イラスト

最新情報

2021/11/14 ◇9月18日「医療的ケア児支援法」施行されました!!    
 10月16日、全国各地から多職種の方々、160名超え
 大盛況の中、初のオンラインシンポジウム終わりました。…
☆NPO法人 医療的ケアネット オンラインシンポジウム 
 「医療的ケア児支援法」の成立を受けて
  〜あらためて「医療的ケア」とは〜

 *2021年10月16日(土)14:00〜16:00
   オンライン定員(80名)<後日配信あり>
 *参加費
   ・会員(21年度会費納入者):無料
   ・非会員:1000円
 *当日資料:事前に参加者にダウンロード配布
 *申し込み方法 
   QRコードによる申込フォームにアクセスして
   必要事項を入力、もしくは医療的ケアネットHP
   からお申込みください。
   (定員になり次第参加締め切ります)
 △シンポジウムご案内(参加申込方法)チラシ
  *チラシ表示QRコードURL(申込フォーム)
    必要事項入力の上、確認後、送信で
    自動返信メール届きます。 ・会員用非会員用
△ご案内のシンポジウムについて
  オンラインシンポジウムのバナー
 
 *<<シンポジウム当日動画と資料>>へ  
  シンポジウム入室のためのパスワード必要です。
  <参加申込みされた方(会員・非会員)>
  ↑↑ ご参加いただいた皆さんありがとうございました。
  *後日配信希望された方、
   申込みされ当日参加できなかった方など…
  <後日配信(当日動画) youtube>掲載いたしました。 
  <<申込された方々などには
   ”お知らせメール”を10月22日送信いたしました>> 
  *参加された皆さま
    アンケートにもご協力よろしくお願いたします。   
<<予告:ミニ・みに・ミニ:予告>>
 ◇2022年 2月中旬
  医療的ケアネット オンラインシンポジウム 
  企画第2弾 開催予定!!
 <只今詳細企画準備中>

2021/11/28 <WEB報道など>
 <<「医療的ケア児支援法」関係>>
☆厚生労働省関係……
 1:医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律
 ・法律の概要
 ・医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律
  (令和3年法律第81号)
 ・医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する
  法律の公布について
  (令和3年6月18日府子本第742号、3文科初第499号、
   医発0618第1号、子発0618第1号、障発0618第1号)
 ・医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案に
  対する附帯決議 令和3年6月4日 衆議院厚生労働委員会
  (衆議院ホームページ)
 ・医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案に
  対する附帯決議 令和3年6月10日 参議院厚生労働委員会
  (参議院ホームページ)
……などが掲載されています。
 △医療的ケア児等とその家族に対する支援施策より

 医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律の
 施行に係る医療的ケア児支援センター等の業務等について

  (令和3年8月31日) 事務連絡
  厚労省 社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課
  障害児・発達障害者支援室
  医療的ケア児支援専門官・障害児支援係
 >医療的ケア児支援センターの目的及び業務等について    
   ・1.法第 14 条の立法趣旨
   ・2.支援センターの設置等
   ・3.対象者
   ・4.支援センター業務の具体的な内容等
   ・医療的ケア児支援センターの設置による
     医療的ケア児やそ の家族への支援(イメージ)
  …などが掲載されています。
 *厚労省:医療的ケア児等とその家族に対する支援施策 
   1 医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律
   部分の7項目に掲載されています。
 
☆文部科学省関係……
 ※小学校等における医療的ケア実施支援資料 令和3年6月
  〜医療的ケア児を安心・安全に受け入れるために〜
 > 小学校等における医療的ケアに関する基本的な考え方を改めて整理し、医療的ケア児に必要な医療的ケアの内容の把握及び、小学校等や教育委員会等における具体的な医療的ケアに関する体制の整備等の参考となる資料を作成しました。
 …などと掲載されています。  
 △6.学校における医療的ケア   
☆学校教育法施行規則の一部を改正する
 省令の施行について(通知)

  文部科学省 3文科初第861号 令和3年8月23日
 >1 改正の概要  
 (1)医療的ケア看護職員について
  2 留意事項
  (1)医療的ケア看護職員について
   1. 医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する
    法律(令和3年法律第81号)において、学校に在籍する
    医療的ケア児が保護者の付添いがなくても適切な支援
    を受けられるようにするため、学校の設置者に対して、
    看護師等の配置等の措置を講ずることが求められてい
    るなど、学校現場への配置の必要性が高まっている
    医療的ケア看護職員について、医療的ケア児の療養上
    の世話又は診療の補助に従事する職員として、施行規
    則第65条の2に規定するものであり、その具体的な職務
    内容は、主に次のものが考えられること。
   ・ 医療的ケア児のアセスメント
   ・ 医師の指示の下、必要に応じた医療的ケアの実施
   ・ 医療的ケア児の健康管理
   ・ 認定特定行為業務従事者である教職員への指導・助言
   2. 医療的ケア看護職員は、保健師、助産師、看護師、
    准看護師(以下「看護師等」という。)をもって充て
    ること。
   3. 医療的ケア看護職員は、例えば、施行規則第65条の
    3及び第65条の4で規定する、スクールカウンセラーや
    スクールソーシャルワーカーと同様、学校に配置され
    る者の名称であり、この度の改正により、看護師等と
    異なる新たな資格を設けるものではないこと。
   4. 医療的ケア看護職員の職務内容として規定される
    「療養上の世話又は診療の補助」※とは、医療的ケア
    児に対して、施行規則第65条の2に規定される医療的
    ケアやそれに関連する業務を行うものであること。
   ※「療養上の世話又は診療の補助」とは、保健師助産師
    看護師法(昭和23年法律第203号)において規定される
    看護師の業である。
 *学校教育法施行規則の一部を改正する省令の施行について
   (通知)(3文科初第861号) PDF
 *本省令の施行期日を公布日(令和3年8月23日)としたこと。
…などと掲載されています。
学校教育法施行規則の一部を改正する省令案に対する意見
 公募手続(パブリック・コメント)の結果について

