たちは「生きる意味」や「障害とは」といった重い問いと向き合った。2017年8月に倒れた塚本さんは、体が動かなくなり、言葉を発することもできなくなった。障害者として生きる日常や苦悩、パラリンピックを取材するという夢を、iPadを操作して現役の記者のサポートを受けながら執筆。昨年3〜4月に「2本の指で、生きる。IKIRU」として京都新聞に掲載した。
 …などと伝えています。

☆ダブル介護で仕事ができない! 
 祖父母の面倒もみる「8030問題」とは?
  47NEWS 2021/2/24
 > 20〜30代で祖父母や親の介護のため、仕事ができない人がいることはご存じだろうか。少子高齢化も進み、その数は徐々に増加傾向にあるという。問題を著書「おばあちゃんは、ぼくが介護します。」(法研)にまとめた作家でメディア評論家の奥村シンゴ氏が自らの体験をもとに解説する。
 …などと伝えています。

☆『青のSP』葛藤を抱える役どころを田中奏生が好演 
 山田裕貴は教師役の演じ分けが光る
  (リアルサウンド)Yahoo!ニュース 2/24
 > 家族の介護や世話をする18歳未満の子どもをヤングケアラーまたは若年介護者と呼ぶ。「高齢化社会の到来で若い人たちが家族の介護を強いられ、勉強することも働くこともできなくなっている」。正確な実態はわかっていないが、ある調査では高校生の約4%がヤングケアラーに相当するとされている。『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(カンテレ・フジテレビ系)第7話では、深山敏春(田中奏生)に注目が集まった。敏春は幼い頃に両親が離婚。母親は1か月半前に出て行き、1人で祖母の介護をしている。食べるものを買う金もなく、祖母には給食をタッパーに詰めて持って帰り、自分はコンビニでパンを万引きして飢えをしのいでいた。
 …などと伝えています。

☆長期入院の子に学習の場を
  日本経済新聞 2021年2月24日
 > 小児がんなどで長期入院する子どもたちの学習を支える活動が広がってきた。治療や体調などの事情に合わせ、一人ひとりに寄り添う。新型コロナウイルスの感染が拡大してからはオンラインによる遠隔授業を活用し、切れ目なく学べるよう工夫を凝らす。
 …などと伝えています。

☆青いひな人形、医療従事者にエール 闘病中の職人の思い
  朝日新聞デジタル 2021年2月24日
 > 新型コロナウイルスの治療にあたる医療従事者への感謝の思いを込めた青いひな人形が、滋賀県東近江市五個荘金堂町の近江商人屋敷「中江準五郎邸」で飾られている。難病を抱えるひな人形職人が約10カ月かけて作った。展示は4月中旬まで。
 …などと伝えています。

◇れいわ・木村英子参院議員が感染 
 国会議員11人目、重い身体障害
  共同通信 2021/2/24
◇“消えた看護師”はどこに? コロナ禍で危機的な人手不足
  NHK政治マガジン 2021年2月24日
◇<目耳録> いけちゃん
  中日新聞 2021年2月24日
◇障害児が遊べる、おもちゃを寄贈 長門/山口
  毎日新聞 2021/2/24
◇東京パラ開幕まであすで半年
  6割以上の競技団体“開催に不安
  NHKニュース 2021年2月23日

✨☆県施設の障害者支援「利用者目線ではない」 
 検討部会報告
  神奈川新聞 2021年2月23日
 > 県立障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件を踏まえ、県立施設の利用者支援の実態を検証する県の有識者組織は22日、報告書の素案をまとめた。職員に身体拘束は禁止であることの認識が低く、身体拘束ありきの支援を行っている事例などがみられたことから、「利用者目線の支援にはなっていない状況が確認された」と報告した。「障害者支援施設における利用者目線の支援推進検討部会」(部会長・小川喜道神奈川工科大名誉教授)が昨年7月以降、県直営と指定管理者制度の計6施設について身体拘束の実態調査や職員らのヒアリングを進めてきた。
 …などと伝えています。
 *障害者施設「要改善」の報告書案
   NHKニュース 神奈川県 02月22日
  > 神奈川県の障害者福祉のあり方について検証を続けてきた部会が22日、「県立の障害者施設では利用者の身体拘束が行われるなど利用者目線になっておらず、改善が必要だ」などとする報告書の案をまとめました。
 …などと伝えています。 
  ・「身体拘束など 改善が必要」
   神奈川県の障害者福祉 在り方検証
    NHKニュース 2021年2月22日

☆相模原事件があぶり出した日本の裁判の「異常」
 知見や教訓を得ないまま「儀式化」が進んでいる
  東洋経済 中村 陽子 : 東洋経済 記者 2021/02/23
 > 2016年、死者19人、負傷者26人を出し日本中を震撼させた相模原障害者施設殺傷事件。元職員・植松聖(さとし)の裁判は初公判からわずか1カ月強で結審、死刑が確定した。かつてオウム真理教・麻原彰晃の判決公判に立ち会った著者は強烈な既視感を覚える。それは、最初から凶悪事件に死刑ありきで裁判が儀式化している現実。結果的に事件の動機や背景の解明は不十分なまま、次々と闇へ葬り去られている現実だった。『U 相模原に現れた世界の憂鬱な断面』を書いた映画監督で作家の森達也氏に聞いた。
 …などと伝えています。
☆人間にとって自由とは〜「やまゆり園」と身体拘束
 *(上) 令和の幸福論 野澤和弘 毎日新聞 2021年1月10日
 *(下) 令和の幸福論 野澤和弘 毎日新聞 2021年1月11日

✨☆仕事内容変わらずも…訪問介護は優先接種の対象外
  テレ朝日 2021/02/23
 > 政府は、新型コロナウイルスのワクチンについて、高齢者の次に高齢者施設で働く介護職員などへ優先接種を始めたいとしています。実は、同じ介護の仕事でも、老人ホームなどの施設で働く人は優先接種の対象ですが、訪問介護で働く人は対象外です。
 …などと伝えています。

☆愛知・東浦の傷害、
 被告が起訴内容認める 名古屋地裁初公判
  中日新聞 社会 2021年2月22日
 *障害者施設の傷害事件で初公判
   NHKニュース 東海 02月22日

☆AIとiPS細胞技術でALSの診断をサポート 
 京大iPS研が手法開発
  (京都新聞)Yahoo!ニュース 2/23
 > 人工知能(AI)とiPS細胞(人工多能性幹細胞)の技術で、全身の筋力が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の診断をサポートする手法を開発したと、京都大iPS細胞研究所のグループが22日発表した。速やかなALS診断に結び付く可能性があるという。米科学誌アナルズ・オブ・ニューロロジーに掲載された。
 …などと伝えています。

◇障害等級の違いによる郵便投票制限は「違憲」 女性提訴
  朝日新聞デジタル 2021年2月23日
 *岡山県知事選 「郵便投票拒否は不当」
  障害等級で差、女性提訴
   毎日新聞 2021/2/23 東京朝刊
◇館林二小・石山君が最高賞 全国小・中学生障がい福祉作文
 難病抱え、病気への理解と将来の夢つづる
  上毛新聞 2021/02/23
◇二宮清純「菅首相、コロナ対策だけでなく
 障害者の安心・安全にも万全を」#東京オリパラ開催なら
  (Forbes JAPAN)Yahoo!ニュース 2/23
◇手作りおもちゃ 笑顔生む 
 中間・菊田さん 障害の子へ長年活動
  読売新聞 福岡 2021/02/23

✨☆医療ケア児 支援強化 法案提出へ…自治体対応 責務に
  読売新聞 独自 2021/02/22
 > 超党派議員で作る「永田町子ども未来会議」は、医療的介助が必要な「医療的ケア児」への支援を強化する「医療的ケア児支援法案」を、今国会に議員立法で提出する方針を固めた。国や自治体、学校に対し、ケア児に必要な対応を責務として求めることが柱だ。
 …などと伝えています。 その紙面(関西版) 
 ↑↑荒井さとし衆院議員(立憲民主党)FBより
   本日、2月22日(月)の読売新聞の2面です。
  私が取り組んでいます医療的ケア児の記事です。
  今国会での法案成立を目指しています。
  …などと伝えています。
 △永田町子ども未来会議  
   座長の荒井さとし衆院議員(立憲民主党)HP
   でも適時報告掲載されてます。
   その掲載内容から…
    ・医療的ケア児及びその家族に対する
     支援に関する法律案の全体像
    ・配布リーフレット
      超党派永田町子ども未来会議
      医療的ケア児支援法案(仮)成立を目指して
 △関連……
  *2021年度当初予算案を発表=大阪府豊中市
    時事ドットコム 2021/02/22
   > 豊中市の2021年度当初予算案は、一般会計は前年比2.4%増となる1592億2831万9千円と、過去最高となりました。主な取り組みは次のとおりです。 …略…
 ○医療的ケアが必要な児童・生徒の教育環境の充実(病院との連携による看護師派遣) 【7865万8千円】
 …などと伝えています。

✨☆ケアラー・元ヤングケアラーの方の体験談を配信します
 〜埼玉県ケアラー支援WEB講座の公開〜
  埼玉県福祉部地域包括ケア課  2021年2月19日
 >・ケアラー編 ケアラーとは?〜ケアラーが語る介護〜
  ・ヤングケアラー編 私たちはヤングケアラーだった
  …などが掲載されています。
  *ケアラー(介護者等)支援
    埼玉県福祉部地域包括ケア課 2021年2月19日
  △関連……
   *ヤングケアラー支援で神戸市が専門部署 
    相談・情報窓口4月新設
     au Webポータル国内ニュース 02/17 毎日新聞
   *秋田県、「ケアラー」支援本腰 
    相談体制構築、実態調査も
     ワムネット 秋田魁新報 2021年2月12日
 
☆生活保護支給額引き下げの違憲訴訟
 減額取り消す判決 大阪地裁
  NHKニュース 社会 2021年2月22日
 > 国が生活保護の支給額を平成25年から段階的に引き下げたことの是非をめぐる裁判で、大阪地方裁判所は「最低限度の生活の具体化に関する国の判断や手続きに誤りがあり、裁量権を逸脱・乱用し、違法だ」として、支給額の引き下げを取り消す判決を言い渡しました。
 …などと伝えています。
 *社説:生活保護 使いやすい「安全網」に
   朝日新聞デジタル 2021年2月22日

☆こだわりで評判のチョコレート 従業員の半分以上は障害者
  東京新聞 社会 2021年2月22日
 > 愛知県豊橋市を拠点に全国展開するチョコレート店「久遠チョコレート」が注目を集めている。グループ全体で約500人の従業員のうち半数以上は障害者。こだわりの商品はおいしいと評判で、コロナ禍でも出店が続く。代表の夏目浩次さん(43)は「誰も排除しない社会を、このチョコを通じて示したい」と話す。
 …などと伝えています。

◇足などに障害で郵便投票できず 
 岡山知事選めぐり40代女性提訴
  (毎日新聞)Yahoo!ニュース 2/22
◇“映え”スポット 障害者が制作 
 SNSで好評 季節に合わせ公園に展示
  (長崎新聞)Yahoo!ニュース 2/22
◇〈精神障害包括ケア〉市町村もピアサポ養成へ
  (福祉新聞)Yahoo!ニュース 2/22

 ✨☆#やまゆり園事件は終わったか <長期連載中です>
 「何もできない子だと思い込んでいた」園を出て気づけた誤解
   毎日新聞 2021/2/21 上東麻子 社会 神奈川
 > 津久井やまゆり園(神奈川県)では重い障害がある入所者19人が殺害された事件後、利用者の一部が別の施設やグループホームに移った。吉田壱成(いっせい)さん(27)もその一人だ。事件後、家族が施設での虐待を疑い、行政に情報開示請求をするなど調査をしてきた。しかし、「密室」の壁は厚く、調査はなかなか進展しない。そんな中、壱成さんには大きな変化が生まれていた。原因不明のけがに不信感 壱成さんは2013年に津久井やまゆり園に入所。重度の知的障害と行動障害がある。母・美香さん(47)が個人情報開示請求で取得した神奈川県厚木市の報告書「虐待通報に係る対応経過について」と美香さんの話から大けがの状況が浮かび上がる。2018年10月5日、美香さんが面会に行くと、壱成さんが右足を引きずり「痛い、痛い」と言いながら出てきた。職員に尋ねると「転んだか、他の利用者かだれかが踏みつけた可能性がある」と説明された。壱成さんは「(やまゆり園に)戻りたくない」と訴えた。病院で打撲と診断されたが、青いあざは足の根元から足先まで広範囲にわたり、腫れ上がっていた。園の家族向けの手紙によると、壱成さんがいた6寮では10月1日から20日までに入所者のけがが計5件あり、うち1件は骨折だった。美香さんは園の説明があいまいだと感じたという。これまでも帰宅した後に園に戻るのを度々嫌がっていた。虐待が疑われる。2年前に足を骨折した時も原因が不明なままだった。別の法人の施設で保護してもらうことになり、その過程で、関係者が壱成さんの住所地である厚木市に虐待通報した。
 …などと伝えています。

✨☆障害者作業所、苦しい運営 
 コロナ禍で製品販売と受託作業が減少
  河北新報 2021年02月21日
 > 新型コロナウイルス禍が障害者作業所の運営にも影を落としている。各種イベントの中止や企業の業況悪化で、製品販売の落ち込みや受託作業の減少に直面。コロナ禍の収束が見通せない中、新たな販売方法や販路の開拓を迫られている。
 …などと伝えています。

✨☆看護師の日雇い派遣 4月以降容認へ 厚生労働省
  NHKニュース 医療 2021年2月21日
 > 新型コロナウイルスの影響で介護施設や障害者施設などで働く看護師へのニーズが高まる中、厚生労働省は、法律で原則禁止されている看護師の日雇い派遣について政令を改正し、4月以降認める方向で検討を進めています。
 …などと伝えています。

☆アフター・コロナの冷酷で厄介な「優生思想」は
 苛立ちと嫌悪感に宿る
  (荒井 裕樹) 現代新書 講談社 2021.02.21
 > 群像×現代新書のコラボ企画「DIG 現代新書クラシックス」の第3弾(『群像』3月号掲載)は、二松学舎大学准教授の荒井裕樹氏が『優生学と人間社会』(2000年刊)を論じます。命に優劣をつける優生思想は、この20年でどのような変遷を辿どこに向かっているのか? アフター・コロナの時代に私たちが直面する新しい「優生思想」に迫ります。
 …などと伝えています。

☆障がいがあっても「自分で選択していく人生」を。
 得意なことで社会とつながることが、自己肯定感を生む
  ハフポスト 2021年02月21日
 > 神奈川県内では、SDGsが掲げる持続可能な社会を実現するために多くの活動が行われている。その1つである「NPO法人アール・ド・ヴィーヴル」では、2021年4月のオープンを目指し、新たに生活介護施設、就労継続支援B型事業所、ギャラリー・カフェを兼ね備えた複合型施設の整備を進めており、現在、その整備費用の一部をクラウドファンディングで募っている。
 …などと伝えています。

◇姿勢、情緒… 改善の事例
 /発達障害児支援施設「りんけん」(八戸)開設半年
 /特性に応じ個別訓練
  (Web東奥)Yahoo!ニュース 2/21

✨☆コロナ下で衰弱、発見遅れ 
 光も音もない「盲ろう」女性 手をつないで、密着は命
 (京都新聞)Yahoo!ニュース 2/20
 > 相手の手に自らの手を重ねて「会話」する−。「触手話(しょくしゅわ)」は光も音もない世界で生きる盲ろう者が社会とつながる扉を開く。新型コロナウイルスの感染を防ぐために「距離」が求められる時代。昨夏、コミュニケーションの機会が失われ、衰弱した状態で見つかった盲ろう者が滋賀県にいた。
  ・手のぬくもり
  ・4カ月で一変「フレイル」に
  ・「たっち たっち」何が起こったのか
  ・コロナ禍の支援
  ・密着は「盲ろう者のいのち」
 …などと【動画】youtube付きで伝えています。

✨☆日本初・障がい者の「きょうだい」 に光を当てた短編映画
 『ふたり〜あなたという光〜』
  sotokoto online(ソトコトオンライン) 2021.02.10
 > 障がい者の「きょうだい」に焦点を当てた映画が2月11日(木)に公開されます。数多くの「私もきょうだいです」との当事者の声が届いています。当事者以外、企業からも応援が集まり、「きょうだい」に対する注目が集まっています。
 …などと伝えています。
 △映画『ふたり〜あなたという光〜』
  クラファン開始記念LIVE!! 辰ょうだい映画製作委員会
   note きょうだい映画製作委員会 2020/11/28
  >*目次
   ・障がい者が家族にいるってこと
   ・様々な問題点
   ・佐藤監督からみた障がい者をもつきょうだい
   ・障がい者と障がい者をサポートする側の溝をなくす
   ・様々なメッセージを乗せて、映画をたくさんの方の元へ
  …などと伝えています。
 *映画『ふたり〜あなたという光〜』 Facebook

☆バケツに雨水・レトルトで給食、地震の断水に耐えた6日間…
 宮城の病院が復旧へ
  読売新聞オンライン 社会 2021/02/20
 > 福島県沖を震源とする最大震度6強の地震から20日で1週間になった。地震の影響で、6日間断水が続いた宮城県山元町の国立病院機構「宮城病院」では、職員がポリタンクを手に給水車との間を何度も往復、入院患者約260人に缶詰やレトルトの非常食で我慢してもらうなどして乗り切った。22日の外来診療再開を目指し、復旧作業を進めている。
 …などと伝えています。

☆上川管内コロナ禍1年 感染拡大の教訓生かせ
 医療機関で対策進む
  北海道新聞 02/20
 > 上川管内と旭川市で新型コロナウイルスの感染者発生が相次いで発表されてから、21日と22日でそれぞれ1年になる。マスク不足や外出自粛要請などで市民は我慢の生活を強いられ、今もなおコロナとの闘いは続く。旭川市内では昨年11、12月、医療機関など3カ所で感染者数がそれぞれ3桁に上る大規模クラスター(感染者集団)が発生。今月2日までに終息したが、初動態勢のあり方や施設内での感染対策など不十分だった点が浮き彫りとなった。クラスター対応で得られた多くの教訓は、次の「波」を阻止するための対策に生かされている。
 …などと伝えています。

◇ALS、アルツハイマーも根治? 
 iPS細胞が持つ「難病治療」の可能性
 〈週刊朝日〉AERA dot (アエラドット) 2021.2.20
◇障害者の会話支援アプリで海の生き物見学会 
 茨城県立水戸聾学校、大洗水族館で
 (茨城新聞クロスアイ)Yahoo!ニュース 2/20
◇原発避難、24万人が要支援 災害時体制「不十分」は6割
 (共同通信)Yahoo!ニュース 2/20

✨☆医療的ケア児、通所に光明 国、支援の報酬に新区分 
 制度の狭間「動ける子」預けやすく
  朝日新聞デジタル 2021年2月19日
 > 日常的にたんの吸引や人工呼吸器の使用などの医療的なケアが必要な「医療的ケア児」を育てる家族にとっては、預け先がなかなか見つからないことが大きな悩みです。預け先が増えないのは、動き回ることができる医療的ケア児らへの手厚いケアに見合った報酬を受け取りづらい制度上の課題があったといい、厚生労働省は今回、その部分を見直しました。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆介助の家族依存改善を
 オンライン 京障連シンポに170人
  しんぶん赤旗 2021年2月19日
 > 京都障害児者の生活と権利を守る連絡会(京障連)は17日、オンラインシンポジウムを開き、障害児者の家族が感じる困難や、家族依存が成り立つ福祉制度の実態などを交流しました。
 …などと伝えています。 その紙面
 *第 1 回
  「子どもと親の SOS をキャッチする仕組みを考える」シンポジウム(ZOOM開催)
   主催:京都障害児者の生活と権利を守る連絡会

✨☆旧優生保護法 強制不妊被害者 一時金支給率、
 なぜ低い 障害者団体など、府に質問・要望/大阪
  毎日新聞 2021/2/20 地方版
 > 「救済措置 周知徹底を」
 旧優生保護法(1948〜96年)下で不妊手術を強いられた人の救済に向け、府内27の障害者関連団体でつくる「大阪障害フォーラム」(ODF)など3団体が、一時金支給法の運用に関する質問書を府へ提出した。16日付。「障害に配慮した丁寧な情報提供と、積極的な被害の掘り起こしがなければ、補償の機会が奪われる」として、府に被害調査の実施や救済措置の周知徹底を求めている。
 …などと伝えています。

✨☆父そしてALS患者の笑顔のために…
 女子高生が応援イベント開催へ(島根・雲南市)
  FNNプライムTSKさんいん中央テレビ 2021年2月19日
 > TSKが継続取材している全身の筋力が低下する難病、ALS。この頭文字と同じ「ALL LIFE SMILE」と題したオンラインイベントを島根県の女子高生が企画し近く開催される。
 …などと伝えています。

ALSと生きる <20年4月から連載中>
 *22:要介護とは
  難病ALSの声優が語る
   「要介護1」から「要介護4」への変化とは
   講談社 FRaU(津久井 教生) 2021.02.20

