イラスト

最新情報

2019/04/22 <医ケアネットシンポジウム&2019年度総会>←開催案内&参加申込書
☆<医療的ケアにおける看護師のあり方を考える
   ─学校、事業所での役割と看護師、当事者・家族の思い>
 *日時:2019年6月16日(日) 13:00〜16:30<受付12:30>
   会場:キャンパスプラザ京都2階ホール (京都駅烏丸口ビックカメラ前)
  *定 員:90名(定員に達し次第締め切ります)
  *参加費:会員(当日入会受付でもOK)、障害当事者・ご家族1000円
    非会員1500円(入会費2000円、年会費3000円(個人)など)
   ・シンポジウム終了後 医ケアネット2019年度総会開催
 *基調講演
  「看護師の立場から看護教育について」:勝田 仁美 氏
   ・兵庫県立大学看護学部教授、日本小児看護学会理事
   ・文科省「学校における医療的ケアの今後の対応について」検討会委員のお一人でした。   
   ・『たんの吸引等第三号研修(特定の者)テキスト
       ─たんの吸引、経管栄養注入の知識と技術』』
     執筆も担当されました。
 *各分野から報告、フロアー討議など予定しております。
 ◇<開催案内&参加申込書>です。
  参加申込はFAXもしくはEメールで受け付けております
 *会員の皆さまには、<シンポジウム開催案内&参加申込書>、
  医ケアネット2019年度定期総会案内(出欠ハガキ<委任状含む>)
  などを合わせて
  4月末大型連休前到着予定で作業に入りました。 

2019/04/08 <WEB報道など>
☆たん吸引 家族以外も容認
  読売新聞 医療ルネサンス 2019,03.29 その紙面
 > 「さくら会ALS-MNDサポートセンターさくら会」スタッフの
   川口有美子さんが紹介されています。
 △介護職員による喀痰吸引等の実施状況及び
  医療的ケアのニーズに関する調査研究事業 報告書
  (平成29年度老人保健事業推進費等補助金 老人保健健康増進等事業)
   平成30年(2018年)3月三菱UFJリサーチ&コンサルティング
 △喀痰吸引等制度について  厚労省サイト
 *1 喀痰吸引等制度について
   喀痰吸引等制度の概要
   喀痰吸引等制度の実施状況(平成30年度都道府県等喀痰吸引等実施状況)
   ・登録研修機関数(登録研修機関名/研修区分別受講予定人数を含む。)<平成30年4月)>
 
☆「こどもクリニック」完成 米子・博愛病院 発達・在宅支援
  山陰中央新報 2019年4月1日
 > 医療的ケアを日常的に必要とする「医療的ケア児」や難病の子どもと家族を支援する「博愛こども発達・在宅支援クリニック」(玉崎章子院長)が鳥取県米子市両三柳の博愛病院の一角に完成し、31日に開所式が同病院であった。運営する医療法人同愛会をはじめ、県や市の関係者ら約50人が出席。テープカットなどを行い、医療と福祉をワンストップで提供する多機能型施設の誕生を祝った。4月8日にオープンする。
  …などと伝えています。
  *医療法人同愛会 博愛こども発達・在宅支援クリニック

☆医療的ケア児に安心の旅を 手引作成、オール北陸で 
  日本経済新聞 2019/4/1
 > たんの吸引など日常的な援助を必要とする「医療的ケア児」と家族が安心して旅行できるよう、北陸3県の宿泊業者や医療関係者が注意点をまとめた手引を作成している。12月までに完成させ、希望する宿泊施設などに配布し、対応ノウハウを共有する。課題を探るためのモニターツアーも金沢市で行い、手引に反映させる考えだ。
  …などと伝えています。

☆医療ケア・設備の支援に感謝 心臓移植の長尾澄花さん(射水)5日入学
  北日本新聞 2019年04月05日
 > 重い心臓病のため、2014年に米国で心臓移植を受けた射水市の長尾澄花さん(6)が5日、地元の小学校に入学する。服薬と月1回の通院を続けながらも元気に成長し、「勉強が楽しみ」と胸を弾ませる。感染症対策の徹底など医療的な配慮が必要なため、学校側は主治医の助言の下、サポート態勢を整えた。多くの人に支えられ、学校生活を始められる喜びを家族はかみしめている。
  …などと伝えています。

☆相模原市:公立小中校に看護師配置 医療的ケア児対応へ
  タウンニュース さがみはら中央区 2019年4月4日
 > 市は今年度から公立小中学校で医療的ケアが必要な児童、生徒に対応するため新たに看護師を採用し各校へ配置する。市では医療的ケアが必要な子どもの学習機会を確保すると共に、保護者の負担軽減にも期待を寄せる。
  …などと伝えています。

在宅人工呼吸器使用者非常用電源整備事業に係る事業計画の募集について
  兵庫県健康福祉部健康局医務課 企画調整班 2019年3月18日
 > 自力での移動が困難な在宅患者(訪問診療を受けている者)が使用する人工呼吸器が長期停電時においても稼働し、医療提供に空白が生じることがないよう、当該患者を診ている医療機関に対して、停電時に患者に貸し出せる簡易自家発電装置等の整備に要する経費の一部を補助する。
  …などと伝えています。
 *大規模停電等に備え、電力確保等に支援が必要な在宅人工呼吸器使用患者等のリスト化進める―在宅医療ワーキング
   メディ・ウォッチ 2019年3月22日
  ・厚労省:第8回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ
    医政局地域医療計画課 平成30年3月18日

