16.体温調整が難しい原因と対処法

2008/03/10 (月) 12:33 | 質問に対する回答

体温調整が難しい子の原因と対処法をおしえてください(外気温に左右
される)。

<答>
仝彊
 一般的に重症心身障害児(者)は、基礎代謝が低く、運動が乏しいことから産熱は少なくなっています。一方、皮膚の血管の拡張・収縮と発汗により調節されている放熱についても、視床下部にある体温調節中枢の異常のために自律神経による調節機能が不十分です。そのために、重症心身障害児(者)は環境温度に左右されやすいのです。寒い時には産熱が少なく、放熱が抑制できずに低体温となりやすく、暑い時は放熱を増やせず高体温となりやすくなっています。
             豊田市こども発達センター小児神経科 三浦清邦

対処法
 私の経験上では、体温調節中枢がうまく働かない子どもが多いように思います。夏は、夏季熱で34度くらいに上がり、クーリング(脇の下や、股関節部、
つまり動脈を冷やすだけで体温は下がります。冬は低体温34度台になることがあります。加温は気をつけないといけませんが、保温は必要です。特に体温よりやや高めの電気毛布などで足下を十分暖めたり、足浴も良いです。
 また、エネルギー不足によるときは、暖かめの糖質を飲ませるか注入します。胃には血管が多く集まっているので、暖かいものは体温も上昇させるようです。糖質は、エネルギーに変わりやすいので、良いようですが、経験上のことです。体を摩擦することも良いようです。
 私の苦い経験ですが、低体温だったので電気毛布で体を温めていたのです。電気毛布の調節ダイヤルは、温度で表示しておらず、1〜6段階になっているだけでした。4ぐらいで暖めていたのですが、2時間後には、38度にまでなってしまったことがありました。あがりだすと、どんどん上がっていったのです。気をつけなければならないと反省しました。

                  大阪府立藤井寺養護学校 北川末幾子

- | -

*セミナー等で答えきれなかった質問へ
 の回答などを掲載しています。ただし、
 対象者の状況が充分には把握できず、
 関係者(本人、家族、支援者、主治医
 などなど)のお気持ちを踏みにじるよ
 うな回答になる可能性もありますが、
 質問文から受け取れる範囲で、回答者
 個人の主観も含めた回答として受け取
 ってください。
*各地での関連する学習会などの案内な
 ども適時掲載します。
*ブログ形式ですのでコメント投稿による
 Web上での討論・交流なども可能です。
 

Access: