イラスト

最新情報

2020/07/04 <永田町子ども未来会議>
☆2020年6月10日に開催された
 第27回永田町子ども未来会議YouTubeで公開されています。
 >>荒井さとしさん(衆院議員:立憲民主党)の
  HP(2020年6月12日)でも当日配布資料、
 01 第27回永田町子ども未来会議次第
 02 永田町子ども未来会議について
 03 提言
 
04 厚労省20200610未来会議資料
 05 永田町子ども未来会議200610_前田浩利
 06 医療的ケア負担度調査レポート
 07 医療的ケア判定スコア改定案過去のスコアも含めて
 08 20年6月提出版医ケア児加算提案
 09 永田町子ども未来会議_資料_小林正幸
 10 永田町子ども未来会議_小林正幸
 11 小島敬子2020.06永田町子ども未来会議配布資料
 12 未来会議_資料_本橋昌子
 13 資料1_20200423_新型コロナ不安アンケート結果最終集計
 14 資料2_新型コロナウイルスに係る要望書
 15 資料3_ウイングス課題提言資料
 16 医療的ケアを必要とする児童への対応について
 *[資料追加/再投稿] 2020年6月11日
   2019.11.23.第23回永田町子ども未来会議 
 …当日模様概要など含め掲載公開されています。
✨△第28回は6/18(木)15:00〜開催されました。 
    当日ライブ配信後、YouTubeで公開されています
  ↑↑☆第28回会議模様は↑↑
  >>荒井さとしさん(衆院議員:立憲民主党)のHP
   2020.06.18. 第28回永田町子ども未来会議
   (2020年6月25日)でも当日配布
   資料などもあわせYouTubeも含め公開されています。 
 >>1. 冒頭
  2.『永田町子ども未来会議提言2020』に向けた提起
  資料:医ケア協議会提言2020への提案
  3. 医療的ケア児等医療情報共有システム(MEIS)の本格運用について
    資料:厚労省_MEIS_資料
  4. 日本小児科学会における医療的ケア児支援の取り組み
   1.動画および解説:気管切開・人工呼吸器
    ・IVH・立って歩く医療的ケア児に支援ゼロの現状
   2. 医療的ケア児支援について -2021 年度障害福祉報酬改訂に向けて-
     資料:医療的ケア児支援について
   3. 会場との質疑・意見交換
  5.『永田町子ども未来会議提言2020』に向けた提起
   【広がる自治体間格差の解消に向けて】 
   地域間格差についての議論
  【資料】
  0_第28回永田町子ども未来会議次第
  1医ケア協議会提言2020への提案_駒崎氏
  2_厚労省20200618永田町子ども未来会議MEIS_資料
  3A資料-永田町子ども未来会議200618_前田先生
  3b医療的ケア負担度調査レポート_前田先生
  4永田町子ども未来会議_岡明先生
  5就学訴訟の波紋上苦渋の転居で希望かなう
  6就学訴訟の波紋下排除する地域あらわ
  720.03.31朝日新聞_川崎裁判投稿記事
  820.05.06東京新聞_分け隔てない教育を_木村英子議員
  9舩後議員コメント
  10日本会議抗議声明
  11_2020.03.23.公教育計画学会声明
  122020.03.23弁護団控訴お知らせと判決への抗議声明
  13川崎就学訴訟判決の最大の過ちについて
  14 2020.03.24.川崎就学裁判抗議声明_バクバクの会
  152020.03.27.JIL川崎就学裁判の不当判決に対する抗議声明
  16 佐藤陽一さんコメント
  17川崎市の就学裁判3月18日判決に対する抗議障問連_大谷弁護士
  18 2020.06地域校就学者地域別配付資料_バクバクの会
  19総務省_第28回永田町子ども未来会議資料
 …などが掲載公開されています。 
✨△第29回は6/26(金)14:00〜開催されました。
   当日ライブ配信後、YouTubeで公開されています。
  ↑↑☆第29回会議模様は↑↑
  >>荒井さとしさん(衆院議員:立憲民主党)のHP
   6月26日(金)永田町子ども未来会議緊急提言2020
   (2020年7月2日)でも当日配布
   資料などもあわせYouTubeも含め公開されています。
 >>提言書:永田町子ども未来会議緊急提言202020200701版
  【資料一覧】  第29回永田町子ども未来会議次第 20200626
  2 医療的ケア児が在籍する学校における留意事項_文科省
  4 事業者の苦悩と母の想い_中林さん
  4_3A障害福祉報酬改定「医ケア」の影響総括_厚生労働省
  