✨☆胃ろうからも「お母さんの手料理」を食べる
  在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活
 *(上)yomiDr.ヨミドクター(読売新聞)2021年1月22日
  > 毎日、新型コロナウイルスのニュースが報道され、テレビをつけると悲しい気持ちになってしまいますね。私もいつ感染するかわからない不安の中で生活しています。昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、訪問栄養指導を中止する患者さんが何名かいらっしゃいました。一方で、管理栄養士の訪問を心待ちにしていた、あるお母さんがいました。
  ・重い障害のある子どもと家族の暮らしを支える
   小児在宅医療
  ・成長とともにのみ込む機能が低下して胃ろうに
  ・手料理を滑らかなミキサーに。「胃ろう食」とは?
   …などと伝えています。
 *(下)yomiDr.ヨミドクター(読売新聞)2021年2月19日
  > 前回は、脳性まひのために、食べる機能の障害がある20歳の琴ちゃんが、胃ろうを造設した後に口から食べる訓練を行いながら、胃ろうからもお母さんの手料理を食べていく様子をご紹介しました。琴ちゃんのお母さんは、「食べているときのうれしそうな顔、反応の良さを見ていると、口から食べることは本当に大切だと実感しています。我が家には我が家の味がありますから、一緒に味わうことができるのも嬉しいですね」と語ります。家族で同じ食卓を囲み、「おいしいね」と食事を楽しむこと。当たり前のようですが、それがかなわないご家庭もあることに改めて気づかされました。
  ・「口から食べる楽しみ」を「生活の楽しみ」に
  ・おはぎもクリスマスケーキも笑顔でペロリ
  ・通所施設や支援学校でも
   「食べる楽しみ」をかなえてほしい
   …などと伝えています。

✨☆希少疾患への社会的偏見をなくそう!
 オンラインでシンポジウム開催
  yomiDr. ヨミドクター(読売新聞) 2021年2月19日
 > 患者数が極めて少ない「希少疾患」の社会的偏見の解消をテーマにした「Rare Disease Day 2021 シンポジウム」(主催:武田薬品工業株式会社、RDD日本開催事務局)が14日、オンライン配信で行われた。パネリストらが、周りの理解が得られずに体験したつらさや、理解を求めるための活動内容などを発表した。
 …などと伝えています。

☆難病と闘いながら診療看護師を目指す 入院経験も糧に
  山陰中央新報社 2021年2月19日
 > 松江市の看護師が、靱帯(じんたい)が骨化する難病と闘いながら「診療看護師」(ナース・プラクティショナー、NP)認定を目指している。NPは、医師の指示がなくても事前に決めた手順に従って特定の医療行為ができる看護職で、島根県内で11人と少ない。患者として看護のあり方を考えさせられた現在のリハビリ入院生活の経験も糧に、キャリアアップして地域医療に貢献したいとの思いを強める。
 …などと伝えています。

✨☆厚労省
 社会保障審議会障害者部会(第105回)の開催ついて 
  (オンライン開催・ペーパーレス) ←2/26開催予定
 >1.開催日時:令和3年2月26日(金)13:00〜15:00
  3.議題(予定):
  (1)障害保健福祉施策の動向について
  (2)その他
 …などと伝えています。
 *これまでの同障害者部会の資料や議事録等はココを

☆緊張リセット 癒やし空間 七尾の障害児施設に整備
  北陸中日新聞 石川 2021年2月20日
 > 七尾鹿島手をつなぐ育成会(NPO法人)が運営する七尾市小島町の児童発達支援・放課後等デイサービス施設「ほうぷ子どもの家」(大谷済美センター内)に、知的障害者らの癒やし空間「スヌーズレン」の部屋が整備された。
 …などと伝えています。
 *光や音、香り 癒やし空間 七尾「ほうぷ」に療育室
   北國新聞 2021/2/20

✨◇ヤングケアラーの実態知って オンライン講演会
  朝日新聞デジタル 2021年2月19日
◇闘病の子らに“装い”支援 
 「チャーミングケア」買い物サイトが開設1年
  中日新聞 2021年2月19日
◇「費用が高くて無理」から一転、
 駅のホームドアが急に増えた鉄道業界の変化
  (プレジデントオンライン) Yahoo!ニュース 2/19
◇新型コロナ_ 視覚障害者、細る介助 新型コロナで接触避け
  日本経済新聞 2021年2月19日
◇多目的トイレの名称変更と心のバリアフリー 
 トイレは機能集中から最適化へ
  (加藤篤) 個人 Yahoo!ニュース 2/20
◇オンライン会議では5つのポイントを心掛けたら、
 みんなが分かりやすくなる 聴覚障害者からの提案
  東京新聞 社会 2021年2月19日
◇エスカレーターは立ち止まって 
 右側空ける習慣も接触事故多く、
 自民県議団が条例案 罰則は盛り込まず
  埼玉新聞 2021年2月20日
 *全国初「エスカレーター歩かない」条例案 
  埼玉県議会・自民会派が提出へ
   産経ニュース 2021.2.19
 △「立ち止まって乗ろう エスカレーター」
   埼玉県県民生活部消費生活課 2020年12月25日

✨☆NHK Eテレの子育て情報番組
 「すくすく子育て」で、
 「長期入院・在宅ケアの子育て」のアンケート募集中
 > 子どもが長期入院している(していた)、自宅で子どもへの医療的ケアや介護などが必要、といった状況のママ・パパの声をお聞かせください。子ども本人、きょうだい、ママ・パパの困りごと、またコロナ禍での入院生活(付き添い、面会の制限など)や、家での生活の変化など、悩みや疑問・質問などをお寄せください。
 …などと専用フォームで伝えています。

✨☆【解決策が見えない】コロナで追い込まれる障害者作業所
 時給130円で働く障害者たち ボーナス1万円の行方は・・・
  朝日放送キャスト特集 2021年2月15日放送  YouTube
 > 新型コロナの影響で、深刻な収入減少にあえいでいる、障害者の作業所。例年のように、冬のボーナスを支給できたのでしょうか?
支払う側と受け取る側、それぞれの思いとは。
 …などと伝えています。
 △関連…
  *“このままでは時給130円が払えなくなる”
   コロナで追い込まれる障害者作業所
    朝日放送キャスト特集 2021年1月26日放送 YouTube
  *作業所に生きる 〜時給130円で働く人たちの喜びと悩み〜
    朝日放送キャスト特集 2018年9月24日放送 YouTube
 △その他の同特集で放送された:
  シリーズ「老障介護」もYouTubeでUPされています。
   
✨☆届け「そらぷち」の冬 難病児らに雪の宅配便
  朝日新聞デジタル 2021年2月18日
 > 難病や障害のある子どもと家族らが憩う、北海道滝川市の丸加高原にある医療ケア付き自然体験施設「そらぷちキッズキャンプ」が、雪を発泡スチロール容器に詰めて、各地の病院などに送っている。北海道の冬を全国の病棟に届けようという取り組みだ。「そらぷち」は2012年に全面開業。小児がんなど難病とたたかう子どもや家族らを無料で招待しており、乗馬施設もある広大な野原や森のツリーハウスなどで自然を満喫できる。これまでに全国から1千人超が訪れている。
 …などと動画とともに伝えています。

✨☆在宅障害者コロナ感染「訪問時間可能な限り短く」
  CBnews 2021年02月18日
 > 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部と社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課は、在宅で生活する障害者が新型コロナウイルス感染症に感染した場合の留意点などに関する事務連絡(16日付)を、都道府県、保健所設置市、指定都市、中核市、特別区に出した。管内の市町村や障害福祉サービス事業所などに留意事項を周知するよう求めている。事務連絡では、在宅で生活する障害者が新型コロナウイルス感染症に感染し、入院の必要がないと医師が判断した場合は、自宅などで療養する場合があることを説明。訪問系サービスの提供に当たっては、「訪問時間を可能な限り短くする等、感染防止策を徹底すること」としている。具体的には、▽サービス提供前後における手洗い▽マスクの着用▽エプロンの着用▽必要時の手袋の着用▽咳エチケット−を徹底するよう求めている。また、感染している利用者に直接接触したり、患者の排出物を処理したりする場合は、「サージカルマスク、眼の防護具、長袖ガウン、手袋を着用すること」としている。
 …などと伝えています。
 △厚労省
  自治体・医療機関向けの情報一覧(事務連絡等)
  (新型コロナウイルス感染症)2021年
 ☆【意見募集結果】
 (仮称)明石市新型コロナウイルス感染症の患者等に対する
 支援及び差別禁止に関する条例 素案について
  明石市感染対策局安全統括室 2021年2月17日
 > 2021年(令和3年)1月12日(火)〜2月10日(水)まで「(仮称)明石市新型コロナウイルス感染症の患者等に対する支援及び差別禁止に関する条例 素案」に関する意見を募集した結果、14名の方から計25件のご意見をいただきました。ご協力ありがとうございました。いただいた意見の概要と市の考え方を公表します。
 *意見募集結果について
 …などと伝えています。

✨☆「ひとりも取り残さないために
  〜みんなで助かるインクルーシブ防災〜」
  NHKハートフォーラム<オンライン>←3/6開催

☆「さっちゃんのまほうのて」の著者が新著 
 医療的ケア児と家族の困難と幸せ描く
  浦和経済新聞 2021.02.18
 > 浦和区在住の野辺明子さんは医療的ケアを必要とする子どもと家族を描いた著書「命あるがままに」(中央法規出版)を12月14日、出版した。
 …などと伝えています。

◇佐賀駅に自動ドア JR九州3月設置 障害者団体の声受け
  佐賀新聞 2月18日
◇山中伸弥教授らから感謝メッセージ
 難病研究の支援を呼び掛ける193募金
  サンテレビニュース 2021年02月18日

✨☆ヤングケアラー支援で神戸市が専門部署 
 相談・情報窓口4月新設 
  毎日新聞  2021/2/17
 > 通学や仕事をしながら家族の介護や世話をし、「ヤングケアラー」と呼ばれる子供や若者を支援する専門部署を、神戸市が4月に新設する。「社会から見えにくい」とされる中、本人や周囲で気付いた関係者からの相談・情報を受ける窓口をつくり、学校や福祉部局などの関係機関による支援をバックアップする。市によると、ヤングケアラー支援に特化した部署の設置は全国初という。
 …などと伝えています。
 *ヤングケアラー〜幼き介護 <長期連載中>
  若い介護者、専門支援 神戸市が部署新設 20代も対象
   毎日新聞 2021/2/18 東京朝刊
 △神戸市:市民福祉セミナー
  「ヤングケアラー〜家族のケアを担う子どもたち〜」
  オンラインで開催します。 ←3/10開催
   神戸市福祉局政策課 記者資料提供(令和3年2月1日) 
  *同セミナー開催案内チラシ  
 ↑関連↑
 ☆2月19日(金)19:30〜放送予定(再放送あり)
   NHK総合TV(関西圏エリア放送)かんさい熱視線
  「ヤングケアラーのその後 長引く影響」
    NHK関西ブログ 2021年02月13日

✨☆【その時何が?】感染恐怖悪夢の連続…
 初クラスター。職員の約6割が陽性。
 「誰が生き残ってますか?」。障害者支援施設で起きた
 大規模感染。終息までの43日間に迫る。
  朝日放送キャスト特集 2021/02/17 youtube
 > 大阪市鶴見区の障害者支援施設「つるみの郷(さと)」。2020年夏、利用者・職員あわせて44人が新型コロナウイルスに突如集団感染。大阪市内の福祉施設での初めてのクラスターだった。ただの夏風邪と対応し…まったくの無防備。この時期の大阪は第2波のピーク。保健所、帰国者外来、あらゆる関係機関に連絡をするが、対応が困難、連絡がつかない。次々と職員が感染していき、いつ終息するかも分からない中、職員の多くは恐怖を押し殺して介助に。そのとき、救世主がやってきた。厚生労働省コロナ対策推進本部地域支援班」の一員、看護師の嶋津享子さん。災害派遣医療チーム「DMAT」の資格も持ち、ダイヤモンドプリンセスでの医療支援にも従事したプロ。そこから立ち直った43日間を追った。
 …などと伝えています。
 △【ABC特集】障害者施設で44人の大規模クラスター発生 
  その時、福祉の現場で何が・・・終息までの43日間を検証
  (ABCニュース)Yahoo!ニュース 2/12

✨☆障害児と家族 自然な姿を写真に 
 北九州市のボランティア団体
   FBS 福岡放送 2021.02.17
 > こちらの写真。さまざまな障害を持つ子どもとその家族の自然な姿をとらえています。コロナ禍で改めて家族の大切さを感じたという人も多いのではないでしょうか。障害児の家族を撮影する北九州市のボランティア団体の取り組みを取材しました。
 …などと伝えています。
 *muikku(ムイック) HP FB

☆重度障害者らが自宅にいながら接客スタッフに 
 「分身ロボットカフェ」日本橋に開店へ
  東京新聞 東京 2021年2月18日
 > 重度障害者らが自宅から「分身ロボット」を操作して、接客スタッフとなるカフェが六月、中央区の日本橋エリアに開店する。外出が困難なため、就職をあきらめていた人たちを支援する。エンジニアも常駐し、実際の接客で分かった課題を集めてロボットの改良につなげる研究拠点にもする。
 …などと伝えています。

☆ALS嘱託殺人、医師1人追起訴 
 健康診断書不正交付 京都地検
  毎日新聞 2021/2/17
 *診察せず「健康に問題ない」診断書交付 
  ALS女性嘱託殺人の被告を追起訴
   京都新聞 社会 2021年2月17日

☆「旧優生保護法違憲国賠兵庫訴訟において
 公正な判決を求める要請署名」にご賛同お願いします!
 *優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会 HP FB
   ・ネット署名専用フォーム 

◇「障害者を見世物にしやがって」多くの批判より
 “働く場所”としてのバー開業「健常者かそうでないかで
 分断するのは意味がない」
  Web東奥 2021年2月18日

☆難病の治療法、早期開発を 筋ジス瀬戸さん
 「世界希少・難治性疾患の日」前に講演
  中国新聞デジタル 2021/2/17
 > 28日の世界希少・難治性疾患の日(RDD)を前に、広島県府中町の筋ジストロフィー患者の瀬戸優磨さん(29)たちが16日、オンラインで講演した。患者が少なく治療の難しい病気の治療法を研究開発していく重要性を訴えた。
 …などと伝えています。
 *世界希少・難治性疾患の日 - Wikipedia

☆1年生存率10%、障がいある娘が教えてくれたこと
  オルタナ 2021年2月17日
 > 人間にある23の染色体のうち、18番目が3本ある「18トリソミー症候群(エドワーズ症候群)」。先天性疾患で、心疾患をはじめ様々な合併症状を併発させるため、1年生存率は10%程度とされています。「18トリソミー」で生まれたまゆちゃん(1歳5カ月)のお母さんは「ネット上には障がいに関する後ろ向きな話が多いので、良い面も知ってほしい。もう少し18トリソミーの認知が広まれば、さまざまな選択肢が増えるのではないか」と話します。
 …などと伝えています。

☆新型コロナ 施設内療養、迫る限界 
 高齢者感染、拡大回避に苦慮
  毎日新聞 2021/2/17 西部朝刊
 > 新型コロナウイルスの感染が広がる高齢者施設が後を絶たない。感染の「第3波」で医療機関の病床が逼迫(ひっぱく)し、施設内での療養を余儀なくされるケースが出ているが、施設側の対応には限界がある。重症化リスクが高い高齢者をウイルスからどう守るのか。関係者は危機感を強めている。
 …などと伝えています。

☆児童福祉法改正 「施設から家庭へ」実現するか
 *上:毎日新聞「医療プレミア」 2021年2月13日
 > 2016年の改正児童福祉法で、虐待を受けるなどして親元で暮らせない子どもを原則として里親などの家庭で育てることが国や自治体の方針として定められ、全国で改革が始まっている。現在は約8割の子どもが施設で生活するが、国はまず24年度までに3歳未満の75%以上を里親家庭に転換する目標を掲げている。ところが、国と同じ数値目標を掲げる自治体はわずか1割しかない。果たして実現するのだろうか――。20年4月に早稲田大学に設立された「社会的養育研究所」の所長である児童精神科医の上鹿渡和宏教授(49)に聞いた。
  ・「子どもの最善の利益」を
  ・社会的養育=社会が子どもを支えること
  ・子供の成長に必要な「生活の安定」
  ・すべては「子どものために」
  ・「施設から家庭へ」とは
 …などと伝えています。
 *下:毎日新聞「医療プレミア」 2021年2月14日
 > 「施設から家庭へ」。虐待を受けて親元で暮らせない子どもを育てる日本の仕組みは、今まさに再構築の過渡期にある。2020年4月、この分野として国内の大学で初の研究機関となる「社会的養育研究所」を設立した早稲田大の上鹿渡和宏教授(49)は「すべての子どもを原則家庭で育てるには、自治体や施設だけでなく、里親、そして一般の地域の人たちも変わらなければいけない」と言う。どういうことなのか。13日アップの「上」に続いて聞いた。
  ・親元で暮らせない子どもを知る
  ・「施設から家庭へ」 全ての子供や家族に利点
  ・この機会を逃したくない
  ・「施設から家庭へ」
 …などと伝えています。

☆宅急便の生みの親、小倉昌男が振り返った
 経営、競争、障害者福祉
  ダイヤモンド・オンライン 2021.2.17

☆ダウン症モデル・菜桜さんが「かわいい」と話題! 
 15回の手術を乗り越えて母子が抱く夢
  AERA dot. (アエラドット) 2021.2.17

☆JR佐賀駅に自動ドア3月設置へ【佐賀県】
 (佐賀ニュース サガテレビ)Yahoo!ニュース 2/16
 > JR九州は障害者団体からの要望を受けJR佐賀駅の南北の入口に3月、自動ドアを設置することを決め、16日、団体関係者に伝えました。
 …などと伝えています。
 *3月にも佐賀駅に自動ドア設置へ
   NHKニュース 佐賀県 02月16日

◇障害児と遊べる公園に 「インクルーシブ遊具」設置へ
  神奈川新聞 2021年2月16日
◇新型コロナ 専門家の早期派遣でクラスター発生防止 千葉県
  NHKニュース 2021年2月16日
◇「精いっぱい生きた」岩見さん 
 22歳で死去、障害者の命が歌に
  西日本新聞ニュース 2021/2/17

✨☆特別支援学校での
 医ケア児保護者の付添い期間が短くなるための第一歩が!!
  blogos 駒崎弘樹 2021年02月15日
 > 今月発表された「2021年度東京都予算の概要」によると、『特別支援学校における医療的ケア児の保護者付添い期間の短縮化』モデル事業に予算が付くことが分かりました!これは、医療的ケア児の保護者の学校の付き添いに様々な課題があるのですが、それを解決するために予算が付いたことを意味されます。
 …などと伝えています。

✨☆「働く上でなんの意味もない」と就活で否定する企業も…
 …家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音
  日刊サイゾー 2021/02/15
 > 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。家族に介護が必要になったとき、施設や訪問介護のサービスを毎日すぐに利用できるとは限らない。身内が自宅で介護を担わざるを得ないことはよくあることだ。特に大人が生活費を稼がねばならない状況では、たとえ中高生や小学校高学年だろうと子どもが日常的なケアを引き受けることになる。高齢者介護に限らず、精神疾患や難病を患った親のケアに携わる子どもも少なくない。『ヤングケアラー わたしの語り――子どもや若者が経験した家族のケア・介護』(生活書院)は、7人の元ヤングケアラーたちがその経験を振り返って言語化した本である。そこには「かわいそう」とか「壮絶」といった言葉では表現しきれない、複雑で切実な体験が綴られている。
 …などと伝えています。

☆特別支援学級の廃止凍結を検討 
 京教大「保護者らと方向性考えたい」
  (京都新聞)Yahoo!ニュース 2/16
 > 京都教育大付属京都小中(京都市北区)の特別支援学級の廃止案が持ち上がっている問題で、京教大が案の凍結を検討していることが15日までに分かった。卒業生と保護者の有志や、市民団体などが存続を要望していた。京教大は「保護者や地域、文部科学省の意見を聞いて方向性を考えたい」としている。
 …などと伝えています。 その紙面  

☆国際小児がんデーで黄色に照明
  NHKニュース 鹿児島県 02月15日
 > 2月15日は「国際小児がんデー」です。
それにあわせて、鹿児島中央駅に隣接している「アミュプラザ鹿児島」では、6階に設置されている観覧車が黄色にライトアップされています。
 …などと伝えています。

◇中皮腫悩み、仲間と共有 オンライン追い風、サロン参加増
  中日新聞 2021年1月19日
 *中皮腫サポートキャラバン隊
◇視覚障害者誤って転落か 調査へ
  NHKニュース 首都圏 2月16日
 *【独自】駅で視覚障害者死亡
  東武鉄道の国への“自殺”報告に批判
   (TBS系(JNN))Yahoo!ニュース 2/16

✨☆いざという時のために 
 今見直したい子どもを守る地震への備え
  (坂本昌彦) Yahoo!ニュース 2/15
 > 13日夜遅く、福島県沖を震源として起こったマグニチュード7.3の地震は、福島と宮城で震度6強はじめ、各地で激しい揺れをもたらしました。福島県沖では、その後も地震が相次いでいるとのことで、気象庁は、今後1週間程度は最大震度6強程度の揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけています。小さなお子さんがいるご家庭など、災害への備えに戸惑う方もいらっしゃることでしょう。そこで今回はお子さんの背景ごとに、災害への備えについてまとめてみました。
 …などと伝えています。

☆障害報酬改定、就労B型に新体系 入所系には行動障害対応
 (福祉新聞)Yahoo!ニュース 2/15
 > 2021年度の障害報酬改定をめぐり、成人の入所施設やグループホーム(GH)では、激しい自傷行為などのある強度行動障害の人の受け入れを加算で促す。GHでは医療的ケアに対応するため、看護職員を配置した場合の加算も設ける。
 …などと伝えています。

☆【オリィ研究所】外出困難者が分身ロボットで働く
 「分身ロボットカフェDAWN ver.β」
 常設実験店のオープンが決定!
  株式会社オリィ研究所のプレスリリース 2021年2月15日
 > 分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)の開発、提供を手掛ける株式会社オリィ研究所(本社 東京都港区、代表取締役 吉藤健太朗 以下オリィ研究所)は、難病や重度障害などの理由で外出困難な方が分身ロボットを操作して接客を行う「分身ロボットカフェDAWN ver.β」を2021年6月、日本橋エリアで開業する。店舗の詳細、場所、オープン日時などは後日正式発表する。開業のタイミングに併せて本社も同施設に移転予定。本実験店は分身ロボットカフェのフラッグシップ店として位置づけられ、カフェ営業の中での様々な実験を通して、分身ロボットを活用した外出困難者の新しい社会参画の形を研究・提唱していく。
 …などと伝えています。