  結果の公示日 2021年8月23日
 *提出意見数:47、提出意見を踏まえた案の修正の有無:無
 *結果概要 PDF
△4つの支援業務を新設 学校教育法施行規則を改正
  TBSNEWS 23日
 > 文部科学省は学校教育法施行規則を改正し、医療的ケア
  など特別な支援を必要とする児童生徒を支援する職員など
  4種類の支援業務を新設しました。
   新設されたのは、▼人工呼吸器による呼吸管理が必要と
  いった児童の療養上の世話に従事する「医療的ケア看護
  職員」、▼パソコンなど情報通信機器の準備や操作を支援
  する「情報通信技術支援員」、▼食事のなどの介助や学習
  の支援を行う「特別支援教育支援員」、▼学習プリントの
  準備や採点業務、電話対応などで教員をサポートする
  「教員業務支援員」の4つです。
   いずれもすでに導入されている学校もありますが、施行
  規則に規定することで配置を促進させ、学校の働き方改革
  などを推進する狙いです。
   規程は幼稚園、小中学校、高校、特別支援学校に適用さ
  れます。また、子どもを心理面からサポートする「スクー
  ルカウンセラー」「スクールソーシャルワーカー」につい
  ては、これまで幼稚園は対象外でしたが、今回の改正で
  幼稚園にも適用されるようになりました。
  …などと伝えています。
△植田陽子さん 学校看護師の「豊中方式」を全国に広げる
  朝日新聞 ひと 2021年8月20日
 > 「学校で働く看護師が辞めないようにしてほしい」。そう上司から言われたのが20年前。大阪府豊中市立病院の看護師から畑違いの教育委員会に異動になった時だ。豊中市では、人工呼吸器などの医療的ケアが必要な子どもを地域の小中学校で受け入れ、学校に看護師が配置されている。だが、その離職率が高かった。
 …などと伝えています。 その紙面
△△特別支援学校設置基準の公布等について(通知)
  文部科学省 令和3年9月24日
 ・特別支援学校設置基準の案に対する意見公募手続
  (パブリック・コメント)の結果について
  令和3年9月24日 文部科学省 結果概要   
   提出意見数 1606
 *特別支援学校に設置基準 
  小中学部は1学級6人上限 教室不足改善へ
   朝日新聞デジタル 2021年9月24日
  > 文部科学省は24日、障害のある子どもが通う特別支援学校の設置基準を初めて制定した。在籍者が増えて教室不足が深刻化しており、学級の上限人数や校舎面積、施設などの最低基準を定めた。来年4月から順次施行される。…略… 設置基準は学校を新設する場合に適用されるが、現存する学校にも基準を下回らないことが求められている。
 …などと伝えています。
 *特別支援学校 「設置基準」を制定/運動と論戦で勝ち取る
  しんぶん赤旗 2021年9月26日
 > 障害がある子どもが通う特別支援学校の教育環境改善のため、文部科学省は24日、同学校を設置するための最低限の基準である「設置基準」を初めて制定し、都道府県に通知しました。
 …などと伝えています。 その紙面

☆2021年6月4日〜6月11日 
 衆議院・参議院 各厚労委員会や本会議での
 『医療的ケア児およびその家族に対する支援に関する法律案』
  (審議経過、経過可決成立など
    衆参国会議事録等公開資料など関連整理版

▽関連Web報道など▽
☆福祉レポート
 「違い認めて」母たちの声 医ケア児めぐる現状・課題
  タウンニュース さがみはら緑区版 2021年8月5日
 > 日常生活を送るため、人工呼吸器での呼吸管理や経管栄養などを受ける必要がある医療的ケア児(以下医ケア児)を育てる親たちの会が相模原にある。渡辺瞳子さん(41・緑区)が代表を務める医ケア児と親の会「はれかぜ」は約2年前、障害のある子どもの発達を支援する施設・医療型児童発達支援センター・陽だまりに通う医ケア児の母親たちが中心になって発足した。
 …などと伝えています。

☆「医療的ケア児」9月に新たな支援法 
 家族の負担軽減につながるか、母親の思いとは
  京都新聞 2021年8月2日
 > たんの吸引などが日常的に必要な「医療的ケア児」や家族に対する支援法が6月に成立した。保育所や学校に看護師を配置するなどの支援を国や自治体の責務とし、子どもに付き添う家族の負担軽減を図る。これまで母親に育児負担が偏り、キャリアや社会参画を困難にしてきた面がある。9月18日の施行を前に、退職を余儀なくされた母親らに取材し、課題を探った。
 *医療的ケア児は全国に2万人、
   教育現場の受け入れ不十分
 *「自分の仕事を他人に決められる怒り、
   子どもを預ける罪悪感」
 *新たな法律で、どんなことが実現できるのか
 *国や県、さまざまな補助金を整備
 *市町村間の格差は埋まるか 後ろ向きな自治体も
 *小学校6年間、母親は学校に付き添った
 *学校と医療・福祉の連携できる体制づくりが急務
 ……などと伝えています。 その紙面 

☆「インクルーシブ社会は実現するか
  〜医療的ケア児支援法成立と今後の課題〜 youtube
>>’愀福О緡電ケアとは? 
  ⇔鮖法法案成立まで
  メイン:医療的ケア法案
  い海譴ら 法案をふまえてできること
 ウイングス 
  医療的ケア児などのがんばる子どもと家族を支える会
Wings 2021.7.29
 > 【医療的ケア児支援法の解説動画を公開しました】
てんかんのお子さんをもつご家族向け発作記録アプリ「nanacara(ナナカラ)」(ノックオンザドア株式会社)のYouTubeチャンネルで、2021年6月11日に可決され、同9月18日から施行予定の「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律(医療的ケア児支援法)」の解説動画が公開されました。国立成育医療研究センターもみじの家ハウスマネージャーの内多勝康さんの司会の下、ウイングス医療的ケア児などのがんばる子どもと家族を支える会FB> 代表の本郷朋博が、同法の意義や課題等についてわかりやすく解説しました。ぜひご覧ください。
 …などと伝えています。

☆医療的ケア児支援法 その意義と今後の課題
  医療法人財団はるたか会 前田浩利理事長に聞く
   公明新聞電子版 解説ワイド 2021年07月21日
 > たんの吸引や人工呼吸器の装着など医療的ケアが日常的に必要な子どもと、その家族の支援強化を目的に、先月「医療的ケア児支援法」が超党派による議員立法で成立した。国と自治体が適切な支援を行うことを責務としたことが特徴で、9月に施行される。同法の意義や今後の課題などについて、現場の実情に詳しい医療法人財団はるたか会の前田浩利理事長に聞いた。
 ・家族の窮状改善へ一歩 保育所、学校に看護師を配置
 ・医療、福祉の連携が重要 健常児と共に学ぶ教育進めよ
 ・国、自治体の責務を明記 相談体制の充実求める
 ……などと伝えています。 その紙面

☆医療的ケア児の公立小中進学 
 受け入れ自治体の8割で10人未満
   毎日新聞 深堀り 2021/7/17
 > 人工呼吸器やたん吸引などの医療行為を必要とする「医療的ケア児」を地元の公立小中学校で受け入れているか全国の県庁所在市と政令市、東京23区に毎日新聞が調査したところ、回答したうち受け入れ人数が10人に達しない自治体が8割に上ることが判明した。2割以上が0人だった。医療的ケア児は全国に2万人と推計されているが、障害児とともに学ぶ「インクルーシブ教育」は義務教育段階では地域で大きな差があることが浮き彫りになった。6月に成立した医療的ケア児支援法には、地域で支援に差が出ないよう自治体や学校に対応する責務があると明記された。従来は努力義務だったが、新法で責務に格上げされた。
 …などと伝えています。 その紙面
☆医療的ケア児、通常学級進学に壁 
 「社会の一員」断たれる関わり
  毎日新聞 深堀り 2021/7/17
 > 人工呼吸器やたん吸引などの医療行為を必要とする「医療的ケア児」を地元の公立小中学校で受け入れているか全国の県庁所在市と政令市、東京23区に毎日新聞が調査したところ、回答したうち受け入れ人数が10人に達しない自治体が8割に上ることが判明した。2割以上が0人だった。医療的ケア児は全国に2万人と推計されているが、障害児とともに学ぶ「インクルーシブ教育」は義務教育段階では地域で大きな差があることが浮き彫りになった。   
 …などと伝えています。 その紙面

