イラスト

最新情報

2022/07/15 <<WEB報道紹介など……>>
☆ケア児、家族 環境厳しく
  読売新聞オンライン 徳島 2022/07/14
 > 付き添い求められ離職も 情報交換の場必要
  たんの吸引や、胃に管を通して栄養を送る経管栄養などが日常的に必要な「医療的ケア児(医ケア児)」の数は2020年の推計で全国約2万人と、10年間で1・8倍に増えたとされる。医療技術が進歩し、救うことができる子どもの命が増えたためだ。だが、医ケア児やその保護者への支援は十分ではない。
 先天的な病気で、人工呼吸器が欠かせない長男(1)を育てる徳島市の会社員女性(30)は、医療的ケアが必要なことを理由に保育園の入所を断られた。医療的ケアは医師の指示の下、主に保護者や家族が行う。地域の公立学校や特別支援学校では付き添いを求められることがあり、保護者が離職するケースもある。
 女性は現在、保育士や看護師らが日常生活のサポートや運動の訓練を行ってくれる児童発達支援事業所を利用する。ただ、預かり時間は毎日午後3時頃までで、母や訪問看護によるサポートを得ながら、何とか仕事を続けているという。女性は預かり時間がより長い保育園に長男が入れることを望んでいるといい、「仕事を諦めずに済むよう、保育園や学校への看護師配置を進めてほしい」と話す。
 徳島市の40歳代の主婦は胃ろうによる経管栄養の医療的ケアが必要な長女(6)を持つ。心臓疾患の手術を受けた際の蘇生後脳症によるもので、退院後は付きっきりで世話をしながら、長女が通える施設の情報を手探りで集めた。
 医ケア児には、歩ける子もいれば、寝たきりの重度心身障害児もいる。支援に関わる機関も医療だけでなく、福祉や教育など幅広く、一元的に対応する機関はない。
 主婦は「相談先もわからず、知識が全くなかったので大変だった」と振り返る。今も、どのような食事を与えればよいのかや自身が世話をできなくなった時にどのように対応してもらうことができるのか、といった悩みや不安は尽きないという。「医ケア児を育てる同じ保護者同士で情報交換したり、気持ちを共有したりできる場ができれば」と願っている。
 県 支援センター開設へ
 県は今年度内に医療的ケア児とその家族をサポートする支援センターを開設する方針で、医療機関などを通した実態調査を行っている。医療や福祉サービス、教育に関する相談にワンストップで対応することができる拠点を目指す。各都道府県に支援センターの設置を求める医療的ケア児支援法が昨年9月に施行されたことを受けた措置で、県は当初予算で事業費約1500万円を盛り込んだ。
 厚生労働省は2016年時点で、自宅で生活する医ケア児について県内には67人いると発表した。しかし、この人数は全国の数字から県内の子どもの数を割り出した推計値にすぎず、実態を反映しているとは言えない。このため県は4月、実態把握のための調査を開始。その結果を踏まえ、支援センターの場所や体制について検討する。県の担当者は「医ケア児の保護者からは、『どこに相談すればいいか分からない』と言う声が上がっている。センターで様々な相談に対応し、保護者の負担を軽減したい」としている。
 …などと伝えています。
 △徳島県医療的ケア児支援センター検討会
   保健福祉部 障がい福祉課 施設サービス指導担当
☆徳島市の保育施設8園 10月から医療的ケア児受け入れ
  徳島新聞 2022/7/14
 *徳島市、保育施設で医療的ケア児を受け入れ 10月から
   日本経済新聞 2022年7月14日
 △保育施設での医療的ケア児の受入れについて ほか
   徳島市広報広聴課 2022年7月11日

☆通級指導16万4700人 
 医療的ケア児は1783人 文科省調査
  朝日新聞デジタル 2022年7月12日
 > 発達障害などで通常学級に在籍しながら別の教室で「通級指導」を受ける児童生徒が2020年度に約16万4700人となり、前年度から2割増えたことが11日、文部科学省の調査でわかった。人工呼吸器などを使いながら幼稚園、小・中・高校に在籍する「医療的ケア児」は21年度1783人で前回(19年度)から2割増えた。 
 …などと伝えています。 その紙面
 *医療的ケア児、特別支援学校に8485人 幼小中高に1783人
教育新聞 2022年7月11日
  > 文科省は7月11日、2021年度の「学校における医療的ケアに関する実態調査」の結果を公表した。昨年5月1日時点で特別支援学校に在籍している医療的ケア児の数は8485人(19年度の前回調査では8392人)、幼稚園・小中高校に在籍している数は1783人(同1453人)と、いずれも前回と比べて増加した。看護師・認定特定行為業務従事者の数も増加しているが、幼小中高の学校生活で保護者が付き添いを行っているケースでは、看護師などの配置がされていないことを理由に挙げる割合が高く、不足が生じている実態もうかがえた。
 …などと伝えています。 その紙面
 *文部科学省から
  「令和3年度 学校における医療的ケアに関する実態調査」が
  公表されました(2022年7月) _
   熊本大学病院 小児在宅医療支援センター 2022.7.12
 > 2022年7月、文部科学省から「令和3年度 学校における医療的ケアに関する実態調査」が公表されました。これまでなかった調査内容として1つ目は、スクールバス等の「医療的ケア児の通学方法についての調査」です。特別支援学校において24%の医療的ケア児がスクールバスで通学しているとのデータでした。もう1つは「教育委員会におけるガイドライン等の策定状況」についての調査です。医療的ケア実施体制に関するガイドライン等が策定されている都道府県・市町村はわずか14%でした。ガイドライン等を策定していない1565の教育委員会のうち、55%(856)の教育委員会がガイドライン等の策定予定について「医療的ケア児の転入学が見込まれたとき」、23%(362)の教育委員会が「策定予定なし」と回答していました。幼稚園にも医療的ケア児が特別支援学校で40名、それ以外で254名在籍していることが明らかになりました。中でも、国立1名、公立93名と比べても実数だけ見れば私立幼稚園が160名と多くの医療的ケア児を受け入れていることが明らかになりました。学校生活における保護者等の付添いについての調査では小中学校等において30%の医療的ケア児が保護者等の付添があり、特別支援学校の6%と比べて高い付添率であることが明らかになりました。
 …などと伝えています。
△△令和2〜3年度 特別支援教育に関する調査の結果について
  文部科学省初等中等教育局特別支援教育課 令和4年7月
 >*調査結果(統合版)
  *令和2年度 通級による指導実施状況調査
  *令和3年度 学校における医療的ケアに関する実態調査
   …などが掲載されています。