☆「不動産価値が下がる」 精神障害者施設に届いた苦情
  朝日新聞デジタル 2021年2月15日
 > 精神障害者施設に対する近隣住民の反対運動が昨年までの10年間で少なくとも13件起きていることが、大阪市立大学大学院の野村恭代准教授の事業者調査でわかった。全回答の1割にあたる。住民側からの「利用者への危険視や不安」との理由がもっとも多かった。
 …などと伝えています。

◇弱者の立場考えない菅首相の「共助」
  木村英子 毎日新聞「政治プレミア」 2021年2月9日
◇子どもの難病の1つ 若年性皮膚筋炎
  毎日新聞「医療プレミア」 2021年2月15日
◇障害者就労支援の実例発表 
 企業関係者や教諭らが京都でシンポ
  京都新聞 2021年2月15日

✨☆team Assimo  
  オンライン分科会 『思いを未来に繋げよう』
 *2021年2月28日(日) 13:00〜15:30
 *特色に合わせて4テーマに分かれて、
  オンライン分科会を行います。
  ・分科会
    『私の〇〇での医療的ケア対応…何でだろう♪』
     医療的ケアが必要な子どもたちへの対応は、
    地域や学校・施設等によって異なります。そんな
    皆さんのローカルルールを「何でだろう♪」と
    紹介し合いましょう。
    【ファシリテーター】 
     NPO法人地域ケアさぽーと研究所理事 下川 和洋
   △医療的ケアにまつわる「ローカルルール」のプレ調査
   >> 喀痰吸引、経管栄養、人工呼吸器、導尿、酸素療法等
    の医療的ケアが必要な子ども・大人になられたご本人、   
    そしてご家族に対して、近年、様々な支援が進んできま
    した。一方で、地域や各機関が独自で決めたルールによ
    って、生活や社会参加に制限が設けられ、つらい思いを
     されている方々のお話もいただきます。
     現在、議員立法として検討されています「医療的ケア   
    児支援法案」(仮称)では、「個々の医療的ケア児の状
    況に応じ、切れ目なく行われる支援」や「居住地域にか
    かわらず等しく適切な支援を受けられる施策」などが理
    念としてうたわれています。
     難しいのは、その決められているルールの中で過ごし
    ていると、それが当たり前になり、独自ルールだと気が
    つかなくなる点です。法律や国の通知によらないルール
    は、ローカルルールと言えますが、まずは、当事者が
     困っている」というルールをぜひ、お寄せください。
    …などと呼びかけられています。
    ↑関連↑
    ☆医療的ケア児家族連絡会の設立
      おひさま小児在宅療養ナビ お知らせ 2021/01/29
   > 日本小児在宅医療支援研究会から「医療的ケア児家
    族連絡会」設立に関するお知らせと、参加してくださ
     る家族会等の募集案内が届きました。
      …などと伝えています。
      ↑↑詳細の ”呼びかけ案内”  
      △永田町子ども未来会議  
       座長の 荒井さとし衆院議員(立憲民主党)HP
       でも適時報告掲載されてます。
        その掲載内容から…
       ・医療的ケア児及びその家族に対する
        支援に関する法律案の 全体像
       ・ 配布リーフレット
         超党派永田町子ども未来会議
         医療的ケア児支援法案(仮)成立を目指して
  ・分科会
    『誰にでも自由に移動をする権利を、
      自由に姿勢を変える権利を』
  ・分科会
    『あなたにとって障害って何ですか?』
  ・分科会
    『重症児者が自分らしく生きられる場所づくり
    〜グループホームや仕事について、
    一緒に考えましょう〜』 
  …*参加人数:100名、参加費:無料 
    *事前申込制:申込み専用フォーム

✨☆2月19日(金)19:30〜放送予定
  NHK総合TV(関西圏)かんさい熱視線
 「ヤングケアラーのその後 長引く影響」

  NHK関西ブログ 2021年02月13日
 > 家庭で病気の両親や祖父母の介護などをしている子ども「ヤングケアラー」。学習や発達にも支障が出る恐れがあると指摘されています。さらに成人した後も、長期間その影響に苦しみ続けている実態が明らかになりました。履歴書が空白になり自分の希望の進路を諦めざるをえなくなったり、精神的に深い傷を負っていたり。いまだに実態が明らかになっていない「ヤングケアラー」の長期的な影響から、どんな支援が必要なのか考えます。
  ゲスト:大阪歯科大学准教授 濱島淑恵さん
  キャスター: 近田 雄一アナウンサー
 …などと伝えています。

✨☆“いのち輝く”医療的ケア児と家族を写真に…東京で展示
  yomiDr._ヨミドクター(読売新聞) 2021年2月14日
 > キッズファム財団は、写真展「“いのち輝く”〜キッズファム財団ファミリーフォトプロジェクト〜」を、19日まで東京都世田谷区のNHK放送技術研究所1階の展示スペースで開催している。会場には、国立成育医療研究センター(世田谷区)内にある短期入所施設「もみじの家」を利用した医療的ケア児と家族の写真38点が展示されている。
 …などと伝えています。

☆患者と家族の居場所に 
 全国心臓病の子どもを守る会県支部 大石裕香さん(51)/静岡
  毎日新聞 ひと・しずおか 2021年2月14日
 > 全国心臓病の子どもを守る会県支部に入ったのは1995年。心臓病の長男は当時、まだ2歳だった。会に入るまで、障害者手帳があることも知らなかった。入会する前、富士市であった県支部の医療相談会に足を運んだ。学生服姿の中学生ぐらいの男の子が医師に「先生に手術をしてもらってよかったです」と感謝の言葉を述べていた。その様子を見て「あんなに大きくなるまで生きられるんだ。先が見えた」と希望を感じた。
 …などと伝えています。

☆車いす利用者も遊べるブランコや回転系遊具、
 神奈川・藤沢に「インクルーシブ」公園
  読売新聞オンライン 2021/02/13
 > 障害のある子も、ない子も一緒に遊べるインクルーシブな遊具を整備した広場が3月中旬、神奈川県藤沢市遠藤の秋葉台公園内に登場する。車いすの利用や体の力が弱いなどの理由で、一般の公園遊具で遊ぶことが困難な子どもにも配慮した遊具を、同市が2700平方メートルの広場にそろえる。
 …などと伝えています。 

☆JD40年の軌跡 
 国際障害者年前夜から権利条約が動き出すまで
  日本障害者協議会(JD) 出版物 21年1月15日
  
☆【独自】災害弱者の逃げ遅れ防止、
 自治体の個別避難計画作りに財政支援へ
  読売新聞オンライン 2021/02/13
 > 総務省は新年度から、災害時に自力避難が難しい高齢者や障害者の誘導方法を決めておく個別避難計画作りのため、市町村に財政支援する。市町村が計画に関わった福祉事業者らに支払う報酬を負担する。災害弱者の逃げ遅れを防ぐ狙いがある。
 …などと伝えています。

◇密避け安心努める 多賀「杉の子会」、障害者就労支援
  中日新聞Web <湖国の現場2021> 2021年2月14日
◇半数以上が障害者、豊橋発
 「久遠チョコレート」 出店続く
  中日新聞 2021年2月13日
◇福祉や教育の現場から提言、eスポーツフェスでセミナー
  北海道新聞 <デジタル発> 02/13
◇「命がけの支援」難病で余命2年…
 建設会社社長 再犯防止へ、元受刑者を雇用【北海道発】
  FNNプライム 北海道文化放送 2021年2月13日

✨☆難病の子も「あそびのむし」に 親の願い込め…
 安心おもちゃ50選 全国の病院などに配布/千葉
  毎日新聞 2021年2月13日
 > 重い病気の子どもにもおもちゃで遊ばせたい――。医療的ケアが必要な子でも安心して遊べるおもちゃ約50種が入ったセット「あそびのむし」が完成し、全国の病院や療育施設などに配られている。考案者の一人、東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)の石井今日子副館長は「時がたつのも忘れるくらいあそびに夢中になって、『あそびのむし』と言われるくらい楽しんでほしい」と話す。どんなおもちゃなんだろうか――。
 …などと伝えています。

✨☆埼玉県予算案、一般会計2兆1198億円 
 コロナ、災害対応で過去最大規模
  産経ニュース 2021.2.12
 > 埼玉県は12日、令和3年度当初予算案を発表した。一般会計総額は前年度比8・1%増の2兆1198億円で過去最大の規模となり、初めて2兆円を超えた。新型コロナウイルスや自然災害、デジタル化への対応を主要政策として位置づけ、「新たな社会」への変革を図るとしている。19日開会の県議会2月定例会に提出する。 …略… 家族の介護を担う18歳未満の子供「ヤングケアラー」への対応も進め、支援強化費などに2億円を配分した。
 …などと伝えています。

☆オンライン手話講座人気 聴覚障害者にマスクが苦境 
 「伝えたい意識大切に」
  産経ニュース 2021.2.13
 > 新型コロナウイルス感染予防のために多くの人がマスクをするようになり、相手の口元や表情を見ながらコミュニケーションをとる聴覚障害者にとって厳しい状況が続いている。そんな中、手話を使った演劇などを行う「手話エンターテイメント発信団oioi(オイオイ)」(大阪市)が今月から、オンラインでの手話講座を始めた。「相手に気持ちを伝えようという意識を大切にしてほしい」。手話だけでなく、そんなメッセージも伝えている。
 …などと伝えています。

☆草津養護学校の教室不足、校舎増築で対処へ 
 児童生徒の急増で滋賀県教委
  京都新聞 2021年2月11日
 > 児童生徒の急増で教室不足が深刻化している草津養護学校(滋賀県草津市)について、滋賀県教育委員会は、解消策として校舎を新たに増築するため、新年度の当初予算案に新校舎の設計費2千万円を計上した。
 …などと伝えています。

☆災害時 介護が必要な人はどう避難すれば…
 演劇で訴える動画完成【岡山】
  OHK岡山放送 2021.02.12
 > 災害が起きた時、介護が必要な人のために地域で避難計画を立ててもらおうと呼びかける動画が完成しました。出演したのは、老いや介護をテーマに演劇をする劇団「OiBokkeShi」。94歳の看板俳優が熱演です。
 …などと伝えています。

◇診察室飛び出し地域へ
  東京新聞 <しみん発> 2021年2月13日
◇小島祐美 舞台手話通訳
  中日新聞 2021年2月12日
◇手話通訳、ICT化を正式決定 佐賀県議会改革検討委
  佐賀新聞ニュース 2月12日

  ✨☆【ABC特集】障害者施設で44人の大規模クラスター発生 
 その時、福祉の現場で何が・・・終息までの43日間を検証
  (ABCニュース)Yahoo!ニュース 2/12
  (11日朝日放送キャスト特集で放送) 
 > 利用者40人あまりの障害者支援施設。「夜には39度、40度の熱が出る。でも薬もない」そこで起きた未経験のクラスター。利用者との距離を保てない、福祉の現場。そこに駆けつけた看護師たち。「職員さんも5〜6割くらいの方が陽性になっていたので」(現場に入った看護師)「大阪市内の福祉施設での初めてのクラスター」(大阪市の担当者)予期せぬクラスターが起きたその時、施設はどんな事態に陥ったのでしょうか。終息までの43日間に迫りました。44人が感染 大規模クラスターに 24時間365日、職員が利用者につきっきりで支援を行う中でコロナ感染が拡大 大阪市鶴見区の障害者支援施設「つるみの郷」。運営法人の副理事を務める高部真実さんは、突如として起きた大規模クラスターを「悪夢の連続だった」と振り返ります。 ただの「夏かぜ」だと・・・ ほぼ全職員が「濃厚接触者」 人手は・・・ “生き残ってるの、誰ですか?” 市内の福祉施設で初めてのクラスターに行政は 逃れられない感染リスク 事態が一変 駆けつけた“救世主”が取った策とは 「起こったらどうするかを考えろ」
 …などと伝えています。

✨☆家族向けハンドブック
 「医療的ケアと一緒におうちに帰るママやパパ、そして子どもたちへ」
 を配布しています。
  > 先輩ママ・パパたちの体験をもとに、病院から初めてお家に帰る時にこんな情報があったら良かったという内容や、先輩たちの経験談やメッセージをたくさん詰めこみました。これまでのかけはしねっとの活動を通して、子どもたちがかけはしとなり、出会うことができたご家族や専門職の方々にもご協力をいただき制作することができました。pdf版をダウンロードしてご利用いただけます。ご家族やお知り合いの方への配布にご活用ください。
 ・別紙(A4判・2ページ) 
   茨城県内の医療的ケア児を受け入れる通所施設 令和2年11月1日現在
 *オンライン開催
  「第2回いばらき小児在宅シンポジウム」 
  家族向けハンドブック制作報告 ←2/23
 …などと伝えています。
 △かけはしねっと HP  FB

✨☆県が家族介護者支援に本腰 相談体制構築、実態調査も
  秋田魁新報 2021年2月11日
 > 秋田県は2021年度から、家族や近親者を無償で介護、看病する「ケアラー(家族介護者)」の支援を本格的に始める。実態調査と啓発事業の実施に加え、相談体制を構築する方針。高齢者が高齢者を介護する「老老介護」や、18歳未満の「ヤングケアラー」の存在が全国的な問題となっており、支援体制を整えたい考えだ。
 …などと伝えています。

◇重症筋無力症研究の40年 一冊に 
 小児科医・林さん(松山)
  愛媛新聞 2021年2月12日
◇母親に殺された障害児は「コロナ都市封鎖の犠牲者」
 英裁判所が判断
  国際ニュース:AFPBB News 2021年2月12日

✨☆暮らし丸ごと支援 オンラインで対面で 
 病弱児親子の居場所に
  愛媛新聞 2021年2月11日
 > 病気や障害のある子どもと家族を支える認定NPO法人「ラ・ファミリエ」(愛媛県松山市)の相談拠点「ジョブサロン」がこのほど、同市萱町4丁目に移転。名称も「地域子どものくらし保健室」と改めて、リニューアルオープンした。
 …などと伝えています。
 *地域子どものくらし保健室

☆やまゆり園事件は終わったか 福祉現場や政策、重い責任=
  上東麻子 記者の目:毎日新聞 2021年2月11日東京朝刊
 > 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺された事件から4年半。昨年春に植松聖死刑囚の死刑が確定した。連載「やまゆり園事件は終わったか?」の取材を通じて感じたのは、「障害者を人として扱っていない」とも言える福祉の実態と、それを容認してきた社会の在り方だ。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆新型ウイルス もし障害者が感染したら
 県内関係機関 柔軟対応へ連携を
  新潟日報モア 2021/02/10
 > 新型コロナウイルスの感染収束が見通せない中、新潟県内の知的障害のある人の保護者から「子どもが感染したら入院できるのか」と不安の声が上がっている。意思疎通の困難さや強いこだわりがある場合、病院に受け入れてもらえないのではないかと心配する。新潟日報社の「もっとあなたに特別報道班」(モア特)が調べると、県内の支援団体では保護者の不安を解消する取り組みが進む。関係者は当事者の特性に応じた柔軟な対応を求めている。
 …などと伝えています。

✨☆「もっと子どもでいたかった」
 家族の介護やケアを担う子どもや若者…
 「ヤングケアラー」が直面する現実
  (読売テレビ) Yahoo!ニュース 2/10
 > 未成年でありながら、祖父母や両親といった家族の介護やケアを担う「ヤングケアラ―」。今や、クラスに1人はいるとされ、その影響は学校現場にも及んでいます。
 …などと伝えています。
 *【特集】「もっと子どもでいたかった」
  家族を介護・ケアする“ヤングケアラー”の現実 
  かんさい情報ネットten YouTube 2020年1月21日放送
 ☆疲れ果てる子ども ヤングケアラー支援へ
   公明党ニュース 2021年2月5日

☆苦境の「障害者施設」支援に課題も〜コロナ禍で収入激減
  (RKB毎日放送)Yahoo!ニュース 2/10
 > 新型コロナによって、障害者の就労支援施設では収入が激減するなどして、存続の危機にあるところも少なくありません。公的支援のあり方について課題も指摘されるなか、福岡市の施設は、利用者の賃金を守るため、苦心しています。
 …などと伝えています。

☆聞こえない弟と育ち社会に違和感、「対等な関係」へ
 (オルタナ)Yahoo!ニュース 2/9
 > 「SODA(ソーダ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「聞こえない・聞こえにくいきょうだい」をもつ「聞こえるきょうだい」を表す言葉で、”Sibling Of Deaf Adult/Children(シブリング・オブ・デフ・アダルト/チルドレン)”から頭文字をとって「SODA」。聞こえない弟と育つ中で、周囲の対応に違和感を抱えてきた一人の女性が、「”対等”な関係を築きたい」と「SODAの会」を立ち上げました。
 …などと伝えています。

☆”初めてのスキー教室”に密着 
 障がいがある女の子<岩手・紫波町>
  岩手めんこいテレビ 2021-02-10
 > 岩手県紫波町に、2021年初めて同級生と一緒に教室に参加した女の子がいる。北條百桜さん10歳(小学4年生)。障がいがある女の子と家族にとって、大切な1日に密着した。
 …などと伝えています。

◇日本初・障がい者の「きょうだい」 に光を当てた
 短編映画『ふたり〜あなたという光〜』
  BIGLOBEニュース 2021年2月10日
◇オンラインで手話サービス開始へ
  NHKニュース 北海道 02月09日

✨☆人工呼吸器で通学「寝たきり行動派」のパイオニア
  神戸新聞 総合 2021/2/10
 > 遺影の上に「平本歩 在宅30+1周年記念パーティー」というカラフルな文字が並び、アンパンマン体操やエイサー踊りが場を盛り上げる。兵庫県尼崎市で開かれたその通夜も、人柄を表すように型破りだった。人工呼吸器をつけ、移動式ベッドで地域の小中学・高校に通った平本歩(あゆみ)さん(35)=同市=が1月16日、敗血症のため亡くなった。アクティブに行動する寝たきりの障害者の先駆者として全国的に注目を集め、生きざまや魅力あふれる性格は多くの人に影響を与えた。
 …などと伝えています。

✨☆あなたの語りには、価値がある
 当事者の語りプロジェクト 2月2日から3回連載
 *二度の退院の断念ーー命と将来を天秤にかけられるーー
   連載1回目 2021年02月02日公開
   Ami Yoshinari 文/油田優衣 : 写真/浅里のぞみ
 > SMA況拭札幌市在住 | 吉成亜実(よしなりあみ)
1993年生まれ、北海道札幌市出身。SMA(脊髄性筋萎縮症)Type供E兎絢岼愡劼鰺僂い動榮亜ほぼ全ての日常生活動作に介助が必要で、夜間は人工呼吸器を使用する。中学入学時に八雲病院に入院し、14年間の入院生活を送る。今年6月に八雲病院を退院し、札幌で自立生活を始める。…略…
 今回のインタビューでは、長期入院での経験や退院までのことについて、詳しくお話をお聞きしました。病院での生活はどのようなものだったのか、病院から退院するにあたってどれほどの困難があったのか、そのなかで吉成さんがどんなことを感じ考えてこられたのか――その一部を吉成さんにお聞きしていきます。
 *絶望から、退院までの道のり
   連載2回目  2021年02月05日公開
   Ami Yoshinari 文/油田優衣 : 写真/浅里のぞみ
 *「私にもできたのだから、あなたにもできる」と伝えたい
   連載3回目  2021年02月09日公開
   Ami Yoshinari 文/油田優衣 : 写真/浅里のぞみ
 ……などと伝えています。

☆神奈川 高齢者などの入居型施設で働く10万人余に定期的検査
  NHKニュース 2021年2月9日
 > 高齢者施設などで新型コロナウイルスの感染が広がるのを防ごうと、神奈川県は、今月から高齢者や障害者の入居型の施設で働く職員10万人余りを対象に、定期的に感染の有無を調べる検査を行うことになりました。
 …などと伝えています。
 ✨◇新型コロナウィルス感染症蔓延期における
 障害児者福祉施設内陽性者の入院対応について
  川崎市健康福祉局障害保健福祉部障害計画課 2021年1月22日

