イラスト

最新情報

2017/12/10 <厚労省関係>
平成30年度障害福祉サービス等報酬改定の基本的な方向性について
  平成29年12月8日 障害福祉サービス等報酬改定検討チーム(PDF)
 △同検討チームのこれまでの議事録や資料などはここを

2017/12/10 <WEB報道など>
医療的ケアを必要とする子どもと 母親たちをケアするということ
  日本ケアラー連盟理事  児玉真美
   日本ケアラー連盟通信 2017年3月25日 No7
   同連盟 最新リーフ(2017年9月)
 > 生きていくのに医療的ケアが必要な子どもたちが増えています。多くは在宅で母親のケアを受けながら暮らしています。ケアをする母親は疲れきっています。自身が重症障害者の母親でもあるケアラー連盟理事の児玉真美さんに、医療的ケアを必要とする子どもをめぐる現状と課題について寄稿してもらいました。
 …などと伝えています。  
 
☆【とまり木どこに】
 短期入所編(1) 福祉での預かり、限界か
  西日本新聞 生活 2017年12月07日
 > 学校の教室よりも広い活動ルーム。オレンジやクリーム色の壁がぬくもりを感じさせる。四つの居室には給湯付きの洗面台やエアコンまで完備。「暑がりの人もいるでしょう? 前に施設に入っていた時、僕自身が嫌だったんです」
 ここは重い障害者らの在宅生活を支えるため、生活介護や短期入所を行う多機能施設「WITH YOU」(ウィズユー)=福岡市南区。運営する同市博多区の居宅介護会社「きらきら」社長、溝口伸之さん(44)が自ら案内してくれた。…略…
 在宅の障害者と24時間介護に携わる家族が増える一方、骨休めできる短期入所施設は少ない。理想の「とまり木」とは。現状と課題を考える。
 …などと伝えています。 (その紙面
 <【とまり木どこに】連載再開されるそうです>

☆わが子とともに・医療的ケア児と家族
  茨城新聞12/7から連載(9回予定)
 > ■誕生 募る不安、笑顔に感謝 3児の母、自ら施設開設
児童福祉法で明示されている、たん吸引など医療的ケアを必要とする「医療的ケア児」は、全国で約1万7000人と推定される(2015年度)。昨年施行の改正法は、自治体に対し、医療的ケア児が円滑な支援を受けられる体制整備を努力義務として求めている。成長とともにさまざまな課題に直面する医療的ケア児とその家族を追った。
 …などと伝えています。
  2回分までワード編集で(連載終了後に再度掲載します)

☆医療ケア必要な子供、支援を充実 18年度報酬改定で厚労省
  日本経済新聞 2017/12/7
 > 厚生労働省は7日、障害福祉サービスの2018年度の報酬改定に向けた基本方針をまとめた。医療技術の進歩で出生時に救命できても人工呼吸器などが必要となる「医療的ケア児」が増えており、看護職員を手厚く配置している施設の報酬を増やすなど受け入れ態勢を整える。
 …などと伝えています。
 △12/7開催された厚労省
  第16回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料
  も含めワード編集しました

☆奇跡の笑顔 全盲・重複障害を生きる(44)早くも2号店のニーズ
  高知新聞 2017.12.09 *”軌跡の笑顔”高知新聞好評連載

☆つながることで「普通」をとりもどす 好間町 笠間 真紀さん
  ウェブマガジン「いごく」より

2017/12/02 <書籍紹介など>
☆特集=高齢期の障害者家族と生活の諸問題
 障害者問題研究 第45巻3号(通巻171号)2017年11月25日発行
 ・特集にあたって/田中智子(佛教大学)
 ・障害者とその家族の向老期・高齢期 
  ー生活の場の移行をめぐる諸相
   藤原里佐 北星学園大学短期大学部生活創造学科
 ・障害者の母親における長期化するケアラー役割 
  ー事業所調査に見る高齢期の障害者家族の生活困難
   田中智子 佛教大学社会福祉学部
 ・ある母親にとっての「親亡き後」問題
   児玉真美 一般社団法人日本ケアラー連盟代表理事
 …などが掲載されています。

☆特集=医療的ケアのいま ”みんなのねがい” 2017年12月号
 >医療的ケアの現状と制度〜みなさんの地域のローカルルールはなんですか?
    /下川和洋(地域ケアさぽーと研究所)
  …など掲載されています。

セミナー・学習会情報

(2017/12/11)

12月からの医ケアに関するシンポジウムや研究会などご案内

photo 12月になりました。紅葉からイルミネーションにバトンタッチ。
12月からの医療的ケアに関するシンポジウムや研究会などの開催案内をお伝えします。
 2017年
*12/ 2  重症心身障害児が楽しく使えるコミュニケーション機器を知ろう!つくろう!(沖縄県那覇市)
   ・一般団法人Kukuru

*12/ ... 続きを読む >>

Q&A

セミナーで答えきれなかった質問への回答などを掲載しています。ブログ形式ですのでコメント投稿によるWeb上での討論も可能です。