☆本郷朋博 ウイングス医療的ケア児などの
 がんばる子どもと家族を支える会代表
  日本経済新聞 連載(7/11〜4回連載)
 *制度のはざま、医療的ケア児 取り残され孤立
 *ケア児の親、働くことはエゴなのか 就労と両立困難
 *成長の可能性、無限大 包摂教育の拡充を
 *「不幸じゃなく不便」 ケア児支援で豊かな社会を
 ……などと伝えています。 その紙面 
△署名を始めた人に聞いてみよう。声をあげた瞬間のこと。
  [第7回 本郷朋博さん] Change.org Japan
  (チェンジ・ドット・オーグ) 2021年8月30日
 > 第7回目の今回は、日常的に痰の吸引などの医療的なケアが必要な子ども( ’医療的ケア児’ )の甥を持つ本郷朋博さんにお話を伺いました。医療的ケア児に特化した法律がないことで当事者やその家族への支援の拡充が実現しづらい状況を受け、本郷さんが中心となって立ち上げたキャンペーン:日本中どこでもどんな子でも自分らしく生きたい!医療的ケア児支援法を成立させよう!に集まった多くの当事者の声が後押しとなり、今年6月、めでたく法律の成立が決定しました。
  ・医療的ケア児の甥ができて気づいたこと
  ・家族の視点も入った画期的な法律案、
   成立して欲しいと思った  
  ・「そうだ、オンライン署名あるじゃん。」とひらめいた
  ・「ずっとそうやってやってきたんだから、
   社会になんとかして欲しいというのは甘い」と
   思われる方もいる
  ・医療ケア児の家族の声が集まったコメント欄
  ・成立への後押しになった26,000人の声
  ・どうしても母親にばかり負担がいく現在の社会の仕組み
  ・声をあげないと、その人たちの意見が
   世の中には存在しないと見なされてしまうこともある。
 …などと伝えています。

☆医療的ケア児の親 支援広がる
  読売新聞オンライン ライフ 2021/07/21
 > 日常的にたんの吸引などが必要な医療的ケア児(医ケア児)の保護者向けに、働く場や居場所づくりなどの支援が進みつつあ る。医ケア児は推計で約2万人で、その保護者は世話にかかりきりで孤立することも多い。支援には社会とのつながりが欠かせない。
 …などと伝えています。 その紙面

☆医療的ケア児の災害時支援策 自治体など取り組み広がる
  日本経済新聞 2021年8月1日
 > 日常的に人工呼吸器や胃ろうなどのケアが必要な医療的ケア児 に対する災害時の対応が求められている。医療機器の電源確保や事前の準備など、自治体などで情報提供や相談窓口の開設といった取り組みが広がり始めている。医療関連団体は、ボランティアなど災害時に支援にあたる人たちにも必要な対応を知ってほしいと呼び掛けている。
 …などと伝えています。 その紙面

☆医療的ケア児の困りごと・相談
 支援者・先輩からのアドバイス
 NHKハートネット 記事 2021年07月05日
 *【特集】医療的ケア児のいま 親子の居場所と必要な支援
   NHKハートネット 記事 2021年05月27日
 *【特集】医療的ケア児のいま 先輩に聞く学校の選択
   NHKハートネット 記事 2021年05月27日

☆「人生終わった」医療的ケア児の子を愛すまで
  支援法成立、理解広がるか
   共同通信社 47NEWS 2021/7/19
 > 日常的に人工呼吸器の装着やたんの吸引が必要な「医療的ケア児」。昼夜を問わず寄り添う家族の負担は大きく、離職に追い込まれる例も少なくない。6月に成立した医療的ケア児支援法では、国や自治体の支援を「責務」としたが、取り組みが進むかどうかは自治体次第の面もある。親たちは、障害への理解やケア児の受け入れ体制が広がることを切に願う。
 ▽家にこもる日々……   ▽障害恐れぬ社会に……
 ▽10年で倍増、2万人に……  ▽仏に魂を……
 ……などと伝えています。 その紙面

▽2021’7月6日〜6月11日 
 Web報道紹介整理編集掲載版
▽2021’6月11日〜6月28日 
 Web報道紹介整理編集掲載版

◇厚労省:社会保障審議会障害者部会
 開催予定これまでの資料や議事録などが掲載されています。
◇厚労省:障害児通所支援の在り方に関する検討会
 開催予定これまでの資料や議事録などが掲載されています。
◇厚労省:ヤングケアラーの支援に向けた
 福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム
 開催予定これまでの資料や議事録などが掲載されています。

☆内閣府:障害者政策委員会
  開催予定これまでの資料や議事録などが掲載されています。

<好評販売中!!で〜す>
たんの吸引等第三号研修(特定の者)テキスト[改訂版]
 たんの吸引、経管栄養注入の知識と技術
   
  NPO法人医療的ケアネット/編
  高木憲司・下川和洋・江川文誠・三浦清邦
  北住映二・石井光子・二宮啓子・勝田仁美/執筆
 ・クリエイツかもがわ 
   発行:2021年8月 定価:2,640円(税込)
 「子どもから大人まで」の画期的な研修テキスト
研修講師経験豊かな「重症児者支援・医療」第一線の執筆陣。
本テキストのみ掲載の「関連コラム」で広く、深く学べます。
「医療的ケア児支援法」成立、2021年4月からの基本報酬の創設、加算・拡充を反映しています。
 ※特別価格の設定のお知らせ!!
 チラシからのご注文に限り
   (皆さまの周りにも広めて頂ければ幸いです。)
 1冊2640円(税込み)のところ
  2400円(送料込み)で購入できます。
 ・5冊以上90%、10冊以上80%
  (いずれも送料込み)でお送りします。
 ・また、研修講師を担当される方については、
  本書購入の特典として
  パワーポイントデータを提供いたします。
 ご注文はチラシ掲載のFAXやEメールでお願いいたします。
  ・NPO法人医療的ケアネット:担当=田島
    〒601-8382 京都市南区吉祥院石原上川原町21
    FAX.075-693-6605 taji@creates-k.co.jp
  ・クリエイツかもがわ
   ホームページを通じてのお申し込みは、
   この割引対象外となります。

☆医療的ケアとは。
 学校における医療的ケアの実施に求められること
  日本教育新聞電子版 2021年9月1日
 >  文部科学省は、2021年6月18日に『医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律(令和3年法律第81号)』を公布しました。この背景には、学校における医療的ケア児の数が増えていることが関係しています。学校において医療的ケア児の対応を適切に行うためには、どのようなことが求められるのでしょうか。今回は医療的ケアの概要と法律施行の背景、学校における医療的ケアの考え方などについて解説します。
  ・医療的ケアとは
  ・医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律
  ・法律施行の背景にある医療的ケア児の増加
  ・学校における医療的ケアの考え方
  ・学校での役割分担
  ・教育委員会の管理体制のあり方
  ・学校における医療的ケアの実施には
   全関係者が責任を果たすことが重要
 …などと伝えています。  その紙面
△令和2年(2020年)年に 
  文部科学省「学校における教職員による
  たんの吸引等(特定の者対象)研修テキスト」