✨☆【提言実現】「これで医ケア児の受け入れ先が増える」
 障害児施設における医療的ケア児用の基本報酬が新設!
  blogos 駒崎弘樹 2021年02月09日
 > 2月4日に公表された「令和3年度障害福祉サービス等報酬改定案」に医ケア児用基本報酬の新設が盛り込まれましたっ!!医ケア児家庭、そして医ケア児をお預かりする施設にとって、これはビッグニュースです!
 …などと伝えています。
 △医療的ケア児の成長、喜びにくかった制度 厚労省見直し
   朝日新聞デジタル 2021年2月10日
 > 日常的にたんの吸引や人工呼吸器の使用などの医療的なケアが必要な「医療的ケア児」を育てる家族にとっては、預け先がなかなか見つからないことが大きな悩みです。預け先が増えないのは、医療的ケア児が元気に成長して歩けるようになっても、受け入れ施設が手放しでは喜べない制度上の課題があったといい、厚生労働省がその見直しに踏み切りました。
 群馬県伊勢崎市にある放課後等デイサービスなどの事業所「ブーケ」は、重度の身体障害と知的障害を併せ持つ重症心身障害児ら15人を受け入れている。チューブを使って栄養をとる「経管栄養」が必要な医療的ケア児も多く、昼食時には看護師4人がかりで子どもたちの世話をする。医療的ケア児には、重い身体障害や知的障害はない子もおり、特に動き回れる子には手厚い見守りが必要だ。ブーケにも、重症心身障害と判定されていない医療的ケア児が3人いる。だが、施設側にとっては、こうした子を受け入れても、受け取る報酬上は比較的軽度な障害児らと同じと評価されるのが現状だ。これは国が決める障害者支援サービスの公定価格「障害福祉サービス等報酬」で、障害児通所支援の報酬体系が重症心身障害児と「それ以外」となっており、動ける医療的ケア児らは「それ以外」になるためだ。
 障害をまだ受け入れられていない家族にとって、生まれたばかりの子に重症心身障害の判定を受けさせることの心理的なハードルも高いという。代表の中林亜衣さん(35)は「事業所の都合で判定を頼むことはできなかった」と話す。2019年夏には利用者の病院への入院が相次いで赤字が続き、苦境に立たされた。そんな中林さんが「なんとか続けられそうです」と胸をなで下ろしたのが、2月4日に公表された厚労省の障害福祉サービス等報酬の見直しだ。3年に1度の見直しで、障害児通所支援の報酬体系に新たに「医療的ケア児」の区分が加わることになった。4月以降、必要な医療的ケアの量に応じて基本報酬が上乗せされるほか、少人数でも受け入れを評価する仕組みになる。重症心身障害児が通う事業所では、医療的ケア児を受け入れるために看護職員を追加で配置する場合の報酬も加算されやすくなった。また、医療型短期入所の受け入れ対象となることも明確にし、加算を引き上げる。
 動ける医療的ケア児は特に、サービスの利用が大変だった。中林さんは「医療的ケアが必要な子どもが歩けるようになったり、しゃべれるようになったりした時に、成長を心から喜べない仕組みはおかしかった」と言う。「これからは受け入れられる事業所も増えるのではないか」と話す。医療的ケア児は、医療の進歩で小さく生まれた子どもらも救えるようになったことを背景に増えている。厚労省によると、在宅の医療的ケア児(19歳以下)は19年度に2万人を超え、05年度の2倍以上になった。増加傾向は今後も続くと見込まれている。
 16年に施行された改正児童福祉法で初めて医療的ケア児が法的に位置づけられ、支援体制の整備が自治体の努力義務とされたが、受け皿の整備は追いついていない。厚労省の19年度の調査では、放課後等デイサービスの事業所のうち、医療的ケア児を受け入れる事業所は34・0%にとどまる。19年度の医療的ケア児の家族が対象の調査によると、「子どもを預けられるところがない」との回答が57・0%、「急病や緊急の用事ができた時に預けられるところがない」が82・7%を占めた。「慢性的な睡眠不足」や「自らの体調悪化時に医療機関を受診できない」は7割、「希望する形態で仕事につけていない」は75・6%にのぼった。
 全国医療的ケア児者支援協議会の事務局の黒木健太さん(41)は今回の改定について「制度の狭間(はざま)にあり、通う先がなかった『動ける医療的ケア児』が評価されるようになった。画期的な改定だ」と評価し、受け皿の拡大につながることを期待する。
 …などと伝えています。
 ↑関連↑
 ☆医療的ケア児家族連絡会の設立
  おひさま小児在宅療養ナビ お知らせ 2021/01/29
 > 日本小児在宅医療支援研究会から「医療的ケア児家族連絡会」設立に関するお知らせと、参加してくださる家族会等の募集案内が届きました。医療的ケア児に関して社会の関心が高まり、「永田町こども未来会議」のメンバーを中心に「医療的ケア児支援法」が国会で審議予定で、医療的ケア児支援を障害福祉としてのみではなく子育て支援の一部と位置付けることを目指しています。その成立を後押しするためにも、当事者の声を集め国会に伝える必要があると同時に、当事者間のネットワーク創りが重要と考えます。そのために家族連絡会を、本研究会の中に立ち上げたいと考えています。
 …などと伝えています。
 ↑↑詳細の”呼びかけ案内”  
  △永田町子ども未来会議  
   座長の荒井さとし衆院議員(立憲民主党)HP
   でも適時報告掲載されてます。その掲載内容から…
  ・医療的ケア児及びその家族に対する
   支援に関する法律案の全体像
  ・配布リーフレット
    超党派永田町子ども未来会議
    医療的ケア児支援法案(仮)成立を目指して

☆2月末日は「世界希少・難治性疾患の日」   
 難病への理解 早期発見促す
  中日新聞 2021年2月9日
 > 毎年二月末日(今年は二十八日)は「Rare(レア) Disease(ディジーズ) Day(デー)」(世界希少・難治性疾患の日=RDD)。患者数が極端に少ないことから、病名や症状が医師にさえ十分に知られていない病気も少なくない。患者の中には仮病扱いされたり、仕事との両立に悩んだりしている人も。実際に難病と闘っている患者や医師は「周囲の理解が不可欠」と訴える。
 …などと伝えています。
 *岐阜県難病団体連絡協議会

◇ぜんそくの入院や新生児集中治療が減少 
 新型コロナの影響をデータベース分析
  yomiDr ヨミドクター(読売新聞) 2021年2月10日
◇「こどもホスピス」を知っていますか?
 生命科学者・仲野徹さんが子供のための終末ケアについて語る
  (レビュー)(Book Bang) Yahoo!ニュース 2/10
◇難病児童支援で協定 マクドナルド財団が東大阪市と全国初
 (産経新聞)Yahoo!ニュース 2/9
◇「エスカレーターは歩かない」
 条例案を県議会に提出へ…可決なら全国初
  読売新聞 2021/02/09
◇盲導犬ユーザーの力になるために。
 コロナ禍での「新しい声かけ」が話題
  buzzfeed 2021年2月8日 児玉 京香
 *盲導犬の受け入れ拒否、
  コロナ禍でも。いつも利用していた店で「外につないでおいて」
  buzzfeed 2021年2月3日 児玉 京香
◇「コロナ禍の避難所運営は」
  (くらし☆解説)NHK解説委員室 2021年01月29日
◇「バリアフリー義務化 みんなの学校へ」
  (くらし☆解説)NHK解説委員室 2021年01月12日

2021/02/08
<<厚労省関係>> 
障害福祉サービス等報酬改定検討チーム ←これまでの資料など
 △第24回障害福祉サービス等報酬改定検討チーム
 (オンライン会議) ←2/4開催

 >*議題
   1.令和3年度
     障害福祉サービス等報酬改定の概要(案)について
   2.その他
  ・資料
  議事次第 
  資料1 令和3年度障害福祉サービス等
      報酬改定における主な改定内容(案)
  資料2 令和3年度障害福祉サービス等
      報酬改定の概要(案)
  資料3 令和3年度障害福祉サービス費等の
      算定構造(案)
  参考資料 障害福祉サービス等の利用状況
 ……などが掲載されています。 
 ↑↑
 △医療的ケア児の受け入れ促進に重点 障害報酬改定
   朝日新聞デジタル 2021年2月4日
  > 障害者支援サービスの公定価格「障害福祉サービス等報酬」について、4月に実施する3年に1度の改定の内容が4日、固まった。たんの吸引や人工呼吸器などが必要な「医療的ケア児」の施設での受け入れ促進や、重度や高齢の障害者が地域で暮らせるように支援を強化することが柱だ。厚生労働省の検討会で改定案が同日、了承された。2021年度当初予算案では、報酬全体で0・56%の引き上げが決まっている。新型コロナ対策の特例で、9月末までは基本報酬に0・1%分が上乗せされる。報酬が引き上げられる分、利用者が払う利用料は値上げされる。障害児通所支援の報酬体系には新たに「医療的ケア児」の区分を加え、幅広い事業所で受け入れが進むように、基本報酬や取り組みごとの加算額を大幅に拡充する。障害のある子どもが通う「放課後等デイサービス」では基本報酬を1割程度減らす一方、著しく重度などケアの必要性が高い児童への支援は報酬を増やせるようにする。働ける人を保育士と児童指導員に限ることで、支援の質の向上もめざす。障害者の地域での暮らしを支えるため、少人数で共同生活を送るグループホームでの重度障害者の受け入れなどの報酬も引き上げる。市町村が「地域生活支援拠点」などとして位置づけた事業所には、自宅で暮らす障害者の緊急対応をした場合などへの加算も盛り込んだ。
 …などと伝えています。 
 △厚労省、障害サービス事業者への報酬配分方針を決定 
  「医療的ケア児」支援手厚く
   毎日新聞 2021年2月4日
 > 厚生労働省は4日、4月に改定される障害福祉サービス事業者への報酬の配分方針を決めた。長期化する新型コロナウイルスの流行を受けた感染症対応の強化のほか、日常生活で医療支援が必要な「医療的ケア児」らを支援する施設への報酬を手厚くすることに重点を置いた。3年に1度の改定では今回、障害報酬は全体で0・56%(うち新型コロナ対応分に0・05%)増額することが既に決まっている。新型コロナ対応分は基本報酬を半年間、0・1%引き上げる財源に充てる。医療的ケア児は、日々の生活を送る上で人工呼吸器の使用や、たんの吸引など一定の医療支援が必要だが、これまでは障害児の一般の通所サービスと報酬が同じだった。そのため、受け入れ施設が増えにくかったとされる。これを踏まえ、今回の改定では医療的ケア児に対応する基本報酬を新設し、医療の必要度ごとに看護職員の配置数と報酬を決めた。また、新型コロナの感染拡大や相次ぐ災害などを受け、感染症や災害が発生した非常時にもサービスが継続できるよう全事業者に業務継続計画の策定や研修、訓練の実施を義務付ける。一方、身体などに障害のある職員が障害を持つ利用者を支援する「ピアサポート」について、その専門性を評価。一定の研修を受けた障害者らを職員として配置した事業者に対し、新たに報酬を加算する。
 …などと伝えています。
 ◇障害報酬改定でピアサポート加算に経過措置
  3年間算定要件を緩和
   福祉新聞Web 2021年02月08日
 ◇厚労省、障害福祉サービス報酬の
  新たな単位数を公表 新年度から適用
   介護のニュース 2021.02.05
 ↑↑
 △令和3年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  > 令和3年度障害福祉サービス等報酬改定については、令和3年2月4日(木)開催の「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム(第24回)」にて、これまでの議論を踏まえ、以下のとおり概要が取りまとめられました。
  ・令和3年度障害福祉サービス等
   報酬改定における主な改定内容
  ・令和3年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  ・障害福祉サービス費等の報酬算定構造
 ……などと2/5付同検討チーム資料に掲載されてます。  
 △△令和3年度障害福祉サービス等報酬改定に伴う
   関係告示の一部改正等に関する御意見の募集について

   厚生労働省老社会・援護局障害保健福祉部
   障害福祉課企画法令係
  >*案の公示日 2021年2月4日
    受付開始日時 2021年2月4日0時0分
    受付締切日時 2021年3月5日23時59分
   ・意見募集要領(提出先を含む)意見募集要領 
    命令などの案  概要  別紙
  ……などが掲載されています。

障害者の日常生活及び社会生活を
 総合的に支援するための法律に基づく
 指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する
 基準等の一部を改正する省令の公布について(通知)

  ワムネット京都府センター(障害福祉関連)2021年1月28日
  ・公布通知 ・官報掲載(令和3年厚生労働省令第10号)
 ↑↑
 *「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための
  法律に基づく指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備
  及び運営に関する基準等の一部を改正する省令案」に対して
  寄せられたご意見について e-Govパブリック・コメント
  厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課企画法令係
   案の公示日 :2020年12月10日 
   受付締切日時:2021年1月8日23時
   結果の公示日:2021年1月26日
   命令等の公布日:2021年1月25日
   提出意見数:36  結果概要

2021/02/09
<WEB報道など>…✨表示がお薦めWeb報道など
✨☆弱者の立場考えない菅首相の「共助」
  コロナ社会を考える 木村英子・参院議員
  毎日新聞「政治プレミア」 2021年2月9日
  > 菅義偉首相は「共助」を強調する。共助は社会の中で一緒に生きていくなかで生まれてくる関係性が前提となるはずだ。しかし障害を持っている人にはそもそも、社会に参加するための保障がない。私は重度障害者で、介護者がいなくなれば施設に行かざるをえない。小さい時から施設に居ると、社会を知らずに大人になってしまう障害者も少なくない。特に介護の必要な障害者にとっては、親亡き後、施設で一生を終えてしまう人が多いのが現実だ。
 …などと伝えています。

✨☆要介護の感染者にも訪問介護継続を
 全国の事業者に通知 厚労省
  NHKニュース 社会 2021年2月9日
 > 新型コロナウイルスの感染拡大で病床がひっ迫する中、介護が必要な高齢者が感染しても入院できないケースが出ています。このため、厚生労働省は介護サービスが欠かせない高齢者には感染対策を徹底したうえで訪問介護などのサービスを引き続き提供するよう全国の事業者に通知しました。
 …などと伝えています。

☆障害者の意思伝達装置
 「生きていること証明」 開発者リモート講演
  北陸中日新聞 石川 2021年2月8日
 > 特別支援教育への理解を深める県特別支援教育振興大会が、金沢市鞍月の県地場産業振興センターで開かれ、重度障害者用の意思伝達装置の開発者がリモートで講演した。
 …などと伝えています。

☆法定雇用率、3月から2・3%に引き上げ 
 障害者雇用現状、課題は?
  神戸新聞 ニュース解く説く 2021/2/7
 > 障害者の法定雇用率が3月1日から、約3年ぶりに引き上げられます。民間企業は0・1ポイント上がり、全従業員のうち2・3%を障害者とすることが義務づけられます。障害者雇用促進法により、法定雇用率以上の割合で雇うことが求められますが、兵庫県内で基準を超えて雇用する企業は全国平均を上回るものの、5割にとどまります。障害者雇用の現状や課題を調べてみました。
 …などと伝えています。

☆自宅療養の子ども 医師がオンラインで見守る「静岡市方式」
  NHKニュース 社会 2021年2月5日
 > 新型コロナウイルスに感染し療養している子どもたちの不安を軽くしようと、静岡市では小児科の医師が電話やオンラインで子どもと家族の状態を見守る「静岡市方式」という取り組みを始めています。「静岡市方式」は自宅やホテルで療養している軽症や無症状の中学生以下の子どもとその家族を対象に静岡市が去年10月から取り組んでいます。
 …などと伝えています。

◇施設内感染を防ぐ対策 介護職員、その家族含め徹底
  (テレビ朝日系(ANN)) Yahoo!ニュース 2/8

  ---↑<2/9追記>↑---

✨☆「ALSになったおかげで幸せ」と言う患者に教えられ、
 私は在宅専門医になった……佐々木淳さんインタビュー   
  yomiDr._ヨミドクター(読売新聞) 2021年2月8日
 > 首都圏で在宅専門の診療所15か所を運営する悠翔会を率いる医師の佐々木淳さん(47)。在宅医療が対象にするのは、自宅で最期の時を過ごすがん患者、神経難病、子どもの重い病気、穏やかに老衰に向かう高齢者……。回復して社会に復帰するのが難しい“治せない患者”を専門に診る医師としての道を選んだのは、医師人生を変えた出会いがあったからだ。佐々木さんに、在宅医療に進んだ理由などについて聞いた。
 …などと伝えています。

✨☆特設サイト
 『糸賀一雄研究の新展開 ひとと生まれて人間となる』
 >*『糸賀一雄研究の新展開 ひとと生まれて人間となる』
   渡部昭男・國本真吾・垂髪あかり編、糸賀一雄研究会著
   三学出版発行(2021年2月) 定価2,300円+税
  *オンライン企画 ←3/30
    糸賀一雄の思想と実践――新刊
    『糸賀一雄研究の新展開 ひとと生まれて人間となる』  
    (三学出版)を手がかりに

✨☆#やまゆり園事件は終わったか〜福祉を問う <長期連載中>
 1日11時間車椅子に拘束された女性 
 いまは古紙回収の仕事も「がんばる」
  毎日新聞 2021年2月7日
 > 2016年7月26日に入所者19人が元職員によって殺害された障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市)。事件後、園では入所者に対して虐待が強く疑われる長時間、長期間の身体拘束が続いていたことが明らかになった。園を運営する社会福祉法人「かながわ共同会」は、草光純二理事長や入倉かおる園長ら幹部3人を6月に退任させ、改革に取り組むという。なぜ、入所者への身体拘束は避けられなかったのか。その答えを探して、津久井やまゆり園に約20年入所し、その間、断続的に車椅子に長時間拘束されていた女性のもとを訪ねた。
 …などと伝えています。

☆点字毎日 JDが40周年の集会 今後の障害者施策展望
  毎日新聞 2021年2月7日
 > 日本障害者協議会(JD)は昨年12月、設立40周年を記念してオンラインで集会を開いた。障害分野の施策の進展を振り返り、残る課題の解決に向けた取り組みのあり方などを語り合った。
JDは、国連の国際障害者年(1981年)を日本で推進するために組織された協議会を原点に、これまで活動を続けてきた。新型コロナウイルスの影響でオンラインで実施された集会は、2014年に日本も批准した国連の障害者権利条約にふさわしい施策はどんなものかを探るシンポジウムも行われた。
 …などと伝えています。
 *障害者自立支援法訴訟終結11年 オンライン講座開く
  「基本合意」は羅針盤
   しんぶん赤旗 2021年2月7日  その紙面

☆神奈川県内の高齢者・障害者施設 従事者全員に定期検査へ
  神奈川新聞 2021年2月6日
 > 新型コロナウイルス感染症を巡り、黒岩祐治知事は6日、クラスター(感染者集団)が多く発生している高齢者や障害者の入所施設について、県内全域を対象に従事者全員の検査を定期的に実施する方針を明らかにした。
 …などと伝えています。
 *高齢者・障害者施設の職員、定期的に感染検査へ 
  神奈川県が年度内に
   東京新聞 神奈川 2021年2月7日
 
☆接触避けるのは難しい 感染拡大、介護現場の苦悩
  神戸新聞 総合 2021/2/7
 > 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が兵庫県でも延長された中、介護施設が逆境に立っている。高齢者は感染すれば重症化の恐れがつきまとうが、介助による身体接触を避けるのは難しい。また職員が感染または濃厚接触者となれば、人員の確保も容易ではない。自らも感染し、クラスター(感染者集団)が発生した兵庫県内の施設職員は、介護現場ゆえの対応の難しさを訴え、理解と支援を求める。
 …などと伝えています。
 *神戸の介護施設の1割「感染恐れ職員が休・退職」
   神戸新聞 総合 2021/2/7

☆障害者施設の虐待年3件「再発防止策、不十分」 
 体触りパワハラも 大崎
  河北新報 2021年02月07日
 > 社会福祉法人おおさきさくら福祉会(大崎市)が運営する障害者就労継続支援事業所「すずかけの里」で2017年7月以降、2人の幹部職員が障害のある利用者を怒鳴るなどの行為を繰り返したとして、行政側から1年間で計3回、虐待事案と認定されていたことが6日、分かった。専門家は「改善策が不十分なため再発を防げなかった」と対応を批判する。
 …などと伝えています。
 *大崎「すずかけの里」運営法人が虐待隠す? 
  家族・利用者に説明会行わず
   河北新報 2021年02月08日
  > 宮城県大崎市の障害者就労継続支援事業所「すずかけの里」で2017年以降、複数の男性幹部による虐待行為が計3回発生し、再発を防げなかったとされる問題で、運営する同市の社会福祉法人おおさきさくら福祉会が利用者や家族に詳しい事情を説明していなかったことが7日、分かった。
 …などと伝えています。

☆JR佐賀駅に自動扉、3月設置 
 市民団体要望から半年「大きな一歩」
  毎日新聞 2021年2月7日
 > 障害者やその家族らでつくる市民団体「佐賀の障がい福祉を考える会」(佐賀市)が2020年7月、JR九州に要望した佐賀駅(同)の出入り口の自動扉設置が3月に実現することが関係者への取材で判明した。JR九州が3月上旬に着工し、駅1階の南北2カ所に設置される予定。同会会長の内田勝也さん(31)は「大きな一歩。佐賀が暮らしやすい街になるよう活動の輪を広げたい」と喜びを語った。
 …などと伝えています。

☆災害時の携帯トイレ 腸に炎症が起きる難病患者など使い方学ぶ
  NHKニュース 2021年2月8日
 > 災害時には断水などでトイレが使えなくなることが想定されます。特に腸に炎症が起きるとトイレに行く回数が多くなる難病の患者が、災害時の携帯トイレの使い方を学ぶ講習会が開かれました。
 …などと伝えています。

◇他者と違うって面白い 難病アルビノ 20歳の写真アート
  北陸中日新聞 石川 2021年2月7日
◇障害児の自立心育む 
 放課後等デイサービスで水泳療育 霧島市
  南日本新聞 2021/02/07
◇「耳が聞こえにくいです ゆっくり話して下さい」
 市民から要望受け市がカード作る
  両丹日日新聞 2021年02月08日

✨☆あなたの語りには、価値がある
 当事者の語りプロジェクト 2日から連載中
 *二度の退院の断念ーー命と将来を天秤にかけられるーー
   連載1回目 2021年02月02日公開
   Ami Yoshinari 文/油田優衣 : 写真/浅里のぞみ
 > SMA況拭札幌市在住 | 吉成亜実(よしなりあみ)
1993年生まれ、北海道札幌市出身。SMA(脊髄性筋萎縮症)Type供E兎絢岼愡劼鰺僂い動榮亜ほぼ全ての日常生活動作に介助が必要で、夜間は人工呼吸器を使用する。中学入学時に八雲病院に入院し、14年間の入院生活を送る。今年6月に八雲病院を退院し、札幌で自立生活を始める。…略…
 今回のインタビューでは、長期入院での経験や退院までのことについて、詳しくお話をお聞きしました。病院での生活はどのようなものだったのか、病院から退院するにあたってどれほどの困難があったのか、そのなかで吉成さんがどんなことを感じ考えてこられたのか――その一部を吉成さんにお聞きしていきます。
  目次
  1 自己紹介
  2 二度の退院の断念ーー命と将来を天秤にかけられるーー
 …などと伝えています。
 *絶望から、退院までの道のり
   連載2回目  2021年02月05日公開
   Ami Yoshinari 文/油田優衣 : 写真/浅里のぞみ
  >目次
   1 味わった絶望ーー「私は一生退院できない」
   2 退院までの準備ーー
    「ここまで準備すれば、誰も止められない」
  …などと伝えています。