☆おたふく風邪で“脳死状態”
  3歳で余命1年の宣告 医療的ケア児の日常
  OBS大分放送ニュース 2022年7月13日
 > 人工呼吸器の装着や痰の吸引といった医療的ケアを必要としながら自宅で過ごす子どもたち。「医療的ケア児」と呼ばれ、全国で約2万人いると推計されています。
 *「脳死状態」余命1年…私は 何ができるのだろう  
 *週に2回学校へ 目を向けてもらえれば選択肢も広がる
 …などと伝えています。

☆医療的ケア児を受け入れた地域の学校が行った事
 インクルーシブって何だろう みんなにやさしい社会のかたち
  _東洋経済オンライン  2022/07/13

2022/07/26 <<NPO法人医療的ケアネット
  2022年度定期総会無事に終了しました。>>
 ◇ 6月25日(土曜日)15時から大阪市内で開催しました2022年度医ケアネット定期総会。コロナ禍対応の中、会員・理事数名の出席、委任状や書面議決チェック(返信ハガキ)など合わせ総会は成立し、すべての議案(事業報告、事業計画、役員体制など)が賛成承認されました。総会終了後第1回理事会(Zoom併用)を開催し荒木 敦さんを新理事長に選出しました。 
 △定期総会議案書  △22年度理事・監事(任期は2年)
 
☆お待たせいたしました!!”後日配信”整いました。 
 入室のためにはパスワード必要です。

 <<第3回オンラインシンポジウム開催ご案内>>
 <7月16日(土)14:00〜16:30>
  「医療的ケア児支援法」の成立を受けて
  〜学校現場での実状と卒後の問題について〜

 *開催案内チラシ
 *同シンポ専用HP
  ・会員用申込みフォーム非会員用申込みフォーム 
  ・申込み→参加費振込み(ご入金)
    →事務局確認(申込み・入金)
    →確認後入室のためのパスワード送付(申込者へ)
 △全国各地から多職種の皆さま、シンポジストの皆さま、
  理事監事、スタッフなど100名を超える参加者で盛況の中
  終わりました。
  参加された皆さま、
  どうぞアンケートにもご協力お願いいたします。      
  次回、第4回オンラインシンポジウムは
  今秋(11月頃)に予定しております。

2022/07/13 <<WEB報道紹介など……>>
☆NHKBS1 
2022年7月10日(日)14:00〜 再放送あり!!
 「病気でもあきらめないで!
  在宅医・紅谷浩之 子どもたちとドクターGO」
   NHKBS1 ザ・ヒューマン

レスパイトハウスやまぼうし 医療法人財団はるたか会
  2022年7月1日 レスパイトハウスやまぼうし開設
  
病院がプラネタリウムに、星空で「つながり」届ける
  オルタナS JAMMIN=山本 めぐみ

☆人工呼吸器装着の特別支援学校生重体
 学校と医師ら連携強化、再発防止へ 三木市教委が改善策公表    
  神戸新聞NEXT 三木 2022/7/7
 *三木市教委
  医療的ケアが必要な子どもの受け入れへ改善策公表
   NHK兵庫県のニュース 07月06日
 △三木市立学校における事故調査報告書について
   三木市教育委員会学校教育課 2022年7月6日

☆医療的ケア児等支援センター、山大付属病院に 
 支援をワンストップで
  朝日新聞デジタル 2022年7月7日
☆医療的ケア児とその家族を支援する施設 
 「県医療的ケア児等支援センター」が開設 4日・静岡市
  静岡第一テレビ Yahoo!ニュース 7/5
 ↑↑昨年6月成立・公布、9月施行された「医療的的ケア児等支援法」
 ともない都道府県単位での「医療的ケア児等支援センター」設置が
  責務化され、その整備が進んできています。
  医ケアネットではWeb報道や自治体広報で紹介記事などから
  設置状況を一覧にし現状・課題など整理掲載検証できればと
  現在作業にはいっております。m(__)m

☆元NHKアナ内多勝康「30年間のアナウンサー人生は、
 転職のための助走だった」 医療的ケア児との新しい人生
  内多勝康 新潮社 2022年7月6日

☆今夜(5日:火)20:00〜 放送!
 NHKEテレハートネット 
  ”「みんなの選挙〜投票、行ってみませんか?〜」”
 > 「投票所のスロープが板とガムテープで作られていて怖かった(車いすユーザー)」「投票所のスタッフが『この人に意思はありますか?』と尋ねてきて投票を断念した(知的障害のある子の親)」。投票のバリアは障害の種類や程度によりさまざま。誰もが安心して投票するために、各地の取り組みや「ペンは書きなれたものを持参してOK」など役立つ情報も紹介。さらに「わかりやすい参院選の争点解説」に記者が挑戦する。
 …などと伝えています。
 *障害者の参議院選挙投票に役立つ情報まとめ
   参議院選挙2022 みんなの選挙NHK


☆子どもたちを守る初の医療的ケア児支援センター開設
  TBS NEWS DIG  2022年7月4日
 > 日常的に医療的ケアを必要とする子どもたちが増加傾向にあることから、大分県は4日、別府市に支援センターを開設しました。医療的ケア児とは、人工呼吸器による呼吸管理や痰の吸引といった医療的ケアを日常的に必要としながら、自宅で生活する子どもたちのことで、県内におよそ130人いると推計されています。
 …などと伝えています。
 △大分県医療的ケア児支援センター開設のお知らせ
   大分県障害福祉課 2022年7月4日

☆日常的に医療支援が必要な子供向け施設
 「県医療的ケア児等支援センター」が開所 静岡市
   静岡朝日テレビ 2022-07-04
 > 人工呼吸器など日常的に医療支援が必要な子どもたちをサポートする専門の相談窓口が静岡県内で初めて設置されました。静岡市駿河区の静岡総合庁舎にできたのは「県医療的ケア児等支援センター」で4日午前、川勝知事も出席し開所式が行われました。医療的ケア児は病気や障害などで日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが欠かせない子どもたちです。県の試算では県内には約600人の医療的ケア児がいるとされていますが支援体制は十分ではなく相談窓口も病院などに限られていました。看護師の資格を持つ職員が常駐し平日の午前10時から午後4時まで面談や電話での相談に応じるということです。
 …などと伝えています。
 △静岡県医療的ケア児等支援センター
   静岡県健康福祉部障害者支援局障害福祉課 7月4日
   ・チラシ

☆人工呼吸器による呼吸管理などの必要な児童・生徒を支援 
 「県医療的ケア児支援センター」が宮崎市に開設
   MRT宮崎放送 2022年7月1日
*7月4日スタート 
 医療的ケア児支援センター開所式 宮崎県
  テレビ宮崎 2022年7月1日
 △「宮崎県医療的ケア児支援センター」の開設について
   宮崎県福祉保健部障がい福祉課障がい児支援担当 7月1日