  改訂されました。 
   (公益財団法人 日本訪問看護財団への委託)
  > 文部科学省「令和元年度 学校における医療的ケア実施体制構築事業」にて、「学校における教職員によるたんの吸引等(特定の者対象)研修テキスト(以下「教員用テキスト」という。)」と「学校における医療的ケア実施対応マニュアル(看護師用)(以下「看護師用マニュアル」という)」を作成しました。
  * 擽軌用】学校における教職員によるたんの吸引等
    (特定の者対象)研修テキスト(例)
   ・全体版(22.9MB)
   ・【全体版PDF】資料補足・訂正(2021年7月8日更新)
  *◆擺埜郢嬪僉朿惺擦砲ける
    医療的ケア実施対応マニュアル
   ・全体版(21.3MB)
 ……などが掲載されています。 
 ※学校の看護師としてはじめて働く人向けの研修プログラム
   文部科学省 令和2年度
   学校における医療的ケア実施体制構築事業 より

☆全国重症心身障害児(者)を守る会
 「両親の集い Web版」
 動画配信≪12月24日(金)まで≫

  >*行政説明1:「行政説明 〜障害児支援関連〜」
    【講師】
    厚生労働省 社会・援護局障害健福祉部 障害福祉課
    障害児・発達障害者支援室障害福祉専門官 刀根 暁 氏
   *行政説明2:「国の動向〜新しい時代の特別支援教育〜」
    【講師】
    文部科学省 初等中等教育局特別支援教育課
    特別支援教育調査官  菅野 和彦 氏
   *講演:「ポスト・コロナ時代と重症児者の医療福祉」
    【講師】
    社会福祉法人旭川荘 理事長 全国重症心身障害児(者)を守る会
     顧問 末光  茂 氏
       …などが期間限定で
    動画とPDF資料で公開掲載されています。
  △社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会
  * 当会では新型コロナウイルス感染拡大の影響により全国大会を実施できないことから、今年度会員の皆様に重症児者を取り巻く情勢について最新の情報をお伝えするとともに、守る会への理解を深めていただくための動画を配信いたします。
 …などと伝えています。

☆厚労省
 医療的ケア児の地域支援体制構築に係る担当者合同会議

  ↑↑ 令和3年度 2021年9月28日

 >1.行政説明
  (1)障害保健福祉部
     障害福祉課障害児・発達障害者支援室
  (2)子ども家庭局保育課
  (3)文部科学省初等中等教育局特別支援教育課
  2.事例発表(岐阜県) 
  *資料
   ・議事次第
   ・資料1−1 
     行政説明資料
  (障害保健福祉部障害福祉課障害児・発達障害者支援室)
   ・資料1−2−1 
     行政説明資料
    (子ども家庭局保育課)
   ・資料1−2−2 
     別添1
     医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律
   ・資料1−2−3 
     別添2 
     「医療的ケア児保育支援事業」参考資料
   ・資料1−2−4 
     別添3 
     「保育環境改善等事業」参考資料
   ・資料1−2−5 
     別添4
     「広域的保育所等利用事業」参考資料
   ・資料1−2−6 
     別添5 
     国の補助制度に関するFAQ
   ・資料1−3 
     行政説明資料
     (文部科学省初等中等教育局特別支援教育課)
   ・資料2 
     事例発表資料(岐阜県)
 △厚労省:障害児支援施策 
  10:医療的ケア児の地域支援体制構築に係る担当者合同会議

△厚労省:第8回「障害児通所支援の在り方に関する検討会 
  ↑↑ 10/13開催 厚労省障害保健福祉部障害福祉課
             障害児・発達障害者支援室
 >*報告書(案)について論議されてます。その資料掲載
  *これまでの同検討会の資料や議事録などはココを

☆【日本医師会シンポジウム】採録
 全ての子どもが、健やかに成長できるために
  〜小児在宅ケアの推進を目指して〜
  朝日新聞デジタル 2021年11月1日
 > 難病や障害により、日常的に痰(たん)の吸引や人工呼吸器を必要とする子ども「医療的ケア児」の存在をご存じでしょうか。その数は、全国で約2万人といわれています。今年(令和3年)9月からは、医療的ケア児や家族が適切な支援を受けられるよう、国や自治体に必要な対応を求める法律が施行されています。医療的ケア児を社会はどう受け入れ、どのような支援を行っていくべきなのか、ともに考えてみましょう。
 ・動画ダイジェスト
 ・講演
   前田浩利 先生 自見はなこ 先生 内多勝康 さん
 ・パネルディスカッション
   前田浩利 先生 自見はなこ 先生
   内多勝康 さん 松本吉郎 先生
   司会進行 竹内由恵 さん
 …などと伝えています。 

△△固定部分△△ 
▽▽適時関連最新情報を紹介します▽▽ <11月28日追記>


☆「医療的ケア児」の通学を支援
 名古屋市が4月から新たな制度導入へ
 親が付き添えない場合は看護師が対応
  プライムニュース 東海テレビ 2021年11月28日
 > 名古屋市は2022年度から「医療的ケア児」の通学支援制度を導入すると明らかにしました。26日の名古屋市議会本会議で教育委員会は、2022年4月から通学を支援する制度を導入すると明らかにしました。この制度では、「医療的ケア児」の親が急な都合で付き添えない時に、学校が民間の介護タクシーを手配し、看護師と一緒に通学できるようにするということです。「医療的ケア児」は、病気の影響で栄養を取るために鼻にチューブを通したり、定期的にたんを吸引するなど、日常的に医療的なケアが必要な子どものことで、学校に通うには基本的に親が付き添っています。しかし、親が体調不良などで通学に付き添えない場合、子どもが学校を欠席せざるを得なくなることが問題となっていました。
 「医療的ケア児」は現在名古屋市内に25人いて、市は子どもの事情に合わせて対応したいとしています。
 …などと伝えています。
 *医療的ケア児の通学、介護タクシーで送迎 名古屋市が方針
   中日新聞Web 2021年11月27日
 > 名古屋市教育委員会は二十六日、日常から医療的なケアを必要とする「医療的ケア児」の登校で保護者が通学に付き添えない場合、学校が手配した介護タクシーを利用する事業を来年四月から実施する方針を明らかにした。介護タクシーには看護師が同乗し、必要なケアをする。全国的にも珍しい取り組みという。二十六日の市議会で、自民党の西川学(ひさし)氏の質問に市教委側が答えた。市教委によると、市内では二十一校に計二十五人の医療的ケア児が在籍しており、各校に看護師が配置されている。事業では、学校が看護師を乗せて医療的ケア児の自宅に向かう介護タクシーを確保し、ケア児を送迎する。費用は市教委が負担する。医療的ケア児は、人工呼吸器などを日常的に使用しており、通学中にたんの吸引などが必要となる場合もあることから、保護者が学校まで車で送迎している例が多い。保護者の体調が優れない際にケア児が学校を休まなければならなくなることが課題となっている。
 …などと伝えています。

☆公立こども園で医療的ケア児をサポート
 資格を取得した保育士が園児の医療的ケアに取り組んでいます
  豊田市報道発表資料 2021年11月24日 
 > 豊田市では、医療的ケア児への支援体制として、令和2年4月から医療的ケア児が在園する公立こども園に常勤の看護師を配置しています。更なる安心・安全な保育の提供に向け、令和3年11月から「認定特定行為業務従事者」の資格を取得した保育士(2名)が、看護師の指導の下、医療的ケアを実施する取組を以下のとおり始めました。この取組は、公立園では県内2例目となります。
 …などと伝えています。