☆「私は生きたい」難病ALSと闘う女性バイオリニスト 
 コロナ禍に選んだ‟生き続ける”決意【北海道発】
  FNNプライム 北海道文化放送 2021年2月6日
 > 「理解してほしい」という思いから病を公表
全身の筋肉が衰えていく難病の「ALS」と闘うバイオリニストの大平まゆみさん。 コロナ禍で、新たな声と共に“人生の第2幕”を歩み始めた大平さんが訴える命のメッセージとは。
 …などと伝えています。

✨☆難病の子供、笑顔いきいき ネットで資金募り写真集に
  産経ニュース 2021.2.6
 > 医療的ケアが必要な子供たちに居場所を提供するデイサービス施設「ふぁみりぃ」(滋賀県彦根市)が、難病を抱えながらも毎日を元気いっぱいに生きる子供たちの日常を切り取った写真集の制作を進めている。現在、インターネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)に取り組んでおり、施設を運営するNPO法人の理事長、柴田恵子さん(66)は「写真集を、同じように難病の子をもつ人たちの光にしたい」と協力を呼びかけている。
 …などと伝えています。
 *多機能型重症児者等デイサービス ふぁみりぃ

☆医療的ケア児に介助者 桑名市の21年度予算案
  中日新聞 2021年2月6日
 > 桑名市は五日発表した二〇二一年度当初予算案に、「医療的ケア児地域生活支援事業」として二百三十一万円を新規で計上した。人工呼吸器による酸素吸入やたん吸引など日常的に医療的なケアが必要な重い障害のある子どもらが入院した際、保護者に代わる付き添い介助者を派遣する。
 …などと伝えています。

◇元パラリンピアンの社長が目指す“ヘルパーステーション”
 利用者の目線で「必要とされる会社へ」
  (CBCテレビ)Yahoo!ニュース 2/6
◇福祉施設などの消防査察
 コロナ禍で計画の8割実施できず福岡
  NHKニュース 2021年2月5日

  ✨☆憲政史上初、ALS・呼吸器使用の舩後靖彦 参議院議員に聞く
  アビリティーズ 注目の記事 2021/01/15
 > 2019 年7 月21 日の参議院選挙で、重度の障害のあるお二人の国会議員が誕生した。全国比例代表特定枠当選を果たした舩後靖彦議員と木村英子議員である。舩後議員は現在63 歳。42 歳のとき、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、現在は人工呼吸器を装着し、24 時間介護を受けながら生活されている。両議員の登場により、国会内外のバリアフリー化や、議事進行において様々な合理的配慮が行なわれるなど、国会の対応に多くの変化があり、またお二人の存在と活動は、わが国の障害者の意識にも大きな影響を与えている。初登院から1 年が経ち、参議院では文教科学委員会に所属し活躍を続ける舩後議員に、当協会会長・伊東弘泰がお話を伺った。(訪問当日、介助の方に回答を代読いただいた)
 …などと伝えています。
 △舩後(ふなご)議員のインタビュー記事が掲載されました
    舩後靖彦 Official Site その他  2021年2月5日

✨☆医療的ケア児支援、厚労省が報酬拡充 21年度改定
  中日新聞 2021年2月5日
 > 厚生労働省は四日、障害福祉事業所に支払うサービス別の報酬単価を巡り、二〇二一年度から三年間の改定内容を決めた。たんの吸引など医療的ケアが要る子どもに特化した基準を設け、看護師配置に充てる額を手当て。精神障害者の自立生活に向け、早期退院や深夜の緊急相談に前向きな施設への報酬を拡充する。障害福祉サービス全体の改定率は二〇年末に0・56%の引き上げが決まっている。これまでは医療的ケア児を施設で受け入れても他の児童への対応と報酬上は同じ評価だった。精神障害者の自立生活支援では、病院と連携して利用者の早期退院をサポートした事業所の報酬を上乗せする。深夜の緊急相談に応じて自宅を訪問するなどした場合の加算を新設した。全ての事業所に事業継続計画(BCP)の策定を義務付けた。大規模災害に備えるとともに、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、感染症対策の研修や訓練の実施を求めた。
 …などと伝えてます。
 *医療的ケア児、受け入れ促進 
  障害福祉報酬、0.56%引き上げ
   朝日新聞デジタル 2021年2月5日
 *医療的ケア児、重視 障害者サービス報酬改定
   毎日新聞 2021年2月5日 東京朝刊

✨☆「学校でのヤングケアラー支援」めぐりオンラインシンポ
  日本教育新聞電子版 2021年2月5日
 > 一般社団法人の日本ケアラー連盟は今月27日に、「学校におけるヤングケアラー支援」を主題としたオンラインシンポジウムを開く。成蹊大学の澁谷智子教授による基調講演、高校生対象のヤングケアラー実態調査や支援施策について埼玉県教委が発表した上で、パネル討議がある。パネル討議では、ヤングケアラー当事者、先行して実態調査を行ってきた神奈川県藤沢市教委の指導主事、ヤングケアラー同士が語り合う場を設けるなどしている一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会の代表者が発言する予定。
 2月20日までに申し込みが必要。定員があり、申し込みが多かったことから150人にまで増やした。引き続き、先着順で受け付けている。参加費はかからない。
 …などと伝えています。
 *男の子は9歳から介護を始めた 〜「幼き介護」の現実〜
   NHKニュース WEB特集  2021年2月5日
  > その男の子が、祖母の介護を始めたのは9歳のころからです。祖母が亡くなったあと、母親の介護が続きました。大好きな家族に元気になってほしい、その一心で、つらいと思ったことはないといいます。でも、母親が亡くなり介護が終わった時、男の子は38歳になっていました。「外の世界とのつながりがほしかった」大人になった彼が、漏らしたことばです。
 …などと伝えています。

☆障害者から学ぶ人生の楽しさ・豊かさとは 
 音楽劇、7日配信
  神奈川新聞  社会 2021年2月4日
 > 親元でも施設でもなく地域で1人暮らしをする重度身体障害者と介助者の日々をユーモアたっぷりに伝える音楽劇「海老満月」が7日、オンライン配信される。一回きりの人生をとことん楽しもうとする障害者の生き方に触発され、生きづらさを抱えた自分を見つめ直していく介助者たち。「人はもっと自由に生きられる」というメッセージが込められている。海老原さんがモデル モデルになったのは、筋肉が次第に衰える難病「脊髄性筋萎縮症」当事者で車いすを利用する海老原宏美さん(43)=川崎市出身。資格取り、自ら介助も 迷惑掛けたっていい 
 …などと伝えています。

◇コロナ禍で進む「オンライン」での手話通訳サービス
 (富山テレビ Yahoo!ニュース 2/5
◇マスクできない「分かって」 
 感覚過敏に苦しむ人たち 専門家「わがままじゃない」
 (時事通信)Yahoo!ニュース 2/5
◇尼崎JR脱線事故で重体 懸命リハビリ16年、陶芸の道へ
  神戸新聞 総合 2021/2/5
◇入院問題・利用者の減少…新型コロナ「介護施設」の苦悩
 (RKB毎日放送)Yahoo!ニュース 2/5
◇<明日へ・新型コロナ>「辞めたい」は何度も… 
 多忙極める保健師、それでも走り続ける
 (毎日新聞) Yahoo!ニュース 2/5

☆「移動の自由奪われた」
 車椅子の原告、吉田さんが訴え JR駅無人化訴訟・初弁論
  毎日新聞 2021年2月4日
 > JR九州が合理化などを理由に進めている駅無人化計画は、障害者の移動の自由を妨げているとして、大分市で車椅子生活をしている男女3人が同社に1人当たり11万円の損害賠償を求める訴訟の第1回口頭弁論が4日、大分地裁(府内覚裁判長)であった。車椅子で出廷した原告の一人、吉田春美さん(67)は「移動の自由を奪われて精神的苦痛を感じている」と意見陳述で訴えた。JR九州側は争う姿勢を示した。
 …などと伝えています。
 *駅無人化訴訟、JR争う姿勢 
  障害者「白紙撤回を」―大分地裁
   時事ドットコム 2021年02月04日
 *“無人駅”訴訟で初弁論
   NHKニュース 大分県 02月04日 
 
☆コロナ禍で経営が悪化、
 事故障害者の福祉サービス事業者を緊急支援 国交省
  レスポンス(Response.jp) 2021年2月4日
 > 国土交通省は2月3日、自動車事故による重度後遺障害者を介助する障害福祉サービス事業者が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響で経営が悪化しているため、追加支援を実施すると発表した。
 …などと伝えています。
 △「介護職員等緊急確保事業(自動車事故対策費補助金)」の
   第二次公募を本日から開始します!
   国交省 報道発表資料 令和3年2月3日

☆55歳 ある障害者の働き方 チョコレートで自立を
 *(前編)BSN新潟放送動画ニュース 2021年02月04日
  > 障害者の働き方、障害者雇用について考えます。障害者が働く新潟市中央区のチョコレート専門店が、オープンから5年目を迎えました。悩みながら、支えられながらチョコレートを作り続けてきた男性を追いました。
 …などと伝えています。
 *(後編)BSN新潟放送動画ニュース 2021年02月04日
  > チョコレートで自立を(前編)<55歳 ある障害者の働き方>からの続き
 …などと伝えています。
 △特定非営利活動法人あおぞら 

☆コロナのひずみ 訪問介護の現場
 「使命感だけでは限界」 福岡県
  テレビ西日本 2021/02/04
 > 在宅介護の要とも言われている訪問介護の現状。コロナ渦で深刻な人出不足に陥っている現場を取材しました。
 …などと伝えています。
◇特別支援学校で生徒用小部屋 母親が人権救済申し立てへ
  (朝日新聞デジタル) Yahoo!ニュース 2/4

   ✨☆難病患者にコロナ長期化の影響
  NHKニュース 大分県 02月04日 
 > 新型コロナウイルスの感染が国内で初めて確認されて1年あまりがたつ中、県内の難病患者の間では感染のリスクから通院や互いの交流を控える動きが出て、影響が懸念されています。
 …などと伝えています。

☆24区体制の地域福祉を 精神障害者家族団体
  大阪日日新聞 2021年2月4日
 > 大阪府精神障害者家族会連合会は3日、大阪市が検討している大阪府に広域行政を一元化する条例案と、24行政区を8総合区に再編する条例案に反対する陳情書を市議会に提出した。倉町公之会長ら3人が市役所で記者会見し、「条例化を取りやめ、24区体制による地域福祉を守るとともに、新型コロナウイルス対策に全力を」と訴えた。
 …などと伝えています。

☆コロナ下でどう介助する? 
 ボッチャのパラ代表を支える母の真っ赤な手
  毎日新聞 2021年2月4日
 > 走り込みをしたり、筋力トレーニングをしたりはしない。だが、名古屋市の主婦、河本幸代さん(50)は「アシスタント」として東京パラリンピックの表彰台を目指している。ボッチャで日本代表に内定した長男の圭亮(けいすけ)選手(21)=東郷町施設サービス=を支えている。
 …などと伝えています。

✨☆旭川・道療育園クラスター 発生2カ月、終息宣言
  北海道新聞 02/03
 > 【旭川】新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した道内最大規模の重症心身障害児(者)施設「北海道療育園」が2日、クラスター終息を宣言した。入所者の障害の特性上、施設内で療養を続けて2カ月。重症者と死者はゼロだった。記者会見した林時仲(ときつぎ)園長は「全国から多くの医療支援と励ましをいただき、乗り越えることができた」と感謝した。
 …などと伝えています。その紙面
 *療育園平時へ全力 クラスター終息 
  職員、後遺症抱え介護 通所事業3日再開
   北海道新聞 02/02
 > 旭川市の重症心身障害児(者)施設「北海道療育園」の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が2日、終息した。職場復帰した職員の中には体調が完全に戻っていない人も少なくないが、300人を超える入所者のため、施設が1日でも早く平時に戻れるよう全員で力を尽くしているという。家族との面会再開にはもう少し時間がかかるが、通所事業などは3日から順次再開する。入所者の家族にも安堵(あんど)が広がった。
 …などと伝えています。
 *北海道療育園のクラスターが収束
   NHKニュース 北海道 02月02日
 *自衛隊支援の旭川・北海道療育園 クラスターが終息
  (STVニュース北海道)Yahoo!ニュース 2/3
 △当園における新型コロナウイルス感染者の発生について(第17報)
   北海道療育園 NEWS 2021/02/02

☆進むオンライン化
 聴覚障害のある人とのやり取り 大切なことは
  NHKニュース 2021年2月3日
 > 新型コロナウイルスの感染拡大で普及が進んだオンラインでのコミュニケーションについて耳に障害のある人はどう感じているのか。社団法人の調査で聴覚障害者の7割がメリットがあると回答した一方、不便を感じたと回答した人も同じ程度に上ることが分かりました。
 …などと伝えています

✨☆2月10日(水)20:00〜放送!
  NHK Eテレ ハートネットTV
 「にもかかわらず歌う〜音楽療法士の生命賛歌〜」
 > ALSや終末期のガンなど、過酷な病に向き合う患者たちを癒やす音楽療法士、中山ヒサ子さん。
 …などと伝えています。再放送は2/17(水)13:05〜

◇聖火リレー「絶対走る」… 
 能代の難病女性、昨年7月に死去
  秋田魁新報電子版 2021年2月3日

✨☆大阪難病連・松本理事長に聞く 感染恐れ出られず
  大阪日日新聞 2021年2月2日
 > 新型コロナウイルスとの闘いが1年にわたり続く中、今も難病患者が不安に苦しめられている。感染した場合の重症化のリスクに、恐怖心を抱いているからだ。通院の先延ばしによる体調悪化の懸念や、自粛生活の長期化に伴う体力の衰えも問題で、関係団体は「みんな、感染を怖がって外に出ないようにしている。早く収束してほしい」と願っている。「電車の中ではマスクを2枚、重ねてつけている。満員を避け、時間をずらして少しでも空いた車両に乗るようにしている」NPO法人「大阪難病連」(大阪市中央区)の松本信代理事長(80)=東大阪市=は25年前、「ウェゲナー肉芽腫(にくげしゅ)(現・多発血管炎性肉芽腫症)」と診断された。原因が分からず、治療法が確立されていない難病のうち、国が指定する指定難病の一つだ。
 …などと伝えています。

✨☆障害者の自立生活運動に尽力 矢吹文敏氏が死去 
 車いすとユーモアとともに
  京都新聞 2021年2月2日
 > 障害者の自立生活や京都の障害者権利運動に取り組んできた日本自立生活センター(JCIL)代表の矢吹文敏(やぶき・ふみとし)氏=京都市伏見区=が2日午前0時16分、呼吸不全のため京都市内の病院で死去した。76歳。山形県出身。
 …などと伝えています。

◇会えない不便を乗り切る「オンライン会議のコツ」
 障害者が提案 「コロナ禍のレガシーにして」
  弁護士ドットコム 2021年02月02日
◇ブラック・ジャックがマンホール蓋に 医療従事者にエール
 手塚治虫さんが晩年過ごした東久留米市内に
  東京新聞 東京 2021年2月2日
◇プロカメラマン・今村龍二さん=高山市石浦町
  中日新聞<新・飛騨びと伝> 2021年2月2日  

  ✨☆医療的ケア児家族連絡会の設立
  おひさま小児在宅療養ナビ お知らせ 2021/01/29
 > 日本小児在宅医療支援研究会から「医療的ケア児家族連絡会」設立に関するお知らせと、参加してくださる家族会等の募集案内が届きました。医療的ケア児に関して社会の関心が高まり、「永田町こども未来会議」のメンバーを中心に「医療的ケア児支援法」が国会で審議予定で、医療的ケア児支援を障害福祉としてのみではなく子育て支援の一部と位置付けることを目指しています。その成立を後押しするためにも、当事者の声を集め国会に伝える必要があると同時に、当事者間のネットワーク創りが重要と考えます。そのために家族連絡会を、本研究会の中に立ち上げたいと考えています。この家族連絡会は、全国に立ち上がりつつある医療的ケア児の親の会や家族会と並立するものでなく、それらを緩やかにつなぐものとして位置付けたいと考えています。
 (小児在宅医療支援研究会理事:前田浩利先生の文章より抜粋要約)もし家族会等がお近くにある場合には、「小児在宅医療支援研究会 家族連絡会」への参加をお願いいたします。参加のお気持ちのある家族会は事務局までぜひご一報ください。
 …などと伝えています。
 ↑↑詳細の”呼びかけ案内”  
  △永田町子ども未来会議  
   座長の荒井さとし衆院議員(立憲民主党)HP
   でも適時報告掲載されてます。その掲載内容から…
  ・医療的ケア児及びその家族に対する
   支援に関する法律案の全体像
  ・配布リーフレット
    超党派永田町子ども未来会議
    医療的ケア児支援法案(仮)成立を目指して

✨☆経腸栄養コネクタ製品の国際規格化
  おひさま小児在宅療養ナビ お知らせ 2021/02/01
 > 世界中で報告されるコネクタ誤接続による医療事故を予防するため、さまざまな分野でコネクタの国際規格化が進められています。誤接続防止と言う医療安全のためだけでなく、国際的な製品の安定供給確保にも役立つと言われ、国内でも各分野のコネクタ国際規格化が始まっており、経腸栄養コネクタ製品も国際規格化が行われます。
 …などと伝えています。

✨☆【独自】障害児「放課後デイ」、
 179事業所に行政処分…利用料水増し請求
  読売新聞オンライン 2021/02/01
 > 障害を抱える子どもたちの居場所となっている放課後等デイサービス(放デイ)で、179事業所が不正請求で行政処分を受けていたことが、読売新聞の調査で明らかになった。子どもの福祉よりも営利を優先する事業者の存在が見え隠れする。…略… 不正請求が各地で相次いでいる実態に、全国約480事業所が加盟する「障害のある子どもの放課後保障全国連絡会」(東京)の田中祐子事務局長は「このままでは良質なサービスをしている所よりも、金もうけ優先の事業所が生き残ってしまう」と訴えている。
 …などと伝えています。

✨☆コロナ禍における介護施設の面会禁止再考:
 家族を「エッセンシャル・ケアラー」と捉える視点
  地域医療ジャーナル 2021年2月号vol.7(2) 2021年01月25日
 > 新型コロナウィルスの感染拡大によって、高齢者や障害児者の入所施設では面会を禁止したり制限したりする措置が取られてきました。私たち夫婦も、第1波の時には3か月間まったく娘に会えませんでした。その後は短時間の対面面会や外出が認められていた時期もあったのですが、やがてアクリル板越しの面会となり、第3波まっただなかの現在はLINEでの面会のみとなっています。折々の状況ごとに、ギリギリの決断での工夫で面会を残してもらえていることに感謝しつつも、会えないことがこんなにつらいとは思いませんでした。長引くにつれ、娘はもちろん園のみんなのストレスが案じられてなりません。
 …などと伝えています。(フリーライター:児玉真美さん寄稿)

☆医ケア児の支援態勢充実を 音更町に福祉法人が要望書
  十勝毎日新聞 2021/02/01
 > 【音更】町内の社会福祉法人「地域で一緒に暮らそう会」(佐々木恵美子理事長)は1月29日、町障がい者基本計画(2021〜29年度)の策定に合わせ、医療的ケアの必要な子どもの家族から寄せられた在宅生活に対するサポート体制の充実などを求める要望書を町に提出した。
 …などと伝えています。
 △障害者計画・障害福祉計画について
   音更町役場保健福祉部福祉課障がい福祉係 

障害を持っても華やかに
  時事メディカル 2/1から連載中
 > 連載趣旨
 普段身近に感じないことが多い「聴覚障害者」について、皆さんどのくらい知っていますか?特にわが家の場合、長女が難病ということもあって通院、入院で大変だったことや、コロナ禍でコミュニケーションを取ることが一気に難しくなったことなど、体験談を交えてお話ししていく予定です。こういう人もいるんだなあと知っていただけるだけで、特に大きな配慮がなくても、気に留めていただけるだけで私たちが生きやすくなることを知ってほしいなと思っています。
 …などと伝えています。
 *第1回:聴覚障害のある私、
   コロナで日常生活の一つ一つにストレスが!
   時事メディカル 2021/02/01

✨☆訪問看護と介護 Vol.26 No.2 医学書院 
 > 特集 「家族」の声 ケアを引き受ける/
  引き受けざるを得ない人には何ができるか
  訪問看護では、直接的なケアを提供する本人の家族とも無関係ではいられません。さまざまな家族関係に触れ、ときに巻き込まれながら関わっていきます。今回の特集では、その「家族」側に置かれる人にご登場いただき、疾病・障害のある人の家族が引き受ける/引き受けざるを得ないものに注目しました。「疾病・障害のある人の家族」という当事者の声に耳を傾けると、家族もまた1人の個人として尊重されるべき存在であることが見え、支援者として関わる余地があることにも気付きます。
 …などと伝えています。  
 >>・障害者の親の声…児玉真美さん(フリーライター)
  ・きょうだいの声…NPO法人しぶたね理事長 清田悠代さん
  …などが投稿されています。