2019/03/22 <文部科学省>
学校における医療的ケアの今後の対応について(通知)
  平成31年3月20日 文部科学省初等中等教育局長
 <初等中等教育局特別支援教育課支援第一係平成31年03月22日>
 >(各都道府県教委、指定都市教委、都道府県知事宛などへの通知)
  この度、「学校における医療的ケアの実施に関する検討会議」において、最終まとめが取りまとめられました。
 文部科学省では、これまで「特別支援学校等における医療的ケアの今後の対応について(平成23年12月20日23文科初第1344号初等中等教育局長通知)」により、特別支援学校等において主として特定行為を実施するに当たっての留意事項を各教育委員会等に示し、医療的ケアの実施体制の整備を促すとともに、学校への看護師の配置に係る経費の一部を補助するなど、その支援に努めてまいりました。
 現在、学校に在籍する喀痰吸引や経管栄養等の医療的ケアが日常的に必要な児童生徒等(以下「医療的ケア児」という。)は年々増加するとともに、人工呼吸器の管理等の特定行為以外の医療的ケアを必要とする児童生徒等が学校に通うようになるなど、医療的ケア児を取り巻く環境が変わりつつあります。このため、特定行為以外の医療的ケアを含め、小・中学校等を含む全ての学校における医療的ケアの基本的な考え方を再度検討し、医療的ケアを実施する際に留意すべき点等について整理するために平成29年10月に本検討会議を設置し、有識者による議論が行われました。
 本最終まとめは、1医療的ケア児の「教育の場」、2学校における医療的ケアに関する基本的な考え方、3教育委員会における管理体制の在り方、4学校における実施体制の在り方、5認定特定行為業務従事者が喀痰吸引等の特定行為を実施する上での留意事項、6特定行為以外の医療的ケアを実施する場合の留意事項、7医療的ケア児に対する生活援助行為の「医行為」該当性の判断、8研修機会の提供、9校外における医療的ケア、10災害時の対応について、別紙のとおり取りまとめられたものです。
 文部科学省においては本最終まとめを受け、今後、特定行為以外の医療的ケアを含め、小・中学校等を含む全ての学校における医療的ケアの基本的な考え方や医療的ケアを実施する際に留意すべき点等について別添のとおり整理いたしました。関係各位におかれましては、その趣旨を十分御理解の上、適切な対応をお願いします。
 なお、「特別支援学校等における医療的ケアの今後の対応について」(平成23年12月20日23文科初第1344号初等中等教育局長通知)は廃止します。
 また、各都道府県教育委員会におかれては所管の学校及び域内の市町村教育委員会に対して、各指定都市教育委員会におかれては所管の学校に対して、各都道府県知事及び構造改革特別区域法第12条第1項の認定を受けた各地方公共団体の長におかれては所管の学校及び学校法人に対して、各国立大学長におかれては附属学校に対して周知を図るようお願いします。
 本検討会議の最終まとめについては、文部科学省のホームページに掲載されておりますことも併せて申し添えます。
 *別添(学校における医療的ケアの今後の対応について:平成31年3月20日)
  はじめに
  1.医療的ケア児の「教育の場」
  2.学校における医療的ケアに関する基本的な考え方
  3.教育委員会における管理体制の在り方
  4.学校における実施体制の在り方
  5.認定特定行為業務従事者による特定行為の実施に関する留意事項
  6.特定行為以外の医療的ケアを実施する場合の留意事項
  7.医療的ケア児に対する生活援助行為の「医行為」該当性の判断
  8.研修機会の提供
  9.校外における医療的ケア
  10.災害時の対応
  別添1
   学校における医療的ケアの実施に当たっての役割分担例
 *別紙(学校における医療的ケアの実施に関する検討会議
最終まとめ:平成31年2月28日)  
 ……など掲載されています。
 △学校における医療的ケアの実施に関する検討会議
  最終まとめ、中間まとめ、これまでの同検討会議の資料や議事録などはここを
   ・第9回:2019’2/13、第8回:2019’1/28
    第7回:2018'11/19、第6回:9/6
    第5回:5/23、第4回:3/19、第3回:1/25
    第2回:2017'12/26、第1回:11/10
    にそれぞれ開催されています。  
   *2019'2/25には
  全国都道府県と政令指定都市の教委医ケア担当者会議
  (H30年度特別支援学校等における医療的ケアに関する連絡協議会)
  開催されてます。

セミナー・学習会情報

(2019/04/23)

4月からの医ケアに関するシンポジウムや研究会などご案内

photo4月も後半になりましたね。
 4月以降の医療的ケアに関するシンポジウムや研究会などの開催案内をお伝えいたします。

<事務局からのお願い>
 *年度はじめは、卒業・入学、退職・就職など
  異動の時期をむかえます。
  会員の皆さまで、住所やEメールアドレス(連絡先)など
  ご変更がある場合はお手数です ... 続きを読む >>

Q&A

セミナーで答えきれなかった質問への回答などを掲載しています。ブログ形式ですのでコメント投稿によるWeb上での討論も可能です。