☆山形大学が新設…医療的ケア児の相談強化へ
  さくらんぼテレビ 7/1
*「医療的ケア児支援センター」が開所 山形市
  NHK山形県のニュース 07月01日
*『医療的ケア児等支援センター』が誕生 支える仕組みに期待
  _TUYテレビユー山形 2022年7月1日

☆千葉県 医療的ケア児専門の相談窓口設置 1日から受け付け
  NHK首都圏のニュース 07月01日

北海道医療的ケア児等支援センター
  北海道保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課
 *業務委託先である医療法人稲生会

☆一時預かりモデル化を 
 福岡県医療的ケア児支援センター相談員・横田信也さん
  【西日本新聞me】 2022/6/30
 > 人工呼吸器やたんの吸引など医療的ケア(医ケア)が必要な子どもや家族を支援する新法が制定されて1年。各都道府県では、ワンストップの相談窓口や関係機関との連絡調整を担う拠点として、支援センターが相次いで設置されている。実際にどんな道筋で、どうやって具体的な支援につなげようとしているのか。4月に開設された福岡県医療的ケア児支援センター(同県新宮町)の場合は−。
 …などと伝えています。 その紙面

☆山中市長 医ケア児受入の現状聞く
 神奈川区内保育園と意見交換〈横浜市神奈川区〉
  Yahoo! JAPAN タウンニュース 6/30
 > 横浜市内各区を山中竹春市長が訪れ市民と対話する「市長と語ろう」が6月24日、ひびき金港町保育園で行われた。山中市長が市政の重点政策とする「子育て」をテーマに全18区を巡回するもので、今回は「医療的ケア児を受け入れている保育園」に焦点を当てた。医療的ケア児とは、心身に機能障害があり呼吸や栄養摂取、排せつなどの際、医療機器やケアを必要とする子どもたちのことを指す。
 …などと伝えています。

☆医療的ケア児 県内に家族会 つながり 語り合う場を 
 不安乗り越える力に
  愛媛新聞ONLINE 2022年6月29日
 > 日常的にたんの吸引や人工呼吸器が必要な「医療的ケア児」。県内の母親らが初の家族会を2月末に立ち上げた。名称は「県医療的ケア児者等家族会 ムーブオン媛(ひめ)ネット」。東中南予の約40人が参加し、全国の取り組みを学んだり必要な支援を関係機関に働きかけたりするほか、月1回程度の座談会などを計画している。県内の医療的ケア児は推計で約200人(2019年度)。国は昨年9月、ケア児と家族のための初の支援法を施行、自治体に相談対応や連絡調整を担う支援センターの設置などを求めている。香川や高知は民間に委託して設置済みで、愛媛は県子ども療育センター(東温市)に窓口を設置する方向で準備を進めている。 
 …などと伝えています。 その紙面

山形県医療的ケア児等支援センターの開所について
  山形県健康福祉部障がい福祉課 2022年6月29日
 ・令和4年度、山形大学医学部附属病院に
   「山形県医療的ケア児等支援センター」が設置されます。

☆全国に約1万9000人 医療的ケア児と家族を支えるために
 泉区に相談支援センター開設〈仙台市〉
  仙台放送/ニュースセンター 2022-06-28
 > 日常的に医療的ケアが必要な子供たち、いわゆる医療的ケア児についてです。医療的ケア児とその家族を支えるため7月、相談支援センターが泉区に開設されます。医療的ケア児の相談支援センター「ちるふぁ」。
 …などと伝えています。
☆医療的ケア児支援センター 仙台市泉区に7月開設へ
  NHK東北のニュース 06月28日
 > 人工呼吸器の装着やたんの吸引などが欠かせない「医療的ケア児」やその家族を支援しようと、宮城県で初めての専門の支援センターが来月、開設されることになり、その施設が報道関係者に公開されました。…略… 「医療的ケア児」は、人工呼吸器やたんの吸引など医療的な処置が日常的に必要な子どもたちで、県や仙台市によりますと、県内におよそ180人いるとみられています。
 …などと伝えています。
宮城県医療的ケア児等相談支援センター「ちるふぁ」

☆障害ある子の学び「地域の学校か特別支援学校か」
 インクルーシブって何だろう
 >> 障害の有無などが異なる、さまざまな人がありのままで
  参画できる新たな街づくりや、商品・サービスの開発が注
  目されています。そんな「インクルーシブな社会」とは
  どんな社会でしょうか。医療ジャーナリストで介護福祉士
  の福原麻希さんが、さまざまな取り組みを行っている人や
  組織、企業を取材し、その糸口を探っていきます。
  【連載第4回】
  …などと伝えています。
  東洋経済オンライン 福原 麻希 : 2022/06/27
 > 小学校へ入学する子どもは、就学時健康診断を受診後、就学予定校名が記載されたはがきを役所から受け取る。一方、障害のある子どもの場合、「地域の小学校の通常学級、特別支援学級、あるいは、特別支援学校(以下、すべて養護学校を含む*1)のどこで学ぶか」を、教育委員会と相談する機会が設けられる。…略… そこで、今回は特別支援学校を紹介する。
 ・卒業式を迎えられないだろうと思っていた
 ・5〜6人のクラスメートと指導を受ける
 ・学校のマンツーマン指導で成長した
 ・障害のある子には個別教育が必要
 ・障害のある子はゆっくりと発達
 ……などと伝えています。

☆声なき「声」に耳を澄ます 
 脳死に近い状態の娘と14年間暮らしてきて知ったいのちの姿
  【2022年上半期回顧】:前編 
   buzzfeed Naoko Iwanaga  2022年6月26日
> 脳死に近い状態で14年間生きてきた西村帆花さん。両親や周りの人は帆花さんの発するかすかな「声」に耳を澄ませてきました。その暮らしを追ったドキュメンタリー映画『帆花』が公開されるのに合わせ、母親の理佐さんにお話を聞きました。
 …などと伝えています。
☆「生きるとは、関係性を育むこと」 
 脳死に近い状態の帆花さんが広げる地続きの世界
  【2022年上半期回顧】:後編
   buzzfeed Naoko Iwanaga  2022年6月26日
 > 脳死に近い状態で14年間生きてきた西村帆花さん。両親やヘルパーの日々のケアで命を支え、思いを汲みとりながら生きる毎日には喜びがありますが、母親の理佐さんは時折、孤独感を感じることがあります。何が原因なのでしょうか?
 …などと伝えています。
映画「帆花」公式サイト