◇「移動の自由奪われた」 障害者ら、駅無人化で訴訟
 議論のきっかけに・大分地裁
   時事ドットコム 2021年02月02日
◇障害者の日常、ほのぼの漫画 
 NPO代表川本さん、ヘルパーとともに描く
  中国新聞デジタル 2021/2/1
◇神経線維腫症2型の治験成功へ参加を 
 福島医大など全国10施設:福島民友ニュース
  福島民友新聞社 2021年02月02日
◇障害児者とその家族が安心して暮らせる環境をつくる!
 医療的ケア対応複合型施設「すくすくハウス」設立に向けた
 クラウドファンディングを2月1日(月)に開始
 社会福祉法人ワーナーホームのプレスリリース 2021年2月1日
◇普通電車が別ホームへ ホーム柵の位置合わずドア開けず
  神戸新聞 2021/2/1

☆子どもホスピス、今秋横浜に 2月に催しも 神奈川
  朝日新聞デジタル 2021年1月31日
 > がんなどの重い病気や重度障害がある子どもたちに、家族とゆっくり過ごしてもらう「子どもホスピス」が、横浜市で今秋開設される見通しになった。すでに建設工事やスタッフの研修も始まっている。2月には、子どもホスピスの役割を発信するフォーラムも開かれる。
 …などと伝えています。

☆濱野京子さん 『with you』
  産経ニュース 【聞きたい。】 2021.1.31
 > 高校受験を控えた悠人が夜の公園で出会った少女、朱音(あかね)。徐々に距離が縮まっていく中、悠人は朱音の母親が病気のため、彼女が家事や看病に忙殺されていることを知る−。病気や障害のある家族の介護や家事を担う18歳未満の子供「ヤングケアラー」が大きなテーマだ。近年は報道も増えてきたが、まだその存在は知られていない。 
 …などと伝えています。
  *with you  くもん出版 
   定価:本体 1,300円(税込1,430円) 
   発売年月: 2020年 11月

☆【特集】「もっと子どもでいたかった」
 家族を介護・ケアする“ヤングケアラー”の現実
  読売テレビ かんさい情報ネットten. 2020年1月21日放送
  YouTubeにUPされたのは21年1月29日
 > 大阪の高校生に”20人に1人”いるとされる「ヤングアラー」。病気や障害のある家族の介護やケアを担い、本来、大人が引き受けるような重い責任を背負う子ども・若者たちです。
  …などと伝えています。

☆子ども福祉グッズ オンラインで紹介
  大阪日日新聞 2021年1月31日
 > 病気や障害のある子どもと家族に特化したサイトを運営するチャーミングケアモール(大阪市、石嶋瑞穂社長)は30日、専用ユーチューブチャンネルを活用して出品製品の使用説明などを含む「子どもの福祉グッズ展」を行った。31日も午後1時から実施。
 …などと伝えています。

◇高畑充希のにじいろカルテで扱う「多発性筋炎」どんな病?
  日刊ゲンダイDIGITAL 2021/01/31
◇水に強い防災冊子 聴覚障害者のため制作
  大阪日日新聞 2021年1月31日
◇すずちゃんはおぼえているよ 横断歩道で娘は手を振った
  朝日新聞デジタル 2021年1月30日
◇東京パラ目指す選手 感染リスク負い海外遠征強いられる なぜ?
  NHKニュース 2021年1月30日

2021/01/31
<WEB報道など>…✨表示がお薦めWeb報道など
✨☆「災害弱者の避難先は?」支援が必要な
 障がい者を持つ家族の不安【復興への羅針盤】/岩手
  (IBC岩手放送)Yahoo!ニュース 1/30
 > 東日本大震災では高齢者や障がい者などのいわゆる「災害弱者」の避難に課題が残りました。専用避難施設の指定など受け皿は増えていますが当事者、特に自分で動くことができない重度の障害者や家族はどう感じているのか?実際に東日本大震災で被災した岩手県宮古市の障害児者の家族に話を聞きました。
 …などと伝えています。

☆脳性まひの小児科医・熊谷晋一郎 
 人生は過酷なリハビリの記憶から始まった<現代の肖像>
  AERA dot. (アエラドット) 2021.1.30
 > 東京大学先端科学技術研究センター准教授、熊谷晋一郎。生まれてすぐに高熱を発し、一命はとりとめたが脳性まひとなった。物心つくときにはつらいリハビリの日々を過ごす。東京大学に入学し、やがて医者へ。そこで待っていたのは、やはり過酷な日々。医者として手技を人並みにこなすのが難しかった。熊谷晋一郎は、“健常者”の動きに合わせることに必死だった。けれども、等身大の<わたし>を受け入れたとき、世界が広がった。
 …などと伝えています。

☆「私は生きたい」難病ALSと闘うバイオリニスト…
 コロナ禍で訴える命のメッセージ
  UHB北海道文化放送 2021年1月30日
 > 全身の筋肉が衰えていく難病の「ALS」と闘うバイオリニストの大平まゆみさん。コロナ禍で、新たな声と共に人生の第2幕を歩み始めた大平さんが訴える命のメッセージとは。
 …などと伝えています。

✨☆精神疾患の親をもつ子どもの会
 「こどもぴあ」の活動を知ってください
 『静かなる変革者たち』の掲載ページを公開
  朝日新聞デジタル&M(アンド・エム) 2021.01.30
 > 今回、本書(『静かなる変革者たち』)に登場してくれる四人は、精神疾患の親をもつ子どもの会(こどもぴあ)のメンバーです。
  …などと伝えています。
 △「精神障がいのある親をもつ子どもたち」
   しんぶん赤旗 1/8〜4回連載
  *仝瀕からつながりへ 1月 8日付
  *体験を社会に    1月15日付
  *わたしだけじゃない 1月22日付
  *ぐ貊錣吠發鵑任て  1月29日付 
 △精神疾患の親をもつ子どもの会「こどもぴあ」 HP FB

☆発達障害巡る発言、物議醸す 秀島佐賀市長と松本神埼市長
  佐賀新聞LiVE 1月30日
 > 発達障害を巡る佐賀市の秀島敏行市長と神埼市の松本茂幸市長の発言が物議を醸している。公開の会議で、出産後の対応が発達障害の原因とする医師の見解を引き合いに「原因究明されると、子どもは健常者として一生幸せに暮らせる」などと言及したことが疑問視されている。両氏は29日、差別的な意図はなかったとして発言を撤回しない考えを示した。
 …などと伝えています。
 *「蔑視のつもりはない」2市長が釈明 発達障害者差別的発言
   西日本新聞ニュース 2021/1/30

◇「毎日が骨折のような痛み」レディー・ガガらも公表する
 “線維筋痛症”の美魔女、ヘルプマークの普及と理解を求めて
   eltha(エルザ) 2021/01/30
◇高校生が拡げた「支援の輪」に…
 『心から感謝を』iPS研究所・山中教授から感謝のメッセージ
 (関西テレビ)Yahoo!ニュース 1/29

✨☆“一緒に暮らしたい”難病の子と家族の願いを支える訪問医療
 医療的なケアが必要な子どもは毎年1000人増
  ABC朝日 キャスト 2020年1月21日放送 YouTube
 > 毎年1000人ペースで増え続けている医療的なケアが必要な子どもたち。「一緒に住みたい 」と願う家族を支え、訪問診療を始めた医師に密着しました。
 …などと伝えています。YouTubeにUPされたのは21年1月29日

✨☆望むのは現状維持…
 難病ALSと向き合う男性 広がる支えの輪(島根・松江市)
  FNNプライム TSKさんいん中央テレビ 2021年1月29日
 > TSKが取材を続けている難病・ALSと向き合う松江市の男性。症状が進行する中で変化する心境、そして周囲の支え。
 …などと伝えています。

☆障がいを持つ姉は「いつも憧れの存在」
 差別意識が残る社会に高校生が伝えたいこと
  高校生新聞オンライン 2021.01.28
 > 植田涼香さん(茨城・太田第一高校3年)の姉は、身体に障がいをもっている。障がい者の妹として生活をする中で感じてきた、周りの好奇の目や、社会のあちこちに存在する障がい者への見えない壁……。「障がい者も一人の人間なんです」と主張する彼女の声を届ける。
 …などと伝えています。
 *車いすの母を介護する高校生「何で私が?」
  何度もけんか、苦悩乗り越え起きた奇跡
   高校生新聞オンライン 2020.12.03

☆小平「ゆうやけ子どもクラブ」の村岡真治さん 
 本紙記事きっかけ「社会に感動」シチズン賞
  東京新聞 2021年1月29日
 > シチズン時計(西東京市)は二十八日、「市民社会に感動を与えた良き市民」を表彰する「二〇二〇年度シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を発表した。昨年一年間に発行された全国の日刊紙十紙の記事に登場した人の中から選考が行われ、六月二十二日の本紙朝刊「ひと ゆめ みらい」欄で紹介した小平市の「ゆうやけ子どもクラブ」代表村岡真治さん(62)ら三組が選ばれた。 
 …などと伝えています。

◇医療ケア支援の看護師を募集 宜野湾市教委
  琉球新報デジタル 2021年1月28日
◇「突然、涙があふれ出た」 
 発達障害のある子どもと親のコロナ禍
  AERA dot. (アエラドット) 2021.1.29
◇入院中の子どもが「瑞風」歓迎横断幕を制作
  (中海テレビ放送)Yahoo!ニュース 1/29

✨☆“このままでは時給130円が払えなくなる”
 コロナで追い込まれる障害者作業所
  ABC朝日 キャスト 2021年1月26日放送 YouTube
 > コロナ禍で、苦境に立たされているのは、観光や飲食業だけではありません。福祉施設も、その1つです。第3波、まっただ中の大阪・堺市で障害者を守ろうと奮闘する、とうぶ障害者作業所に密着しました。
 …などと伝えています。

✨☆放課後の預かり・付き添いに「小1の壁」 
 医療的ケア児の格差、政治で解消を 
  朝日新聞デジタル(取材考記)山下剛 2021年1月28日
 > 「小1の壁」という言葉がある。共働き家庭では、子どもが小学校に入ると学童保育が閉まる時間が早いこともあって、仕事と育児との両立が難しくなるという問題だ。たんの吸引や人工呼吸器など、医療的なケアが必要な子どもの場合、その壁はさらに険しい。全国に約2万人。この10年で2倍に増えたとされる。
 昨年11月、東京都世田谷区の障害児保育園「ヘレン経堂」の保護者たちが中心となって、小池百合子・東京都知事に要望書を出した。都内では医療的ケア児を放課後に預かるデイサービスが不足しているほか、入学後、学校の看護師にケアを引き継ぐまでは、保護者が校内で付き添うことが求められている。代表の松岡理絵さんは「母親は仕事を辞めなくてはならない状況に追い込まれている」と訴えた。保護者の中には「管理職としてバリバリ働いているが、仕事が続けられるのか不安で眠れなくなる」という母親も。松岡さんが「私たちが共働きで医療的ケア児を育てている最初の世代かもしれない」と話していたのが印象に残っている。6歳になる私の長男も医療的ケア児だ。我が家も共働きで、4月からの就学を控えてデイサービスを探しているが、どこも定員がいっぱいだ。付き添いと仕事を両立できるかどうかも悩みのタネで、訴えは人ごとではない。
 文部科学省の公表資料から、学校での医療的ケア児の受け入れ態勢を調べると、地域差がかなり大きいこともわかった。大阪府豊中市では、地域の小中学校に看護師を派遣してケア児を受け入れている一方、人工呼吸器を使っているというだけで通学がかなわず、教師が自宅を訪問して授業をする「訪問授業」になるという地域もある。文科省は学校で対応すべきケアの基準を設けることに消極的で、行政任せではこうした格差の解消は難しい。
 明るい話もある。国会では、付き添いをなくすために看護師の配置を進めることなどを目指す「医療的ケア児支援法案(仮称)」を制定しようという動きが出ている。時代に合わない制度や、地域による教育格差といったものこそ、政治主導で解決してほしい。
 …などと伝えています。 その紙面
 *医療的ケア児、通学支えるには 
  親の付き添い条件、教室内で常に 特別支援校でも
   朝日新聞デジタル 2021年1月14日
 *医療的ケア児に「小1の壁」 
  放課後に居場所を 働く母切実な訴え/茨城
   毎日新聞 2021年1月15日
 *は再度紹介掲載
 △永田町子ども未来会議  
   座長の荒井さとし衆院議員(立憲民主党)HP
   でも適時報告掲載されてます。その掲載内容から…
  ・医療的ケア児及びその家族に対する
   支援に関する法律案の全体像
  ・配布リーフレット
    超党派永田町子ども未来会議
    医療的ケア児支援法案(仮)成立を目指して

✨☆クラスター発生 知的障害者施設の教訓は 千葉 我孫子
  NHKニュース 社会 2021年1月28日
 > 先月、新型コロナウイルスの集団感染=クラスターが発生した千葉県我孫子市の知的障害者施設がNHKの取材に応じました。施設内での感染防止策の徹底や入院調整が思うように進まなかったことを踏まえ、「入所者の体調の異変をいち早く察知し、接触を減らす対策を素早くとることが重要だ」と話しています。
 …などと伝えています。
 *障害者施設クラスターの現場では
   NHKニュース 首都圏 01月28日

☆コロナ禍、介護者用緊急引継ぎシート
 「ケアラーのバトン」改訂
  タウンニュース さがみはら南区 2021年1月28日
 > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、再度発出された緊急事態宣言。感染者の増加を危惧した「ケアラーズカフェモンステラ」の山田由美子さん・豊徳さん夫妻は、コロナ禍で緊急対策用に作成した介護者専用引継ぎシート『ケアラーのバトン』を改訂し、再び各施設に配布を始めている。
 …などと伝えています。

☆株式会社土屋「高浜敏之代表が物申す!」
 〜「命の選別」に反対する!〜
  株式会社土屋のプレスリリース 2021.01.28
 > 新型コロナウイルス感染症の脅威が身近に迫り、医療崩壊が現実のものとなった現状の中で、日本においても「命の選別」が始まろうとしています。重度訪問介護を営み、コロナ禍において日夜、命と向き合うアテンダント(介護者)を主体とする株式会社土屋(本社:岡山県井原市、代表取締役:高浜 敏之)・ホームケア土屋では、この現状に対し、当社の立場を明確にすべく、代表取締役・高浜 敏之による「高浜敏之代表が物申す!」という企画を打ち立てました。
 …などと伝えています。

☆「つらい」言える場を 重症心身障害児の親 支えたい
 「守る会」高村さん 経験踏まえ茶話会企画
  北陸中日新聞 石川 2021年1月28日
 > 重症心身障害児(重症児)の親同士が気軽に不安や悩みを共有できる場所をつくろうと、「県重症心身障害児(者)を守る会」の高村理恵さん(47)=金沢市鳴和台=が、同市元町の重症児デイサービス「さくらエール」で茶話会の開催を企画している。長女が重症児だったため、一人で悩みを抱え込んだ経験を踏まえた。「つらいときにつらいと言える。相談ができる。そんな場所をつくりたい」と話す。 
 …などと伝えています。

☆難病の子も安心して遊べるおもちゃ完成
  毎日新聞「医療プレミア」 2021年1月28日
 > 重い病気の子どもにもおもちゃで遊ばせたい――。医療的ケアが必要な子でも安心して遊べるおもちゃ約50種が入ったセット「あそびのむし」が完成し、全国の病院や療育施設などに配られている。考案者の一人、東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)の石井今日子副館長は「重い病気や障害があっても子どもの心は自由。時がたつのも忘れるくらいあそびに夢中になって、『あそびのむし』と言われるくらい楽しんでほしい」と話す。どんなおもちゃなんだろうか――
 …などと伝えています。

☆気管切開後に偶然出た声 選んだ道は「ユーチューバー」
  朝日新聞デジタル 2021年1月28日
 > いけちゃんは、体が動かなくなっていく筋萎縮性側索硬化症(ALS)だ。気管を切開して人工呼吸器を付けているけれど、偶然、声が出せるようになった。いま、その声を使ってユーチューブに動画を投稿している。「ALSユーチューバーいけちゃん」が発信するのは、いまだ治療法のない難病との生活から生まれる「明るい話」だ。
 …などと伝えています。(動画もあり)

◇医療関係団体が「総力戦」宣言
  NHKニュース 兵庫県 01月27日
◇下肢障害の女性 投票権巡り提訴へ 
 岡山県知事選で郵便投票できず
  山陽新聞デジタル 2021年01月28日
◇知的障害児の学童保育の先駆者らにシチズン賞
  イザ 産経新聞 2021.1.28
◇視覚障害者の駅利用支援の新システム 順路などを音声で案内
  NHKニュース 2021年1月28日
✨☆医療的ケア児の支援に向けて
  KNB北日本放送 富山 2021.01.27
 > 日常的に人工呼吸器などを必要とする「医療的ケア児」や重い障害のある子どもの支援を話し合う県の会議が26日夜開かれ、医療的ケア児の現状などが報告されました。会議には、医療、福祉、保育などの分野の有識者が参加しました。県内の医療的ケア児について、これまで国の推計でおよそ115人とされていた人数を、県が初めてまとめ、去年8月末時点で129人と報告しました。また県内の保育所のうち看護師を配置しているところが37パーセントある一方で、医療的ケア児を受け入れているのは去年4月時点で2か所、2人にとどまっていることがわかりました。
 …などと伝えています。
 △令和2年度「富山県自立支援協議会
  重症心身障害・医療的ケア部会」←26日開催
    富山県厚生部障害福祉課  令和3年1月22日
  *令和元年度「富山県における
   在宅の医療的ケア児等実態調査」報告書について
    厚生部障害福祉課 2020年3月25日
  *富山県厚生部障害福祉課
  *特別支援学校における児童生徒の医療的ケアについて
    富山県教育委員会県立学校課 2020年1月31日

☆福祉現場から見た「第三者の目」の重要性とは? 
 障害者施設に設置される虐待防止委員会に期待すること
  おたくま経済新聞 2021/1/27
 > 知的・精神的な障害などがある人たちが利用する福祉施設では、障害者がケアを受けながら自立のための訓練や労働を行います。しかし、施設職員が利用者である障害者を虐待してしまうケースが後を絶ちません。厚生労働省は障害者施設でのより強い虐待防止策として、2022年度から事業所に虐待防止委員会設置を義務付けました。
 …などと伝えています。

✨☆グループホームのニーズ高まる 
 親亡き後 障害ある子支える場に
  東京新聞 ライフ 2021年1月27日
 > 障害のある子を持つ親にとって切実なのが、「親亡き後」の問題。自分が高齢になって体が動かなくなったり、亡くなったりした後の子どもの行く末を不安に思う親は多いが、入所施設の確保は簡単ではない。残された子を支える場として、地域の人に見守られながら少人数で共同生活を送る「グループホーム」のニーズも高まっている。 
 …などと伝えています。

☆障害者にアンケート「差別感じた」86% 抑えられた声届ける
  高知新聞 2021.01.27
 > 難病の社会福祉士・伊藤さん(高知市)
  高知市の社会福祉士、伊藤英子さん(58)が昨年、障害のある人に偏見や差別の経験を尋ねるアンケートを行った。行動のきっかけになったのは、自らも難病を患いながら感じた「当事者の声を社会はちゃんと聞いているか」との思い。アンケートでは86%が「差別や権利侵害を感じた、(または)見聞きしたことがある」と回答し、伊藤さんは「普段は抑えられている声を集め、発信していきたい」と話す。

◇コロナ予防最前線のメッセージ動画に反響 
 神戸の女性医師ら3人が対策呼びかけ
  神戸新聞 神戸 2021/1/27
◇自閉症の人の意思 どうくみ取る 
 コミュニケーション考える講演会 京都・綾部市
  京都新聞 2021年1月27日
◇終末期入所者に食べる楽しさを 誤嚥性肺炎予防に工夫
  山陰中央新報社 2021年1月27日

✨☆県が「医療的ケア児」と家族支援へ
 手帳やサポートブック作成
  山口新聞  2021年01月26日
 > 県は、酸素吸入や経管栄養などの医療を日常的に必要とする子ども「医療的ケア児」と家族を支援しようと、緊急時に役立つ「医療的ケア手帳」と支援制度などの情報をまとめたサポートブックを作成した。
 …などと伝えています。
 △「医療的ケア手帳」及び
  「山口県医療的ケア児支援サポートブック」の作成について
   山口県障害者支援課在宅福祉推進班 令和3年1月25日
  ・医療的ケア手帳  
  ・山口県医療的ケア児支援サポートブック  

✨☆障害児の学び 奪わない ”画一的に卒業させません”
 北海道教委 訪問教育 家族・共産党の要求実る
  しんぶん赤旗 2021年1月26日
 > 「コロナで学ぶ機会が奪われたまま卒業させないで」ー。日本共産党北海道議団に寄せられた重度心身障害児とその家族の要望が実現しました。同教育委員会は19日。コロナの影響を考慮した訪問教育学級の在籍児童生徒の卒業について通知を出し、生徒の「卒業の認定は個別具体的な検討を行う」「(学校長)適切に卒業時期を設定する」と明記し、画一的な卒業を行わないとしています。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆障害ある兄守った孤独の日々…持田恭子さんに聞く 
 「きょうだいケア」を支援する
 ケアラーアクションネットワーク協会代表理事
  読売新聞 2021/01/26
 > 介護や看護が必要な家族の世話や家事を担う「ヤングケアラー」。幼い頃から病気や障害を持つ兄弟。姉妹のケアにあたるケースもある。交流会などを通じてケアラーを支援する一般社団法人「ケアラーアクションネットワーク協会」の代表理事で、自らもヤングケアラーだった経験を持つ持田恭子さん(54)に話を聞いた。
 …などと伝えています。 その紙面
 *一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会
   きょうだい会CAN・ケアラー支援