☆重い障害児向け、住環境のヒント集 熊本のNPO法人が発行 
  【西日本新聞me】 2021/11/25
 > 自宅で暮らす重い障害児向けの住環境やリフォームのヒントをまとめた事例集を、熊本県合志市の認定NPO法人「NEXTEP(ネクステップ)」が発行した。成長に伴って必要な道具や環境が変わっていく半面、バリアフリー化のノウハウはあまり知られていない。
 …などと伝えています。 その紙面

☆女性活躍、両立支援からこぼれ落ちる母親たち
 〜就労に制約・困難、厳しい経済状況〜
  障害児の母親の就労状況と課題(上)
   時事メディカル 2021/11/22
 > 近年、日本では女性は最大の潜在力であるとして、女性活躍、女性の就業率の向上が図られている。政府は仕事と子育ての両立支援策として、保育所、放課後児童クラブ(学童保育)の待機児童解消に向けて取り組んでおり、厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」によると、末子が18歳未満の子どもがいる母親の就業率は、18年に72.2%、19年に72.4%と上昇傾向にある。一方、各種調査での障害児の母親の就業率は、同調査での就業率を下回っている。女性活躍、男女共同参画社会推進が掲げられる一方で、障害児の親に対しては、子どもの障害に配慮した両立支援策が確立されていない。子育てを主に母親が担うことを所与とする性別役割分業への批判的視点は不可欠だが、現状として、障害児の母親は就労に制約や困難を抱えている。
 …などと伝えています。

☆県の主張奇想天外、遺族苦しめる」
 給食死亡事故訴訟、母が思い語る
  朝日新聞デジタル 2021年11月27日
 > 大分県立南石垣支援学校(別府市)で2016年9月、高等部3年の林郁香(ふみか)さん(当時17)が給食をのどに詰まらせ、その後死亡した事故で、遺族が県などに損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が26日、大分地裁(石村智裁判長)で開かれた。林さんの母親で原告の香織さん(51)が意見陳述をし、訴訟での県の主張は事故調査委員会(事故調)の報告書の内容を覆すようなものだと指摘し、批判した。
 …などと伝えています。

☆「命綱」医療者に感謝の写真展 
 東京の作家・津のギャラリーで
  中日新聞Web 2021年11月26日
 > 「医療への信頼」と題した写真展が津市美里町三郷の「gallery(ギャラリー)0369」で開かれている。作家の河田真智子さん(68)=東京都=が、重度の知的障害と身体障害のある娘を支えてきた医師や看護師らの姿を記録した作品が並ぶ。新型コロナウイルス禍の中、医療従事者への感謝の気持ちが込められている。
 …などと伝えています。

☆人工呼吸器と共に生きる 小学生とその父親
  丸岡一吹さん(9)、中野健二さん(40)
  しんぶん赤旗 ひと 2021年11月25日
 > 大阪狭山市に住む小学3年生の一吹さんは日常的に医療の手助けが必要な「医療的ケア児」です。生まれつき心臓疾患があり2歳の時に受けた手術中に心筋梗塞に。「生きて帰ってくるのをとにかく願った」と父親の健二さんは振り返ります。以来、人工呼吸器が常に手放せません。 …略… 呼吸器を付けていても自宅で暮らせることや医療的ケア児の生活を知ってほしいとSNSで発信もしています。「医療的ケアがあることで生活の場が制限され、社会との接点が減りがちで閉塞感もあります。子どもと家族への充実させ、弱い立場の人の権利を守る社会になってほしい」
 …などと伝えています。 その紙面

☆付き添い入院、厚労省が実態調査 
 家族の負担把握、対応策を検討へ
  共同通信 2021/11/24
 > 乳幼児らの入院時に保護者が病院に泊まり込む「付き添い入院」について、厚生労働省が病院や入院患者の家族らを対象に実態調査を行っていることが24日、分かった。付き添い入院を巡っては、過酷な環境での宿泊による保護者の体調悪化や退職につながるなど、問題点が指摘されている。後藤茂之厚労相は同日の記者会見で「結果を踏まえて適切な対応を検討したい」と述べた。
 …などと伝えています。

☆医療的ケア児の教育を保証する学校看護師への期待(清水史恵)
  医学界新聞 医学書院 2021.11.22
 >  日常生活および社会生活を営むために恒常的に医療的ケアが必要な児童を医療的ケア児という。医療的ケア児は年々増加し,2019年時点で在宅の医療的ケア児は約2万人1)。幼稚園,小・中・高等学校に1453人,特別支援学校に8392人の医療的ケア児が在籍し学んでいる2)。幼稚園,小・中・高等学校,特別支援学校で医療的ケアにかかわる看護師(学校看護師)や認定特定行為業務従事者である教職員数も徐々に増加している。しかし看護師の確保ができないために入園・入学がかなわないケースや,通園・通学に親の同伴を求められるケースがある。医療的ケアを要するためスクールバスに乗車できず,別途送迎を要するが,送迎者の確保が困難で訪問教育を受けざるを得ない児童もいる。そのような状況は,教育の質が保証されているとは言い難い。2021年6月に医療的ケア及び家族に対する支援に関する法律(医療的ケア児支援法)が成立した。居住地域にかかわらず等しく適切な支援を受けられるよう,学校に看護師を配置して必要な教育環境を整備することが国や自治体の責務と明示された3)。今後,医療的ケア児の教育の質保証に向けた動きが高まると予測される。保証に向けて学校看護師が十分に役割を果たすには,学校看護師の数を充足して医療的ケアの体制を整備するとともに,ケアの質や教職員と協働する力を高めることが重要だ。
 …などと伝えています。

☆新法施行 どう支える 医療的ケア児
 「もみじの家ハウスマネージャー」内多勝康氏に聞く
  たん吸引など辛労重なる 家族の孤立感防ぎたい
  支援センター設置に期待
   公明新聞 2021年11月9日
 > 「支援を受けたいがどこに相談したらいいか分からない」。医療的ケア児を育てる家族の切実な悩みの一つだ。9月に施行された、たんの吸引や人工呼吸器管理などが日常的に必要な子どもと家族を支援する「医療的ケア児支援法」では、家族の相談に総合的に対応する「医療的ケア児支援センター」を各都道府県に設置するよう求めている。センターの役割などについて国立育成医療研究センターの医療型短期入所施設「もみじの家」ハウスマネージャーの内多勝康氏に聞いた。
  …などと伝えています。 その紙面

*12/12 刊行記念企画
  『見捨てられる<いのち>を考える』著者たちと語る夕べ
  > 研究者として当事者として支援者として、死生学や生命倫理に長らく携わってきた著者たちが本書を緊急出版。刊行を記念して、立命館大学教授・美馬達哉さんをゲストに迎え、著者 5 名と大いに語ります。
 …などと伝えています。
見捨てられる〈いのち〉を考える
   ―京都ALS嘱託殺人と人工呼吸器トリアージからー
   安藤泰至 島薗進 編著
   川口有美子 大谷いづみ 児玉真美 著
    晶文社 定価:1,980円(本体1,800円)

▽2021年 11月21日〜10月27日 の
   Web報道紹介をワード整理版

▽2021年 10月30日〜9月21日 の
   Web報道紹介をワード整理版

▽2021年 9月21日〜6月26日 の
   Web報道紹介をワード整理版

2021/11/28 <Web報道など>
☆医療的ケア児受け入れで連携を 
 保育2団体が佐賀市へ要望
  佐賀新聞ニュース 11/26
 > 佐賀市私立保育園会(中臣健会長)と市私立幼稚園・認定こども園連合会(宮崎祐治会長)が24日、医療的ケアが必要な児童の受け入れ体制づくりなど4項目を市に要望した。
 …などと伝えています。