☆医療的ケア児ら支援 県が相談窓口開設へ
  中日新聞Web 福井 2022年6月25日
 > 県は八月、医療的な生活援助が必要な「医療的ケア児」やその家族を支援するための相談窓口「医療的ケア児者支援センター」を開設する。県内の医療機関や社会福祉法人などを念頭に場所の選定を進めている。
 …などと伝えています。

☆医療ケア児支援 静岡に拠点開設 7月4日
  静岡新聞 2022.6.25
 > 静岡県は7月4日、日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが必要な子どもの相談窓口となる「県医療的ケア児等支援センター」を静岡市駿河区の静岡総合庁舎別館に開設する。医療や福祉、教育など支援ニーズが多岐にわたる中、関係機関と連携して当事者家族らへの助言や支援に当たる。…略… 県によると、自宅で暮らす医療的ケア児は全国で推計約2万人、県内にも約600人いるとされる。医療技術の進歩で以前は助けられなかった命を救えるようになったことから増加傾向にあるという。
 …などと伝えています。

☆「医療的ケア児」地域で支援 7月25日、栃木県が拠点開設
  下野新聞 6/25
 > 県は24日、日常的に人工呼吸器の管理やたんの吸引が必要な「医療的ケア児」と家族らを支援する「県医療的ケア児等支援センター」を7月25日に開設すると発表した。…略… 直近の調査では、県内に20歳未満で288人の医療的ケア児がいるが、地域での受け入れが進まず、家族に負担が集中していることが課題になっている。…
 などと伝えています。

☆千葉県、千葉市に医療的ケア児の相談窓口 支援を強化
  日本経済新聞 千葉 2022年6月24日
 > 千葉県は人工呼吸器の管理やたん吸引といった日常的な医療行為が必要な「医療的ケア児」やその家族らを対象に、ワンストップ相談窓口を設ける。千葉市の「千葉リハビリテーションセンター」で7月1日から運用する。医療的ケア児や重症心身障害児と家族の幅広い相談に応じる。関係する病院や学校への情報提供のほか、医療的ケア児などを支える保育士や看護師らに対する研修などの拠点としても活用する。…略… 県によると、県内の医療的ケア児は最も新しい2018年時点のデータで533人。現在の正確な人数は不明だが増加傾向にあるという。
 …などと伝えています。 その紙面
 △千葉県医療的ケア児等支援センター(通称:ぽらりす)
  医療的ケア児等に関する相談窓口 
   健康福祉部障害福祉事業課療育支援班 2022年6月23日

☆NHKBS1 2022年6月25日(土)21:00〜放送
 「病気でもあきらめないで!
 ▽在宅医・紅谷浩之 子どもたちとドクターGO」
   NHKBS1 ザ・ヒューマン

 > “あれもダメ、これもダメ”を止めたい。重い障害がある“医療的ケア児”に向き合い、学校に行きたい、友だちと遊びたい・・をかなえるべく伴走する医師。共生社会への挑戦重い障害のある子どもたち。専門的ケアを必要とする“医療的ケア児”は2万人といわれる。そんな子どもと家族が直面する人生の難問に向き合うのが在宅医・紅谷浩之だ。学校に行きたい、遊びに行きたいという当たり前の希望をあきらめず、医師の立場から子どもたちの人生の可能性を広げてゆく。彼らの10年後のために今できることは何か。「障害が人生の可能性を奪ってはならない」と医療の固定観念と闘う。紅谷の挑戦を見つめる。
 …などと伝えています。
 *オレンジホームケアクリニック

☆“医療的ケア児”の支援センター県内3カ所に設置 鳥取県
  NHK鳥取県のニュース 06月22日
> 人工呼吸器やたんの吸引などが欠かせない「医療的ケア児」やその家族を支援しようと、鳥取県は、県内3か所に専門の支援センターを設置しました。このうち、総合窓口となる県西部の支援センターは、米子市にある「博愛こども発達・在宅支援クリニック」に設置され、22日に関係者が出席し開所式が行われました。人工呼吸器やたんの吸引が必要な「医療的ケア児」は、県内にはおよそ130人いると推計されていますが、受け入れ可能な保育施設などが少なく、家族の負担の軽減が課題となっています。
 …などと伝えています。
*県医療的ケア児支援センター 米子の総合窓口開所
  日本海新聞 2022年6月23日
 > たん吸引など日常的な医療行為が必要な子どもとその家族を支援する「鳥取県医療的ケア児等支援センター」の開所式が22日、総合窓口が設置された米子市両三柳の博愛こども発達・在宅支援クリニックであった。看護師や理学療法士などの専門スタッフを配置し、相談業務や関係機関との連絡調整、家族支援、人材育成などを行う。…略… 県によると、県内の医療的ケア児は134人(昨年5月現在)
 …などと伝えています。
 △鳥取県医療的ケア児等支援センター
 > 2021年9月に「医療的ケア児及び その家族に対する支援に関する法律」(通称「医療的ケア児支援法」)が施行されました。鳥取県では2022年6月に鳥取県医療的ケア児等支援センターを開設しました。相談窓口は、総合窓口(西部)に加え、東部・中部の各圏域に1か所ずつ設置し、相談者は身近な場所で相談できます。さらに各窓口の医療的ケア児支援マネージャーが相互に情報共有し、きめ細やかな対応ができるようにしています。
 …などと伝えています。

☆人工呼吸器を付けた「医療的ケア児」は
 地元の小学校に正式入学できるのか
 「自主的集団登校」続ける相模原市の9歳男児
  信濃毎日新聞デジタル 2022/06/22 (共同通信社)
 > 重い障害があるため、地元小学校への入学が認められていない9歳の男児が相模原市にいる。同市中央区に住む佐野涼将君。人工呼吸器やたんの吸引が必要な「医療的ケア児」だ。「教室に入れなくても、友達との時間を共有したい」。佐野君は、こう願う両親とともに、2年以上にわたって自主的に集団登校に加わっている。
 …などと伝えています。その紙面

☆ある日突然、手足動かなくなり…
 10歳の女の子2年ぶりの学校で新たな挑戦 
 “24時間介護”の現実とは
  HTB北海道ニュース 2022年 6月20日
> ある日突然、手足が動かなくなってしまった旭川市の渡邊葉月ちゃん。日々楽しいことを見つけ、SNSで発信し続けています。この4月から、2年ぶりに学校に通い始めました。チャレンジを続ける10歳の日常とは?
 …などと伝えています。

