イラスト

最新情報

2019/01/22 <文部科学省>
学校における医療的ケアの実施に関する検討会議(第8回)の開催について
  特別支援教育課支援第一係 平成31年1月21日
 1.日時
  平成31年1月28日(月曜日) 16時00分〜18時00分
 2.場所
  文部科学省東館3階 3F1特別会議室
 3.議事(予定)
  (1)最終まとめ骨子
  (2)今後のスケジュールについて
 …などと掲載されています。
 △これまでの同検討会議の資料や議事録などはここを   
  ・第7回:2018'11/19、第6回:9/6
   第5回:5/23、第4回:3/19、第3回:1/25
   第2回:2017'12/26、第1回:11/10
   にそれぞれ開催されています。
  ・中間まとめ中間まとめ概要 ←文科省事務連絡2018’6/26付で

2019/01/21 <WEB報道など>
☆医療的ケア児を見守る手帳 静岡県立こども病院看護部が作製
  静岡新聞 2019/1/22
 > 人工呼吸器の装着や気管切開による痰(たん)の吸引など日常的に医療的ケアが必要な子どもに関する情報の一元化を目的に、県立こども病院(静岡市葵区)の看護部が「わたしのケア手帳」を作製した。ケアの内容や緊急連絡先、禁忌事項のほか、医療・福祉・教育の記録や災害時の持ち出し品などを1冊にまとめる。同病院の患者に配布を始め、3月頃から院内で本格運用する。
  …などと伝えています。
☆病気の子の育児に役立てて NPOが「ケア者手帳」販売
  産経ニュース 2019.1.18
 > 病気や障害があり特別なケアが必要な子供を育てる人が、ケアに関する重要事項や自分と家族の状況などをまとめて記入できる手帳を、東京の2つのNPO法人が共同で製作し販売している。
  …などと伝えています。
 *特定非営利活動法人みかんぐみ
☆社会福祉法人風土記〈44〉
 びわこ学園 上 糸賀一雄 福祉哲学の原点
  福祉新聞WEB 2019年01月17日
 > 「戦後最悪の大量殺人事件」「福祉施設を襲った狂気」など新聞やテレビに刺激的な見出しが並んだ。2016年7月、神奈川県相模原市の県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、元施設職員の男(当時26歳)が入所者19人を殺害、職員を含む27人に重軽傷を負わせた。心臓が止まるほどの衝撃に加えて、「入所者は生きている価値がないから」との犯罪動機に、体が震えるほどの怒りを覚えた人が少なくなかった。同じように犖斥佞砲茲覯駭鱈瓩里覆そ転豹歓半祿音者施設を運営する社会福祉法人「びわこ学園」(本部・滋賀県野洲市)にもショックが広がった。
  …などと伝えています。
☆病気があっても自由気ままに生きたい―。
  しんぶん赤旗 コラムきょうの潮流 2019年1月22日 

2019/01/19 さぁ本日開催です! <19’1月19日シンポジウム開催ご案内>  
 申し訳ありません _(._.)_
  会場キャパ関係で11日段階で参加申込み締切りとさせていただきました。

 ・週間天気予報表示では 19日土曜日 京都市内は
   晴 最高気温14℃ 最低気温℃ 降水確率0% 
 ・どうぞ皆さまお気をつけて会場までお越しくださいませ、
  スタッフ一同お会いできるのを楽しみに待ちしております。
  懇親会にもシンポジストの皆さまも参加されます、
  リラックスし交流や情報交換などできると思います。
   ☆NPO法人 医療的ケアネット主催:シンポジウム         
 <<あらためて「医療的ケアとは何か」>>
 *2019年1月19日(土)14:00〜:17:30(受付13:30〜)
  キャンパスプラザ京都(2階)ホール (京都駅烏丸口ビックカメラ前)
 *定 員:90名(定員に達し次第締め切ります)
 *参加費:会員(当日入会受付でもOK)、障害当事者・ご家族1000円
      非会員1500円(入会費2000円、年会費3000円(個人)など)
 *シンポジウム参加のために「配慮が必要な場合」は申込時にご連絡ください。
 *シンポジウム終了後、同会場で親睦会も開催(別途費用必要)
  ――――――――――――――――――――――――
☆シンポジウムの目的
法制化後6年、医療的ケア支援にとって、現在、大変重要な二つの問題をみんなで討論し、到達点と今後の課題を確認したいと思います。
1.喀痰吸引と経管栄養の3号研修が6年目です。いま具体的に医療的ケアの現場でどう展開されているのか、今後、重度訪問介護、パーソナル・アシスタントなどとの関連でどう進むべきなのか。
2.学校のなかでの看護師の働きをどう評価するか、今後、どう発展すべきなのか、全国の対応は様々です。身分保障も含めて現状を把握し、今後の展望を。
 この2点を今回、もう一度立ち止まり、NPOとして議論し、できれば意思統一した上で、次へ進みたいと思います。
                 2018年10月18日
       NPO法人 医療的ケアネット理事長:杉本健郎
  ----------------------------------------------
*シンポジスト
 (1)一般社団法人Kukuru 代表理事 鈴木 恵 氏
 (2)特定非営利活動法人ALS/MNDサポートセンター さくら会
   (略称NPO法人さくら会) 安達佳奈 氏
 (3)特定非営利活動法人 地域ケアさぽーと研究所理事 下川和洋 氏
 (4)大阪府立交野支援学校・学校看護師 丹黒一寿子氏 中村津也子氏
*フロアー討論、まとめ など…
             コーディネーター・司会:杉本健郎
 ……など開催案内(申込み書付)をご覧ください。
 シンポジウム開催案内&参加申込み書、(関連書籍案内)です。
   皆さまに会場でお会いできるのを楽しみにしております。
↑↑*19’1/11(現在)すでに各地から定員越える申込みありました。     

セミナー・学習会情報

(2019/01/10)

2019’1月からの医ケアに関するシンポジウムや研究会などご案内

photo寒中お見舞い申し上げます  _(._.)_
   NPO法人 医ケアネット理事・監事・事務局 一同
                   2019年 1月吉日

 2019年
 1月からの医療的ケアに関するシンポジウムや研究会などの開催案内をお伝えいたします。

* 1/12 小児在宅医療講演会(福岡県北九州市)
 ... 続きを読む >>

Q&A

セミナーで答えきれなかった質問への回答などを掲載しています。ブログ形式ですのでコメント投稿によるWeb上での討論も可能です。