☆亡き娘から教わったこと〜
 小児緩和ケア施設『横浜こどもホスピス』を目指して
  ニッポン放送 NEWS ONLINE 2021-01-26
 > それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。
  多くの人を「感動」や「悟り」や「気づき」に導く瀬戸内寂聴さんの講話。そのお話のなかで、寂聴さんは「愛する者との別れ」について、このように説いていらっしゃいます。
  …などと伝えています。

☆コロナで都立北療育医療センター短期入所一部縮小
  医療介護CBnews 2021年01月26日
 > 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は25日、都立松沢病院(世田谷区、精神科808床、一般 90床)の病棟勤務の看護師1人、都立北療育医療センター(北区、入院50床など)の看護師1人と入所者2人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。…略… 都立北療育医療センターでは、保健所の調査の結果、職員22人、入所者19人が濃厚接触者に特定され、職員は最終接触日から2週間の自宅待機となった。同センターは一般の医療機関では対応が難しい心身障害児・者に対して医療を提供しているほか、肢体不自由児や重症心身障害児・者を対象にした入所・通所事業などを実施している。今回の感染に伴い、短期入所の受け入れを一部縮小するが、感染防止対策を徹底して運営を継続する。
 …などと伝えています。

☆障害のある人びとのねがいに即して、社会の問いを立て直す
  くらしにデモクラシーを!板橋ネットワーク 
  TEAMくらデモ 1月16日
 > 近年の板橋区議会には、障害をもつ子どもの生活や、子どもにとっての視点からあるべき保育や教育を求める区民の陳情が多く出されています。他方で障害者の保育や教育の問題は、普通の子どもの話とは区別して議論されがちです。すべての子どもの笑顔が溢れる板橋区にするために行政がなすべきこと、市民ができることは何なのか。今回は1月22日に「板橋のインクルーシブ保育・教育」をテーマにしたオンライン学習会で講師を務める河合隆平さんにメールインタビューをしました。
 …などと伝えています。

◇社説:コロナ禍と介護 過酷な現場への対策急務
  京都新聞 2021年1月25日
◇コロナで40度の熱でも入院できない 介護施設の苦悩
  NHK 首都圏 ちかさとナビ 2021年1月26日
◇利用者にコロナうつしてしまったら… 
 ヘルパーの多くに不安 NPOが札幌の事業所にアンケート 
 防護服着てケア動画で紹介
  北海道新聞 01/25
◇知的障害の息子と歩んだ34年 米子の女性、体験記入選
  山陰中央新報社 2021年1月26日
◇出生前診断を受けた親たちが語る
 「ダウン症の子供たちが教えてくれること」
  (クーリエ・ジャポン) Yahoo!ニュース 1/26

✨☆障害児集う大切な家 被災地で見守り続ける
  毎日新聞 続・沿岸南行記 2021年1月25日
 > 仙台支局の記者からバトンを受け継ぎ、福島支局の記者が福島県沿岸部の浜通り地方を南下する。 …略… 松川浦に近い、水田に囲まれた集落の道路脇に、淡いピンク色をした2階建ての一軒家が見えてきた。窓にはカラフルな文字で「ゆうゆうクラブ」と書かれた紙が貼ってある。発達障害の子を受け入れている児童発達支援・放課後等デイサービス施設だ。
 …などと伝えています。(動画もあり)
 *ちゃれんじどさぽーと ゆうゆうクラブ HP
 *ちゃれんじどさぽーと『ゆうゆうクラブ』 Facebook

☆障害者でも不幸と感じない世の中に…
 視覚障害者専用の施設を設立した全盲男性の原動力
  FNNプライム テレビ愛媛 2021年1月25日
 > 全盲の男性が障害者のための施設を設立
全盲というハンディキャップをものともせず、障害者が少しでもよりよい生活を送れるようにと奔走する男性がいる。男性を動かす原動力は何なのか。その姿と、この男性が立ち上げたある施設を取材した。
 …などと伝えています。

☆訪問介護、コロナでヘルパー不足に拍車 
 クラスターで依頼増、感染恐れ離職も
  熊本日日新聞社 01月25日
 > 訪問介護のヘルパー不足に、新型コロナウイルスの感染拡大が拍車を掛けている。もともと人員に余裕がない上に通所施設の休止などで依頼が増え、サービスを十分に提供できないケースも相次ぐ。サービスの低下は高齢者や家族に深刻な影響を与えるだけに、熊本県内の訪問介護事業所は、悩みながら綱渡りの運営を続けている。
 …などと伝えています。

◇盲導犬利用者 多くが入店拒否 山陰両県、店舗や施設で
  山陰中央新報 2021/1/21

✨☆町から届いた冷酷な順序 
 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”
  毎日新聞 #自助といわれても 2021年1月25日
 > <福祉の考え方の基本は、「自助」→「共助」→「公助」です>。山里の最低気温がマイナス7・7度まで冷え込んだ2017年2月24日に長野県信濃町の住民福祉課から発せられた一通の文書が、町内に住む小林さゆりさん(56)の元に届いた。全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患っていた。年老いた母親(当時78歳)による介護が難しくなり、法的に保障された長時間介護の実施を信濃町に求めたが、事実上拒否されたのだ。「自助」が限界を迎える中で、小林さんは尊厳を持って生きるために、「公助」を求める闘いを始めた。
  ・ALS介護を担うのは78歳の母
  ・気管切開で「生きられる」「生きたい」
  ・公助は「自身や家族がすべての役割を果たしてから」
  ・町財政圧迫への過度な恐れか
  ・「公助」求めて町を提訴
  ・「自助、共助、公助」はこれまでも
 …などと伝えています。

✨☆『おひさま家族』 難病患者の家族の日常
  朝日新聞デジタル(フォーカス オン)2021年1月25日 
 > 太陽の光を浴びることができない難病を抱える17歳の高校生と、家族を追ったドキュメンタリー「おひさま家族〜りんくん一家10年の記録〜」が、全国33局で2月6、11、13日のいずれかで放送される。テレビ朝日は6日午前10時30分、朝日放送テレビは11日午前10時25分から。
 …などと伝えています。
 *テレビ朝日系列ですが、各地で放送時間帯や曜日が違います.

✨☆右半身麻痺の息子と過ごす中で生まれた「子供服」 
 難病と向き合う親子の物語
  FNNプライム テレビ長崎 2021年1月24日
 > 2020年4月に生まれた長崎県初の子供服。デザインの可愛いさに加え、着替えを手伝う人をサポートする機能が詰まっている。この服の誕生の背景には難病と向き合う親子の物語があった。原村奨(しょう)くん、5歳。右半身が麻痺していて自分の力で座ったり、歩いたりすることはできない。寝たきりの生活を支えるのは母親の綾さんだ。原村奨(しょう)くん、5歳。右半身が麻痺していて自分の力で座ったり、歩いたりすることはできない。寝たきりの生活を支えるのは母親の綾さんだ。奨くんの頭には手術の跡がある。
 …などと伝えています。

✨☆私の人生会議クロニクル
   Tanimer's Cafe note 2021/01/24
 >・2012年ー和歌山ALS訴訟ー
   私は、弁護士をしていて1度だけ、いわゆる「幕出し」をしたことがある。幕出しとは、裁判の判決や和解の日に、判決言い渡しの瞬間に法廷から裁判所の外まで猛ダッシュして外で待っている支援者とマスコミに向かって垂れ幕を掲げる、あれだ。どちらかというと負けて「不当判決」という幕を出すことが多いが、私は運よく「勝訴」を出すことができた。それが、和歌山ALS訴訟(和歌山地判平成24年4月25日)だ。
  ・2015年ーとなりでどこかのおじいちゃんが亡くなったー
  ・2017年ー緩和ケアと出会うー
  ・2019年ー弁護士と医療のかみ合わなさー
  ・2020年ー新型コロナウイルス感染症ー
  ・2021年ー人生会議を守るために、法律家にできることー
 …などと伝えています。 

☆難病の17歳杉山さん、全国写真展で最高賞 
 先天性筋ジストロフィーで寝たきりも
 声でシャッター 母「頑張った証し」
  静岡新聞アットエス 2021/1/24
 > 静岡県立東部特別支援学校高等部2年の杉山晃也さん(17)=裾野市=が、全国の肢体不自由者が作品を寄せたデジタル写真展で、最高賞の特賞に輝いた。全身の筋肉が衰える難病「先天性筋ジストロフィー」を抱え、ほとんど寝たきりながら、アプリを活用して幻想的な写真を撮影した。母の奈々さん(40)は「頑張った証しを残せた。人の心に響く写真が撮れたことを誇りに思う」と喜んでいる。
 …などと伝えています。

✨☆ウェブ連載する難病の漫画家 
 ライスチョウ・ジョナ・シェンさん 
 障害題材、明るく描く/京都
  毎日新聞 京の人今日の人 2021年1月24日
 > 全身の筋力が徐々に低下する希少難病「過剰自己貪食を伴うX連鎖性ミオパチー」を抱え、肘から先以外は自力で動かせないが、オリジナルの漫画をウェブで連載している。ギャグ漫画が得意で、実力は一線の漫画家のお墨付き。福祉や障害の「重い」イメージを、笑いで払拭(ふっしょく)することを目指す。米国籍で京都市出身。病気は生まれつきで、ヘルパーが24時間体制で料理や掃除、電動車椅子への乗降など生活全般をサポートする。漫画の執筆には、筆圧が弱くても描けるタブレット端末「iPad(アイパッド)」を使う。
 …などと伝えています。

◇「誰でも」遊べる公園みっけ 
 障害あっても安全/大人向け健康遊具
  日本経済新聞 2021年1月23日
 > 画一的になりがちな公園が変化してきた。健常児向けが一般的だった設計を見直し、障害のある子供も一緒に遊べる遊具を備えた施設が相次ぎ登場。利用者の幅広いニーズに応えようと、公園ごとに役割を決めて整備する自治体も出てきた。見慣れた近所の遊び場や憩いの場が、気付いたときには新しい公園になっているかもしれない。
 …などと伝えています。 
◇自分の最期はどうしたい 地域で支える「人生会議」
  NIKKEI STYLE 2021/1/18
◇「腹膜に散らばったがんが消えたんです」
 余命2か月の女性を救った『RIKNKT』って?
  週刊女性PRIME 2021年2月2日号

✨☆医療的ケア児の自立支援 在宅療養ネットの英早苗さん
  朝日新聞デジタル 香川 2021年1月24日
 > 高松市の一般社団法人「在宅療養ネットワーク」は、全国でも数少ない療養通所介護事業所を運営する。「医療的ケア児」と呼ばれる人工呼吸器などが必要な子どもから、100歳を超える高齢者までが同じ空間で日中を過ごしている。代表理事の英早苗さん(54)に話を聞いた。 …略…
  -療養通所介護事業所とはどんなところですか
  -設立のきっかけは
  -家族と離れて医療的ケア児をあずかる意義は
  -コロナ禍で変化は
  -地域の交流スペースも兼ねているそうですね
 …などと伝えています。
 *一社 在宅療養ネットワーク HP
 *一般社団法人 在宅療養ネットワーク Facebook

✨☆柳田邦男さんに聞く 
 障害のある人が手記を書く意味・それを読む意味
  NHKハートネット 記事 2021年01月22日
 > 障害のある人や、ともに歩む人の手記のコンクール、NHK障害福祉賞。身体障害、精神障害、知的障害、難病など、幅広い当事者が作品を寄せます。これまでに集まったのは、55回の開催で13000点以上。その選考委員を35年にわたってつとめ、応募作を読み続けてきた作家の柳田邦男さんは、書くことによってその人の人生が変わることを、長く見つめてきました。
  人間理解の宝庫
  時代とともに移り変わる障害観
  障害福祉賞で作品を選ぶ意味
  文章に書くことが人生の転機になることも
 …などと伝えています。
 ✨△NHKEテレ1/24(日)14:30〜放送済
   文字の獲得は光の獲得でした
   作家 柳田邦男が読む いのちの手記
…などと伝えています。
 
✨☆ALS嘱託殺人事件23日で半年
  NHKニュース 京都府 01月22日
 > 難病「ALS」を患う京都市の女性の嘱託殺人事件が明らかになってから、23日で半年になります。介護に関わった関係者が初めて取材に応じ、「女性は死にたいと話していたが、決して後ろ向きではなかった。日々葛藤していたと思う」と当時のようすを語りました。
 …などと伝えています。

☆<苦しみの先に ALSと生きる> 北海道新聞 5回連載
 *1:神様からのプレゼント 大平まゆみさん 
    第2幕 自分らしく奏でる
   北海道新聞 01/10
 *2:介護事業所を運営 山田洋平さん 
    自慢のパパであり続ける
   北海道新聞 01/11
 *3:人工呼吸器付けない夫を介護 横井菜絵子さん 
    選択受け入れ走りきった
   北海道新聞 01/12
 *4:自らヘルパー確保 松山裕子さん 
    24時間介護 みんなで築く
   北海道新聞 01/13
 *5:ALS協会道支部長 新屋保則さん 
    仲間と語り 寄り添う場に
   北海道新聞 01/14

☆「手厚いケアを」京大病院が こども医療センター開設
  ABCニュース 01/23
 > 23日、開設された「こども医療センター」は、手厚いケアを実現させようと、これまで大人と同じ病棟に入院していた子どもたちを集め60床を整備しました。小児がんや臓器移植の治療に必要な無菌室を4部屋と、感染症に対応する陰圧室を設置し、高度医療の強化を図っています。
 …などと伝えています。
 *京大病院が小児医療に特化の
  「こども医療センター」を開設 “遊びの場”も設置
   MBS NEWS 2021/01/23
 *「こども医療センター」開設 京大病院
   日テレNEWS24 2021.01.23
 *京大病院こども医療センター開設 AYA世代にも配慮
   朝日新聞デジタル 2021年1月22日

☆胃ろうからも「お母さんの手料理」を食べる(上)
  yomiDr.ヨミドクター(読売新聞) 2021年1月22日
  在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活
 > 毎日、新型コロナウイルスのニュースが報道され、テレビをつけると悲しい気持ちになってしまいますね。私もいつ感染するかわからない不安の中で生活しています。昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、訪問栄養指導を中止する患者さんが何名かいらっしゃいました。一方で、管理栄養士の訪問を心待ちにしていた、あるお母さんがいました。
 重い障害のある子どもと家族の暮らしを支える小児在宅医療
 成長とともにのみ込む機能が低下して胃ろうに
 手料理を滑らかなミキサーに。「胃ろう食」とは?
 …などと伝えています。

☆復職決まり申し込んだのに、なぜ… 
 市営保育所が突然「入所拒否」で保護者ら困惑
  (ABCニュース) Yahoo!ニュース 1/22
 > 京都市立の保育所で、一部の年齢の子どもの入所が拒否される異例の事態となっています。申し込みが締め切られた後の突然の通知に、保護者は困惑。一体何があったのでしょうか。…略… 
 難病の子どもを持つ親の願い 「福山型先天性筋ジストロフィー」という難病で、車いす生活を送る長女をもつ佐井優子さん。長女・愛理さんも、かつて聚楽保育所に通っていました。「ずっと“保活”というのをしてきまして、20個、30個くらいの保育所には連絡させていただいたと思うんですけど、電話ですべてお断りされました」(佐井優子さん)「バリアフリーが整っていない」、「経験のある保育士がいない」などの理由で門前払いにあった、佐井さん親子。唯一受け入れてくれたのが聚楽保育所でした。
 …などと伝えています。

☆大阪市が医療的ケア児保育支援へ
  NHKニュース 関西 01月21日
 > たんの吸引など医療的なケアが必要な子どもたちの保育の受け皿を広げようと、大阪市は子どもを受け入れるため看護師を配置した民間の認可保育所に対し、経費を補助する独自の支援をことし4月から導入する方針を決めました。
 …などと伝えています。
 *大阪市
  医療的ケアが必要な子どもたちの保育拡大で独自支援へ
   NHKニュース 関西 2021年01月21日
 >>同じような報道タイトルですが動画内容が少し違います。

☆施設で食べ物詰まらせ5歳死亡、県が調査へ
  読売新聞オンライン【独自】社会 2021/01/22
 > 和歌山県岩出市の児童発達支援センター「ネウボラロッツ」で昨年12月、ダウン症の男児(5)がミートボールをのどに詰まらせて死亡した事故を受け、県は22日午後にも児童福祉法に基づき、施設への立ち入り調査を行う。子どもや障害者が施設での食事で、のどを詰まらせて死亡する事故は各地で相次ぐ。県は当時の職員の配置状況や誤嚥ごえん防止の対策が適切だったかなどについて調べる。
 …などと伝えています。

☆【岐阜】「小児在宅医療は小児科医より在宅医が向く」という
  言葉を支えに‐市橋亮一・医療法人かがやき理事長に聞く
   Vol.1|医療維新 - m3.comの医療コラム 2021年1月22日
 *総合在宅医療クリニックグループ

◇函館市 入所型福祉施設の従業員5000人余に 定期的PCR検査へ
  NHKニュース 社会 2021年1月23日
◇「自宅待機」中に死亡の高齢者相次ぐ 
 病床不足で入院先見つからず
  神戸新聞 総合 2021/1/22

☆「またクラスター起きるのでは…」介護施設、拭えぬ恐怖 
 (産経新聞) Yahoo!ニュース 1/21
 > 新型コロナウイルス感染拡大を受け、全国の介護施設や高齢者施設でクラスター(感染者集団)の発生が相次いでいる。ただ入所者が寝食を共にしたり、職員の介助が必要だったりするケースが多く、対人距離の確保といった一般的な対策を取ることは困難だ。一度クラスターが発生すれば、何が起き、どんな支援が必要なのか。昨年夏、クラスターに直面し、入所者・職員の計36人が感染した大阪府内の介護老人福祉施設の男性事務長が取材に応じ、当時を振り返った。
 …などと伝えています。

✨☆「これが現実」認知症あっても受け入れたいけど…
 職員不足で限界
  西日本新聞ニュース 2021/1/14
 > コロナ禍 支え手の思い(1)住宅型有料老人ホーム
  お年寄りたちは6〜8人掛けテーブルの四隅に離れて座り、黙々と昼食を取っていた。4日昼、福岡市東区の住宅型有料老人ホーム「あいくらす香椎参道」。テレビもソファも片付けた食堂に流れるのは、消毒液の加湿器と並べて置いたラジオの音だけ。「介護の原則はコミュニケーション。職員が声掛けして食事に誘導して、テレビを見ながら談笑して…。それが一切『悪』になってしまった」。施設長の御厨正人さん(59)は顔をゆがめた。
 …などと伝えています。 その紙面
 *非常勤が頼り 「持ちこたえられるか」 
  苦悩する訪問介護事業所
   西日本新聞ニュース 2021/1/21
  > コロナ禍 支え手の思い(2)訪問介護事業所
   1人暮らしのお年寄りなどの自宅を訪れ、ホームヘルパーが身体介護や生活援助を行う訪問介護は、かねて報酬の低さなどから人手不足が指摘されてきた仕事の一つ。コロナ禍の昨年5月、熊本県ホームヘルパー協議会(151事業所)が県内の事業所にアンケートしたところ、サービスの継続や今後の運営に「心配がある」事業所は、回答者の5割を超えた。
 …などと伝えています。 その紙面

✨☆わたし、かわいそうですか?――
 『ヤングケアラー わたしの語り 
 子どもや若者が経験した家族のケア・介護』(生活書院)
  澁谷智子 SYNODOS -シノドス- 2021.01.22
 > 「わたし、かわいそうですか?」この本の帯となった言葉である。18歳未満の子どもが、本来であれば大人が担うと想定されているような責任を負って家族の世話をしている様は、多くの人に何かを訴えかける。こうしたヤングケアラーについて書かれる時には、ともすれば、その子どもたちが経験してきた苦労の部分のみがクローズアップされがちだった。前書きで私はこう書いた。
 …などと伝えています。

◇「障害者の子、いない方がまし」特別支援学校教員が投稿
  朝日新聞デジタル 2021年1月21日
◇松江 盲導犬も同時に 防災ヘリで救助訓練
  日本海テレビ 2021.01.21
◇「みんな笑顔に」車いすでも銭湯に来て 
 一念発起、店主の夫婦病気で障害きっかけ
  (京都新聞) Yahoo!ニュース 1/21
◇息子が事故で脳障害と半身麻痺 19年間、
 寄り添い続ける母の願い【親なき後を生きる】
  (柳原三佳) 個人 Yahoo!ニュース 1/22
◇自閉症の娘とともに生きる家族の物語
 『ムーちゃんと手をつないで』4巻が発売
  SANSPO.COM(サンスポ) 2021.1.22

✨☆ヤングケアラーの実態と早期発見・支援に立ちはだかる課題
  日本教育新聞電子版 2021年1月21日
 > 遅刻しがちな生徒や欠席日数の多い生徒のなかに「ヤングケアラー」と呼ばれる子どもたちが一定数いるのはご存知でしょうか。家族の介護や世話を行う未成年、いわゆるヤングケアラーの認知度はまだまだ高いとはいえず、支援も十分に行き渡っているとはいい難いのが現状です。ヤングケアラーについて正しく認識することは支援政策の第一歩です。今回は厚生労働省や埼玉県が行った調査結果をもとに、ヤングケアラーの実態や課題について解説します。
 …などと伝えています。
 *「ヤングケアラー」支援部署、神戸市が4月新設
   読売新聞オンライン 関西 2021/01/21