☆医療的ケア児の支援センター、札幌に開設 道が30日
  北海道新聞 06/21
 > 道は、日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが必要な「医療的ケア児」の相談対応や関係機関との連絡調整を担う支援センター「北海道医療的ケア児等支援センター」を30日に札幌市内に開設する方針を固めた。同市手稲区の医療法人稲生会に運営委託する。無料で平日に電話やメールなどで相談を受け付ける。
 …などと伝えています。

☆山形県に「医療的ケア児支援センター」開所を前に講演会
  NHK山形県のニュース 06月20日
 
☆人工呼吸器など必要な子供と家族を支援 
 大分県が7月にセンター開設
  TOSオンライン 2022年06月20日
 *「医療的ケア児」相談体制・サポートを強化
   支援センター設置へ 大分
   _ OBSニュース 2022年6月20日

☆チームで支える在宅医療 〜命に寄り添い、最期まで〜
 【第21回】訪問診療の医療連携
  にのさかクリニック 二ノ坂保喜理事長
  時事メディカル 2022/06/20
 *にのさかクリニック 福岡 野芥

☆医療的ケア児、家族任せにしない 制度整い広がる支援、
 母親「私も休めるので助かる」 通学タクシーも
  名古屋テレビ【メ〜テレ】 2022年6月18日
 > 日常的に医療的ケアが必要な子どもたちを支援する動きが、名古屋でも広がっています。…略… 医療的ケア児。人工呼吸器の使用やたんの吸引など、日常的に「医療的ケア」が必要な子どもたちのことです。厚生労働省によると、推計で全国におよそ2万人いるとされ、名古屋市教委の調査では、「医療的ケア児」として34人を把握しています。
 …などと伝えています。
 △医療的ケアの必要な児童生徒への看護介助員等
   名古屋市医療的ケア児支援サイト え・が・お 

☆医療的ケア児の家族を支援 佐賀市に交流もできる施設開設
  NHK佐賀県のニュース 06月17日
 △佐賀県医療的ケア児支援センターを開設しました
   2022年4月6日 佐賀県健康福祉部障害福祉課

☆難病「リー脳症」の医療的ケア児 
 恵美里ちゃん、小学校に通う
  BSS山陰放送 鳥取 2022年6月19日
 > 鳥取県湯梨浜町に住む リチャードソン恵美里ちゃん。
難病を患い、日常的に様々な医療的なケアが必要な「医療的ケア児」です。この春、いよいよ恵美里ちゃんの新生活がスタート。一般の小学校に入学したのです。
 …などと伝えています。

☆出産で脳性まひ「生まれた年」にかかわらず救済を
 「同じ境遇の人とつながりたい」活動する家族の願い
  神戸新聞NEXT 北播 2022/6/18
☆「死んでいればよかったね」実親の言葉…
 重度障害児を抱える母親の慟哭
  日刊ゲンダイDIGITAL 2022/06/19

☆生後間もない長男が事故で寝たきりに 
 長女を抱え日に100回のたん吸引、外出方法の検索・・・
  「疲れ切った」経験から孤立しがちな
 医療的ケア児の家族をつなぐ
  南日本新聞 _ 373news.com 2022/06/18
 > 鹿児島県医療的ケア児者家族会代表
 柿内 祥子(かきうち・しょうこ)さん
  病気や障害で日常的に医療的ケアが必要な人は、鹿児島県内で子どもを中心に約300人いるとされる。「医療技術の進歩で救えなかった命が救えるようになり、今後さらに増える。現状を発信し、地域社会の関心や理解を深めたい」。家族や支援者でつくる県家族会を束ねる。…略…「鹿児島は相談機関の設置など、取り組みが遅れているのが実情。孤立しがちなママたちの声を集めて、環境を良くしたい」。3月発足した全国組織にも家族会として参加する。
 …などと伝えています。

秋田県医療的ケア児支援センターを開設しました
  秋田県健康福祉部 障害福祉課 2022年04月01日
 > 令和3年9月18日に「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」が施行されたことを受け、秋田県医療的ケア児支援センターを開設しました。
 …などと伝えています。
 *医療的ケア児を支援 県が秋田市南ケ丘に「コラソン」開設
   秋田魁新報電子版 2022年6月17日
 *医療的ケア児と家族を支援
  秋田市に専門の支援センターを設置
   NHK秋田県のニュース 06月17日
 *医療的ケア児と家族の支援充実へ 
  支援センター愛称は「コラソン」 秋田
   AKT秋田テレビ 06月17日
 
☆元NHKの看板アナが53歳で福祉転職。
 『クロ現』担当が後輩に移り、やりがいを見失ったときに
 舞い込んだ転機 『53歳の新人』になった
 元NHKアナ・内多勝康
  婦人公論.jp  2022年06月16日

☆「命の選別」なのか? 出生前診断で「異常あり」
 重い選択を迫られた女性たちとその家族の決断
  【CBC news】 _2022年6月17日

☆【記者特集】 私たちの声を届けたい 
 〜医療的ケア児者と家族 初の全国組織が発足〜
  NHK山形ポータル ブログ 2022/06/16

 > 生きるためにたんの吸引や人工呼吸器などの医療的ケアが必要な「医療的ケア児」。最新の推計では(令和2年度)全国に1万9238人(0歳〜19歳)いるとされていて、医療の進歩でその数は10年前のおよそ2倍に増えています。そして、この春、全国の「医療的ケア児」と高校を卒業した18歳以上の「医療的ケア者」、それに、その家族をつなぐ、初の全国組織が発足しました。去年9月、医療的ケア児者への支援を進めることを自治体などに求める「医療的ケア児支援法」が施行されてから半年あまり。全国の当事者と家族にとって大きな一歩となっています。愛称は「i−Line」ことし3月27日に発足した、医療的ケア児者とその家族の全国組「全国医療的ケアライン=i−Line(アイライン)」。全国各地の医療的ケア児者とその家族でつる家族会のメンバーや支援者およそ1480人が加盟しています。
 …など伝えています。
 △「アイライン」のホームページ

内閣府:障害者白書
 *令和4年版(令和4年6月) 2022年6月14日
  ・概要 ・全文
 *第66回障害者政策委員会 資料など←令和4年6月14日
  ・これまでの同委員会の資料などはココを

☆文部科学省:初等中等教育局特別支援教育課
 特別支援教育 令和3年度実施事業
 *切れ目ない支援体制整備充実事業(23億5,234万円)
 *学校における医療的ケア実施体制充実事業(4,164万円)
  >>*令和3年度 
    学校における医療的ケア実施体制充実事業 概要図
   *1.小・中学校等における医療的ケア児の
     受入れ・支援体制の在り方に関する調査研究     
   *2.医療的ケアのための看護師に対する研修機会の確保
    ・指導的な役割を担う看護師の育成に向けて
     参考となる資料
    ・学校における医療的ケアの実施体制に関する取組事例集 
 *特別支援教育に関する実践研究充実事業(2,760万円)
 …などが掲載されています。