☆障害者の権利・生活守る_障全協が全国集会 
  しんぶん赤旗 2021年11月24日
 > 「障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会」(障全協)は23日、全国集会をオンラインで行いました。個人と全国の会場を合わせて350人以上が参加しました。
 …などと伝えています。
  *同全国集会アピール

☆退院を模索する当事者 筋ジスは「終身病棟」か _
  毎日新聞 2021/11/24
 > 筋ジストロフィーや脊髄(せきずい)性筋萎縮症など、次第に体が動かなくなる進行性の難病患者を受け入れる「筋ジス病棟」。入院が極めて長期にわたり、事実上の“終身病棟”となっていることが国の調査研究事業で明らかになった。だが、行動が制限されるなどの課題もあり、退院して介護を受けながら自立した生活を模索する動きも出始めている。
 …などと伝えています。

☆知的障害の長男殺害で検察
 「善悪区別できた」 母親側「うつ病」無罪主張 京都地裁
  京都新聞 2021年11月24日
 > 京都市左京区のマンションで昨年7月に総合支援学校高等部の男子生徒=当時(17)=が母親に殺害された事件で、殺人の罪に問われた生徒の母親(54)の裁判員裁判の初公判が24日、京都地裁(増田啓祐裁判長)であった。被告は「間違いありません」と起訴内容を認めたが、弁護側は事件当時、心神喪失状態だったとして無罪を主張した。
 …などと伝えています。
 *知的障害の長男殺害の罪
弁護側“心神喪失の状態” 無罪主張
   NHK京都府のニュース 11月24日
 △「障害ある子の介護に疲れた」17歳長男殺害の母親、
  殺人罪で起訴 京都地検
   京都新聞 2020年10月30日

☆こどもホスピス、横浜に完成 海眺めながら家族の時間有意義に
  東京新聞 神奈川 2021年11月21日
 > 難病やがんで余命を宣告された子どもたちが、海を眺めながら家族と一緒に過ごせるデイサービス緩和ケア施設「横浜こどもホスピス〜うみとそらのおうち」が21日、横浜市金沢区に完成した。病院を併設しない単独型こどもホスピスは大阪市内の施設に次いで国内2例目。1日2〜3家族の利用を想定している。
 …などと伝えています。
 *重病の子どもが思い思いに過ごす専用のホスピス
  横浜に開設
   NHK神奈川県のニュース 11月21日
 △認定NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト

☆【独自】駅のバリアフリー化、鉄道運賃に整備費を上乗せへ
 …1乗車につき10円以下
  読売新聞オンライン 社会 2021/11/19
 > 鉄道駅のバリアフリー施設の整備を進めるため、国土交通省は12月にも、鉄道運賃に整備費用を上乗せして利用者に負担してもらう新たな仕組みを創設する。東京、大阪、名古屋の3大都市圏での導入を想定しており、来年1月から、導入を希望する鉄道事業者を募る。2023年春以降に上乗せを開始する方針。
 …などと伝えています。

☆文科省より「学校施設におけるバリアフリー化のための
 方策等について」という事務連絡が発出されました _
  DPI日本会議   2021年11月12日

☆城下の絶景に笑顔 重度身障者の2人、
 姫路城天守閣へ登城 関西福祉大生らサポート
  神戸新聞 姫路 2021/11/17
 > 重度の身体障害者でともに兵庫県加古川市に住む高田耕志さん(63)と加藤貴士さん(39)が、関西福祉大(同県赤穂市新田)の学生らの介助を受けながら姫路城天守閣への登城に挑戦した。家族や福祉施設職員らも含め約30人のサポートで急傾斜の階段を上り切った2人は、最上階の格子窓から広がる絶景に満足そうな表情を浮かべた。
 …などと伝えています。

☆「私、大学生になった」四肢不自由の24歳・山本さん
 サポート受け、社会福祉士と自立目指す 熊本
  熊本日日新聞社 2021年11月16日

*【特集】命と生活を支える制度 みんなの生活保護
 (1)何が権利を阻むのか
  NHK ハートネット 記事 2021年11月16日
*【特集】命と生活を支える制度 みんなの生活保護
 (2)今こそ、制度を利用しよう
  NHK ハートネット 記事 2021年11月16日

☆人工呼吸器などが欠かせない“医療的ケア児者”の避難訓練
  NHK山形県のニュース 10月28日
 > 生きるために人工呼吸器などが欠かせない「医療的ケア児者」が、災害が起きたときに安全に避難できる方法を確認する避難訓練が県内で初めて27日、山辺町で行われました。この訓練は、災害対策基本法の改正で体の不自由な人など、支援が必要な人の避難方法を具体的に決める「個別避難計画」の作成がすべての市区町村の努力義務とされたことを踏まえ、県や村山保健所などが企画しました。
 …などと伝えています。

☆障害者施策、各党はどう考える? 
 日本障害者協議会が回答公開
  毎日新聞 2021/10/24
 > 31日投開票の衆院選に向け、NPO法人・日本障害者協議会(JD、東京都新宿区)は、主要政党に障害者政策に関する公開質問状を送付し回答をホームページ( http://www.jdnet.gr.jp/ )で公開している。旧優生保護法を巡る問題や、障害者の労働政策などについて各党の主張を見ることができ、JDの佐藤久夫理事は「選挙の判断材料に使ってもらえれば」と話している。
 …などと伝えています。

☆不妊治療に着床前検査 
 「障害者を苦しめる」関係団体が懸念
  毎日新聞 2021/10/23
 > 不妊治療の一環として行う「着床前検査」を条件付きで認める方針を、日本産科婦人科学会(日産婦)が23日、打ち出した。日産婦が方針を明らかにしたこの日のオンラインシンポジウムでは、「異常」な受精卵を選別し排除する検査の拡大が、障害者の生きづらさにつながりかねないとの懸念も聞かれた。
 …などと伝えています。

☆ヤングケアラー 子どもたちのSOS
 背景に保護者の不安定な暮らし
 必要な支援とは 法整備求める声も
  FNNプライム 北海道文化放送 2021年10月23日
 > 介護する子どもたちヤングケアラーを支援するにはどうしたら良いのでしょうか。声を上げづらい子どもたちと孤立する家族。その小さな声

☆障害者入所施設の見直しへ中間報告
 神奈川県第3者委員会
  NHK神奈川県のニュース 10月23日
 > 障害者福祉のあり方について検討している神奈川県の第3者委員会は、障害のある人たちが地域で暮らせるよう支援を充実するべきだとする中間報告をまとめました。
 …などと伝えています。
 *当事者目線の障がい福祉に係る将来展望検討委員会
   神奈川県福祉子どもみらい局共生推進本部室2021年10月15日