✨☆コラム明窓:障害者の災害避難
  コラム 山陰中央新報社 2021年1月20日
 > 自分の家族は避難所でうまく暮らせるか、とても心配です」−。先日、米子市内であった障害者の災害避難に関する学習会。案内に添えられた一編の作文に目が留まった。自閉症の弟がいる中学1年の少年が綴(つづ)った▼家では平穏でも、人混みに出ると急に走りだしたり、言葉ではない声を発したりしてしまうと紹介。過去の大災害での障害者の避難先について調べ、周りの被災者への迷惑を気にして避難所へ行くのを遠慮した家族が多かったことに「とても悲しくなった」という▼災害時、特に配慮が必要と判断された高齢者や障害者を受け入れる「福祉避難所」は、1995年の阪神大震災を機に必要性がクローズアップされた。しかし2011年の東日本大震災の際も、事前指定された避難所や支援者の不足など多くの不備が露見した▼反省を踏まえた国の指針を受け、各自治体も福祉避難所の事前指定に動きだした。米子市も14年以降、高齢者施設など16カ所と協定を結ぶ。並行して要支援者の台帳整備も進めるが、個人情報が共有されることへの抵抗感からか登録は市内対象者の18%にとどまり、一人一人の避難方法を決めておく個別計画づくりの支障にもなっている▼周囲を気遣い、問題を抱え込みがちな障害者家族。学習会では行政との意思疎通不足を反省する声も出た。信頼感の醸成が、見えない敷居を低くし少年の不安を杞憂(きゆう)に変える。
 …などと伝えています。

☆ALSの医師が希望のメッセージをもたらす
  NHK WORLD-JAPAN News 1月14日
 > 私たちは、自分自身が不治の病を患っているにもかかわらず、患者を助け続けている日本人の医者に会います。彼は筋萎縮性側索硬化症(ALS)と呼ばれる状態にありますが、絶望に屈するのではなく、彼自身の経験を利用して、同様の状態の他の人々に希望をもたらしています。
 …などと伝えています。

☆在宅医療「コロナで疲弊」 熊本県内の関係団体、
 現場課題を報告
  熊本日日新聞社  01月21日
 > 医療・介護関係など30団体でつくる「県在宅医療連合会」は19日、熊本市中央区の県医師会館で会議を開き、新型コロナウイルス禍での在宅医療について、各団体の代表者から感染対策の難しさや現場の疲弊といった声が寄せられた。
 …などと伝えています。

☆「マスクは必要、どうしたら…」コロナ禍に苦悩する人たち
  (西日本新聞)Yahoo!ニュース 1/21
 > 「声を、見せて。」。耳の不自由な人を支援するNPO法人「サイレントボイス」(大阪市)が呼び掛けている。新型コロナの感染拡大を防ぐマスクが、口の動きや顔の表情を見ながら相手の意図を読み取る聴覚障害者の妨げとなっているからだ。
 …などと伝えています。

◇訪問看護、綱渡り 
 「患者に感染させたら…」常に不安、人手は限界
  中日新聞 2021年1月21日
「平尾俊郎 在宅で妻を介護するということ」
  デイリー新潮 2020年6月から連載中 
◇「コミュニケーション障害」がもたらす悲劇、
 西宮市の聴覚障害男性、同じ障害持つ女性から
 2400万円詐欺被害
 (ラジトピラジオ関西トピックス)Yahoo!ニュース 1/21
◇理解促進へ動画公開 「多摩市障がい者差別解消条例」
  タウンニュース 多摩 2021年1月21日
◇ALSと闘う音楽家・大平まゆみさんが北海道文化賞受賞
  朝日新聞デジタル 2021年1月20日

☆多様な精神疾患対応可能な医療機能明確化など記載
 愛知県が障害者福祉プラン案を公表
  (医療介護CBニュース)Yahoo!ニュース 1/20
 > 愛知県は18日、「あいち障害者福祉プラン2021−2026(仮称)」の案を公表した。…略… また、医療的ケア児者の地域生活を支えるため、「地域における支援関係機関の協議の場の設置」や「医療的ケア児等コーディネーターの配置」を進め、医療的ケア児者の地域の支援体制の充実を図るとしている。
 …などと伝えています。
 △「あいち障害者福祉プラン2021-2026(仮称)」(案)
  に対する意見の募集について
   愛知県福祉局福祉部障害福祉課 2021年1月18日
  *意見募集期間
    2021年1月19日(火曜日)から2021年2月18日
  *「あいち障害者福祉プラン2021-2026(仮称)」(案) 
   ・概要版 、・全文
  …などが掲載されています。

◇難病の3歳児 新たな夢に向かって 宮崎県
  宮崎ニュースUMK 2021年01月20日 
◇目の難病研究に新たな光 神戸アイセンター病院が
 iPS細胞用いた研究範囲拡大 兵庫県
  (サンテレビ) Yahoo!ニュース 1/20
◇相模原 障害者施設殺傷事件 追悼モニュメントのデザイン決まる
  NHKニュース 2021年1月20日
 > 19人が殺害される事件が起きた相模原市の知的障害者施設に設置される追悼のモニュメントのデザインが決まりました。
モニュメントには、犠牲者の名前を載せるためのスペースが設けられ、県は今後、遺族に名前を載せるかどうか、意向を確認することにしています。
 …などと伝えています。
 △津久井やまゆり園鎮魂のモニュメントについて
   神奈川県福祉子どもみらい局 福祉部障害サービス課 
    記者発表資料 2021年1月20日
◇高齢者・障害者の冬の生活支えたい
 除雪協力、町内会前向き 旭川
  北海道新聞 01/20

✨☆ALSと共に生きる:高野元さんのストーリー
  YouTube 2020/12/08
 > 高野 元 (たかの はじめ)さんは、大手電機メーカーの研究所・事業部門を経て、2011年に自らの事業開発コンサルティング会社を設立しました。そして2014年、49歳のときにALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されました。ALSは運動をつかさどる神経に障害が発生し、次第に全身の筋肉が動かなくなる病気です。日本では1年間に10万人あたり1〜2.5人が新たに発症し、患者数は約9,800人*と報告されています。未だ、原因が特定されておらず、決定的な根治薬のないこの難病が、近い将来には治る病気になるよう、さまざまな研究が行われています。現在も会社経営を続け、神経難病患者が積極的に社会参加できる仕組み作りを進めている高野さんのストーリーをぜひご覧ください。 
 …などと伝えています。 

✨☆障害がある子の親も、仕事をあきらめなくていい日本にしたい。
 【1月のアクション】 サンキュ! 2021/01/12
 > …略… 「障害児のための保育園」ヘレンの1日
気管切開や呼吸器を使う「医療的ケア児」や、重い障害がある子の預け先はきわめて少数。そんな子を育てるママは、仕事をしたくてもできない……このような日本の状況を変えようと2014年に誕生した「障害児保育園ヘレン」は、日本で初めての障害児向け保育園。今月は、東京都練馬区にある「ヘレン中村橋」の1日を取材しました。
 …などと伝えています。

☆精神科病院の身体拘束 “日本はアメリカの260倍超”
  NHKニュース 2021年1月19日
 > 患者の手足などを固定する「身体拘束」について、日本の人口当たりの実施率がアメリカの260倍を超えるなどとする分析結果を、杏林大学などの研究グループが発表しました。調査をした専門家は「他国と比較にならないほど多く、地域で生活できる環境に変える必要がある」と指摘しています。
 …などと伝えています。

◇NPO機関誌で発表の漫画やコラムを本に 難病の松本さん
  神戸新聞 神戸 2021/1/20
◇難病患者の症例を医師同士が相談し合うサービスを開始
  時事ドットコム 2021/01/19
◇失明男性通勤、小学生が支え 10年超途切れず、
 優しさのバトン…「不安消え 楽しい時間に」
  読売新聞オンライン 関西 2021/01/19

✨☆難病の社会活動家平本歩さん死去 
 人工呼吸器付けた通学の草分け
  共同通信 2021/1/18
 > 全身の筋力が低下する難病ミトコンドリア病を抱え、人工呼吸器を付けた通学の草分け的な存在となった社会活動家平本歩(ひらもと・あゆみ)さんが16日午前7時37分、敗血症のため大阪市の病院で死去した。35歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は19日午後0時半から尼崎市若王寺3の19の17、尼崎典礼会館で。喪主は母美代子(みよこ)さん。生後間もなく人工呼吸器を装着し、ベッド式の車いすで地元の小中高校に通った。病気や障害のある子どもが普通学校で分け隔てなく学ぶ「インクルーシブ教育」の先駆けとなった。
 …などと伝えています。
*ご活躍されていた ポムハウスブログ - 医療的ケア
   地域で暮らす障害当事者が語る 私の生きかた、
   私の思い。などを綴ったブログ あゆのブログ

✨☆NHK Eテレ 1/24(日)14:30〜放送予定
 文字の獲得は光の獲得でした
 作家・柳田邦男が読む いのちの手記
 > NHK障害福祉賞には、身体障害や精神障害などと向き合う人たちから半世紀にわたり1万3千以上の手記が寄せられている。作家の柳田邦男さんはそれを「人間理解の宝庫」という。そこには苦悩や偏見を乗り越え人生を切り開いてきた人々の真実の言葉がある。番組では柳田さんとともに過去の受賞者4人を訪ねる。人生に立ちはだかる壁を「文字で表現すること」を通し越えてきた人々の体験から、私たちは何をくみとることができるのか
 …などと伝えています。

✨☆障害ある子とコロナ禍/放課後等デイ職員・保護者の思い
  しんぶん赤旗 2021年1月19日
 > 新型コロナウイルス感染症は、障害のある子どもの生活や学び、そして命に大きな影響を与えています。不十分な「公助」。そんな中で支えになっているのは、日ごろから育んできた「つながり」でした。
 …などと伝えています。 その紙面

☆旭川対応医師“病床圧倒的不足”
  NHKニュース 北海道 01月18日
 > 新型コロナウイルスの大規模なクラスターが相次いだ旭川市。対策にあたった医師は、病床が圧倒的に足りないため、重症化のリスクが高いとされる患者でもクラスターが起きた施設にとどまってもらっていたことを明らかにしました。医師は、設備の整った病院に入院しなくとも必要な医療が受けられる体制を早急に整備する必要があると指摘しています。
 …などと伝えています。

✨☆埼玉県が計画案、教職員研修などでヤングケアラーを支援
  日本教育新聞電子版 2021年1月18日
 > 昨年3月の「埼玉県ケアラー支援条例」を受けて埼玉県は「ケアラー支援計画」の案をまとめ、県民から意見を募っている。
 親が病気であるなどの事情から過大な介護や家事を担う「ヤングケアラー」と呼ばれる子どもについて、「適切な対応や支援を行うため、教職員を対象とした研修を充実させる」などとしている。
 …などと伝えています。
 △「埼玉県ケアラー支援計画(案)」に対する
  県民コメント(意見募集)を実施します
   埼玉県福祉部地域包括ケア課 2021年1月5日
  *募集期間
    令和3年1月5日火曜日〜令和3年2月4日木曜日
  *埼玉県ケアラー支援計画(案)
  …などが掲載されています。

✨☆<生きたい社会に>治療法研究、
 患者の支えに 梶龍兒・国立病院機構宇多野病院長 ALS嘱託殺人
  (毎日新聞)Yahoo!ニュース 1/18
 > 私は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者さんを診察しながら治療法の研究を続け、今は難病拠点病院の院長も務めている。ALSと長年向き合ってきたので今回の嘱託殺人事件には衝撃を受けた。女性患者が亡くなる前にできることはなかったのか悔やまれる。
 …などと伝えています。

☆(患者を生きる:4085)新型コロナ 読者編
 1 娘と一緒にまた旅を
  朝日新聞デジタル 2021年1月18日
 > 自宅で医療的ケアが必要な男児と家族を紹介した連載に、共感の声が寄せられました。
 …などと伝えています。

✨☆線維筋痛症 無理解、孤立に苦しみ 全身の痛みと倦怠感
 専門医不足、薄い支援
  新潟日報モア 2021/01/18
 > 新潟日報「もっとあなたに特別報道班」(モア特)が2020年10月から「化学物質過敏症」について継続的に報道したところ、「線維(せんい)筋痛症も取り上げてほしい」という声が届いた。全身に痛みを感じ、倦怠(けんたい)感や疲労感を伴う病気だ。原因は不明で特効薬もないが、国の指定難病ではないため、支援は乏しい。周囲の理解が得られにくく、患者が孤立しがちだというところに二つの病気の切なさがある。
 …などと伝えています。
 *化学物質過敏症 悩み打ち明け前向きに
   「話し合う会」開催の中塚さんに聞く
    新潟日報 2021/01/18
 *化学物質過敏症 理解して 新型ウイルス禍、消毒液も恐怖
   新潟日報 2020/10/06
  ・続報:特効薬なし 苦悩知って 化学物質過敏症 
   当事者から悲痛な声
    新潟日報 2020/10/30

☆繰り返された暴行 障害者施設で何が
  NHK札幌放送局 北海道WEBニュース特集 2021年1月18日
 > 「パンッ!」というほほをたたく乾いた音。横たわる相手に執ように暴行を加える男の姿。法廷のモニターに映し出された映像に、私はメモを取るのを忘れて見入っていました。
映像が撮影されたのは江差町の障害者施設でした。去年の秋、入所者に暴行を加えていたとして施設職員が相次いで逮捕されたのです。障害者の生活を手助けするはずの施設でなぜ暴行が行われていたのか、保護者はどのような気持ちでこの事件を受け止めているのか。私はこの事件の全容を知りたいと思い、これまで半年近く取材を進めてきました。
 …などと伝えています。

◇参院で手話通訳開始 進むバリアフリー スロープ設置も
  朝日新聞デジタル 2021年1月18日
 *参院本会議場にスロープ設置
  車いすで演壇に上がれるように
   NHK政治マガジン 2021年1月17日

✨☆防護服なしで介護可能に 旭川の北海道療育園 
 18日から全棟でリハビリ再開
  北海道新聞 01/16
 > 【旭川】新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生した旭川市内の重症心身障害児(者)施設「北海道療育園」で16日、職員が感染を防ぐ防護服を着用せずに入所者の介助ができるようになった。6日以降、感染者が出ていないことなどから、園内で感染拡大の恐れは少ないと判断した。18日からは一部で中止していたリハビリも全面的に再開する。
 …などと伝えています。
 *旭川療育園
  ・当園のおける新型コロナウイルス感染者の発生について
    (第15報) 2021/01/16

☆医療崩壊の最大の問題、どの患者を救うか選ぶ「
 トリアージ」は医者任せでいいのか?
  yomiDr._ヨミドクター(読売新聞) 2021年1月17日
 > 新型コロナウイルスの感染拡大で、患者を受け入れている医療機関からは「医療崩壊」の声が上がり始めています。政府もようやく病床の増加に動き始めましたが、私が聞いたなかで最も深刻なのは、「このままではトリアージ(命の選別)をせざるを得なくなります。それだけは、やりたくありません」(都内のある病院の院長)というものです。そのような事態にならないよう願っていますが、対策は最悪も想定しておかなければいけません。
 …などと伝えています。

☆【聞きたい。】石井光太さん 残された時間を「深く生きる」
   産経ニュース 2021.1.17
 > 『こどもホスピスの奇跡 短い人生の「最期」をつくる』
  貧困や児童虐待など社会問題をテーマにノンフィクションを数多く手掛けている作家の石井光太さん。本書では、重い病を抱え余命の短い子供とその家族が残された時間を「深く生きる」ための施設「民間小児ホスピス」を取り上げた。
 …などと伝えています。

◇難病 きっと仲間はいる
  読売新聞オンライン 大阪 2021/01/17
◇目白駅 転落事故10年 死亡男性の妻 安全対策進むこと願う
  NHKニュース 社会 2021年1月16日
◇左手の指先だけで描くイラスト
 難病の高校生がスマホ使い製作 徳島で個展
  毎日新聞 2021年1月17日
◇「特別支援学校」ってどんなところ?…
 子ども1人1人にあった手厚い教育、
 授業内容や1日のスケジュールを紹介
  まいどなニュース 2021.01.17
◇死後3カ月の放送、難病のパーソナリティーが残した言葉
  朝日新聞デジタル 2021年1月17日

✨☆17日は阪神・淡路大震災から26年目をむかえました。
 *社説 コロナと災害/新たな「共助のかたち」描こう
   神戸新聞 2021/01/17
  ・【特集】阪神・淡路大震災 神戸新聞 
 *社説 「阪神」26年 被災地の力生かす支援
   朝日新聞デジタル 2021年1月17日
 *社説 阪神大震災26年 長期化が物語る復興の難しさ
   読売新聞オンライン 2021/01/17
 *主張 阪神大震災26年 思いを新たにする節目に
   産経ニュース 2021.1.17
 *社説 週のはじめに考える 震災復興は人の心から
   東京新聞 2021年1月17日
 *社説 阪神大震災26年 ボランティア文化継承を
   京都新聞 2021年1月17日
 *社説 阪神大震災26年/揺れへの備え 再確認しよう
   河北新報 2021年01月17日 
 ☆【阪神大震災26年】震災障害者の支援「終わっていない」
   産経新聞ニュース 2021.1.16
 > 平成7年の阪神大震災で心身に障害を負い、26年を経た今も症状に悩む人たちがいる。行政の実態把握が遅れ、いまだ支援の手が行き届いていない「震災(災害)障害者」。自らも両足に後遺症を抱えながら、障害者の悩みに向き合ってきた男性は「震災はまだ終わりではないんです」とサポート体制の拡充を強く訴えている。
 …などと伝えています。
 *しんどい時こそ楽しい思い出作って 
  神戸のNPO理事長、小学校で震災体験語る
   毎日新聞 2021年1月16日
  ・阪神大震災の証言集出版 
   発生26年「復興終わっていない」―相談室運営の牧さん
    時事ドットコム 2021年01月16日
 *阪神・淡路大震災から26年 
  いま考え感じるとき コロナと防災
   NHK神戸放送局サイト

✨☆ALSを患いながら医師活動を続ける 
  太田 守武(おおた もりたけ)さん(49)
   ひと しんぶん赤旗 2021年1月16日 その紙面

☆「子に寄り添っていない」療育システムの記事に反響
  初診待ち常態化
   西日本新聞ニュース 2021/1/15
 > 福岡市の未就学児の療育システムについて取り上げた本紙記事(昨年12月27日付朝刊)に反響が寄せられた。当事者家族の声も複数あり「子どもに寄り添う制度ではない」と不満がつづられていた。現場を担う施設の一つ、市立心身障がい福祉センター「あいあいセンター」(中央区)の中満達郎・療育課長に改めて市の意図を尋ねた上で、早期療育の在り方について全国発達支援通園事業連絡協議会会長の近藤直子さんに聞いた。
 …などと伝えています。
 ◇子どもの支援はどうなる 
  障害乳幼児の療育に応益負担を持ち込ませない会/編集

◇消された精神障害者たち、
 ドキュメンタリー「夜明け前のうた」予告編
  映画ナタリー 2021年1月16日
◇医師法違反疑いも 医師書類送検
  NHKニュース 関西  01月15日
 *診察せず診断書の疑い 医師を追送検へ ALS嘱託殺人
   朝日新聞デジタル 2021年1月15日
◇車いすユーザーの「排泄トラブル」 精神的ダメージと
 尊厳への問い 誰もがなりうる可能性、ケアのあり方は
  withnews 2021/01/16
◇個性きらめく100点 大野城市で障害児者アート展 19日まで
  西日本新聞ニュース  2021/1/15
◇18日(月)20:00〜放送 
 NHKEテレ ハートネットTV
  あがるアート(4)「デジタルでアート革命!?」
 *art space co-jin アートスペースコージン

✨☆緊急要望 緊急事態宣言発出にあたって
  JD(日本障害者協議会) 意見・要望書 21年1月14日
 > jDは2021年1月14日、障害のある人のコロナ対策に関して、「緊急要望:緊急事態宣言発出にあたって」を公表し、内閣総理大臣、厚生労働大臣宛に提出いたしました。
 …などと伝えています。

☆参院がネット中継に手話通訳導入 設備を公開
 (産経新聞)Yahoo!ニュース 1/15
 > 参院事務局は15日、本会議のインターネット中継に手話通訳を導入するための設備を報道陣に公開した。18日召集の通常国会では、菅義偉首相の施政方針演説や代表質問などを中継する際に、画面上に手話通訳が出る予定だ。
 …などと伝えています。

舩後議員の新刊「車いすで国会へ」が発売されました!
   事務所 2021年1月15日
 > 舩後議員が国会議員になるまで、なってからの1年間をまとめた本が出版されました。たくさんのカラー写真とともに、子どもさんたちにも分かりやすい言葉づかいで書かれています。これからの進路を考える十代の方々にぜひ読んでいただきたいと思います。
 …などと伝えています。

2021/01/19
<永田町子ども未来会議>
☆医療的ケア児支援法案の成立までの活動を
  荒井聡代議士(衆院議員:立憲民主党)、
  加藤千穂「永田町子ども未来会議」事務局長に聴く  
 オンライン公開講座「患者学」関連インタビュー

 (Drシンゾウの公開講座「患者学」関連インタビュー)

  YouTube 2021/01/18 

☆2020年12・21にオンラインで開催された
 <勉強会:医療的ケア児支援法案を学んでみよう!
  超党派の議員連盟で “医療的ケア児”を支援する法案の
  骨子がまとめられました。みんなで気軽に学んでみませんか。
  主催:医療的ケア児支援法案を学ぶ会
 の模様が動画公開されました。
 *なお当日勉強会でも配布された資料も共有化されています。
 <<永田町子ども未来会議 緊急提言 2020>>2020年7月1日版
 *これまでの<<永田町子ども未来会議>>の模様は、
  同会議座長でもある衆院議員荒井さとしさん(立憲民主党)
  HPREPORT部分でも
   ・『 医療的ケア児支援法案 を学んでみよう』
     オンライン勉強会  2020年12月22日
   ・萩生田文部科学大臣への要望 2020年11月20日
   ・山本 博司厚生労働副大臣に要請 2020年11月19日
   ・2020.10.30.
    第31回永田町子ども未来会議
       法案公表 2020年11月11日
     △要綱骨子医療的ケア児支援法案
  …などが適時公開掲載されています。