☆医療的ケア児を知っていますか?
 人工呼吸器、たんの吸引…推計2万人
 付きっきりの親「5分以上目を離せない」
 ようやく各地に支援センター立ち上げの動き
  47NEWS(共同通信)
 2022/6/16
 > 全国に推計約2万人いる。医療技術の向上によって救うことができた大切な命。ただ、親は自宅で昼夜を問わず付きっきりでケアに当たらなければならない。「5分以上目を離せない」と言う親もいる。保育所など、受け入れ先が不十分なため、のしかかる負担は大きい。現状を変えてほしいとの親たちの要請を受け、政府や自治体に支援の責務があると明記した法律が成立してから1年。あらゆる相談に乗る「支援センター」立ち上げの動きが、ようやく各地で出始めた。
 …などと伝えています。
 *39都道府県に支援センター 医療的ケア児、22年度中
   共同通信 2022/3/26
 > 日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが必要な「医療的ケア児」に関し、相談対応や関係機関との連絡調整を担う支援センターを39都道府県が開設済みか、2022年度中の設置を決めたことが26日、共同通信の全国調査で分かった。21年施行の医療的ケア児支援法を機に、多くの自治体で取り組みが進む一方、検討や準備に時間がかかっているところもある。
 …などと伝えています。
 ※そのワード編集版

「兵庫県医療的ケア児支援センター」の開設について
  兵庫県福祉部ユニバーサル推進課 2022年6月14日
*加西市に医療的ケア児支援センター開設
 専門の相談員らが相談
  NHK 兵庫県のニュース 06月15日 
*県が医療的ケア児支援センターを開設
  サンテレビニュース 2022年06月15日
*在宅で医療的ケア必要な子どもをサポート
 県が初めて「支援センター」加西市に開設
  神戸新聞NEXT 総合 2022/6/15

☆福岡県医療的ケア児支援センター開設
 記念講演会を8月7日に開催します!
  福岡県障がい福祉課 2022年6月10日  

「大阪府医療的ケア児実態把握調査」のご協力のお願い
  福祉部障がい福祉室地域生活支援課 2022年6月2日
 > 令和3年に「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」ができました。大阪府では、医療的ケア児とその家族の実態やニーズを知るために保健所・支援学校、小中高等学校の協力をもとに調査を実施しますので、ご協力をお願いします。いただいた回答は、医療的ケア児支援センター(※)設置のほか、必要な支援の検討に活かしていきます。
 令和4年6月1日(水曜日)から6月22日(水曜日)まで

☆大阪府内の特別支援学校 4割でクラス人数基準超え
  NHK関西のニュース 06月14日

☆障がいの有無や年齢、国籍などを問わず、
 みんなで楽しむ『インクルーシブデザイン遊具』3点を開発
  時事ドットコム 2022/06/15

☆医的ケア児「協議の場」や「家族への支援」を
 障害者部会、報告書案を了承
  (ファーマシーニュースブレイク) 2022/6/13
 > 厚生労働省の社会保障審議会・障害者部会は13日、障害者総合支援法の見直しに向けた報告書案を了承した。「医療と福祉の連携」に関する今後の取り組みについては医療的ケア児を巡り「保健、医療、障害福祉、保育、教育等の関係機関等が連携を図るための協議の場の設置」「関連分野の支援を調整するコーディネーターの配置」「家族への支援」の観点を含めて検討する必要があると明記した。
 …などと伝えています。 その紙面
☆障害者の「一人暮らし」支援へ、
 新たなグループホーム 制度見直し案
  朝日新聞デジタル 2022年6月13日
 > 障害者の日常生活のサービスを定めた障害者総合支援法について、厚生労働省社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会が13日、7年ぶりの見直し案をまとめた。障害者が希望すれば一人暮らしに移れるよう支援する新タイプのグループホームをつくるほか、一般企業での就労を後押しする仕組みを導入する。同省は早ければ秋の臨時国会に改正法案の提出を目指す。同法は前回改正時(2016年)に、施行後3年をめどに必要な見直しをすると規定。同部会で法改正に向けた検討を進めてきた。
 …などと伝えています。 その紙面など
☆厚労省、
 障害者の1人暮らし支援に特化したグループホーム創設へ
  毎日新聞 2022/6/13
 > 厚生労働省の専門部会は13日、障害者が1人で暮らせるよう支援する新しい類型のグループホーム(GH)の創設などを盛り込んだ報告書をまとめた。厚労省は秋に見込まれる臨時国会で、障害者総合支援法改正案の提出を目指す。GHでは、障害者が日常生活を送る上で必要な支援を受けながら、集団で共同生活を送っている。介護が必要な人向けなど三つの類型があるが、1人暮らし支援に特化したGHはなかった。厚労省の調査では、約4割の利用者が将来的に1人暮らしを希望している。親と同居しているケースも多く、将来的に親の高齢化に伴って自立する必要性もあり、報告書では「障害者が希望する地域生活の実現に向けた多様な選択肢を設ける観点から、本人が希望する1人暮らし等に向けた支援を目的とする新たなGHのサービス類型を検討すべきだ」と指摘した。新しい類型のGHでは、あらかじめ利用期間を定める。支援計画を作成して1人暮らしの障壁を取り除くような支援を実施し、退去後も相談などに応じる。利用期間を延長したり、別の類型のGHで暮らしたりすることも可能にする。また、全国の障害福祉サービスの利用状況が分かるデータベースの構築も盛り込まれた。情報を匿名化した上で、障害支援の区分別に把握できるようにする。厚労省は2023年度中の運用開始を目指す。
 …などと伝えています。
 *障害者の情報アクセスや意思疎通支援を強化
  厚労省が報告書案
   福祉新聞 2022年06月13日
 *障害者の就労選択を支援 適性把握で働きやすく―厚労省
   時事ドットコム 2022年06月13日
障害者総合支援法改正法施行後3年の見直しについて
   厚労省社会保障審議会障害者部会事務局 2022年6月13日
 ・障害者総合支援法改正法施行後3年の見直しについて
    報告書
 ・障害者総合支援法改正法施行後3年の見直しについて
    報告書(概要)
 >>各論点について
1.障害者の居住支援について
・ 医療的ケア、強度行動障害、高次脳機能障害等に対応できる専門人材の配置の推進方策を検討する必要がある。また、在宅等で状態が悪化した強度行動障害を有する者に集中的支援をグループホーム・障害者支援施設等で行うための具体的方策を検討すべきである。 
13.医療と福祉の連携について
・ 医療的ケア児については前回の報酬改定において新設した報酬の実施状況を踏まえて家族等への支援の観点も含め検討を行い、医療的ケアが必要な障害者については成人期の生活に対応した障害福祉サービスにおける医療的ケアの評価の在り方について検討する必要がある。
・ 計画相談支援において求められる多職種連携の主要な連携先として医療機関や難病関係機関を明示し、その連携の重要性や具体的に求められる連携内容について周知徹底を図るとともに、連携を更に促進する方策等について検討すべきである。
・ 入院中の重度訪問介護利用の対象となる障害支援区分については、入院中の重度障害者のコミュニケーション支援等に関する調査研究の結果を分析しつつ、支援が必要な状態像や支援ニーズの整理を行いながら、拡充を検討すべきである。 
 …などと掲載されています。
*同部会これまでの資料や開催案内などはココを