4-3B別紙1今後を見据えた新型コロナウイルス感染症の医療提供体制整備について概要イメージ図-003
  4_AC経営概況調査結果の概要
  5A永田町子ども未来会議緊急提言2020案
  5B提言書付属資料-永田町子ども未来会議について
  6支援1_在宅での生活支援_前田先生
 …などが掲載公開されています。
↑↑関連で…
✨☆「第8回障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」(オンライン会議) ←7/9開催予定
  >議題
   1.関係団体ヒアリング1
   2.その他 
 …などと掲載されています。 
◇第7回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料 ←6/19開催
  厚労省:障害保健福祉部障害福祉課
 >>*議題
   1.令和3年度障害福祉サービス等報酬改定に向けた今後の検討の進め方について
   2.その他
 …報酬改定に向けた今後の検討に関わる大まかなスケジュール・団体ヒアリングの内容等が示されています。今後の論議に注目ですね。これまでの同検討チームの議事録・資料などはここ

2020/07/06 <WEB報道など>…✨表示が一番最新Web報道など
✨☆社説:熊本南部豪雨 救える命を守るために
  信濃毎日新聞 7月6日
 *高齢者・障害者の安否確認などの災害時協定を締結=大阪府豊中市
   時事ドットコム 2020/07/06
 *論説:鯖江・宿泊施設を避難所に 関連死や3密対策に効果
   福井新聞 2020年7月6日

◇ひのみね療育センター 嚥下障害に専門外来 障害児対象県内初 食生活や対応助言
  徳島新聞 7月6日

◇自然たっぷり、障害者のびのび 加古川に生活介護事業所オープン
  神戸新聞 東播 2020/7/6

☆重度障害者の就労の向上に ALS患者の期待
  朝日新聞デジタル 神奈川 2020年7月5日
 > 川崎市麻生区で家族5人で暮らしています。全身の筋肉が衰える難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)の告知を受けて、間もなく6年になります。私を介助するため、地域の訪問看護ステーションから看護師が平日の5日、ヘルパーは休日も毎日来てくれます。新型コロナウイルスの感染拡大後も、最優先で対応していただき、介助を受けるのに大きな苦労はありませんでした。困ったのが医薬品の確保です。のどからたんをチューブで吸引する時に使う消毒用アルコールが、4月ごろから薬局で手に入らなくなりました。たんが詰まると最悪、命に関わるので、吸引はやめられません。幸い、歯科医の友人が備蓄していた分を分けてくれ、何とかしのげました。
 …などと伝えています。 その紙面
 
◇筋ジス患者宅に防災シェルター 徳島の勤務先NPOが無償貸与
  徳島新聞 6/28

✨☆社説:ヤングケアラー 支援へ実態調査が必要だ
  毎日新聞 2020年7月5日 東京朝刊
 > 学校に通ったり仕事をしたりしながら、家族を介護する子どもたちがいる。「ヤングケアラー」と呼ばれている。
 …などと伝えています。
 *ヤングケアラー実態調査へ 埼玉県が全国初
   毎日新聞 2020年6月9日 東京朝刊
 △第1回埼玉県ケアラー支援に関する有識者会議 ←6/8開催
   埼玉県福祉部地域包括ケア課 2020年6月11日

✨☆要配慮者の命守る 真備発の試み 避難場所整備や行動計画策定
  山陽新聞デジタル 2020年07月05日
 > 西日本豪雨の際、犠牲者の大半を高齢者や障害者らが占めた倉敷市真備町地区。災害時にこうした要配慮者の安全を守ろうと、避難場所の整備や避難行動計画の策定といった「真備発」の試みが始まっている。災害弱者の命を救おうとする共通の思いが、被災地の住民を突き動かしている。
 …などと伝えています。

◇命の選別しないで コロナで「仕方ない」を恐れる障害者
  朝日新聞デジタル 2020年7月4日

◇発達障害、自閉症…障害者歯科
 誰もが安心できる手法模索 イラストで手順説明、全身麻酔も活用
  神戸新聞 新ひょうごの医療 2020/7/4

◇命軽視の患者移送やめて 北海道・国立八雲病院
 家族と医療関係者 延期・機能維持訴え
  しんぶん赤旗 2020年7月5日 
  > 北海道で唯一、指定難病の筋ジストロフィー患者や重症心身障害者を専門としている八雲(やくも)町の国立病院機構・八雲病院。コロナ禍のもとで、患者を札幌、函館両市へ移送する計画が8月中下旬にも強行されようとしています。「命を軽視しするな」。家族と医療関係者は、移送延期や町での医療機能の維持を強く求めています。
 …などと伝えています。 その紙面
  