☆息子が強度行動障害、在宅で介助
 「もう無理」 入所先見つからず…疲弊する両親 
  福井新聞 2021年10月21日 (動画付き)
 > 自傷行為や暴れるといった「強度行動障害」のある人は、全国に少なくとも2万5千人いると言われる。重度になると常に介助が必要だが、施設側は人手不足に加え、他の利用者や職員の安全確保の面で入所を断らざるを得ないケースもある。入所先が見つからず、在宅で息子の見守りを続ける福井県福井市の夫婦は「24時間気が休まらず、普通の生活も困難になってきた。家で支えるのはもう無理」と悲鳴を上げる。
 …などと伝えています。

☆台風19号から2年 “安心して避難生活を”障害者施設の模索
  NHK首都圏ナビ シュトボー 2021年10月18日
 > おととしの台風19号で、埼玉県内は各地で川が氾濫し、2000棟余りが床上まで浸水しました。知的障害のある人たちが入所する施設も被害に遭い、多くの人たちが避難を余儀なくされました。障害者は慣れない場所で過ごすと不安になり、パニックを起こしやすくなるため、当時さまざまな困難に直面しました。あれから2年、障害者が安心して避難生活を送るための模索が続いています。
 …などと伝えています。

☆障害児の支援事業者に5800万円過大支払い 検査院指摘
  朝日新聞デジタル 2021年10月18日
 > 障害のある子どもが通う「放課後等デイサービス」などの事業者に国が支払う給付費を会計検査院が調べたところ、11施設で給付を減額すべき理由があったのに把握せず、計約5800万円を過大に支払っていたことがわかった。検査院は18日、厚生労働省や自治体に対し、事業者に返金させるよう求めた。
 …などと伝えています。
 *障害児給付費を過大請求 11事業所が計1億円
   日本経済新聞(共同) 2021年10月18日

☆障害者グループホーム再編を 
 日本知的障害者福祉協会が試案
  (福祉新聞)Yahoo!ニュース 10/18
 > 日本知的障害者福祉協会(井上博会長)はこのほど、障害者総合支援法に基づくグループホーム(GH)について、現在の3類型を2類型に改める試案をまとめた。必要とする支援に応じて人員配置などにメリハリを付け、シンプルにするのが狙い。法的な位置付けも改める。厚生労働省は年内に同法改正の骨格を固めるため、審議会で議論している。試案は今後の議論に影響を与えそうだ。
 …などと伝えています。

☆障害児が使える遊具のイベント 岩国の公園で開催
  朝日新聞デジタル 2021年10月19日
 > 障害の有無にかかわらず楽しめる「インクルーシブ(包摂)遊具」の導入をめざすイベントが17日、山口県岩国市愛宕山ふくろう公園であった。総合支援学校の児童や父母ら約400人が思い切り体を動かした。
 …などと伝えています。
 
☆見つけられなかった難聴 7年半の孤独
  NHKニュース WEB特集 2021年10月18日 
 > 音が聞き取れないことを、誰にも気付いてもらえない。ことばを覚える幼少期に、ほとんどコミュニケーションがとれないまま、7年半という孤独な時間を過ごした中学2年生の少女がいます。
 …などと伝えています。

☆障害者の卒業後の進路に不安 追い詰められる親も
  NHK京都府のニュース 10月13日
 > 特別支援学校の高等部を卒業したあと、多くの障害者は施設への通所や入所のほか、就職などの進路を選択しています。一方で、本人が希望する進路になかなか進めず、将来への不安から親が追い詰められてしまうケースも起きています。
 …などと伝えています。

☆日弁連「精神障害のある人の尊厳の確立を求める決議」採択、
 強制入院の廃止目指す
  弁護士ドットコム 2021年10月15日
 > 日本弁護士連合会(日弁連)は10月15日、岡山市で人権擁護大会を開き、会場(岡山市民会館)に参加した弁護士の満場一致で「精神障害のある人の尊厳の確立を求める決議」を採択した。会場の出席者数は337人(15日13時15分時点)。決議は、精神障害のある人を対象とする強制入院制度を廃止すること、入院している人の退院・処遇改善請求の権利を保障するために、無償で弁護士を選任し、援助を受けられるようにすることなどを提案した。
 …などと伝えています。

☆病室で付き添い入院、親の負担増 77%が交代を禁止・制限
  共同通信 2021/10/12
 > 入院中の乳幼児を世話するため親が一緒に病室で寝泊まりする「付き添い入院」に関し、共同通信が全国の病院にアンケートしたところ、77%が新型コロナ対策で付き添いの交代を禁止・制限していたことが12日分かった。付き添う親はまともな食事や睡眠が取れないケースが多いが、コロナ禍でさらに病棟で缶詰となり負担が増えている実態が鮮明となった。
 …などと伝えています。

☆災害時医ケア児受け入れへ 福島市
 個別避難所利用態勢準備
  読売新聞オンライン 福島 2021/10/14
 > 災害時に避難所で過ごすことが難しい「医療的ケア児」(医ケア児)とその家族らを宿泊施設などの「個別避難所」で受け入れる態勢作りが、福島市で進んでいる。先月にはホテルで見学会を初めて開催。参加した医ケア児の家族らが施設内や設備などを見て回った。医ケア児は、たんの吸引や人工呼吸器など医療的なケアが日常的に必要な未成年者。避難先でも医療機器を手放すことはできず、個室などが必要になる。避難者が密集した環境では、新型コロナウイルスの感染リスクも懸念される。
 …などと伝えています。

☆強制不妊の謝罪いまだなし 違憲判決の旧優生保護法、
 独自の運動を推進していた兵庫県 
  神戸新聞 総合 2021/10/13
 > 旧優生保護法(1948〜96年)下での障害者に対する不妊手術を巡る訴訟の判決が8月にあり、神戸地裁は、国の優生政策の根拠となった旧法を違憲と断じた。兵庫県は66〜74年に「不幸な子どもの生まれない県民運動」として、全国に先駆けて優生政策を推進した過去がある。県が同運動の差別性を総括、謝罪したことはなく、司法によって旧法が否定された今、過ちと向き合わない県の姿勢が問われている。
  ・県民運動の総括なく ・当時の社会、運動を受容
  ・原告2人が運動中に手術被害 
 …などと伝えています。 
  △優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会
   FB  HP 

☆限られた「生」 同志と歩む
 NPO法人「中皮腫サポートキャラバン隊」理事長
 右田孝雄さん 56
  読売新聞 大阪  2021/10/10
 > 「あと2年の命」と医師から宣告されたら、どうしますか。どんな生き方を選びますか。NPO法人「中皮腫サポートキャラバン隊」理事長の右田孝雄さん(56)は、同じ病気で苦しむ人たちを少しでも勇気づけたいと、日々、歩みを進めています。
 …などと伝えています。 

☆障害福祉の自立生活援助、
 人員配置基準を緩和へ 厚労省方針
  (福祉新聞) Yahoo!ニュース 10/12
 > 厚生労働省は10月1日、障害福祉サービスの「自立生活援助」について、人員配置基準を緩和する考えを社会保障審議会障害者部会(座長=菊池馨実・早稲田大教授)で明らかにした。このサービスの事業所指定を受けるにはサービス管理責任者の配置が必要だが、これが障壁となり参入が進まないと判断。この基準を緩めることで、事業所や利用者を増やしたい考えだ。
 …などと伝えています