☆「医療的ケア児」の遠足 “同年代と同じ体験を”
  NHK関西のニュース 06月13日

みんなの選挙
 障害のあるひとが投票に参加しやすい参議院選挙2022ーNHK
  ・ニュース 2022年6月1日放送
    障害のあるひとが投票しやすい環境を

☆子どもたちの笑顔の写真展〜撮影したのは元戦場カメラマン
  NHKWeb特集 2022年5月30日

重度重複障害児者等の生涯学習に関する実態調査(令和3年度)
  文部科学省総合教育政策局
  男女共同参画共生社会学習・安全課障害者学習支援推進室
 *重度重複障害児者等の
  生涯学習に関する実態調査(令和3年度)
 *重度重複障害者の生涯学習啓発パンフレット
   「だれでも参加できる生涯学習の機会を作りませんか?」

☆付きっきりの親「5分以上目を離せない」、
 ようやく各地に支援センター立ち上げの動き
 医療的ケア児を知っていますか?
 人工呼吸器、たんの吸引…推計2万人も
  愛媛新聞 2022年6月11日(共同通信)

 > 日常的に人工呼吸器の装着やたんの吸引といった措置が欠かせない子どもが、全国に推計約2万人いる。医療技術の向上によって救うことができた大切な命。ただ、親は自宅で昼夜を問わず付きっきりでケアに当たらなければならない。「5分以上目を離せない」と言う親もいる。保育所など、受け入れ先が不十分なため、のしかかる負担は大きい。現状を変えてほしいとの親たちの要請を受け、政府や自治体に支援の責務があると明記した法律が成立してから1年。あらゆる相談に乗る「支援センター」立ち上げの動きが、ようやく各地で出始めた。
 …などと伝えています。 その紙面

☆【ブラックジャックを探せ】在宅医療の名医(2)
 長期入院している医療的ケア児の退院後の受け皿作る
 医療法人輝優会かがやきクリニック院長・南條浩輝さん
  zakzak:夕刊フジ 2022.6/11
 > 全国で活躍する「在宅医療の名医」を紹介する特集の2回目は、ゼロ歳から100歳超まで、小児と成人の在宅医療に取り組む医師を紹介する。大阪府堺市南区にある在宅専門診療所「かがやきクリニック」の南條浩輝院長は小児科医、特に未熟児新生児を診てきた経験を持つ。その中で、長期入院している医療的ケア児の退院後の受け皿を作りたいとの思いから、10年前に開設したのがこのクリニックだ。開業当時に掲げたテーマは、「小児在宅医療の裾野を広げる」と「いのちのかがやきに寄り添う在宅医療の提供」の二本柱。本来の専門である小児在宅医療については、当時ほとんど前例がないだけに苦労したという。
 …などと伝えています。
 *かがやきクリニック|堺市南区の在宅療養支援診療所

☆(患者を生きる:4347)脳腫瘍から10年 
 再訪編:3 医療的ケア児の道開いた
  朝日新聞デジタル 2022年6月8日
☆(患者を生きる:4346)脳腫瘍から10年 
 再訪編:2 前日まで中学校に登校
  朝日新聞デジタル 2022年6月7日
☆(患者を生きる:4345)脳腫瘍から10年
 再訪編:1 小学校、卒業できた
  朝日新聞デジタル 2022年6月6日

☆子どもの育ち 社会に開く 特別支援学校寄宿舎を考える
 指導員として関わってきた 小野川文子さんに聞く
  しんぶん赤旗 2022年6月10日
 △特別支援学校寄宿舎のまどから 子どもの育ちを社会にひらく
   かもがわ出版 2022年5月5日 定価1,500円+税

☆障害あっても地域の学校へ 
 就学の悩み、先輩がアドバイス冊子 西宮
  毎日新聞 兵庫 2022/6/9

「相模原殺傷事件から6年 
  何が問題か? あなたはどうする?」
 

7/26開催(京都市内) 基調講演、シンポジウムなど

☆「医療的ケア児」 親子で遠足 和歌山
  NHK和歌山県のニュース 06月09日
 > 人工呼吸器やたんの吸引など日常的に医療的な支援が欠かせない子ども、いわゆる「医療的ケア児」についてお伝えします。全国に2万人以上いると推計され、和歌山県内にも140人いることが去年行われた県の調査でわかっています。日常生活でも行動にさまざまな制約がかかる子どもたちに少しでも同年代の子どもたちと同じような体験をしてもらおうと先月、紀の川市で遠足が行われました。どんな遠足だったのか取材しました。
 …などと伝えています。

☆医療ケア児母の姿 府中で写真展
  読売新聞オンライン 東京 2022/06/10
 > あきらめない人生願い
 医療的ケアが必要な子どもと、その母親をテーマにした写真展「透明人間―Invisible Mom―」が8日、府中市美術館市民ギャラリーで始まった。作品には、どんな子どもでも学校に通うことができ、母親も人生をあきらめずにすむ社会に変わることへの願いが込められている。
 …などと伝えています。

☆兵庫県「医療的ケア児支援センター」を
 15日に加西市に開設
  NHK兵庫県のニュース 06月08日
 > 兵庫県は、たんの吸引や人工呼吸器などが欠かせない「医療的ケア児」とその家族を支援するセンターを今月15日に加西市に開設すると発表しました。県によりますと、難病や障害により日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが必要な「医療的ケア児」は6年前の調査で県内におよそ800人いると確認されていて、現在はさらに増えているとみられています。
 …などと伝えています。
 △兵庫県医療的ケア児支援センターの設置
   知事記者会見 2022年6月8日(水曜日)