✨☆コミュニティナースのカフェ
  NHKニュース 福井 07月02日
 > 医療機関ではなく地域の中で住民とかかわりながら病気の予防などに取り組む看護師、コミュニティナースが全国で徐々に増加しています。このコミュニティナースが運営するカフェが2日、福井市にオープンしました。福井市灯明寺の「まあるカフェ」は、コミュニティナースや介護福祉士の資格を持つ人たちが接客を行う喫茶店で、「日本財団」の支援を受けて2日にオープンしました。
 …などと伝えています。
 △福井市のまあるカフェ

◇iPS細胞から筋肉細胞
  NHKニュース 関西 07月03日

◇コロナ禍…苦境に立たされた障害者事業所 公的支援も乏しく
  西日本新聞ニュース 2020/7/4

✨☆小児科で治療中の慢性患者、成人診療科に移る不安軽く
  NIKKEI STYLE 2020/6/29

☆低出生体重児の成長サポート 福岡県が親子手帳リニューアル
  西日本新聞ニュース 2020/7/2
 > 福岡県は、低出生体重児やその家族をサポートする小冊子「ふくおか小さなあかちゃん親子手帳」をリニューアルし、県内在住の親たちに配布を始めた。赤ちゃんの成長発達を記録しやすく工夫し、先輩保護者のメッセージなど、育児情報も充実させた。
 …などと伝えています。
 △ふくおか小さなあかちゃん親子手帳」を作成しました
   福岡県健康増進課母子保健係 2020年6月11日

✨☆毎年1000人ペースで増える「医療的ケア児」、保育園入園のハードルに苦悩する親たち
  ABEMA TIMES 2020.07.02
 > 息を吸ったり、ごはんを食べたりするときに助けが必要な子どもたちがいる。人工呼吸器や胃ろうを使って暮らす「医療的ケア児」だ。全国に約2万人いて、その数は毎年1000人ペースで増え続けている。しかし、保育園に入るのは簡単なことではない。今春から滋賀県内の保育園に通うため準備を進めてきた親子や、医療的ケア児を受け入れる保育園を通じて、「共生社会」を考える。(朝日放送テレビ制作 テレメンタリー『保育園に行きたいな-医療的ケア児と共に生きる-』より)
 …などと伝えています。

◇【特集】withコロナ時代 避難所はどう変わる?
  サンテレビニュース 2020年07月01日

✨☆強度行動障害の男性と家族を追ったドキュメンタリー
  ザテレビジョン 2020/06/30
 > テレビ朝日系の全国24社が共同で制作するドキュメンタリー番組「テレメンタリー2020」。テレビ朝日では、毎週土曜深夜(日曜早朝)に放送。7月4日(土) 深夜4:30(6月28日[日]朝4:30)からは、ABCテレビ制作の「強度行動障害 〜わが子を手放す日〜」を放送する。滋賀県に暮らす強度行動障害の男性と家族を、2年半にわたって追ったドキュメンタリー。継続取材により、障害の様子と、支える家族の姿、支援が乏しい現実や、グループホームに入るまでの経緯をつづる。
 …などと伝えています。
 △テレメンタリー2020 系列局で放送時間帯違いますご確認を
 *関西圏は7/5日(日)4:55〜 朝日放送6Ch
   「強度行動障害 〜わが子を手放す日〜」