☆「世話が必要じゃない人が…自分しか、いなかった」
 家族のケアで学校にも通えない…
 “子ども介護者”の知られざる実情
  文春オンライン 濱島 淑惠  2021/10/12
 > 祖父母の介助、障害を有するきょうだいの世話、家族の薬の管理……。様々なかたちで家族の“介護”を担わざるをえない「ヤングケアラー」と呼ばれる子どもたちが、日本には数多くいる。そうした子どもたちの支援活動を行う大阪歯科大学医療保健学部教授の濱島淑惠氏は、著書『子ども介護者 ヤングケアラーの現実と社会の壁』(角川新書)のなかで彼らの実情を紹介している。ここでは、同書の一部抜粋に加え、濱島氏による寄稿を掲載。ヤングケアラーたちの苦悩に迫る。(全2回の1回目/後編を読む
 …などと伝えています。
ヤングケアラー出版記念セミナー (ZOOM方式)
  クリエイツかもがわ 
 日 時:10月31日(日)14:00〜16:00 
 参加費:5000円(書籍「ヤングケアラー」1冊含む)

◇障害者のアート
 *<上>理屈抜きで心打つ…創作は社会との絆
  ヨミドクター(読売新聞) 2021年10月11日
 *<下>店内装飾やブランドのポスターに作品提供 
  社会参加と収入に _
   ヨミドクター(読売新聞) 2021年10月12日

☆いのちの格差 障害のある人の「逸失利益」をめぐって
  NHKハートネット 記事 2021年10月07日
 > いま、一つの裁判を通じて「いのちの格差」が、議論されています。3年前に大阪市で起きた、聴覚障害のある小学生の交通死亡事故。損害賠償を求めた両親に対し、加害者側が提示した「逸失利益」は、女性労働者平均の40%という低い水準でした。「娘の命の価値は他の子より劣るというのか」とショックを受ける両親。障害のある人の「逸失利益」をどう考えたらよいのか。これまでの判例や専門家の声も交えて探ります。
  ・受け入れがたい被告側の主張
  ・家族とともに成長してきた11年
  ・家族の“思い出”が裁判を闘うための“証拠”に
  ・裁判を終えても埋まらない心の空白
  ・残された家族の思い 
 …などと伝えています。
 *遺族「障害者への差別」 逸失利益、健常者の6割は妥当か
   産経新聞 2021/10/9

☆ふじみ野の上原さん 14日から都内で写真展 
 地域で生きる 障害者たちの日常を収め 
 社会の理解や意識変えたい
  <共にその先へ>東京新聞 埼玉 2021年10月8日
 > どんなに重い障害があっても、地域で暮らす。そんな意志を貫き、自分らしく生きる障害者たちの姿を切り取った写真展を、ふじみ野市の写真家上原治雄さん(72)が14日から東京都内で開く。「地域社会の共生を深めるきっかけになれば」と思いを込める。
 …などと伝えています。 その紙面

☆ALSを、いつまでも社会に参加し続けられる病気に。
  吉藤オリィ|note 2021年10月7日
 > いつか書きたいと思っていた、長岡教頭先生について書こうと思う。いつものように開発をしていると、研究所に電話がかかってきた。「教頭先生がALSという難病になってしまった。先生になんとか卒業式に参加してもらいたくて、OriHimeを貸してもらえませんか。」
 …などと伝えています。
 *ドキュメント広島 「オリヒメ」の向こう側
    〜ALS元教頭が目指すもの〜
   広島ホームテレビのプレスリリース 2021.08.17

☆医療的ケア児と一緒に、海へ! 動物園へ!
  NPOにこりの活動から見る「みんなに優し
 いまち」の未来:
  ひとまち結び 2021.10.06
 > NPO法人にこり(本部は福岡県遠賀郡岡垣町)は、障がい児や医療的ケア児を対象とした福祉サービスを手がけている。なかでも興味深い取り組みは、医療的ケア児の移動支援だ。夏は海水浴、さらには災害時の避難訓練も兼ねた「夜の動物園」など、遊びと実益を兼ねた取り組みを通じて、家族や地域を巻き込んださまざまな活動を展開している。
 …などと伝えています。

☆医療的なケアが必要な子供らを
 支援する施設が宮崎市に完成・宮崎県
  MRT宮崎放送 10/1
 > 人工呼吸器といった医療的なケアが必要な子供らを支援する施設が、宮崎市に完成しました。完成したのは、在宅総合支援「HALEたちばな」で、認定NPO法人「ホームホスピス宮崎」が開設しました。この施設は、宮崎県内で受け入れ施設が少ない重度心身障がい児の短期入所や日中の一時支援を行い、子供を中心に高齢者まで利用できます。
 …などと伝えています。
 *医療的ケアが必要な子どもと親を支援する施設がオープン
   NHKニュース 宮崎県 10月01日
 *難病の子どもと家族を支える地域連携ハブ拠点
  「HALE(ハレ)たちばな」を宮崎県に開設
   時事ドットコム 2021/10/01

☆コロナ禍 障害者の働く場を守れ
  テレビ大阪 9月29日放送 水曜日特集
 > おしゃれな場所で自分らしく働く。そんな障害者の働く場が生まれています。一方で、足下を脅かすのは新型コロナの影響。障害者の働く場の今を取材しました。
  ・YouTube動画でも
 …などと伝えています。
 *ACCEPT COFFEE ROASTER(S)西宮市「コーヒー焙煎 ✕ 福祉」
 *グーチョキパン屋さん(大阪府吹田市)

☆低体重で生まれた赤ちゃんにリトルベビーハンドブックを
 母子手帳を見るたび落ち込む親へ…動き出した当事者たち
  東京すくすく 2021年9月30日付 東京新聞朝刊
 > 2500グラム未満は「低出生体重児」
 小さく生まれた赤ちゃんの成長を記録できる「リトルベビーハンドブック」(LBH)を作りたい−。2500グラム未満で生まれた低出生体重児は、母子手帳に掲載されている月齢ごとの成長や発達過程が当てはまらず、落ち込む保護者も少なくない。全国でLBHの発行が進む中、わが子が低体重で生まれた豊島区の羽布津(はぶつ)碧さん(39)らが、東京版作成に向けて動きだした。
 …などと伝えています。 その紙面

☆【ABC特集】
 「子どもを産みたかった」12歳で子宮奪われた女性・・・
 人生をかけた訴え 旧優生保護法で強制的不妊手術 
 犠牲者は2万5千人
  (ABCニュース) - Yahoo!ニュース 9/28
 > 戦後、50年近く障害がある人たちに不妊や中絶手術を強制した『旧優生保護法』。12歳で子宮を摘出された脳性まひの女性が、裁判にかける思いとは。
 …などと伝えています。

▽2021年9月28日〜8月6日 の
  Web報道紹介をワード整理版で

セミナー・学習会情報

(2021/11/16)

11月からの医ケアに関するシンポジウムや研究会などご案内

photo 11月も中旬になりましたね。
  緊急事態宣言は解除されましたが
  新型コロナウイルス感染拡大から
  自分自身と大切な人の命を守る行動を
  お互いにとりましょうよね。
 11月からの医ケアに関する
 シンポジウムや研究会などご案内をお伝えします。

*11/5 医ケアネット理事会(Zoomで開催)

*11/5 9周年オンラインシンポ
      「生きる場所を自分で ... 続きを読む >>

質問&交流

セミナーで答えきれなかった質問への回答などを掲載しています。ブログ形式ですのでコメント投稿によるWeb上での討論も可能です。