☆介護、育児「両立可能に」 
 当事者目線が市政に必要【地方議会と女性 
 第2章 活動の環境紂
  静岡新聞 2022.6.6

☆追悼 海老原宏美さん 
 共生社会・インクルーシブな社会の実現を目指して
  NHKハートネット 記事 2022年06月07日
 > 2021年12月24日、視覚障害ナビ・ラジオやハートネットTVにご出演いただいた海老原宏美さんが急逝されました。44歳でした。海老原さんは脊髄性筋萎縮症況拭SMA type 2)という筋肉が徐々に衰えていく進行性の難病でしたが、共生社会、インクルーシブな社会の実現のために精力的に活動していました。今回は、視覚障害ナビ・ラジオやハートネットTVの内容から、海老原さん自身のお話やDPI日本会議・事務局長の佐藤聡さん、B面談義の司会、千原ジュニアさんと共演者のみなさんのコメントを紹介します。
 ・インクルーシブ教育への熱い思い
 ・自立して地域生活を送るために
 ・「生きたい」と思える社会を
 ・B面談義メンバーからのメッセージ
 …などと伝えています。

☆「コロナで急性脳症」全国調査へ
 群馬・高崎で小児科医の学会
  NHK栃木県のニュース 06月04日
 > 群馬県高崎市で小児科医の学会が開かれ、基礎疾患のない子どもが新型コロナウイルスに感染して「急性脳症」を発症し、死亡したり重症化したりしたケースがないか、全国の医療機関を対象に実態調査を行うことが決まりました。高崎市では4日、日本小児神経学会の会合が開かれました。
 …などと伝えています。
 △市民公開講座 第64回日本小児神経学会学術集会
  *一般社団法人 日本小児神経学会

☆医療的ケア児の支援相談窓口に 
 人材育成、実態調査も 青森県、県病にセンター開設
  デーリー東北新聞社 6月7日
☆青森県 医療的ケア児支援センター 県立中央病院に設置
  NHK青森県のニュース 06月06日
 *「医療的ケア児」青森県内に166人 
  安心して生活できる社会へ「支援センター」開所
  (ATV青森テレビ) Yahoo!ニュース 6/6
 △青森県小児在宅支援センターを開設します【令和4年4月】
   2022年5月19日 青森県障害福祉課

☆子どもがぎゅうぎゅう詰め「圧縮学級」 
 特別支援学校の教室が不足
  朝日新聞デジタル 2022年5月26日
 > 障害のある子どもが通う特別支援学校の教室不足が問題になっているが、大阪府内は特に深刻だ。文部科学省が3月に公表した調査によると、528教室が足りず全国ワーストに。2年前の調査の35教室から大幅に増えたが、現場では以前から教室不足が指摘されていた。教員たちからは「早急な対策を」との声が上がっている。
 …などと伝えています。 その紙面

☆見えない障害「高次脳機能障害」 
 記憶の定着困難、進学や就職は…
 家族が悩みと経験を共有【長崎発】
  FNNプライム テレビ長崎 2022年6月5日

☆「三重県医療的ケア児・者相談支援センター 
 開設記念講演会」を開催します ←6/11
  三重県子ども・福祉部障がい福祉課地域生活支援班
 △三重県医療的ケア児・者相談支援センターを開設しました
   三重県子ども・福祉部障がい福祉課 令和04年04月02日

☆7月12日発売予定:コロナ禍で
 障害のある子をもつ親たちが体験していること

  生活書院 定価:1,980円(1,800円+税)
 > 炙りだされているのは、それ以前から私たちの社会にあった矛盾や分断。コロナ禍で障害のある子をもつ親たちは何を体験し、何を思い、何を感じてきたのか……。「こんな時だから仕方がない」と置き去りにされないために――。ささやかな抗いとして、7人の親たちが語る。
 …など伝えています。

☆子どもの体も心も笑顔に 
 合志市のNPO法人が有床診療所 医療的ケア児の家族を支援
  熊本日日新聞社 2022年06月05日

☆こんなに仕事ができないとは思わなかった
 …NHKアナウンサーが53歳で転職してぶち当たった辛い現実
 華やかな仕事を続けるうちに、無意識に優越感が芽生えていた
  PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 2022/06/04

☆厚労省:社会保障審議会障害者部会(第131回)←6/3開催
 資料           
  障害者総合支援法改正法施行後3年の見直しについて
  〜社会保障審議会 障害者部会 報告書〜(案)
 …など掲載あり
 △同部会これまでの資料など


☆医療的ケア児の就園支援へ佐賀県が補助事業 
 幼稚園への看護師配置費用負担
  佐賀新聞ニュース 2022/06/03

☆福島県、医療ケア児に「相談窓口」
 郡山・支援センターが開所
  福島民友新聞社 2022年06月02日

第39回永田町子ども未来会議 
 6月2日(木)16:30〜17:45(開催)
  衆院第1議員会館1階国際会議室
  当日配信URL(後日配信も同URLで可能)
 ・東京都の医療的ケア児支援施策の動向について
 ・養護教諭の定員配置現状と課題(仮称)
 ・居宅訪問型保育事業に関する課題提起
 ・全国医療的ケアライン発足について
 …など。 
 *当日次第、当日資料など
 *これまでの同会議資料などは全国医療的ケア児者支援協議会 

☆「受け入れ態勢の不足も…」
 医療的ケア児の原状と課題(福島県)
  TUFテレビュー福島 2022年6月1日
 *福島県内には200人あまり「医療的ケア児」支援拠点が開所
   TUFテレビュー福島 2022年6月1日
 △福島県医療的ケア児支援センターが開所しました
   総合療育センター 2022年6月1日
 *医療的ケア児支援センター

☆医療的ケアを必要とする子どもたち
  広報なごや令和4年(2022年)6月号特集 
 *2面今月の特集
名古屋市医療的ケア児支援サイトe・ga・o 

セミナー・学習会情報

(2022/07/01)

7月からの医ケアに関するシンポジウムや研究会などご案内

photo 早々に梅雨明けもし
 向日葵や入道雲がが似合う7月になりました。
 新型コロナウイルス感染拡大から
  自分自身と大切な人の命を守る行動を
  お互いにとりましょうよね。
 7月からの医ケアに関する
 シンポジウムや研究会などご案内をお伝えします。

*7/16
  医ケアネット第3回オンラインシンポジウム

*秋
  医ケアネット第4回オンラインシンポジウム


*7/23 ... 続きを読む >>

質問&交流

セミナーで答えきれなかった質問への回答などを掲載しています。ブログ形式ですのでコメント投稿によるWeb上での討論も可能です。