イラスト

最新情報

2017/02/01 ☆医療ケアの子どもも保育所へ!
  看護師や専門職員配置 国や自治体、地域で受け入れ模索
   日経電子版 2017/1/29付 日本経済新聞 朝刊

☆親が付き添わないと学校に行けない!
  医療的ケアが必要な子どもたちの現状
  〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版 2017/1/26

☆NHKニュースなどの特集放送予定など
 *24日    おはよう日本 特集ダイジェスト
   医療的ケア児 “学校に行きたい” 直面する壁
 *2016年10月17日 おはよう日本 特集ダイジェスト
   医療的ケア児が 未来を探る“家”
 *2016年 6月11日 おはよう日本 特集ダイジェスト
   知ってほしい“子ども用車いす”
 *2016年 5月23日 おはよう日本 特集ダイジェスト
   医療的ケアの負担 家族をどう支える
 ↑NHKEテレ ハートネットTVブログ 
   Connect−“多様性”の現場から 医療的ケア児
 ・第1回 見過ごされてきた子どもたち 2016年06月21日 
 ・第2回 「医療的ケア」とは何か 2016年06月22日
 ・第3回 課題はどこにあるのか〜カキコミ板から〜 2016年06月23日
 ・第4回 社会で見守り、支えるために 2016年06月24日

 *26日、相模原障害者殺傷事件から半年
   ニュース「おはよう日本」、「首都圏ニュース」、
  「ニュース7」、「ニュースウオッチ9」などで特集放送が。
  NHKHPで19人の犠牲者を追悼する特設サイトが
  開設されています。
   <19のいのち −障害者殺傷事件−>

☆平成28年度全国厚生労働関係部局長会議(全体会議・厚生分科会)資料
  厚労省新着情報 1/17
 > 平成29年1月19日(木)〜20日(金)にかけて都道府県、指定都市及び中核市を対象に開催する全国厚生労働関係部局長会議(全体会議・厚生分科会)の資料を掲載いたします。
  *厚生分科会:第2日目(3)社会・援護局(障害保健福祉部)
  …など掲載されています。

☆厚労省:H28年12/13開催されています。
 平成28年度医療的ケア児の地域支援体制構築に係る担当者合同会議

 *福祉・介護 障害児支援施策 7の部分に会議資料公開
  ・議事次第 
  ・資料1 行政説明資料
  > 表紙 行政説明資料
   (1)厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課
    (2)厚生労働省医政局地域医療計画課
    (3)厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課、厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課、内閣府子ども・子育て本部    
   (4)文部科学省初等中等教育局特別支援教育課
  ・資料2 自治体取組発表資料
  >表紙 自治体取組発表資料
    (1)大阪府 (2)鹿児島県 (3)千葉県 (4)北九州市
  ・資料3 研究事業等取組発表資料
  >表紙 研究事業等取組発表資料
   (1)「医療的ケア児に対する実態調査と医療・福祉・保健・教育等の連携に関する研究」の中間報告(埼玉医科大学総合医療センター 奈倉氏)
   (2)「難病の子どもと家族を支えるプログラム 地域連携ハブ拠点事業について」(公益財団法人日本財団 高島氏)
   (3)「熊本地震における医療的ケア児支援体制整備」(社会福祉法人志友会 くまもと芦北療育医療センター 松葉佐氏)
  ・参考資料 事前提出資料「取組報告」シート
  >・表紙 事前提出資料
    ・事前提出資料「取組報告」シート (各都道府県及び同教委などからの報告掲載)

2017/01/30 ☆医療的ケアネット主催 連続シンポジウム開催!!
 ※<シンポジウム1>
  相模原殺傷事件と医療的ケアを考える>
   〜事件が起こる前に「すでに」起こっていたこと〜
  *2016年12月18日(日)
    13:30〜17:00(開場13:00)
  *キャンパスプラザ京都 4階 第4講義室
  *シンポジウム終了後
    『第3号研修普及第1回連絡会議』開催します。
  *18:00〜別会場で交流会も開催します。
 △講演:児玉真美さん(フリーライター)
 ・相模原障害者施設殺傷事件 
   第6回 児玉真美さんインタビュー 2016年09月21日
   ハートネットTVブログ Connect−“多様性”の現場から
 ・現代思想2016年10月号 緊急特集=相模原障害者殺傷事件
   事件が「ついに」起こる前に「すでに」起こっていたこと 
    /児玉真美
    定価本体1300円+税 発売日2016年9月26日
 △当日は全国各地からスタッフも含め90名を超える参加者に。
  講師の児玉さんはじめ参加いただいた皆さま有難うございました。
  ・当日の模様を伝える18日付京都新聞電子版
    重度障害への「無益な治療論」に警鐘 京都でシンポ
  ・事務局撮影会場模様画像をユーチューブで
  ・アンケートも二十数名の皆さんからお寄せいただきました。
   時間の関係で記入頂けなかった皆様からのお声もぜひお聞かせください。
  
 ※<シンポジウム2>
  大震災時の医療的ケア児者の支援と今後の課題
   〜神戸、東北、そして熊本から学ぶ〜
  *2017年 1月29日(日)
    13:30〜17:00(開場13:00)
  *京都アスニー 3階 第2研修室
   ……<シンポジウム2>の開催案内&参加申込書です。    
  近畿圏内だけでなく岐阜、愛知、神奈川などからも
  スタッフも入れると90名近い参加者になりました。
  お話頂いた、島津さん、田中さん、高田さん有難うございました。

2016/10/25 ☆読売新聞 医療ルネサンス 医療的ケア児 6回連載
  紙面を理事の五味さんが送付してくれました。
  その紙面PDF版にURLで2回分づつ編集で
 (1)627グラムの早産 生活が一変 2016年10月7日
 (2)訪問保育 家族にゆとり  2016年10月10日
   (1)(2)紙面
 (3)たん吸引 地元入学へ壁  2016年10月12日
 (4)短腸症候群 「障害」見えず  2016年10月13日
   (3)(4)紙面
 (5)親の会 対話と情報交換  2016年10月14日
 (6)Q&A 医療・福祉・教育の連携を 2016年10月17日
   (5)(6)紙面
  ↑↑(1)〜(6)を再度編集しましたPDF版

☆障害のある子を通常学級に 急がれる看護師配置
  神戸新聞 2016/10/23 教育

セミナー・学習会情報

(2017/02/09)

2017年2月からの医ケアに関するシンポジウムや研究会など

photo さて、2月からの医療的ケアに関するシンポジウムや
研究会などの開催案内をお伝えします。

2017年
* 2/ 8 第33回京都市地域リハビリテーション交流セミナー
   「震災を通して障がいのある方の地域生活を考える」 
   京都市伏見区総合庁舎1階大ホール

* 2/11 平成28年度 京都府小児・障 ... 続きを読む >>

Q&A

セミナーで答えきれなかった質問への回答などを掲載しています。ブログ形式ですのでコメント投稿によるWeb上での討論も可能です。