◇相模原 障害者施設19人殺害事件 障害者団体など県に検証を要望
  NHKニュース  2020年6月30日

☆121人感染の北総育成園ルポ〈前編〉 病院化を迫られた福祉施設
  福祉新聞WEB  2020年07月01日 

◇社説:強制不妊手術 「違憲」の重みと失望と
  朝日新聞デジタル 2020年7月1日
 *社説:[強制不妊訴訟] 被害者の尊厳どう回復
   南日本新聞 7/1付
 *「国は責任逃れ」兵庫県内原告も憤り 強制不妊、国賠償認めず
   神戸新聞 総合 2020/7/1
 *旧優生保護法訴訟「最後まで闘う」兵庫の80代男性、悔しさにじませ 東京地裁判決受け
   ラジオ関西 2020/06/30
 *社説:強制不妊判決 血の通った救済を急げ
   東京新聞(中日新聞) 2020年7月2日
 *社説:社説:強制不妊手術で判決 被害者の実情見ていない
   毎日新聞 2020年7月2日 
 *社説:強制不妊判決 実態直視し救済の道を
   北海道新聞 07/02
 *論説:強制不妊訴訟判決 寄り添う姿勢に欠ける
   茨城新聞 2020年7月2日
 *社説:強制不妊判決/法の正義にもとらないか
   神戸新聞 2020/07/02
 *社説:強制不妊判決 被害救済にはほど遠い
   京都新聞 2020年7月3日
 *時論:差別恐れる被害者と乖離/強制不妊訴訟判決
   Web東奥 2020年7月2日
 *社説:優生手術判決 被害者を切り捨てるのか
   信濃毎日新聞 7月1日
 *社説:強制不妊 賠償認めず/被害の実情顧みない判決だ
   河北新報 2020年07月03日
 *社説:強制不妊判決 被害実態踏まえていない
   新潟日報 2020/07/03
 *論説:強制不妊訴訟判決 実態と乖離してないか
   佐賀新聞 07/03 
 *社説:今も高い強制不妊救済の壁
   日本経済新聞 020/7/3 
 *社説:強制不妊手術 被害者の実情に沿わない判決だ
   愛媛新聞 2020年7月5日
 *社説:強制不妊訴訟 救済を阻んだ「時間の壁」
   山陽新聞デジタル 2020年07月05日
 *論説:強制不妊訴訟判決/寄り添う姿勢に欠ける
   山陰中央新報社 2020年7月5日
 △強制不妊、視覚障害の女性が提訴 「国は謝って」、出産直後に手術
   共同通信 2020/7/3
  *旧優生保護法 視覚障害を持つ女性が訴え 浜松市
   (テレビ静岡NEWS) - Yahoo!ニュース 7/3 
  *旧優生保護法 強制不妊で国提訴 浜松の視覚障害者、3300万円賠償求め/静岡
    毎日新聞 2020年7月4日
  *旧優生保護法で視覚障害女性提訴
    NHKニュース 静岡 07月03日
  *浜松の71歳国を提訴 視覚障害で強制不妊
    読売新聞 静岡 2020/07/04

◇筋ジストロフィー闘病の男性、集大成のアルバム発売へ
  神戸新聞 三田 2020/7/1
 > 「僕の心に広がる夜空には 希望の光が輝く世界がある」−。そんな歌詞で始まる楽曲「未来への翼」。作詞したのは、全身の筋肉が徐々に動かなくなる厚生労働省指定難病「筋ジストロフィー」の患者で、兵庫県三田市大原の兵庫中央病院に入院する男性だ。体力が衰えて楽曲制作にピリオドを打つことを決め、8月25日、集大成となるベストアルバムを発売する。
 …などと伝えています。

2020/06/20 『医ケアネット<<2020年度定期総会>>終わりました』
☆NPO法人医療的ケアネット2020年度定期総会について
 医療的ケアが必要な方々、その支援にあたるみなさま方には、医療的ケアに加えて目に見えない新型コロナウイルスによる感染不安という想像を絶する大変な日々が続いていると思います。最近は感染者数も減少してきましたが、第2波、第3波と感染がぶり返すことも予想され、その影響は数年にもわたるとされています。
 2020年度定期総会は、所管の京都市のQ&Aにより三密を避けるために理事長、事務局長、数名の会員参加と会員のみなさまからの議長委任状および書面議決文書によって6月19日(金)10時半〜京都市内で開催しました。
 *総会議決内容
 ・第1号議案 2019年度活動報告
 ・第2号議案 2019年度決算報告
 ・第3号議案 2020年度活動計画(案)
 ・第4号議案 2020年度活動予算(案)
 ・第5号議案 任期満了にともなう役員・監事の選任について
 5/25付けで発送した総会開催ご案内に同封させていただきました議長委任状および書面議決文書(返信はがき)により総会も成立し、すべての議案が承認・確認されました。お忙しい中、約100通を超えるお返事を(賛否、ご意見など)いただきありがとうございました。
 ・承認、確認された議案は、 
   2020年度総会議案(議案書)
  (第1号議案〜第2号議案第3号議案〜第5号議案) 
  ……です。 
 今後の具体的な活動計画については、ZOOMを使ったオンライン会議も含め理事会で話し合っていきます。
 なお例年ですと総会記念として同日総会前開催しておりました、シンポジウムは新型コロナウイルスの状況をみつつ今秋から年度内開催予定として準備に入らせていただきます。
 みなさま、これからもよろしくお願いいたします。 

セミナー・学習会情報

(2020/07/02)

7月からの医ケアに関するシンポジウムや研究会などご案内

photo 7月なりましたね。まだ梅雨明けしていませんが…
7月以降の医療的ケアに関するシンポジウムや研究会などの開催案内をお伝えいたします。

*7月 医ケアネット理事会<<リモート理事会>>開催予定

*9/12〜13 第54回全国大会(北海道・旭川市)←中止
  ・全国障害者問題研究会

 ----------------------------------------

☆私たちはふつうに老いることができない-高齢化する ... 続きを読む >>

質問&交流

セミナーで答えきれなかった質問への回答などを掲載しています。ブログ形式ですのでコメント投稿によるWeb上での討論も可能です。